ガンダムビルドダイバーズ リライズ。 メイ(GBD) (めい)とは【ピクシブ百科事典】

ビルドダイバーズリライズ15話感想!エルドラでの『使命、再び』

ガンダムビルドダイバーズ リライズ

ユーラヴェンのライフルも交えた不完全な形態で、アルスアースリィを撃破する(不完全な状態にする)。 人はなぜ狙撃系のゼロ距離射撃に、ときめくのだろう。 ユーラヴェン格好良いし、夕日のシーンがグッときた。 販促もキチンと出来てる、ホビーアニメは信頼できる。 リライズ感想 ユーラヴェンの砲撃した後の銃身排熱がさりげにめっちゃイイ… こういうさりげないメカギミックがロボアニメ好きを熱くさせるんだ。 てか、まさか銃で勇者パースやるとは思わんかったよ。 ユーラヴェン買ったらコレやってみるかな。 ジャスティス・カザミが言うように今回のユーラヴェンガンダムの戦闘ヤバかったけど、しかし次回予告が全て持って行った感。 よおやっとイヴとの回想かー。 「一人でもがいてた 記憶が絡みついてきて」が解かれるのかな。 楽しみ。 しばらく放送休止になるけど楽しみに待ってる ユーラヴェンカッコいいです… リライズ感想 あーもうビルドダイバーズ最高。 待ちに待ったユーラヴェンガンダム、緊張がます物語に主人公達の咆哮。 熱すぎてもうたまらん。 良い活躍 販促 を見せてくれたユーラヴェン、長距離狙撃特化機体だったのね。 複数のビットも敵をスポットする為のセンサーとして運用と徹底してるのが好き。 でもヒロトにとってはワケありの装備? 次回漸く彼の過去が本格的に明かされるのかな。 次回は回想メインっぽいから、前作キャラも出てきそうで楽しみ。

