エアコン クリーニング 儲かる。 【決定版】エアコン掃除のやり方│自分でやる方法・プロに依頼するメリットを徹底解説

伊藤テクノが考えるエアコン業界の未来

エアコン クリーニング 儲かる

Contents• 見え始めたエアコンのコト それからエアコンについてもっと詳しいことを調べはじめました。 すると面白いんです。 実はエアコンって部屋を28度にするためには、12度ぐらいの空気を吐き出しています。 その温度で部屋全体を冷ましています。 そして、低い温度の空気は下に流れるので、子どもの体にとってエアコンはあまりいいものではありません。 エアコンではない何か 今は、部屋を快適な温度にしようと思うと、エアコンという選択肢になりますが、本当に居心地のいい空間を考えると今のエアコンでは難しいんです。 だから、空調の未来はエアコンがないほうがいいなと考えました。 業界の未来や、お客様の本当の快適さを考えるとこういう結論に至ります。 今はエアコンがない世の中なんて考えられないですが、今の当たり前ばかり考えていてもだめだと思っています。 業界の新たなる可能性 今どの業界でも聞く言葉がIoTです。 エアコンも多分にもれずIT化が進むと思っています。 あるエアコンメーカーの担当者さんと話していても、IoT化したエアコンの開発に着手し始めたという話を聞きます。 数年後に販売されるエアコンは、スマホと連動したものになるでしょう。 でも、今世の中に出回っている既存のエアコンはそうはいきません。 そこに伊藤テクノとしての役割があるのではないかと考えています。 例えばIoTでいうと、業界でIoTに取り組んでいるのはメーカーぐらいだと思います。 でも、今設置されているエアコンも外付けの機器を設置することでIoT化が実現できるのではないかと考えています。 お客様にとって一番近い存在 メンテナンスと修理が僕らの仕事ですがエアコンの新しい使い方を提案したり、教えていくのも僕たちの仕事です。 業務用エアコンを入れているお客様にとって、メーカーは遠い存在ですが、僕らは近い存在です。 メンテナンスと修理だけではなく、お客様の既存設備を守って進化させる立場でありたいです。 エアコンの修理・クリーニング業者も安い業者を探したらきりがありません。 エアコンの蓋を開けて内部をみると全くクリーニングしていない業者もいます。 正直全国に安心して任せられる職人さんは本当に少ないと思っています。 技術が今後進んでいくと、職人がいらないような時代になっていきます。 修理やクリーニングに職人の手が必要なくなる前に私たちが考えておかなくてはいけないことは、技術と向き合うだけではなく、お客様が求めていることを真剣に考えることだと思っています。 ですから伊藤テクノはエアコン業界に行く末を常に見据え、そして先導していける存在になりたいと思います。

