ミリオネア ct。 K.T.F. カスタムスプール 「KAHEN(カヘン)」| ベイト&タックル キャリル

DAIWA : ミリオネア CT SV

ミリオネア ct

ダイワの丸型リール 「ミリオネア」が久しぶりにキャスティングリールとして復活。 高剛性の丸型アルミ製オールマシンカットボディにより、優れた巻き心地・感度を実現しています。 DAIWA 19 MILLIONAIRE ミリオネア CT SV CT(COMPACT&TOUGH) SVスプールで進化を遂げてミリオネアここに復活。 2008年を最後にバス用としては姿を潜め、活躍の舞台をソルトウォーターへと譲っていたラウンドシェイプの名機・ミリオネア。 2019年、新基軸ユニットで武装して、バスフィッシングシーンへといよいよ戦線復帰。 満を持して、群雄割拠のファーストムービング界へと乗り込んでいく。 その名もミリオネアCT SV。 ギア比は6. 3の70H、7. 2の70SHの2モデルを用意。 59センチ、68センチのハンドル1回転巻き取り長を見れば、自ずと巻き重視のスペックであることに気づけるだろう。 ミリオネアがCTコンセプトたる理由。 それはファーストムービング、特に小型軽量モデルでのアドバンテージを徹底追求するためだ。 従来のベイトリールではキャスタビリティに難があった5g以下の軽量ルアーでもスムーズにラインを送り出し、難なく狙いのスポットへと到達。 存分な強度を誇るG1ジュラルミン素材は、重量級ルアーへの対応力ももれなく向上。 1台でひと役もふた役も担う、頼りになる強い味方だ。 何より特筆すべきは、優れた巻き感度。 オールマシンカットボディは、寸分のブレもない巻きを実現。 同時に金属のダイレクト感は水中の些細な変化をも手元へと伝え、アングラーの集中力持続に貢献。 時代と共に精度を高めてきたDAIWAテクノロジーがボディにさらなる剛性感を確保したことは言うまでもない。 超小型高性能エンジンを秘め、確かなフレームで支えられた堅牢ボディの新生ミリオネア。 ハイプレッシャーに追い込まれた激戦区を始め、コンペティションの舞台でも値千金の1尾を掴む準備がこれで整った。 スプールを小口径化することで立ち上がりを軽くし、軽いルアーのキャスタビリティを向上させています。 また、ベイトフィネススプールほど薄くせず、強度・耐久性を確保。 太糸によるパワーフィッシングに対応しています。 気になるスプールの重量は、オプションのRCSB CT SV700スプールが 8gとなっているのでこの数値と同等のはず。 スプールの互換性についても、AIRモデルが同モデル内にスプールの互換性があったように、このCTモデルにも同モデルで互換性があるようです。 (未確認) 「スティーズ CT SV TW」が700番で「アルファス・ミリオネア CT SV」が70番。 (ギアも) 【丸型】 剛性に優れたオールマシンカットボディ 精度の高いアルミ製のオールマシンカットボディにより、優れた巻き感度を実現。 アルファスと同様に、新規に金型を興した専用ボディというわけではなく、これまでのボディにスプール径の違いによる隙間を埋めるリングを装着しています。 重量は210グラム。 適度な重みは重心を安定させ、安定した巻きに繋がります。 ラインナップ・スペック表 ラインナップは、H:ハイギヤとSH:スーパーハイギヤに左右ハンドルの計4機種。 「アルファス CT SV」と同じ70番となります。 品名 巻取り長さ ギア比 自重 最大ドラグ力 標準巻糸量 ハンドル長 ベアリング 本体価格 70H 59cm 6. NEWといってもボディは従来のミリオネアの型を流用。 それに隙間を埋めるパーツを取り付け、新型のCTSVスプールを搭載したのみとなっています。 ボディを流用していること自体に文句はありませんが、その割に価格がちょっと高過ぎませんか。 定価5万円て…。 新規ならともかく、流用ならせめてでも4万円台が妥当でしょう。 特に強いギアを採用しているわけでもないようですし。 ロープロに比べると割高な丸型リール。 実売3万円前後に収まれば手頃な丸型リールとして「CT SV」よりは需要があるように思います。 これをベースにベイトフィネスに特化したスプールが開発されれば、想定されている用途からシマノの「17 カルカッタコンクエスト BFS」を意識しているのでしょうか。 出っ張りのない純粋な丸型ボディに、シルバーカラーから「凜牙」のようでデザインは非常にカッコいいと思います。 強気な価格だけがネックですね。 カテゴリー• 715• 117• 103• 221• 549• 143• 340• 147• 985• 214• 512• 197•

