英語 翻訳 カメラ。 Google翻訳アプリの使い方!カメラ/音声/テキストの翻訳機能を徹底解説

カメラや画像から英語(外国語)を翻訳する方法(iPhone・Android)

英語 翻訳 カメラ

カメラで簡単翻訳 海外製のiPhone用製品を買ったけれど、 説明書が全部英語で何が書いてあるのかさっぱり分からない…。 そんな時はこの『camerakun』を使って翻訳してみましょう。 アプリを起動させたら「カメラ」から翻訳したい文章を撮影。 左下の「解析」をタップすると、写真に写っている英文が表示されます。 右下にあるピンクの「翻訳」を選択すれば、その文章が日本語に翻訳。 文中の単語をタップすれば辞書のように意味が出てきます。 発音も聞くことが出来るので、英語の勉強中なんかにも役立ちそうですよ! 便利に使えるポイントが分かったところで、気になるのはその読み取り精度。 ということで実際に試してみましょう! 読み込み精度を試してみた 英文を解析するときの精度を、実際に試してみました。 英字新聞社ジャパンタイムズに掲載されていた、をカメラで読み取ってみます。 引用元: すると、このような解析結果が。 よく見てみると単語は大部分が問題なく読み込めていますが「9:43 a. 」が「9:43 a. 」と「m. 」で途切れたり、 「2,000」が「2. 」と「OOO」になっていたりと、細かい部分で解析ミスが発生。 文字が小さいせいか、ピリオドとコンマの違いを識別するのは苦手みたいですね。 メートル。 世界の1を構成するピークの1つに。 意味の分からなかった文章は、本文を見比べて調節していきましょう! 多少気になる部分はあるものの、このアプリを使えばある程度理解することはできそうです。 完全に無料に使えるので、読めない英文が現れたときはぜひとも試してみてくださいね〜!.

次の

Excite Translator

英語 翻訳 カメラ

テキスト翻訳: 入力したテキストを 108 言語間で翻訳可能• オフライン: インターネットに接続しなくても翻訳が可能(59 言語に対応)• リアルタイム カメラ翻訳: カメラを向けるだけで画像内のテキストを瞬時に翻訳(90 言語に対応)• 写真: 写真を撮影またはインポートして、より高精度に翻訳(50 言語に対応)• 会話: 2 か国語での会話をその場で翻訳(43 言語に対応)• 手書き入力: 入力の代わりに文字を手書きしてテキストを翻訳(95 言語に対応)• フレーズ集: 翻訳した言葉やフレーズにスターを付けて保存し、後から参照することが可能(全言語に対応) 権限に関する通知• マイク(音声翻訳に使用)• カメラ(カメラ経由でのテキスト翻訳に使用)• 例えば、どんなに「stay with」と言っても、はっきり言っても、なぜか「David」、または「state with」になります Appleのキーボードはきちんとstay withと反応します。 さらに、「stay with」と読み取ったにもかかわらすあとから「David」に変換されてしまいます。 そのようなことがあるとイライラしてしまいます。 ほかのレビューにもあったように、発音がそのままカタカナに訳されることもあるので、その辺も改善お願いします。 スマホを近づけないと反応が劣ります。 画面に顔を近づけなくてもそこそこ反応するようにして欲しいなぁと思います。 しかしほかの翻訳よりも便利で精度は高いので、これからも翻訳はこのアプリを中心に使っていこうと思います。 改善お願いします。 長文失礼しました。 1、OCRの精度が低い 最近のアップデートで一層OCRの精度が悪くなり、画像を読み取っても正確に文章になりません。 2、翻訳の際、なぜか多くの文を飛ばして訳す。 訳す文量が多い場合、最初と最後の文を訳しても、途中の文章をすっ飛ばして訳すので、うっかりすると飛ばされた文を読まないまま外国語文献を読了したと勘違いしてしまいます。 3、なぜかカタカナ語に翻訳される 例えばalignmentを訳した時に、翻訳結果はそのまま「アラインメント」とでました。 読み方じゃなくて意味をきいているんですよ。 気が利かないです。 こういう例があまりにも多いです。 翻訳とは何か考えてください。 4、読み取った翻訳前の言語の文章を編集しづらい 上記のようにOCRの精度が悪いので、いちいち読み取った文章を編集して再翻訳させないといけないのですが、編集する枠が小さすぎて全然編集できません。 手書き入力 ほとんど使わない のゾーンが大きすぎる。 5、翻訳結果がみづらい 翻訳結果が、青を背景にずーーっと羅列してあるので、とても見にくいです。 改善してください。 言語 日本語、 アイルランド語、 アゼルバイジャン語、 アラビア語、 アルバニア語、 アルメニア語、 イタリア語、 インドネシア語、 ウェールズ語、 ウクライナ語、 ウルドゥ語、 エストニア語、 オランダ語、 カザフ語、 カタロニア語、 カンボジア語、 ギリシャ語、 クロアチア語、 グルジア語、 シンハラ語、 スウェーデン語、 スペイン語、 スロバキア語、 スロベニア語、 セルビア語、 タイ語、 タミール語、 チェコ語、 デンマーク語、 トルコ語、 ドイツ語、 ネパール語、 ノルウェー語ニーノシュク、 ハンガリー語、 パンジャブ語、 ヒンディー語、 フィリピン語、 フィンランド語、 フランス語、 ブルガリア語、 ヘブライ、 ベトナム語、 ベンガル語、 ペルシア語、 ボスニア語、 ポルトガル語、 ポーランド、 マケドニア語、 マラヤーラム語、 マレー語、 モンゴル語、 ラオ語、 ラトビア語、 リトアニア語、 ルーマニア語、 ロシア語、 簡体字中国語、 繁体字中国語、 英語、 韓国語.

