ブラームス ピアノ。 ブラームス唯一の「ピアノ五重奏曲」 「慎重な天才」ぶり味わえる傑作: J

ブラームスの人生と作品を少し知ってみない?5月7日はドイツの作曲家ブラームスの誕生日

ブラームス ピアノ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2009年2月) ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms 基本情報 出生名 Johannes Brahms 生誕 出身地 ( ) 死没 1897-04-03 (63歳没) ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 1843年 - 1897年 ヨハネス・ブラームス( Johannes Brahms、 - )は、19世紀の、、。 ( Bach)、( Beethoven)と共に、ドイツ音楽における 三大Bとも称される。 に生まれ、に没する。 作風はおおむねに属するが、的な形式美を尊重する傾向も強い。 の後継者ととらえる人もおり、指揮者のは彼の『』を「」と評した。 ハンブルクの生家 1833年5月7日にで生まれた。 彼に最初の音楽レッスンを行った父は、市民劇場の奏者だった。 後年になってブラームスが語った話によると、家の表札には「 Brahmst( ブラームスト)」と書かれていたという。 しかし子供の頃から「 ブラームス」と頭に刷り込まれていた彼は、最後の「 t」が嫌で、表札をしょっちゅう指でこすり、しまいには消してしまった。 そのせいで父に届いた親方献呈合格証は「 ブラームス」と書かれたものになった。 彼曰く、「親父がtを取るように、少しずつ慣れさせたんだよ 」このブラームスの話が冗談なのか実話なのかは不明だが、実際に「 Brahmst」と書かれた4月14日の「音楽の夕べ」のプログラムが残っている。 7歳の時からオットー・フリードリヒ・ヴィリバルト・コッセルにピアノを学ぶようになった。 ブラームスはピアノの早熟な才能を現し、10歳の時に初めてステージに立った。 この時彼の演奏を聴いたアメリカの興行師がアメリカ演奏旅行を提案した。 両親は賛成したが、コッセルはこれに反対し、より高度な音楽教育が受けられるように、コッセルの師である作曲家でピアニストのに師事させた。 しかしブラームスの生家は貧しかったため、13歳のころからやでピアノを演奏することによって家計を支えた。 ブラームス自身はピアニストとして確かな腕を持っていたが、同時代の名手と比べると地味な存在であり、後に作曲に専念すると決意してほとんど演奏活動からは手を引く。 しかしとには、『』と『』の初演を自ら行っている。 若き日のブラームス(1853年) マルクスゼンに師事し始めたころからブラームスは作曲を始めたものの、この時期の作品は厳しい自己批判のため破棄され現存しない。 にハンガリーのヴァイオリニスト、と演奏旅行に行き、彼から音楽を教えてもらったことが創作活動に大きな影響を及ぼした。 この旅行で2人はに会いに行き、ヨアヒムはブラームスの才能を称賛した。 ブラームスもヨアヒムに敬意を抱き、2人の親交は以後も長年にわたり続いた。 次いでヨアヒムの勧めで2人はに会いにに行ったが、リストとはそれほどうまくいかなかった。 ここでブラームスとレメーニは仲たがいを起こし、ブラームスはヨアヒムの元に戻った。 ヨアヒムら友人たちがに会うことを強く勧めたため、9月30日にブラームスはのシューマン邸を訪ねた。 この出会いは両者にとって幸福なものだった。 シューマンはブラームスの演奏と音楽に感銘を受け、『新しい道』と題する評論を『』に発表してブラームスを熱烈に賞賛し、ブラームスの作品を広めるために重要な役割を演じた。 ブラームスもまたシューマンを強く尊敬し、シューマンの没後もその敬意は変わらなかった。 またこの時、ブラームスは14歳年上のシューマンの妻と知り合い、生涯に渡って親しく交流を続けることになった。 しかしこのころすでにシューマンは精神疾患に悩まされており、2月には投身自殺未遂を起こして近郊の療養施設に収容された。 ブラームスはこれを聞くとデュッセルドルフに駆けつけ、シューマン家の家政を手伝い一家を助けた。 こうしたなかでブラームスとクララの距離は近づき、ごろのクララへの手紙の中では彼女のことを「君」と表現するなど、恋愛に近い関係になったと推測される時期もあった。 しかしブラームスはシューマンも強く尊敬しており、にシューマンが死去したのちも彼女と結婚することはなかった。 とはいえシューマン一家とは生涯にわたり親交を続けた。 にはに音楽家として招かれ、まで3年間にわたり秋から年末にかけての侯国宮廷で勤務した。 またには ()(Agathe von Siebold いわゆる「」で著名なの従兄弟の子に当たる)と婚約しながら、翌には「結婚には踏み切れない」との理由で一方的に破談にしている。 