次の

【スティーズCT SV TW】コンパクト&タフ!超小口径φ30(mm)スプール搭載のDAIWAのフラッグシップベイトリールに注目

ミリオネア ct

こんばんは、ダイワ星人です。 ルアーマガジン2019年2月号により、ダイワの2019年の新作ベイトリールが明らかになりました。 コンセプトはCT「コンパクト&タフ」 今年発表したスピニングのコンセプトLT「ライト&タフ」と対になるコンセプトです。 とはいえCTの名前はタトゥーラCTやフエゴCTがすでにありましたけどね。 驚くのはそのスプール直径で、なんと30㎜です。 近年のベイトリールの最小スプール径は、リベルトピクシー(及びプレッソベイト、PX68)の31㎜でした。 まさかそれよりもさらに小さいスプールが出るとは考えていませんでしたし、僕としては結構衝撃です。 今回発表された3モデルのスプールはすべてG1ジュラルミン製の30㎜SVスプールです。 全モデル共通(違うのはレーザー刻印のみ)と書かれていますが、ジリオン SV TWとスティーズ SV TWのようにブランキングで差別化されたりしていないんでしょうか。 そこは気になります。 元々スティーズ TW(RCS対応)系とアルファス系でスプール規格が違いますしね。 各モデルのスペックは後述しますが、番手もわざわざ700と70でわけてますし、本当に完全に同じなんでしょうか。 とりあえず発表されたモデルをさくっと紹介します。 わかりやすくスペック表つくりたいなぁとは思うんですが、とりあえずしばらくはこのままで勘弁してください。 紙面を写真に撮るのはさすがにまずいので、ルアーマガジンを購入するか、あるいはダイワの発表をお待ちください。 ありがとうございます。 自重:150g• ギア比:H=6. 3、XH=8. 巻取り長さ:H=59㎝、XH=76㎝• 糸巻量:12ポンド70m• 最大ドラグ力:4. ベアリング:12+1(ローラー)• 価格:58,800円 スプールの隙間をリングで埋めただけではなく、新型ボディで出したのは高く評価します。 フレームとスプール受け?に隙間があるので、スプール受けを別パーツに置き換えることができ、後から32㎜モデルを出す余裕をもたせているようにも見えますね。 そして、後からAIRを出しますよ感がすごくてちょっと冷めます。 外観的な一番の特徴は、ハンドル逆側のサイドプレートです。 今までと違い、プレート側面にブレーキダイヤルがありません。 ツルっとしていて、ブレーキのない船用リール、両軸リールを思い出します。 よく見ると、プレートの下方に突起が見えており、それがブレーキダイヤルのようです。 (2つ見えているうちの前方。 後方はサイドプレートの開閉用) ハンドル基部の部品のレーザー刻印の文字から、ドラグはATDではなくUTDのようです。 ですのでおそらくドラグクリッカーはありません。 これはちょっと残念と言わざるを得ませんが、これもAIRでやってくるんでしょうか。 ドラグはUTD、ドラグ引き出しクリック音ありでした。 スタードラグの材質は記載がありませんが、切削らしからぬ形状ですので、おそらくザイオンでしょう。 すみませんスティーズ SV TWのスタードラグと同じなんですね。 スティーズ SV TWを持っておらず、またHPに記載がないので材質がわかりません。 スティーズA TWのザイオンスタードラグとは違う形状なので、アルミなんでしょうか。 すみません情報お持ちの方がいらっしゃったら教えてください。 気になるのは自重150gで、コンパクトサイズとしては重すぎるように思います。 ライバルはとっくに130gですよ? 実際どのくらいのサイズになるのかわかりませんけど、34㎜スプール用ボディのSS エアが145gなことを考えるとやっぱり重いです。 まあこれはあくまでCTコンセプトのスティーズで、CTコンセプトじゃない(あるいはCTだけどSVじゃない)AIRのモデルを出すので、そっちは軽くするってことなんでしょうけど、20gも軽くなりますかね。 スティーズ SV TWを発表したときに、150gを切ることもできたみたいなことを言っていた気がしますし、軽量化の余地は大きいと考えていいのでしょうか。 それともベイトフィネス専用の、さらに小型の隠し玉があるんでしょうか。 12月25日公開のProject Tで実際のサイズ感がわかりやすくなりました。 