次の

引越し時のエアコンの取り外し取り付け費用相場とおすすめの引越し業者

エアコン クリーニング 儲かる

不景気に新規参入の多い業界 掃除用品や清掃機械を専門に扱う商社(販売店)があるのですが、そこで聞いた話によると、不景気で世間ではリストラだなんだと言われると商社は売り上げが伸びるそうです。 これは不景気で残業代が出なくなったりして会社からの給料が落ちたり、リストラされたり、現職で先の展望が見えなくなったりして、脱サラをしてハウスクリーニングの業界で起業・独立開業を目指す人が増え、結果として掃除用品が売れる、という傾向があるそうです。 なぜ不景気になるとハウスクリーニング業界への新規参入が増えるのか? これは、ハウスクリーニング業界への参入障壁の低さがあります。 ハウスクリーニングを開業するために特別な資格は必要ありません。 これに類する国家資格もありません。 フランチャイズを展開する会社や有志のグループが勝手に作った〇〇協会による〇〇免許、〇〇認定、のようなものは有ります。 それらの権威や効果、世間的な評価・認知度がどこまであるかはわかりません 笑 そのため「冷やし中華はじめました」よろしく、「ハウスクリーニングはじめました」と言えばだれでも始められてしまう職業のため、気軽に始めようとする人が多いということでしょう。 また仕事の性質上、それほど高価な道具や材料が必要無いですし、自分が行うサービス(作業)によって対価を得ますので、何かを仕入れるお金が必要になるような販売業と異なり大した原価はかかりません。 そのため 低予算で開業・運営が出来るのでリスクが少ない中で始められるメリットがあるためでしょう。 「いわゆるハウスクリーニング」はやってはいけない 一般家庭にご訪問して水回りの清掃をするような「いわゆるハウスクリーニング」をイメージしてこの業界で独立開業を目指そうとする方が多いのではないかと思います。 また、ハウスクリーニングのフランチャイズを展開する起業もそのような、一見華やかなイメージをもつ「いわゆるハウスクリーニング」を前面にアピールしたフランチャイズ募集広告を打ち出しています。 私個人の経験と同業他社の状況を見ますと 「いわゆるハウスクリーニング」のみで生計を立てることは非常に困難と言えます。 個人事業主の方で事業主お一人またはご夫婦でやられている方で「いわゆるハウスクリーニング」のみで上手くやっている方は見受けられます。 それでも上手く軌道に乗せてやられているのはほんの一握り、ごくごく一握りです。 この業界で独立開業を目指す方は、ほとんど個人の方だと思います。 ビルメンテナンス業でないかぎり、いきなり会社組織で立ち上げて…という人はまずいないと思います。 別項のでも説明しましたが一口にハウスクリーニング(清掃サービス)といっても市場は様々です。 ただ、どの市場でも言えることですが、 清掃サービス業の市場で「儲ける」ことは非常に困難です。 儲けてやろう!と思ってこの業界に参入し、独立開業しようと考えられている方には 「ハウスクリーニングはやってはいけない」というアドバイスを私は送ります。 「いわゆるハウスクリーニング」だけに着目してそれで事業を成り立たせようとすると非常に苦労することになるでしょう。 個人事業主の方が生活が成り立つくらいの収入が得られるレベルに達すれば、それで大成功と言えます。 先々の不安無く収入にゆとりが出るくらいに経営が安定している状態になるにはよほどの努力や工夫、根気が必要だと言えます。 もちろん何を持って成功というかは個人の価値観によるので一概には言えませんが、例えば…• 「低資金で簡単に始められて、ランニングコストはかからずすぐに食べていけるようになるらしい」• 「ハウスクリーニングは儲かると思って始めようと思った」 このような考え方でこれからこのハウスクリーニングの業界で独立開業を考えている方からすると、なぜ?どうして? 「いわゆるハウスクリーニング」で生計を立てることがどうしてそんなに難しいの?という疑問を持たれるかもしれません。 それについては別項で説明したいと思いますが、それくらい厳しい業界で、かつ「いわゆるハウスクリーニング」が持つ華やかイメージとはかけ離れた業界だと言えます。 「洗い屋」さんの売上と収入 平均的な売上 「」の項で説明しましたが、ビルメンテナンス業以外のこの業界の事業者はほとんどが「洗い屋」さんです。 個人の洗い屋さんの(大阪の)平均の売上は大体50万円前後/月です。 これが 個人で軌道に乗ったと言える方の売上です。 (これはあくまでも私の周囲で知る限りの大阪目線の情報と前置きしておきます。 関東の方は作業単価相場が2~3割高いと思います。 ) ランニングコストの目安 確かにこの仕事はランニングコストは低く済みます。 所得税、住民税、健康保険、社会保険、損害賠償保険、そして事業主は労働保険に入れませんので必要に応じて別途生命(傷病)保険の加入も必要でしょう。 また仕事を取る(集客)ための宣伝広告費をどこまでかけるかにもよりますが、ざっくりですが ランニングコストは売上高のおおよそ30%程度です。 正味の収入 したがって 正味の利益=収入は35万円前後が平均と言えます。 またサラリーマンであれば会社がやってくれることも自分でやらなければならい、開業時に買い揃えた営業車や高額機械の買い替に備えて引き当て(月々の積立)もしていかなければなりません。 そうなると独身であればまあまあ…ですが、扶養する妻子がいて…となると「なんとか食べていけるが…」というレベルの収入だと言えます。 それをどのように実現しているか• 対象顧客 ほとんどを マンションン管理会社や リフォーム会社からの賃貸マンションのの仕事を受けることを主業にしています。 稼働率 前述の売上平均を実現されている「軌道に乗った」同業者さんの稼働状況を見ると、 休みは週一とれればいい方で繁忙期は月に1日休むかどうか 早朝家を出て帰りは夜間まで• 「もぐり」とは公には無職・無収入ということで、隠れてこの仕事をして収入を得ている状態のことです。 もちろん、 税金逃れで違法ですね 笑 でも本当に結構います。 この仕事の怖いところは、事業主が身体を壊したら収入が無くなってしまうと言う怖さがあります。 本来そういう時のために傷病保険や各種の事業主向けの保険に加入するのですが、そういったコストを掛けられない(掛けたくない)個人事業主も多くいます。 「洗い」を主業とする「洗い屋」さんの実態についてはまた別項で詳しく紹介します。