にを初めて訪れた後、ブラームスはの指揮者としての招聘を受けウィーンに居着くことになる。 1869年までには活動の本拠地をウィーンに移すことを決め、1871年にカールスガッセ4番地へと移り住んだ。 この時期の間にブラームスはに完成した『』などの作品で高い評価を確立した。 には母が、には父が死去している。 ウィーン移住からおよそ10年後の1876年に、19年の歳月をかけた『』を完成させた。 この作品は後に指揮者のビューローをして「ベートーヴェンの10番目の交響曲のようだ」と語らしめた。 他の3つの交響曲は、それから比較的短い間隔で書き上げられ、第1番から間もないには『』が、に『』が、そしてに最後の『』が、それぞれ発表された。 ブラームスは1878年から1893年までの間に8回を訪問し 、気持ちの良い地方を探して夏の間に作曲した。 、の代理人の依頼で『第1番』とのポルカ・マズルカ『』をに録音した。 これは史上初の(レコーディング)とされている。 またこのときのピアノ演奏で、初めて自身の老いを自覚したと言われる。 翌、57歳になり意欲の衰えを感じたブラームスは作曲を断念しようと決心して遺書を書き、手稿を整理し始めた。 しかし彼は決心を守ることが出来なかった。 1891年にクラリネット奏者の演奏に触発されて創作意欲を取り戻したブラームスは 、『』(作品114)、『』(作品115、1891年)、2つの『(ヴィオラ・ソナタ)』(作品120、1894年)を書き上げた。 そして『』(作品116、1891年)から『』(作品119、1892年)までの4つのピアノ小品集、『』(作品121、1896年)などの傑作を生み出した。 これらの作品は、晩年の寂寥と宗教的境地に満ちていると評されている。 また、ごろにはの演奏も聞いており、当時出版された日本の民謡集の楽譜に書き込みが残されている。 5月20日に生涯親交を保ち続けたクララ・シューマンが死去したのちブラームスの体調も急速に悪化していき 、翌、によりウィーンで逝去した。 63歳没。 、の中心部ドロテーア通りにある、のので葬儀がおこなわれた。 遺体はに埋葬された。 ハンブルクの生家は長く残っていたが、7月ので焼失し 、現在は記念碑がある。 ブラームスに対する影響 大部分のロマン派の作曲家と同様、ブラームスは自身の『交響曲第1番』に見られるようにベートーヴェンを崇拝していた。 また古典派の作曲家とも敬愛していた。 彼らの作品の第一版と自筆稿(特に有名なのがハイドンの『』、モーツァルトの『』 )を集め、そのうえ演奏用の版を編集した。 古典派への愛着はジャンルの選択においても現れている。 彼の手によるソナタ、交響曲と協奏曲では古典的な形式を採用し、ソナタ形式の楽章を作曲した。 一般にブラームスはロマン派の作曲家の中で最も古典派に近いと考えられており、「新古典派」と呼ばれることもある。 さらにはそれ以前のにも多大な関心を払っていた。 とりわけに心酔しており、当時刊行中だったバッハ作品の全集を購読して熱心に研究した。 その成果として最も有名なものが『』の終楽章に置かれた「」で、そのテーマはバッハのカンタータ第150番の主題を応用したものである。 また、バッハ研究家 ()とも親交が深かった。 223を引用している。 全く異なる影響は だった。 ピアノと声楽のためにドイツ民謡による144曲の歌曲を書いており、また彼のオリジナルの歌曲も多くは民族的な主題を反映するか、地方の生活場面を表現したものである。 また、『ハンガリー舞曲集』で分かるように、レメーニから教わったジプシー音楽(当時はハンガリーの民俗音楽だと思われていた)の影響も受け、『』などにその語法を取り込んでいる。 彼の時代に、ピアノの構造の変遷はほぼ現在の形態に近い交差弦・総鉄骨構造のものに到達したが、一方で、スタインウェイ由来の交差弦・総鉄骨構造がヨーロッパのピアノに導入されてもなお、現代の楽器とは大きな違いがある。 ブラームスは、手紙の中でクララ・シューマンにヨハン・バプティスト・シュトライヒャー ベートーヴェンの友人ナネッテ・シュタインの息子 のピアノを勧めていたとされる。 シュトライヒャーは 1860年代から交差弦の楽器の製造も始めるが、そのサウンドは現代の楽器とは大きく異なる。 またでは 1901年までウィーン式アクションのピアノを製造している。 ブラームスは、フォルテピアノから現代ピアノへの急激な変化の中に生きた当時の音楽家のひとりであるといえる。 後世への影響 保守的とされるブラームスだが、のようにブラームスの音楽に革新的要素を見出す者もいる。 シェーンベルクは、特に晩年の『』で見られる一つのモチーフの徹底的な展開、声とピアノによるカノン的書法などの対位法を「発展的変奏」(英語:developing variation)と呼び、自らの作品において展開した。 