次の

スピラ・スピカ リライズ 歌詞&動画視聴

ガンダムビルドダイバーズ リライズ

クアドルンの口から語られた驚くべき事実… アルスはエルドラを守るために古き民によって作られた存在であった。 Aパート アルスは古き民やクアドルンとともに戦い役目を果たし、眠りについた。 が、新たなる生命がエルドラに栄えたころ突然目を覚まし、地上にいた見知らぬ者たちを敵と判断し攻撃を始めた。 アルスにとってはフレディたち新しき民を排除することこそエルドラを守ることであった。 そしてクアドルンはアルスを排除することが自らの使命であると語る。 クアドルンは続ける。 アルスを制御し得るエルドラの古き民の一部は肉体を電送することで時空を旅し、やがて蘇ったエルドラに戻ってくる計画を立てた。 そのうちの一人の足跡を追って辿り着いたのが地球のGBNであり、そこで出会ったシドー・マサキに助力を乞うたこと。 そしてマサキを呼び寄せた召喚台も、元は散っていった古き民をいつかこの地に顕現させるためのものである、と。 これ以上無関係のガンプラの民を巻き込むことを良しとしないクアドルンは、あらためてビルドダイバーズに帰るよう告げる。 しかし戦いに臨む思いと覚悟を語る彼らをクアドルンは受け入れるのだった。 Bパート 2日後の再会を誓い一旦GBNに帰還したヒロトたち。 彼らは、失敗が許されない現実の戦いの重みをそれぞれに噛みしめていた。 カザミは、自分以上に怖い思いをしているエルドラの人々を守りたいという意思で、現実の戦いへの恐怖を振り払う。 幼い頃「イージスガンダム」を買ってくれた思い出の中の父親。 その笑顔に、その背中に、カザミは自らの覚悟を誓う。 パルは翼に傷を負って飛べないクアドルンに、二度と飛べない体になってしまった自分を重ねていた。 そんな自分でも飛べる場所=GBNを勧めてくれた兄の言葉を思い出す。 エルドラの存在と現状をマギーに報告するメイ。 彼女はこの戦いはたった4人の野良パーティに出来ることではないとしつつも、言葉にするまでもなく仲間の覚悟を感じ取っていた。 マギーは、システムの都合で加勢できないことをもどかしく思いつつも、メイたちの成長を微笑ましく思うのだった。 自分の機体の生き写しのようなアルスアースリィガンダムの戦いを思い起こすヒロト。 そこへ脚本家である父オサムが、かつての黒歴史とも言える仕事へのリベンジに挑戦することを語りかける。 「ガンプラで世界だって救えると思うぞ」という父の言葉を受け、ヒロトは意を決して「ウラヌスアーマー」の封印を解く…。 先輩であるシドー・ミズキのことが心に引っ掛かっていたヒナタは病院を訪ねる。 そこでミズキから、弟・マサキがGBNにログインしたまま目を覚まさないことを告げられる。 ヒロトも同じようになってしまうのでは、とヒナタは心配を募らせる…。 感想 いや~、密度のある濃い回でした。 戦闘描写こそなかったものの心理描写はふんだんだし、謎がいくつも明らかになるしで、満足度は高かったですね! 前回ラストで協力・共闘が期待できそうな雰囲気を醸し出してからの「今すぐ帰れ」で、完璧すぎる次回への引きを見せてくれたクアドルンさんでしたけど、そんな塩対応を引っ張ることなく割とすんなり話を進めてくれました(笑) エルドラを救いたい熱い思いを静かに語るヒロトたちにほだされて「ま、まぁ、そこまで言うんなら…」って具合に重い口を開いてくれましたね。 ここで話が進まないと観てる側は非常にモヤモヤすることを心得ていて、前回ラストからの華麗なる掌返しでサクサク進行するクアドルンさんマジ分かってるわ! というわけでポイントごとに感想を述べていきます。 アルスの正体 割と早い段階で語られた印象です。 外からの侵略者に対抗するために古き民によって作られた存在か~。 完全に再生できてないのか、それともバグ的な何かが発生してるのか。 何かワケがあるかもしれないですね。 そしてフレディたち新しき民が栄えた頃に突然目覚めた、と。 ここのカットで登場した鳥…前作のあのトリさんと似てますよねえ、色は違うけど。 