動画の冒頭や、清水盛三氏が3フィンガーでパーミングしてるシーン、かなりコンパクトそうです。 サムレストにしっかり親指がのっていますね。 僕は非力のため、3フィンガーでパーミングして、サムレストに親指を乗せてしっかりと握り込みたいので、これは大きな魅力です。 エアビームリールシートにリベルトピクシーが未だに一番パーミングしやすいと思っているくらいですが、そのピクシーもサムレストの中央部が膨らんでいるのが嫌で、凹んでいてほしいと思っていたので、このスティーズ CT SV TWはぴったりなことに期待します。 正直スルーしようと思ってましたけど、かなり揺らいでいます。 12月26日、が出ました。 昨年のスティーズA TWのときも早かったですし、今年も早いですね。 エアと違ってベアリングが小径じゃない旨の発言がありますが、果たして。 他には大した情報はありません。 これ、アルミボディって可能性ありませんかね? CTコンセプトはアルミボディみたいな。 で、LTコンセプトがエアメタルで出るパターン。 でもアルミボディにしてはさすがに価格が高すぎるか… 12月27日に個別製品ページも公開されました。 目新しい情報はありませんが、写真が見やすいです。 ここでもまだボディ材質に言及がありません。 ハンドル側サイドプレートのテカリ具合とかも気になりますが、光の加減なんでしょうか。 12月29日 サワムラ式に記事が出ました。 スプールの幅がかなり狭くなっているのが確認できます。 T-3エアもそうでしたけど、開発に携わってたんですね。 12月30日 ギアステーションの動画が公開されました。 塗装がずいぶんテカってますね。 やっぱりかなりコンパクトみたいだし、買いますかねこれは。 動画見ながらスティーズ A TWのパーミングの具合を確認してみましたが、やっぱりもう少し小さいといいなぁと思いました。 ミリオネア CT SV 70 ミリオネアが復活します。 当時の面影を残す、とか書いてますけど、これフレーム変わってませんよね? と一緒ですよね? ミリオネアの名前が復活するわけではなく、本当にミリオネア CV-Zベースで復活するようです。 ミリオネアCV-Zといえば、1999年に発売された丸型リールですので、もう19年前ですよ。 ミリオネア CT SVが実際に発売になるのは来年2019年なので、実に20年です。 20年前のフレームが現役ってちょっと感動します。 自重:210g• ギア比:H=6. 3、SH=7. 巻取り長さ:H=59㎝、SH=68㎝• 糸巻量:12ポンド70m• 最大ドラグ力:5㎏• ベアリング:10+1(ローラー)• 価格:52,500円 自重210gは船用の260gに比べるとかなり軽いですが、ミリオネアライトの195gに比べると重いですね。 凛牙が220gなので、それよりは軽いですが。 でもなんか高すぎません? アルファス CT SV 70 アルファスもさすがに廃盤になるかと思いましたがまだまだ継続するようです。 アルファスも2004年?か何かの発売ですし、もう15年ですよ。 自重:170g• ギア比:H=6. 3、SH=7. 巻取り長さ:H=59㎝、SH=68㎝• 糸巻量:12ポンド70m• 最大ドラグ力:4. ベアリング:6+1(ローラー)• 価格:31,200円 でも確かにベーシックモデルとして素晴らしいんですよね。 アルミ製のコンパクトボディで、お値段もほどほどですし。 アルファスAIRとアルファス CT SVのどちらが軽量ルアー向きなのって話になりそうですね。 他のリールにはAIRが(今のところ)ありませんけど、アルファスだけは両方ありますから。 おわりに 一瞬めちゃくちゃテンション上がったんですけど、それぞれいろいろモヤモヤさせてくれる感じです。 でも長寿命モデルがあるっていうのはめちゃくちゃ高く評価しています。 それはもうめちゃくちゃに。 車でいえばホンダのNSXなんかもそうです。 NSXは1990年に発表され、2005年まで生産(2006年まで販売)されました。 その間もちろんアップデートはしたわけですが、基本設計は変わっていません。 ベースの性能がよければずっと引っ張っていいと思うんです。 NSXも使いまわしだとか、開発費をケチってるとかさんざん批判はありましたけど、無視しときゃいいと思うんです。 ただ、バリエーションとしては幅広くほしいよねってだけで。