また、『』を管弦楽用に編曲しているが、この曲の冒頭の主題は4音からなる部分動機とその反行形から成り立っており、このような面を「節約、それでいて豊かであること」として高く評価した。 このほか、ブラームスの音楽は 、 、 、 にも影響を与えている。 ブラームスの性格 親友と共に。 ちなみに、この写真についてブラームスは「写真が出来上がったら、また僕がひどい服を着ていると笑われるんだ。 シュトラウスはあんなに歳を食っているのにいまだに伊達男だ。 なんて奴だ!僕だっていい加減な服装ではなかったよ。 ラフな夏用ハンティング・シャツさ」と語っている。 ベートーヴェンと同様に自然を愛好し、よくウィーン周辺の森を散策した。 その際にキャンディを持参して子供たちに与えたりもした。 大人に対しては無愛想で皮肉屋だった(このため、作品を貶されたやらは反ブラームスに転じた)。 気持ちを率直に伝えることが苦手で、自分の作品についても語ることを嫌がったという。 偉大な人物として扱われることも嫌っており、「大作曲家(ブラームスのこと)の健康を祝して乾杯しよう」という提案に対し、「賛成!の健康に乾杯!」と叫んだこともある。 ピアニストとしても優れていたため、友人のサロンなどでしばしば演奏を求められたが、求めに応じることは少なく、応じたときでも弾き飛ばして早く終わらせようとすることが多かった。 彼と友人関係を保った人たちには、前述のクララ・シューマンとヨアヒム、外科医の、ピアノの弟子でもあった ()らがいた。 しかしヨアヒムやビルロートのような親友とも晩年に諍いを起こしている。 同時代の作曲家ではと親交があり、互いに作曲家として、およびその作品の良き理解者だった。 実際、ブラームスがシュトラウスの夫人アデーレ(継娘アリーチェとする説もある)に送った扇には、シュトラウスの代表作『』の一節が書かれ、さらに「遺憾ながらこの曲はヨハネス・ブラームスの作にあらず」と書き込まれている。 また、オペレッタ『』の序曲の主題再現部に対旋律をプレゼントしている。 一方、唯一の作曲の弟子であったによると、音楽的に間違った音は一音たりとも弾かせず、曲の出来が悪いと「君に必要なのは才能だ」などと容赦なく罵倒したという。 しかし、その後イェナーが精神的に追い詰められているのを見ると「これからも僕にほめてもらおうなんて思ってはいけない。 これくらいのことでくじけていては、君の全てが台無しになってしまう」と励ます優しさもあったという。 ブラームスの完璧主義は徹底していて、現存するごく一部を除いて完成した作品のスケッチや初稿はほとんど破棄してしまうのが常だった。 実際、最初の作品を発表するまでに3曲、20曲以上を世に出すことなく焼き捨てたと発言している。 このため、記録を基に初稿を復元する試みが行われている(など)。 1860年代以降、作品が人気を博して財政的成功を手に入れた後も質素な生活を好み、3部屋のアパートに家政婦と住んでいた。 朝はを散歩し、昼には「赤いはりねずみ」(Zum roten Igel)というレストランに出かけるのが彼の習慣だった。 ブラームスは親戚たちへ金品を惜しみなく渡し、そのうえ匿名で多くの若い音楽家を支援した。 また、の才能を見出し、支援したのもブラームスである (ブラームスは、彼のメロディーメーカーとしての才能を羨んで「彼の屑籠をあされば、交響曲が一曲書けるだろう」と語っている )。 とは反りが合わなかった。 もっとも、ワーグナーはブラームス自身が演奏した『』を聴いて、「古い様式でも、本当に出来る人にかかると、いろいろなことが出来るものだ」と評価している。 また、ブラームスのほうもワーグナーの作品をドイツが誇るべき偉大なものと捉えていて、自らを「最高のワーグナー・ファン」と称したこともある。 何より、両者はベートーヴェンを尊敬していたという点が共通する。 ワーグナーの影響を受けたとも、しばしば衝突した(ブラームスは、ブルックナーの交響曲を「交響的大蛇」と貶している )。 ブラームスはオルガニストとしてのブルックナーは高く評価していたが、ブラームスの支持者である評論家のとブルックナー支持者との間に論争が起こったので、勢い作曲家としては認めることが出来なかった。 それでも、同じウィーンに住む者同士の反目は良くないと間に立つ人がいて、両者はブラームス行き付けの「赤いはりねずみ」で会食した。 このとき、2人とも肉団子が好物だったことがわかり、打ち解けた雰囲気となった。 そのときのブルックナーの言葉は「ブラームス博士!この店の肉団子こそ我々の共通点ですな!」。 1896年のブルックナーの葬儀でブラームスは会場の扉にたたずんでいた。 中に入るよう促されたが、「次はわしが棺桶に入るよ」と寂しそうにつぶやいたという。 ドイツ愛国主義者でもあり、の勝利を祝った『運命の女神の歌』や、『ドイツ軍勝利の歌』などの作品を残している。 彼の部屋にはベートーヴェンの像 と、の宰相の写真 が飾られていた。 