正しいと信じた行動がまるで関知しないどこかに悪影響を及ぼしてたり、って現実にもありがちだと思うんですよ。 でもそれはどうしようもないことで、誰かが悪いということでもなくて。 「エルドラは現実だった」という事実を、視聴者としてのリアルな実感を伴う形で突き付けられてるようで、いや本当やるせないっス。 まあ、トリさんが関係あるかもってのはあくまでも仮設でしかないんですけどね。 で、アルスがフレディたち新しき民を敵と認識してるのはただの誤認なんだから、「だったら誤解を解けばいい」ってことをカザミに言わせるのがまたニクい演出ですよね。 1期の彼なら「そんな奴はこのジャスティス・カザミがぶっ倒して(撃墜数とボーナス稼いで)やるぜ!」とか言ってただろうに、戦うよりも先に「解り合う」という発想が出てくるまでになったんですね~(涙) カザミ、お前がガンダムだ! しかしクアドルンさん曰く「アルスを制御できるのは古き民だけ」だと。 その古き民がいない今、衛星砲を破壊するのは自分の使命であり、ガンプラの民の力はもう借りぬ、と。 「帰れ」と言いながらも今度は古き民とマサキについて語り始めるクアドルンさん(笑) ですけど、シリアスな語りの中で 「ガンプラの民」ってワードだけがものすごく浮いてて、ちょっと話に集中できないんスけどね(笑) エルドラの古き民 古き民の大半は荒廃したエルドラの再生を願いながら宇宙へと旅立っていったものの、再生を遂げた故郷をその目で見たいと望んだ者たちもいた。 彼らはいつか故郷へ戻ることを夢見て、肉体を電送し時空を越えて旅立った、と。 その足跡の大半は途絶えている中、唯一辿れた場所…それがGBN! それ以上は追えなかったものの、おそらくGBNに辿り着いていたと思われるのがこちらの方々。 そして イヴちゃん!? うわあああああああっ!とんでもねえ設定ぶっこんできやがったああああああ!! ELダイバーの正体はエルドラの古き民と来たかああああああっ!? 「ELダイバー」のネーミングに「電子データとなって時空の海に潜ったエルドラ人」という意味を持たせてくるとは。 いやはや恐れ入りました! そしてクアドルンさんの話に 「電送…データ生命体…」 と反応してたメイ。 彼女もエルドラの古き民である可能性が出てきたってことですかね? 逆にヒロトは電送エルドラ人とELダイバーを即座に結びつけて考えるまでには至らなかったですね。 まあそれは仕方ないですけどね、もしもクアドルンさんの脳裏に浮かんでいた光景を映像として見せることが出来ていたら…。 しかしこの話、ヒロトの目の前で消えていったイヴちゃんも、その存在が消滅してしまったわけではなくて、実体化を維持できなくなってデータ状態で時空の海を漂ってるかもしれませんよね。 実体化に必要な光る砂はあるわけなので、何らかの方法でイヴちゃんのデータを呼び寄せられれば復活できる…ということになりますよね? まあ絶対に一筋縄ではいかないことだけは見えてますけどね… マサキの真実 GBNで古き民の存在は追えなかったものの、そこで出会ったマサキの力を借りることになったクアドルンさん。 しかしマサキはアルスに捕まりコントロールされ、その尖兵になってしまったと。 そしてマサキを呼び寄せ実体化させた召喚台も、もとは電送エルドラ人を顕現させるためのものであって、マサキの件は自分がその使い方を誤ったのだ、と。 マサキに関しては大方の予想通り、操られて敵化という直球で来ましたね。 当然この後はコントロールが解けて味方入りするんでしょうけど、これも案外早く実現しそうな気がしなくもないですね。 それにしても仮面の男枠・強化人間枠・追加戦士枠と美味しい役回り総取りとか、なかなか欲張りな男ですマサキ君(笑) でもってマサキの件で自責の念に駆られるクアドルンさん。 これ以上ガンプラの民を巻き込むわけにはいかないという思いから、また「帰れ」って言おうとしますが… 次ページ:そんなクアドルンさんにヒロトたちが……! スポンサーリンク.