次の

ハウスクリーニング激安原価で儲かるやり方【公開】

エアコン クリーニング 儲かる

修理代金は保証してくれるの? おそうじ本舗にエアコンクリーニングを依頼して、エアコンを故障や破損させてしまった場合はどうなるのでしょうか? もちろんちゃんと対応してもらえます。 おそうじ本舗の公式サイトのQ&Aは下記のように記載されています。 Q:サービスの不備や事故があった場合には、補償をしてもらえますか? A:万一に備えて責任保険に加入しております。 担当店舗が責任を持って対応させていただきますので、ご安心ください。 エアコンクリーニングでの故障や破損に対しては、原則として修理か部品交換となります。 おそうじ本舗は全国の店舗全てが損害保険に入っているので、『お金がないから支払えない』なんてことはあり得ません。 1 修理不可能な場合 しかし問題はエアコンが古すぎて交換部品がなく修理が不可能になる場合です。 エアコンメーカーの交換部品の保有期間は製造打ち切り後10年のところがほとんどです。 製造打ち切りが大体2年くらいのスパンなので、10~12年以上過ぎていると部品がない場合が多くなってきます。 おそうじ本舗では公式サイトにも書いてありますが、製造後9年以上経過している場合は補償対象外となる場合があります。 ハウスクリーニング会社によっては10年以上経過しているエアコンのクリーニングは受け付けすらしてくれない所もありますね。 おそうじ本舗は古いエアコンでもクリーニングは基本的には請け負ってくれますが、補償してもらえないことがあることを了解した上での依頼となります。 ・洗浄用ポンプでフローリングに傷をつけられた。 ・壁紙に水がかかって跡が残ってしまった。 ・スプレーノズルを落としてしまい、家電製品に水がかかって壊れた。 このようにエアコン以外にも、家具家財が傷つけられる色々なケースが起こりえます。 こういったエアコンクリーニングに付随して起きた損害は全て損害保険の補償範囲内です。 思わぬ事態が起きて損害が発生してもちゃんと補償が受けられますので安心ですね。 エアコンの故障でトラブルにならないために エアコンクリーニングで故障が起きた時に揉め事になりがなケースが 「エアコンがいつ壊れたのか?」 が分からないケースです。 電気製品ですので、突然動かなくなることもあり得ます。 エアコンクリーニングによる故障なのか、ただの故障なのかが分からない場合が一番やっかいです。 そのために絶対にやっておかなければならないのが クリーニング前後の動作確認 おそうじ本舗のスタッフであればエアコンクリーニングの前後に動作確認を行います。 そこで正常に動作することを確認しておくことで、それまでは正常に動いていた、クリーニング後も正常だった、ということが証明されます。 万が一おそうじ本舗のスタッフがこのクリーニング前後の確認を忘れると揉め事の原因となるので、依頼者であるあなたもスタッフと一緒に確認することを忘れないようにしましょう。 もしトラブルになったら? それでもなんらかのトラブルが起きた場合でも、おそうじ本舗なら安心です。 もし担当店舗やそのスタッフが取り合ってくれなくても、おそうじ本舗の本部に連絡をすることで、しっかりと仲裁をしてくれます。 ・おそうじ本舗は各店舗が必ず損害賠償保険に加入している。 ・基本的に修理・部品交換となり手配から支払までやってもらえる。 ・9年以上前のエアコンだと補償してもらえない場合がある(部品在庫がなければダメ) ・責任をはっきりさせるためにクリーニング前後で一緒に動作確認をしましょう ・本部があるので最後まで確実に対応してもらえる エアコンクリーニングで故障させることはなくはありませんが本当に滅多にありませんし、そのほとんどは修理業者がちゃんと直してくれます。 9年以上前のエアコンの場合だけは補償してもらえない可能性がありますが、それはどの会社でも同じです。 おそうじ本舗は必ずは損害保険にも入っていますし、本部もあるので最後までしっかりと対応してくれます。 補償のことは気にせずに安心して依頼しても大丈夫ですね。

次の