一方、ユダヤ系事業家らと親交があったこともあり、「は狂気の沙汰だ」と知人に語ってもいる。 作品 詳細は「」を参照 ブラームスの主要な管弦楽作品には、4つの、2つの、『』などがある。 これらの作品は世界各地ので、現在でも主要な演奏レパートリーとして取り上げられている。 ただし、の音楽を特徴付けるには手を染めず、また、最後の10年間は管弦楽作品を全く作曲しなかった。 管弦楽作品以外では室内楽曲、器楽曲、声楽曲を数多く作曲しており、これらのジャンルがブラームスの作品の大半を占めている。 最大のの作曲家の一人であるという意見もあり、と管弦楽のための『』をはじめ、300曲以上のや合唱曲を書いている。 一方、ブルックナーと同様にを書くことはなかった。 の大家でもあり、管弦楽曲『』、ピアノ独奏曲『』、『』などがある。 代表曲 1889年12月2日録音。 本記事「生涯」項目第5段落、注1言及。 100年以上前の録音のため、音質は良くない。 この音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 交響曲• ハ短調 op. ニ長調 op. ヘ長調 op. ホ短調 op. 98 管弦楽曲• ニ長調 op. イ長調 op. 変ロ長調 op. 56a• ハ短調 op. ニ短調 op. 81 協奏曲• ニ短調 op. 変ロ長調 op. ニ長調 op. イ短調 op. 102 室内楽曲• ロ長調 op. ハ長調 op. ハ短調 op. 101• 変ロ長調 op. ト長調 op. ト短調 op. イ長調 op. ハ短調 op. ヘ短調 op. ホ短調 op. ヘ長調 op. 変ホ長調 op. ハ短調 op. 51-1• イ短調 op. 51-2• 変ロ長調 op. ト長調 op. 78 - 自作の歌曲『雨の歌』を転用。 イ長調 op. 100• ニ短調 op. 108• ピアノとヴァイオリンの為のスケルツォ(の第3楽章) ハ短調 WoO 2• ヘ長調 op. ト長調 op. 111• ロ短調 op. 115• イ短調 op. 114• ヘ短調 op. 120-1• 変ホ長調 op. 120-2 ピアノ独奏曲• ハ長調 op. 嬰ヘ短調 op. ヘ短調 op. 嬰ヘ短調 op. ニ長調 op. 21-1• ニ長調 op. 21-2• 変ロ長調 op. イ短調 op. 116• 117• 118• 119 ピアノ連弾曲• (全4集、21曲) - 作品番号を付けず、編曲として出版された。 声楽曲 合唱曲 ブラームスは一時で女声合唱団の指揮者をしていたことなどもあって、合唱曲を数多く作曲している。 『』 op. 45 - 一般的なの祈祷文ではなく、によるおよびのから編集された。 カンタータ『リナルド』 op. 勝利の歌( Triumphlied) op. ( Schicksalslied) op. ( Gesang der Parzen) op. 2つのモテット op. 2つのモテット op. 3つのモテット op. 110• 聖歌 op. 30 歌曲 ブラームスは生涯におよそ300の歌曲を残している。 以下はそのごく一部である。 ( Von ewiger Liebe) op. 43-1• ( Die Mainacht) op. 43-2• ( Wiegenlied) op. 49-4• 84-4• ( Feldeinsamkeit) op. 86-2• ( Immer leiser wird mein Schlummer) op. 105-2• 歌曲集『』 op. 121 重唱曲• 愛の歌 op. 新しい愛の歌 op. 4つの四重唱曲 op. ジプシーの歌( Zigeunerlieder) op. 103 脚注• は主権国家の連合であり、ハンブルクは独立した自治都市として加盟していた。 「決定版 はじめての音楽史 古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで」p98 音楽之友社 2017年9月30日第1刷• 西原『ブラームス』p. 西原『ブラームス』p. 102• 『ブラームスは語る』p. 103• 西原『ブラームス』p. 西原『ブラームス』p. 三宅『ブラームス』p. 西原『ブラームス』p. 17-20• 西原『ブラームス』p. 23-24• 西原『ブラームス』p. 25-26• 西原『ブラームス』p. 28-30• 西原『ブラームス』p. 西原『ブラームス』p. 59-60• 西原『ブラームス』p. 78, 90-91• 三宅『ブラームス』p. 111• 西原『ブラームス』p. 103-104• 西原『ブラームス』p. 149• 西原『ブラームス』p. 186• 『ハンガリー舞曲』は当初録音を恥ずかしがったブラームスがさっさと演奏を始めてしまい、立会人があわてて「1889年12月、(リヒャルト・)フェリンガー博士邸、ただいまの演奏はブラームス博士!