次の

ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト

ガンダムビルドダイバーズ リライズ

ガンダムビルドダイバーズRe:RISEとは、の他で配信中ののである。 からまでが全13話、よりが配信中。 概要 『』、『』、『』、『』に続く第5作。 観は前回のビルズから引継ぎ、2年後の電間がとなるが、前作の要素はいまのところは薄く、この作品から観ても十分楽しめるようになっている。 (もちろん前作を見ていると関連を感じられる部分もある) また、いままでの作品は「明るく楽しい」という色の強い作であったが、今作はのを混ぜていくということで登場人物の年齢を全体的に上げており、ひとりのやをじっくり描いていく形となっている。 本作では上記のとおり、としては初めて本放送を配信と位置付けられており、放送では視聴できない場所でも全が同時に視聴できるという強みを持っている。 のに配信し、全話を視聴可。 でも、にて放送している。 あらすじ ELをめぐる第2次有志連合戦で的スとなった ビルズの活躍から2年後。 ・ N では、中のの感覚をディメンション上でフィードする新技術により、さらに臨場感のあるが楽しめるようしていた。 の クガ・トは、正式なスに所属することなく、ほかのスやに雇われて活動する。 とある人物の捜索という的でひとりディメンション内をさまようトは、さまざまな事情で単独活動するたちと出会い、彼らとともにもうひとつの「ビルズ」を結成することになる。 主なキャラクター は字、 本名はで表記する。 ビルズ 1話でたちが結成した寄せ集めス。 ス名はたちのスと同じ名前であるが、これはでスを組む必要があり、がビルズであったため。 登録に際し、的なスと同じ名前であったためはしたが、制限時間ギリギリにの提案で「B D」のIを小にすることで「B D iV」となった。 なお、よく見るとのズも「D iV」となっている。 、ビルダー両方で卓越したを持っており、スでの軸として行動する。 かつて親交のあったを探すためにのとして活動しており、報酬の代わりにの探索をしていた。 また一期前半では一での姿も見せており、やとの関わりを見せている。 がとなっており、倉庫のような場所ににはない実物大の立体像がある。 共通「G-」で配信活動をしているで、その中で同じくの「・」の。 トの実を見て、報酬的で限定に誘ったことからが始まる。 様々なを渡ってきているが、ビルダーとしての腕はともかく、実や連携などが低く、自身のせいでになっても反省をしないなどとしての腕は低い。 しかしス内ではそのお気楽さや体性のないを引っる行動などなくてはならない存在。 各話の最後には「・カザミの 」として作中に出てきたの紹介が放送されている。 での姿は一期で初めて登場したが、名前だけは使用の説明書によって先行して判明していた。 : ビルズの。 活動を信条としており、以外にがなく、各を渡り歩いていた。 ではトとともに中心として活躍している。 しかし限定に参加した的や、とある人物との関りなどの多い人物である。 (以バレ) その正体は、一種の電子生命体であるEL()。 下記のの他、前作の登場人物であるや、そしてコー、・とも知己である。 称は「パル」。 尊敬するのでNを始め、とのやス結成に憧れているが、引っ込み思案な性格のために一歩を踏み出せないでいる。 またにあこがれを持っているが飛行することになにかしらのを持っている。 当初からビルダーとして優れた腕前を持つも、様々な要因でではを発揮できずにいた。 しかし高難度のをこなしていく中で、転機が訪れる。 ・・・実は前作登場のとある人物との関係がある。 N : トとかつて親交のあったN。 と過ごした日々はトにとって忘れられないものとなっており、劇中でも時折でされている。 ・ : を身にまとい、Nの善に全を尽くす「G-r」として活動している。 は「 0〜 」という画集で紹介されていたのの。 : 一期では、前作から引き続き登場している一の。 と顔見知りであり、場でをしていた。 山の民 ビルズが挑戦しているに登場するN。 がの種族で、一つとよばれる敵によってに陥っている。 いわゆるなのだがが妙に感情豊かで、自分たちの観がしっかり定められているため、Nのとして参加しているたちとの認識にズレがある。 : トたちを導く。 旺盛でとちりが多い性格。 彼が遺跡に祈ったことで創造様()たちがやってきたと思っており、トたち4人を遺跡の中ので撃した「ビルズ」であると確信している。 マイヤ : のであり、感の強く、冗談の通じない性格。 ビルズのことを懐疑的にみており、内のと思って村にが出るようなを言ったビルズを非難していたが、すこしずつ彼らのことを認めつつある。 ム・ヒナタ : トのでクガとぐるみでの付き合いがある。 知識はまだ覚え始めの段階。 クガ・、クガ・コ :、 トの両親でののとのの。 筆の進みに波のある夫をしっかり理解し、見守ると仲は良好。 は通常の機体よりも一回り小さいが、それを生かした機動やとの連携、トの操縦技術によって非常に高いを持っている。 さらにのとする「プラネッツ」によってさまざまな形態になることが出来る。 が体のアーマーとすることで汎用性の高い リィ、が体のアーマーとすることで近接格闘の 、色を基調とするアーマーとする事で撃戦体の ヴィート、が基調のアーマーとする事で戦の 、とのアーマーとする事で・高機動戦の ヴになることが出来る。 からドッする際は「、ドッ・ゴー」、ある形態から別形態へ換装する際は「、A トゥ B」。 換装せず一部ののみ装着する場合は「リミ、A トゥ B」となる。 後述のビルダーズの存在からもングとしてとのパックの折衷とえる。 装着後は通常のと同等の大きさになる。 各アーマーの名前の由来はの名と順番。 専用の兼ト「ディフェンサー」を装備し、プラネッツに頼らなくても人のままでの「ヤー」・可変形態「ヤー」として飛行可になっており全般的性向上版とえる。 アーマーとドッする事で長の ユーェン、サアーマーとドッする事で対重装甲の サタニクスになる。 アーマーは以前トが作成したアーマーをに修しており、1期のアーマー(アーマー除く)よりも前に存在していた事が示唆されている。 ナイト カザミが使用するの機。 のをにしており、を放てるや、状のを装備するなど防御、近接を高められている。 名前の由来はの機体名の初期案。 ナイト 2期でカザミが使用するの機。 上記ナイト同様がなのは変わらないが、こちらは原機であるの特徴であるMA形態への変形機構や内蔵等を残したまま強化されている。 MA形態も方錐状の巡航形態 背が機首になり脚部は推進機のため構造的にはに近い と強襲形態 こちらはほぼ原機通り となっている。 ウォ が使用する「」が出典であるMAウォの機。 mもあるウォをmほどに小化しているが、原機と変わらないと強なをとしている。 の他の機体とべ立体化 キット がと遅れたが… (以バレ) 内部には・が内蔵されている。 緊急時には外部装甲をし、として二丁と体術によるなを行う。 ヴァルンダー パルヴィーズが使用するとは思えない、をにした機体。 口から炎を吐くなどの攻撃手段を持つ。 まだ隠されたを持っているらしいが・・・とから第一期でった「ランダー」の系譜を受け継ぐ機体。 パルヴィーズは「モルジアーナ」の称で呼んでいる。 変形する事で人形態「 」になる 形態は「」 は 正確には修機である で強化形態であるアンチヴァルンダーはアンチ-Fである。 エクスヴァルンダー 2期でパルヴィーズが使用するヴァルンダーの修機。 はでカザミの機体同様先祖返りを起こしている。 ヴァルンダー同様、への変形機構を持つ。 - ・が使用するの機。 にの意 に機である を加えた機体であり、としても使えるケープスーや、巨大なに変形するソードで違反者を断罪する。 アーミー/ト/ブルト/ホト に登場する一つことアーミーの機。 それぞれ汎用機、四つ足強化機、タンク強化機、ホ強化機となっている。 が高めなこともあって、非常に強な機体である。 用語 EL() Nたちのほんのわずかなの残滓や、想いのかけらなどが積み重なって誕生したN内部での一種の電子生命体。 2年前の第2次有志連合戦での事件で存在がになった。 では依り代としての()にをすることにより、に転移し、のと同じ活動ができる技術がされている。 こので名のELが存在している。 関連項目•

次の