海外 の 地震。 海外には「震度」というものはないのですか?マグニチュードだけで...

震度は海外にもある?外国の地震がマグニチュードで報道されるのはなぜ?

海外 の 地震

震度7の真上にいた人間として、どうしても伝えたいことがあります。 それは「地震がおこったらどういった行動をとればいいか」ということ。 経験者にしか語れないことってあると思います。 どんなに想像力豊かな人でもその場にならないとわからないことってあるのです。 いろいろありますが、箇条書きにしていきますね。 「家自体は倒れなかった」「火事に巻き込まれなかった」ことを前提として話をすすめます。 近くの家具につかまって身体を支えるのがやっと。 183センチの大男でスポーツをわりかしやっていたボクですら、ベッドから一歩も動けなかった。 とにかく「一歩も動けない」と思っておいた方がいいです。 だから火なんか消せません。 第一、四方から家具が倒れてきます。 下敷きにならず怪我しないのが精一杯でしょう。 んー、机の下に隠れるくらいはできるかな、どーかなぁ、というレベル。 火事にならなかったらラッキーなのです。 これは覚えておいてください。 特にマンションに住んでいる方、揺れ終わったらすぐに、風呂、バケツ、シンク、桶…なんでもいいですから出来る限り水を貯めましょう。 揺れてすぐに水道管が壊れて水が出なくなるけど、マンションだったら屋上の貯水槽にまだ水がある。 それを貯めるんですね。 火を消すためではありません。 飲用でも料理用でもありません。 「トイレ用」です。 いやホントこれが死活問題になります。 都会の地震ならなおさら。 小学校に行こうが公園に行こうが、どこに行こうが水洗便所しかありません。 ってことは水が出ないと流せない。 汚物は溜まる一方。 地震後どこ行っても便器はてんこ盛りで、しゃがんだらお尻につきそうでした(汚)。 地震当日の夜でその状態。 もう自分の家でするしかありません(都会だと野糞する場所もない。 特に昼間。 そして都会人はなかなか野糞など出来ないものです)。 普通の水洗で1回にどのくらい水を使うか知ってますか? バケツ2杯分でちょっと足りない。 そのくらい使うのです。 自衛隊の給水に長時間並んでもいいところ1人で運べるのはバケツ2杯。 そう、1回並んで(1時間くらい)トイレ1回分しかもらえないのです。 10階に住んでいたら、重いバケツを階段で必死に運んで(エレベーターもちろん止まってます)やっとトイレ一回分なんです。 20階に住んでたらどうなると思います? 高層マンションの上の方に住んでいる方はマジやばい。 ご老人や身体が不自由な方、体力のない方など、まじ死活問題です。 ですから、「まず、水をためろ!」 一軒屋の場合でもすぐ近くの水道管が切れない限り少しは出ると思います。 でなければ近くの公園とかに出かけていって公共の水道から出来るだけ多く水をもらっておくことです。 そんなの利己主義だと思う方。 地震後の辛さを知らないからそんなこと言えるんです。 地震は戦争。 まず自分の分を確保してから分けてあげればいいのです。 確保してから「水あります」と貼紙した家がありました。 正しい態度です。 大地震が起こったらすぐ停電しますから、夜の7時であろうが真の闇になります。 何が言いたいのかというと、暗かったら足もとが全くわからないということです。 グラスやガラスや食器がそこらじゅうで割れまくっています。 ですからガラスの破片で怪我をする確率が高いんです。 いいですか。 水がでないから傷口洗えない。 清潔にたもてない。 病院はもっと重症の患者で一杯。 ざっくり切った日にゃ大変です。 足の裏を切ると歩けません。 火事から逃げるのもヨタヨタです。 高層マンションに住んでいる方。 エレベーター止まります。 止まったきりで当分動きません。 水とか食料とか近くの避難所にもらいに行くのにいちいち階段を上り降りしなければなりません。 足の裏の怪我は致命傷なんです。 ですからまず玄関にそうっと足怪我しないように歩いて行って、とにかく靴を履きましょう。 床汚すの嫌なら新品おろしましょう。 一応電力系の会社が各家を回って人がいるのを確かめてから通電するのが原則らしいのですが、そんなもの不可能なので勝手に通電されることも多いのです。 で、その時に起こる火事が「通電火災」。 