ヨハネス・ブラームスのものだ」と叫んでいるのが冒頭にかぶっている。 テンポは相当速い。 に系列で放送された『過ぎし日のブラームス〜没後100年に聴く幻のピアノ録音〜』(製作)でこの説が唱えられている。 この番組では、のらにより蝋管の光線による再生が試みられたが、蝋管自体の損傷がひどく、貧弱な音しか得られなかった。 西原『ブラームス』p. 187-188• 西原『ブラームス』p. 190• 西原『ブラームス』p. 191• 研究者の間では、当時オーストリアの全権公使だった夫人( - )がウィーン公使館において琴を演奏したのをブラームスが聴いたのではないかと言われている(により戸田邸が全焼したため、上記の楽譜以外に確証といえるものは残っていない)。 この出来事を題材として、日本画家・は「ウィーンに六段の調(ブラームスと戸田伯爵極子夫人)」(第77回院展出品、大垣市守屋多々志美術館所蔵)を描いた。 また、上記の『過ぎし日のブラームス』でもこの話が取り上げられた。 西原『ブラームス』p. 197• 最近の調査ではとも。 Band 2, p. 190• 三宅『ブラームス』p. 『ライブラリー』p. 188• 西原『ブラームス』p. 142• 西原『ブラームス』p. 89-90• 「革新主義者ブラームス」• 「決定版 はじめての音楽史 古代ギリシアの音楽から日本の現代音楽まで」p99 音楽之友社 2017年9月30日第1刷• 三宅『ブラームス』175、177頁。 『西洋音楽史概説』331頁。 『ブラームスは語る』p. 115• 『ブラームスと私』p. 182• 西原『ブラームス』p. 126• 西原『ブラームス』p. 178• の会誌の名前はこのことから「赤いはりねずみ」と名付けられている。 西原『ブラームス』p. 128• 三宅『ブラームス』p. 156• 三宅『ブラームス』92頁。 『ブラームスと私』p. 三宅『ブラームス』p. 156• 西原『ブラームス』p. 110• 三宅『ブラームス』p. 140• 西原『ブラームス』p. 179 参考文献• 『ブラームス回想録集 第二巻 ブラームスは語る』、2004年• オイゲーニエ・シューマン『ブラームス回想録集 第三巻 ブラームスと私』 音楽之友社、2004年• 『ブラームス』(作曲家・人と作品シリーズ) 音楽之友社、2006年7月10日第1刷発行• 『ブラームス』、1986年• 『西洋音楽史概説』、1976年• 「革新主義者ブラームス」( Brahms the Progressive)『音楽の様式と思想』( Style and Idea) 訳、三一書房、1973年• 『作曲家別名曲解説ライブラリー ブラームス』音楽之友社、1993年 関連項目• 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 として無料で入手可能。 ヨハネス・ブラームスに関する 図書館収蔵著作物• ヨハネス・ブラームス著の著作物• (ブラームス自身のピアノは、第二次世界大戦の空襲で焼失)。 (2004年6月4日時点の) - による回想録の抜粋。 全体はから出版されている。 (ブラームス自身によるピアノ演奏録音についてのコラム)。 英語版に本記事に関連した引用句集があります:• ウィキソースには著の原文があります。

次の

ブラームスの人生と作品を少し知ってみない?5月7日はドイツの作曲家ブラームスの誕生日

ブラームス ピアノ

夜がやってくる 月が光を帯びて 愛ゆえに 二つの鼓動が重なる 幸福な抱擁の時 …このような詩を、人は恋をしているときに書くのか。 それとも、そこからは離れた場所で書くのか。 …どっちだろう。 ブラームスのピアノソナタ第3番は、連続する3曲のピアノソナタのなかでは唯一、ロベルト・シューマンに出会った後に完成された。 ブラームスは過去に行われた偉業に自分の作品を投影して、その反射光で自分の作品を照らして、また偉業の壁に投影するという事をこのころから繰り返していた。 モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーン、ショパン、リスト、そしてシューマンの光と影が目まぐるしく交錯する中で、ブラームスは聴き手にややこしい謎かけを仕掛けてくる。 例えば、よく指摘される第1番ソナタ冒頭のハンマークラヴィーアソナタとの類似も、幾重にも重なり合うブラームスの謎かけの象徴なのであって、決してそのままに答えを出すわけにはいかない。 そこで、第3番のソナタの 強烈な印象を与える冒頭主題の跳躍を見てみる。 この斬新な驚きも、何か過去に現れたものの変容であるはずだけれど、答えはすぐ近くには見つからなさそうである。 そのような時にいつも手掛かりとなるのは調性である。 この作品はヘ短調で始まりヘ長調で終わる。 