次の

カメラで翻訳できる無料アプリ5選!Google翻訳が人気?【iPhone/Android】

英語 翻訳 カメラ

Zoomのウェブカメラ映像にリアルタイム翻訳を表示したい! Zoomがかんたんに国境を超える一方で、英語でコミュニケーションできないとその恩恵を与れなくなってしまうということで、かんたんな仕組みを構築してみた。 大まかな流れとして、 Soundflowerを用いてZoom音声出力から内部ルーティングした音声をPythonでMicrosoft AzureのAPIを使用して、リアルタイム音声翻訳を行う。 touch designerでwebカメラ入力に合わせて、pythonからOSCで送信した翻訳結果を字幕で表示。 Touch DesignerでSyphon Spout Outを使用して出力し、CamTwistを経由して仮想webカメラとしてZoomに認識させる。 力技感。 なお、Zoomはプロアカウントである必要は一切ない。 7 ・Microsoft Azure アカウント ・Touch Designer ・Soundflower ・TwistCam Soundflower, TwistCamのインストール ここからダウンロード Soundflower 注意書きよく見て TwistCam Soundflowerの設定 インストールされるとmacのsoundメニューで入出力ともにsoundflowerという項目が表示されるので入力2ch、出力2chを設定。 これによってZoomで聞こえてくる音をマイク入力として扱える。 windowsだとvoice meeter bananaってのがかなり有能。 macに対応してきちんと動くのはsoundflowerしか今の所見つかってない。 Azureを用いたリアルタイム音声翻訳 Azureの中で、Cognitive Servicesと呼ばれるAPIを使用する。 以下のページから登録。 僕も無料試用版であくまで契約しているので、もしがっつりやりたいってなるともちろんお金はかかってきます。 登録したら、サブスクリプションキーと、エリアコードをメモ。 macのpython環境からAzureのリアルタイム翻訳を呼び出す サンプルコードはここに落ちてます。 これをダウンロード。 py ファイルの内部を書き換える。 translation. audio. translation. result. translations [ 'ja' ], evt. result. result. build client. pyをコマンドプロンプトから実行して、適当に英語のyoutubeなんかを流すとこんな形で翻訳結果が、consoleに表示されるはず。 Touch Designerで翻訳結果とwebカメラのデータを合成 touch designerは数回程度しか使ったことなかったので手探り。 ここはoFとかでも実装できると思います。 メニューから、以下のノードを選びつなげていく。 ・ TOP video device in : webカメラ入力 ・ TOP Text : 翻訳字幕を表示 ・ DAT OSC In : OSCを受け、字幕のテキストを変更 ・ TOP Over :webカメラ映像と字幕を合成 ・ TOP Syphon Deveice Out : syphonとして出力 ちなみにsyphonは、Mac OSX 上のアプリケーション間で画像をやり取りするためのオープンソースらしい。 oscノードでは、pythonで選択したportを入力、さらにコードを以下のように書き換える。 def onReceiveOSC dat , rowIndex , message , bytes , timeStamp , address , args , peer : op "text2". par. Touch Designerの出力をTwistCamを通じてZoomへ出力 TwistCamを起動。 syphonを選択すると、touchDesignerの項目が表示されるはず。 本ソフト内で、TouchDesignerからの出力を仮想webカメラ化できるとのこと。 これでzoomを起動。 Zoomのカメラ選択にCamTwistが出ていると思うので選択すれば、touch designerの画面が主力される。 精度はうーんまずまずっていう感じ。 日本語から英語もpythonコード書き換えればすぐにできちゃうはず。 特に難しいことはないけど、使うソフトが多かったのでメモ。 もっといいやり方等あればコメントお願いします。

次の