実際、阪神大震災での出火原因の6割は通電火災であるとすら言われています。 ボクの家の前など、アスファルトにあいた地割れ穴から、カゲロウになって向こうが見えないくらいガスが吹き出していました。 通電の際の火花がこのガスに引火するケースがあります。 また倒れた電気ストーブに再び火がついちゃったり(転倒感知システムがついていても倒れた後その上になにかが被さると働かないこともある)、落ちた裸電球も紙の上に落ちたりしていた場合危ない。 熱帯魚用のヒーターもかなり危ないらしいです。 その時家に誰かいるのならなんとか「通電火災」を食い止めることが出来るとは思います。 でもいなかったら無理。 地震後何時間も経ってから火事になった家なんて掃いて捨てるほど神戸にはありました。 ほとんどが「誰もいない間の通電による火災」。 そう、もうわかりますよね。 ブレーカーを落としちゃえばいいのです。 地震後、家をなにかの用事で離れるときは、それがほんの短い時間でもブレーカーを落す。 忘れないでね。 最低限の人だけに 時間帯にもよるけど、揺れがおさまって30分くらいは電話も繋がることが多いです。 電話する余裕なんかない人も多いし、地震があった地域以外の人はまだニュースを見てなくて知らないことが多いから。 だから、両親・親戚・恋人、心配してくれそうな友達、会社関係にまず電話しましょう。 無事を知らせるのです。 それだけ。 とにかく最低限の人数に、無事だけ知らせる。 そして、知り合いの誰彼に伝えておいて、と一遍に伝言しておくことです。 繋がらなくなり始めたらもうダメです。 当分無理。 それと、「こんなにすごかった」「もう死ぬかと思った」などの長電話は迷惑です。 電話は文字通りライフラインになるので、くだらない話で電話線をふさがないようにしましょう。 ケータイなんてもっと繋がらなくなるでしょう。 なお、新潟大地震では、ケータイ電話は通じなかったけど、ケータイ・メールは繋がったらしいです。 メールはパケットだから時間掛かっても届くみたいです。 連絡はケータイ・メールでするのが正解かもしれません。 車で脱出するなら決断は早いほどいいです(ただし道が壊れたりビルが倒れたりしていて脱出できないことも多い) あ、東京みたいな大都市なら車は避けましょうね。 すぐ大渋滞になり救助の甚大な妨げになります。 それに、逃げる途中で立ち往生したら家にも戻れないし先にも進めないという地獄状態になります。 これはモラルの問題でもあります。 地震後1〜2時間たったらもう車を出してはいけません。 常識です。 緊急救助作業車や消防車、救急車が渋滞で立ち往生しているニュースを繰り返し見たでしょ。 地震直後ならぎりぎり許せます。 どうしても!な理由がある場合はすぐ決断してください。 ただ東西南北どっちに逃げるかは判断すごく難しいけど(どこどこの被害がスゴイとかの情報って地震直後は全く入ってきません。 ラジオでも情報確定するまで2時間くらいかかります。 阪神大震災でも、直後1時間くらいは「大阪で大地震」って報道でした。 大阪なんて震度5程度だったのに。 まぁいいやと見切り発車しても、逃げた方向の被害の方がもっとスゴイ場合だって十分考えられるのです)。 で、逃げる際なにが怖いって高圧線と地割れ。 電線はいたる所で切れて垂れ下がっています。 地面は「うそー」というくらい割れています。 アスファルトがもう鉤裂き状態なんです。 スクーターが地割れに突っ込むのを何度か目撃しました。 運転も注意。 地割れってわりと見えにくい上に、まわりの家の倒れ方の凄まじさに目を取られて注意が疎かになるのです。 ゆっくりゆっくりカタツムリのように運転しましょう。 とにかくね、体験的に一番辛かったのはトイレの水。 え〜、そんなの極限状態になったらなんとでも我慢できるぜ、流せなかったらそこらの路地でしてもいいし、なんて思った方もいるでしょうね。 でもなかなか野糞は出来ませんよ。 都会では。 それに人間、我慢できる部分と出来ない部分があるんです。 なってみたらわかります。 特に共同生活している人。 夫婦とか、両親と住んでいるとか。 そういう人はどうしてもなにがあっても「うんこ」を流したくなるから。 ということで。 少しでもお役に立てたら幸いです。 1記(02. 1、一部だけ改訂) 他にも地震について書いたものがあります。 読みたい方は、どうぞ。