シューマンを通過したということでいえば、この作品はリストのピアノソナタを作曲家直々の演奏で聴いたばかりのブラームス(寝ていたらしいが)が取り組んだもので、そこでシューマンを範としてするのであれば、まずはリスト作品の源であるハ長調の幻想曲ということになるであろうか…。 とはいえ、いきなりハ長調の作品に目を向けては可能性が広がりすぎるので、ここはヘ短調にとどまりたい。 幻想曲といえばシューベルトが晩年に書いた有名な作品があって、それはヘ短調。 こちらから行くのが吉か…ほかにも無いだろうかと思ったら、ずっと以前にもう一つ見つかった。 ところで皆さんはダイム伯爵をご存じだろうか? ウィーンの将校であったが、決闘をしたことでウィーンにいられなくなり、ミュラーと名前を変えてひとまずオランダに逃げ骨董商となり、ほとぼりが冷めたところでミュラーの名前のままウィーンに帰ってきて蝋人形館を開いた、あのダイム伯爵のことである。 ダイム伯爵の蝋人形館はウィーンの真ん中、ダイム伯爵がオランダで身に着けたワックス技術を駆使して象られた人形が骨董品と一緒にずらりと並ぶ中、名将軍ラウドン男爵を記念した部屋では、ダイム伯爵の選曲による小さな自動オルガンの演奏がある時間ごとに流されて、特に人気を誇っていた。 ダイム伯爵の音楽好きは相当のもので、その自動オルガン演奏のための音楽をなんとモーツァルトに書いてもらうところにまで行きついた。 そして生まれたのが「時計のための幻想曲」 ヘ短調 K. 608である。 楽長モーツァルトによる荘厳な調べが、見事な戦死を遂げたラウドン男爵の蝋人形と奏でる見事なポリフォニー…。 ともかく、この幻想曲はある時間に蝋人形館で流れ続けたが、出版されたのはモーツァルトの死後でピアノ4手連弾版としてであった。 モーツァルトの「時計のための幻想曲」ヘ短調 このシューベルトの幻想曲とも関連も取りざたされている作品が、なんとブラームスのピアノソナタ 第3番の冒頭に変容しているというところですが、ダイム伯爵のお話はまだ少し続きます。 さて、ダイム伯爵はその信憑性が大いに疑われているモーツァルトのデスマスクの作者であるともいわれているが、モーツァルトの死後、財力にものを言わせて今度はベートーヴェンにも作曲を頼んだ。 ベートーヴェンは、なんと5曲も書いた。 ベートーヴェンが蝋人形のための音楽を書いた1799年、当のベートーヴェンは恋をしていた。 その相手はヨゼフィーネといって、その年にウィーンに来たばかり。 親にいわれて姉のテレーゼと一緒にベートーヴェンにピアノをレッスンを受け始め、すぐにベートーヴェンに心を奪われてしまった。 ところで、ベートーヴェンはダイム伯爵からモーツァルトの幻想曲の、出版されたピアノ譜ではない原曲の譜面を手に入れて、終生大事に持っていた。 ヨゼフィーネはベートーヴェンに思い焦がれ、ベートーヴェンもなんとなくやさしい気持ちになったところで、ヨゼフィーネはなんとダイム伯爵と結婚してしまった。 ベートーヴェンはときどきダイム伯爵の家を訪ね、ときどきヨゼフィーネにも 会った。 ヨゼフィーネを想って、アンダンテ・ファヴォリという作品を1803年に書いた。 翌年、ダイム伯爵がいきなり死んだ。 ベートーヴェンは頻繁にダイム伯爵家を訪ねて未亡人を慰め、やがて歌曲集「遥かなる恋人に」が生まれることになる。 「遥かなる恋人に」がヨゼフィーネとの関係を直接的に物語っているかどうかはともかく、ここにはアンダンテ・ファヴォリで繰り返される旋律が引用されていて、シューマンはハ長調幻想曲の第1楽章の終結をこの歌曲集に寄せて書き、最後に鐘を鳴らして終わらせている。 アンダンテ・ファヴォリはヘ長調で書かれていて、もともとはワルトシュタイン公に捧げたハ長調ソナタの第2楽章とするところであったのを、結局は単独で出版したものだ。 ところで、その置き換えられた第2楽章もヘ長調で書かれていると思って楽譜を開けると、なんとそこにブラームスの冒頭があるのだ。 なんという極端な形で変容された音楽であろうか。 冒頭のひとつの主題にしてこれである。 ブラームスのソナタに込められた物語を、全編にわたって解き明かすことなど、考えただけで気が遠くなってくる。 ブラームスのピアノソナタは若書きの習作云々とある解説を見ることがあるけれど、とんでもない話である。 リストのピアノソナタと時を同じくして、そのジャンルの歴史をほぼ総括してしまう作品をブラームスは書いた。 何人がその後に続くことが出来ただろう。 ・・・・・ 2018年7月18日 水 20:00開演 「J. ブラームス」 ピアノ: 松本和将 カテゴリー タグ, , , , 投稿ナビゲーション 2018年7月 月 火 水 木 金 土 日 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 19 20 21 22 23 24 25 26 28 29 30 31 最近の投稿• アーカイブ• 1 このサイトについて.