次の

【丸型】 ダイワ 19 ミリオネア CT SV 【φ30mm】

ミリオネア ct

ダイワの丸型ベイトリール、ミリオネア。 2008年型を最後にバスシーンからソルトウォーターシーンへと活躍の場を移していました。 とはいえ、オールマシンカットボディの丸型ベイトリールは高い強度と高感度を誇り、バスシーンでも根強い支持を集めてましたね。 そのミリオネアシリーズがバスフィッシングシーンに戻ってきました。 バスゲームに適した70サイズのコンパクトなボディとバーサタイルに使用できるSVスプールを搭載して。 強度と感度にこだわるアングラーにオススメのベイトリールです。 もちろんライバルはシマノの丸型ベイトリールのあのリール、ですね。 同サイズのボディにハイギア(6.3:1)、スーパーハイギア(7.2:1)。 それぞれ左右ハンドルが用意された4機種ラインナップです。 ギア比の設定を見ると、新しいミリオネアは「巻きの釣り」を重視した設計のようで、特にファストムービング系ルアーを得意とするようです。 オールマシンカットで作られたボディは高い強度と高感度を持ってます。 ボディに高い負荷をかけても歪んだりすることがなく、メインギアを始めとした各ギアやパーツが精密に噛み合いスムーズな巻き心地となってますよ。 カッチリとしたボディはリトリーブ中のわずかな変化もアングラーへ伝えます。 このダイレクト感はつなぎ目などのないワンピースボディならではですね。 魚信はもちろんのこと、水中のストラクチャーやボトム変化も見逃しませんよ。 ボディサイズはパーミングしやすいコンパクトなものへ。 ロープロファイルベイトに比べれば高さがありますが、手に余る大きさではありません。 キャスト&リトリーブを繰り返すバスフィッシングでも持て余しませんね。 CT(コンパクト)のネーミングも伊達じゃありません。 このコンパクトなボディには直径30mmの小口径SVスプールを搭載しています。 この組み合わせは従来ベイトリールでは不得手としてきた軽量リグのキャストも楽にこなします。 5g前後の軽量ルアーでも十分な飛距離を確保できますね。 スプールはジュラルミン製の軽量SVスプールなのでキャストの初速も稼ぎやすくなってます。 スプールを支えるシャフトはスピードシャフトです。 キャスト時にはシャフトとスプールが分離しボールベアリングだけでスプールが支持されますよ。 シャフトレスにすることで回転抵抗を大幅に減らすことが可能になってます。 そのスプールに組み込まれるのはエアブレーキシステム。 インダクトローターが遠心力でスライドします。 フルキャストでは強いブレーキパワーを必要とするのでローターが飛び出しブレーキを効かせます。 逆にピッチングなどショートレンジでの勝負ではインダクトローターが飛び出さず、低弾道で撃ち込めますね。 マグブレーキのオンオフがはっきりした特性と遠心ブレーキのモデラートな特性を上手く組み合わせたブレーキシステムがエアブレーキシステムなんです。 ベイトフィネスに近い軽量リグから重量級のルアーまで、バーサタイルにマルチに使用できるのが19ミリオネアCT SVですね。 ブレーキ調整もサイドパネルを開閉することなくダイヤルだけで行えますよ。 ただし、オールマシンカットのアルミボディは重量がややかさみます。 200gアンダーが当たり前となってきているロープロファイルベイトリールと比べ、19ミリオネアCT SVは210gです。 これも考えようで、ロッドの手元にくるリールがあまりに軽すぎるとロッドティップの重さを感じやすくなります。 いわゆる持ち重りというやつですね。 手元に重量があるとロッドティップを軽く感じ、ロッドアクションもつけやすくなります。 また手元の安定感が増す、という人もいます。 この当たりは各人の好みやフィッシングスタイルにも左右される部分。 超軽量なリールだとロッドが重く感じる、そんな場合はもう少し重量のあるリールと組み合わせる方がバランスが取れているといえますね。 リール単体の重さはもちろん重要ですが、あくまでリールとロッドのバランスでタックルは成立します。 そう考えると今のフィッシングシーンでも200gオーバーのリールは存在意義があると思いますよ。 ¥45360(税込) 20%割引 ¥45360(税込) 20%割引 ¥45360(税込) 20%割引 ¥45360(税込) 20%割引 直接のライバルとなりそうなのがシマノのベイトフィネス機、 だと思います。 ミリオネアよりもフィネスに振った設定のカルコンBFS。 こちらはフィネス専用スプールを搭載したモデルです。 高いボディ剛性とマイクロモジュールギアの滑らかな巻き心地が魅力ですね。 軽量ルアー・リグのキャスト性能を求めてマグブレーキを搭載しています。 こちらもスプールの回転数に応じてブレーキパワーが可変するシステム、フィネスチューンブレーキシステム(FTB)を採用。 高回転時はマグネットユニットとスプールの距離が近くなりしっかりブレーキを掛けます。 低回転時にはマグネットユニットとスプールの距離が離れることで初速を落とさないレベルまでブレーキを制限してます。 構造は異なりますが、ダイワ・シマノ共に設計意図は同じようですね。 右ハンドルは ¥40813(税込) 30%割引 左ハンドルは ¥43740(税込) 25%割引.

次の