次の

カンタベリー地震 (2011年)

海外 の 地震

人間の力ではどうすることもできない天災です。 常日頃の対策は必要ですが、いつ来るか予測できない地震に、常におびえて生活するわけにはいきません。 そんな地震大国で暮らす我々日本人を的確に表現したつぶやきをご紹介します。 外国人には感知できないわずかな揺れを察知する能力、蛍光灯のヒモの揺れ具合から震度を予想し、テレビの地震速報で答え合わせをする。 日本人が日常的に行っている動作の繰り返しによって、いつの間にか地震耐性が身についていたようです。 日本人の地震耐性に関するつぶやきは、他にも多数あがっています。 You are lucky. Enjoy earthquake! 」と声を掛けたら笑顔になった。 — 生え際の魔術師 モー・コーン hmatsu イタリア某所 A:『地震でかかったね・・・怖かった』 B:「マグニチュード6だって」 A:『でかいね・・日本ではM9のが来たことあるんでしょ?』 B:「うん」 A:『1. 5倍とか怖いね・・』 B:「いやマグニチュードだから32000倍」 A:『は?』 B:「32000倍」 — 炒飯 genthalf おいらも東日本大震災以降は緊急地震速報の通知音をドリフの盆周りにしてるんだけど、通知来ると「おっ、来た! 逃げろ逃げろー! わー!」って感じで、セットが倒れても顔が真っ黒になるぐらいで無事でしょって全然パニックにならないから通知音変えるのほんとオススメだし、ドリフは偉大だと思う。 地震の少ない外国人には、驚きの光景のようです! 地震に慣れすぎてしまって対策を怠るのはもってのほかですが、いざというときに落ち着いて行動するためにはこのくらいの慣れは必要なのかもしれませんね! スポンサーリンク.

次の

今年は海外ですごく大きい地震が多くないですか?

海外 の 地震

4枚のプレートの上に乗り、活火山も存在する日本は屈指の 地震大国です。 観光客が来日して、その地震の頻度とそれに対する日本人の気にしなさに驚く事も多々あるようですが、確かに慣れてしまっている分防災に対する取っ掛かりが遅いと感じる事もしばしばです。 実に年間2000前後の地震が起きる日本では、それに対する 防災は元より研究も盛んです。 実はこの分野に関しては世界と比較しても頭一つ出ていると言っても過言では無いでしょう。 こまかな部分で海外の地震対策と比較してみたいと思います。 地震に対する国の意識 大半の人が小学校で 避難訓練を経験していると思います。 今思えば非日常感もあり、不謹慎ながら当時はちょっとしたイベントとして私は捉えていました。 あの時の避難訓練のノウハウが現在も生きているかどうかは疑問ですが、大事な事は幼少の頃からこう言った状況を想定する力を付ける事です。 義務教育は辿って行けば国の政策や方針にも行きつきますが、その中に防災に対する意識がこう言った形で垣間見えるのも日本ならではと言えるでしょう。 災害に対する防災は、「 いつ起こるか分からないけれど費用を投じて準備しておく」と言う事が前提になります。 ある程度国はいつ来るか分からない自然災害に投資をしてくれているわけですね。 家庭レベルで見たら 防災グッズを揃える事がこれに該当します。 お金を出してひとしきり防災グッズを備えておけば確かに減災になりますから。 今日まで、日本の場合国家レベルで見た際に実に膨大な額の費用を投じて対策をしています。 冒頭でも述べた様に、震や台風が頻発する国とは言え、国の中枢がこの様な意識を持っている事は良い事だと思います。 この点は海外の国からも手本とされているようで、今後は先進各国の中でも防災モデルやノウハウを同じような手法でもって進めて行く事でしょう。 事前に警報を発信するシステム テレビを見ていても地震速報やその他災害警報などなよく目にします。 最近では個人の携帯端末でも地震予測システムからアラームが鳴る事もありますね。 あの独特な「 ブワブワ」と言う音のする奴です。 日本ではこの様に事前に災害に対する情報を発信するシステムでも大きく抜きんでています。 この手のシステムの根幹にある観測局や研究所の数一つとっても他国より大きく存在しているのが現状です。 逆に言うと世界の先進各国ではもっと配備する方が望ましいと言われています。 足りていないと言う事ですね。 最近の地震予測の研究はより精度を増し、事前に警報や通知を発信する事が可能となっているようです。 たまにアラートが鳴ってもその後の地震は震度が小さく肩透かしをくらう事もありますが、事前に情報が有るか無いかは非常に大きな差があります。 そのわずかな時間の間に出来る防災も十分にありますから、やはりいきなり揺れが襲うのとそうでないのはその後の行動も大きく変わってきます。 耐震性に関する基準 ここ数年で「耐震」と言う単語をよく目にするようになった気がします。 この数値は非常に優秀で、防災と言う意味ではかなり進んでいると海外から見られていますね。 同時に耐震に対する技術も日々進んでいて、正直な所この辺も海外の国々はお手本とするべきポイントだと思います。 世界でも有数の大都市に挙げられる東京ですが、人口が多い分色々な懸念点もまだあります。 しかしそれも含めて防災、対地震となった時はかなり国の意識は前倒し出来てると言った所でしょう。 早ければ来年にも首都直下型の大きな地震が来ると言われています。 誰しもが地震は来ず平穏に長く暮らす事が一番だと考えますが、大事なのは防災に個人レベルで意識を向けておく事ですね。

次の