次の

ブラームス ピアノ協奏曲第1番「頭のなかの♪おたまじゃくし」〜クラシック音楽を聴いてみよう〜

ブラームス ピアノ

Contents• ブラームスってどんな人? ヨハネス・ブラームスはドイツの作曲家。 1833年5月7日にハンブルクに生まれ、1897年4月3日に当時のオーストリア=ハンガリー帝国のウィーンにて63歳で亡くなりました。 ヨハネス・ブラームスの父は市民劇場オーケストラのコントラバス奏者。 ヨハネスが最初の音楽教育を受けたのは、この父からでした。 10歳で初めてステージで演奏すると、それを聴いていたアメリカの興行師がアメリカへの演奏旅行を提案したそう。 でも当時ピアノを師事していた先生に反対され叶わなかったようです。 当時の先生が反対した理由はきっと、小さいうちに商業的にもてはやされて一時で潰されてしまうかもしれない事を恐れたのかもしれませんね。 アメリカ行きを反対したブラームスの先生は、更に高度な音楽教育を受けられるよう、他の先生をブラームスに紹介。 あぁ、なんていい先生なんだ!ちなみにアメリカ行きを止めた先生の名前は「コッセル」先生。 さて、コッセル先生のお陰で、より良い音楽教育を受けられるようになったブラームスなのですが、ブラームス家の経済状況はあまり良い方ではなく、ブラームスはレストランやパブなどで演奏することで稼いでいたそう。 わずか13歳の頃のことですよ。 涙なくして語れない… でも、そうまでしても頑張れるからこそ、大成するのですよね。 きっとね。 新しい師匠マルクスゼンのもとで作曲を始めると、作曲に専念しようとピアニストとしての道を断念。 しかし、その後に発表した「ピアノ協奏曲第1番」「ピアノ協奏曲第2番」の初演は自ら演奏したとのこと。 あの難曲のピアノ協奏曲2曲を、自ら演奏するとは、やはり相当な腕の持ち主であった事に違いはないでしょう。 さて、そのブラームスもその後、作曲家フランツ・リストと出会ったり、やはり作曲家のロベルト・シューマンに出会います。 シューマンとはとても良い関係になったようで、このあたりはよく知られている事かと思いますが、シューマンが身投げをしてからはシューマン家を支えてきたとか、シューマンの妻クララ(ピアニストで作曲家)と恋愛関係になっていたのかも?な憶測も。 そのあたりはご想像にお任せするところです。 ドイツ三大Bとは ドイツ三大Bとも言われるのを聞いたことがあるでしょうか? ドイツ三大Bとは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach)、ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)、そしてヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms)の3人のドイツの作曲家のことを表しています。 そもそもこの「ドイツ三大B」と呼ばれるようになったのはどうしてだと思いますか? 実は、ベルリン・フィルの礎を築いた指揮者でピアニストのハンス・フォン・ビューローという人がいました。 このビューローが称賛していたブラームスを推すために、偉大な作曲家として名を馳せていたバッハとベートーヴェンを抱き合わせて「ドイツ三大B」として持ち上げたのだとか。 なるほどね。 「ドイツ三大B」の三人の偉大な作曲家を見てみると、ちっとも違和感がなく納得できてしまうと思いませんか? ちなみにバッハの「平均律クラヴィーア曲集」を【旧約聖書】、ベートーヴェンの「32のピアノ・ソナタ」を【新約聖書】と喩えたのも、ハンス・フォン・ビューローです。 ブラームスは史上初のレコーディングを行っていた? なんと、ブラームスは蓄音機で録音しています。 蓄音機で録音したきっかけは、あの発明家トーマス・エジソンだったのだとか! それは1889年12月2日のこと。 ブラームス56歳の時のことです。 しかし、ブラームスはこの録音を経験して、自分の老いに気づきショックを受けたよう。 意欲の衰えを感じ、作曲を断念する!と遺書まで書いています。 ところが(笑)。 この後、クラリネット奏者の演奏を聴くと触発され、いとも簡単に創作活動(作曲の世界)に戻ってきます。 わーい! そしてクラリネットのための作品(三重奏曲・五重奏曲・ソナタなど)、ピアノ小品集(Op. 116から119)、「4つの厳粛な歌」Op. 121などを生み出します。 そしてクララ・シューマンが亡くなった1896年の翌年、肝臓がんを患ってブラームスは生涯の幕をおろしました。 スポンサーリンク ブラームスの作品をちょっと知ってみよう! あくまで私の個人的な興味のもと、ブラームスの作品を紹介して参ります。 私がブラームスの作品に初めて触れたのは、中学1年の時だったかと。 その美して悲しくて、荘厳な音の響き・振動に、心が震えたのを覚えています。 その作品とは「ドイツ・レクイエム」。 ブラームス「ドイツ・レクイエム」Op. 45 中1で心が震えて虜になったのが、ブラームスの「ドイツ・レクイエム( Ein deutsches Requiem)」でした。 そう、ピアノ作品ではなく、オーケストラと合唱と、ソプラノとバリトンの独唱とで演奏される宗教曲です。 「レクイエム」は「鎮魂歌」と訳されますので、何となくその荘厳な感じが想像できるでしょうか。 一気に書き上げられた作品ではなく、書いては仕舞い、何かのきっかけがあるとまた出してきて手直しをしたりと、およそ10年の歳月をかけて1868年に完成し、翌1869年に初演されました。 「ドイツ・レクイエム」は全7曲から成り、歌詞はドイツ語。 その歌詞は、ブラームスがルター訳の聖書から選んだ言葉で綴られているそう。 悲しんでいる人々は幸いである• 人は皆草のごとく• 主よ、我が終わりと、我が日の数の• 万軍の主よ、あなたの住まいは• このように、あなた方にも今は• この地上に永遠の都はない• 今から後、主にあって死ぬ死人は幸いである 各曲の詳細・歌詞などについて興味の有る方は、以下のページをご参照されることをおすすめします。 演奏も、是非聴いてみてね。 ここでは演奏のご紹介はしませんが、機会がありましたら是非、コンサート・ホールで生で聴く事をオススメします。 とっかかりはYouTubeで探してみるのも良いかもしれません。 ブラームスのピアノ動画*「間奏曲」Op. 118-2 ブラームスのピアノ曲の中で5指に入るであろう人気曲の一つ、こと大人のピアノ愛好家に大人気なのがこの「間奏曲」Op. 118-2。 数え切れないほどの大人のピアノ学習者さん達がレッスンに持って見えたダントツ第1位(全ての作曲家の作品を合わせての第1位)がこの曲なのです。 1893年に完成された「ピアノのための6つの小品」Op. クララ・シューマンに献呈されています。 柔らかさと優しさと温かさ、包容力を感じる、確かに大人な一曲ですね。 ブラームスのピアノ動画*「間奏曲」Op. 119-1 こちらもブラームスによる「間奏曲」ですが、Op. 119-1。 何故か間奏曲なのに、作品119の第1曲なのです。 1893年に作曲された「4つの小品」Op. 119。 第1曲は、とても詩的な作品。 この作品について、ブラームスはクララ・シューマンに手紙を送っています。 あなたが喜んでくれるだろうと思って あなたのためにピアノのための小品を書きました。 不協和音で渦巻いている曲です。 メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。 メールアドレス 登録 今週の人気記事• ピアノのレッスンをしていると、多くの学習者さん達がお悩みの奏法にアルペジオがあることが目立ちます。 和音を分... 同音連打ってねぇ、ピアノで弾きにくいものの5本指に入っちゃうかもしれませんね。 自分の手なのに、自分の指... ピアノを楽しく弾きたいのに、何だかしっくりしないフレーズがあったり弾きにくいと感じたりすることはありませんか?... ピアノでトリル(隣同士の音を交互に弾く)やトレモロ(音程が離れた音を交互に弾く)を弾くのは、ちょっと厄介な奏法... ピアノを弾くのは大好きなんだけど、人前で暗譜で演奏するのって、怖くありませんか? 暗譜に困らない人もいますが... トリルやトレモロにうねるアルペジオが続くフレーズをピアノで弾く時に、手や腕に力が溜まりやすくて疲れやすく弾きに... 日々のピアノ練習の中で、弾きにくいとか辛い、あるいは何度練習してもうまく弾けるようにならない、そんな風に感じる... ピアノ学習者なら、割けて通るのはむずかしいバッハ。 中にはバッハと聞くだけでパタッと楽譜を閉じて見なかったこ... ピアノを弾く時にあなたが考えるのはどんな事でしょうか?あなたが大事にしていることは何でしょうか? そこにスタ... ピアノを弾く時、あなたの肘はどちらから動いていますか? 内肘から?それとも外肘からかしら?よくわからなかった...

次の