櫻井 解雇。 櫻井翔がまたもや匂わせ!「婚約者・高内三恵子と結納済み?」実家エピソード披露で墓穴を掘る

櫻井翔が結婚しないのは病気が理由?治療も始めていくのか?

櫻井 解雇

【相談前】 相談者が会社を辞めた後相談に来ました。 他の労働者の方が増えていった方が、どんどん請求者が増えていくのではないかと会社にプレッシャーをかけやすい旨を説明して、最終的に同じ会社の依頼者様が3人となりました。 【相談後】 会社の経営状態を調査した結果、まだ経営継続の意思はありそうなので、ほぼ必ず回収できることを申し上げ、着手金等初期費用0円で着手しました。 力強く何度も相手方会社代理人に連絡して、裁判になったらより支払額が増えることを説得したところ、残業代のほぼ全額である合計500万円の回収に成功しました。 【コメント】 残業代請求の場合、会社の経営状態の調査から回収できるかどうかの判断をすること、請求額を妥協しない粘りのほか、他の労働者の方を呼んで請求者を増やしたり、裁判を辞さないという姿勢を見せたり、付加金というペナルティ金も請求することを主張したりして、あらゆるプレッシャーを会社に対しかけることなど、いろいろと労働者に有利に進めるポイントがあります。 これらを駆使して、なるべく短期に全額回収を目指します。 取扱事例2• 残業代請求 【相談前】 会社が,これまでにかなりの残業代を支払ってこなかった事案です。 依頼者様が退職することをきっかけとしていらっしゃいました。 【相談後】 会社に対し支払うように通知したが、残業代を支払うどころか、私達を無視して直接依頼者様本人に電話をかけてプレッシャーをかけてきました。 そこで、強く警告をすると共に、即座に裁判を提起しました。 ペナルティである付加金も請求して相手方会社を追い詰め、結論としてほぼ満額の250万円の支払いを認めさせました。 【コメント】 残業代を支払わないような会社は、裁判等の外でプレッシャーをかけてくるようなブラック会社も多いです。 元中央大学応援団、現在も格闘技を修練している私は、そういった会社の不当な圧力等には断じて屈しません。 力強く依頼者様を守ります。 取扱事例3• 不当解雇・雇い止め・更新拒否 【相談前】 会社代表によるセクハラに悩むお客様が,事務所にいらっしゃいました。 まずは無料相談で話をお聴きしました。 【相談後】 ご依頼を受け,あえて会社の者にはわからないように,電話とメールで相手方代表者に通知しました。 依頼者がまだ会社に所属していたこと,中小企業であり,他の社員に知られるような形で通知をすると,代表が逆上すると思ったからです。 通知後,相手方に弁護士が就き,交渉をしましたが折り合いはつきませんでした。 打ち合わせを繰り返したところ,本人は自覚がなかったので話に出てこなかったのですが,未払残業代もかなりありそうなことが発覚しました。 そこで,労働審判を即座に提起しました。 裁判所と私達の連携で,相手方は社員達に発覚するのを恐れていたこともあり,ほぼ要求の満額である800万円を支払ってもらう内容で和解が成立しました。 【コメント】 じっくり話を聴きとることで,こちらに有利な,思わぬ事情が出てくることがあります。 私達は,そのような機会を逃さず,創意工夫を重ねて,依頼者様の最大限の利益を求めていきます。 取扱事例5• セクハラ・パワハラ 【相談前】 依頼者様は極めてブラックな携帯販売会社を辞めたところでした。 残業代があり,また悪質な体育会系的パワハラが横行していたので,それについての請求を私達の事務所に依頼されました。 【相談後】 他にも辞めた方で苦しんでいた方がいるとの話だったので,事務所にいらしていただき,回収が見込めそうなので,着手金等初期費用0円でご依頼いただきました。 ブラック企業なので,もちろんすんなり支払うわけもなく,私達は労働審判を提起しました。 電子メール等のあらゆる証拠を提出したので,裁判所は最初から相手方に対してしかるような態度に終始し,約500万円を支払ってもらう内容で和解が成立しました。 【コメント】 労働審判においてはイメージも重要なので,弁護士としては証拠を丁寧に提出することも大事です。 本件は必要十分な証拠をきれいにまとめて提出したので,裁判官は終始こちらの味方になってくれました。

次の

【激震】ジャニーズ事務所が櫻井翔の解雇処分を電撃発表へ‼︎ その“耳を疑う理由”や櫻井の騒動の余波がガチでヤバすぎた

櫻井 解雇

太田希望 女性アイドルとの交際疑惑を一部で報じられた「NEWS」小山慶一郎(32)が27日、メーンキャスターを務める日本テレビ「news every.」(午後3時50分~)に出演。 交際相手とみられる女性が所属グループから25日に解雇されたが、報道についての言及はなかった。 冒頭から番組に登場した小山は通常通りに進行。 この騒動が取り上げられることはなかった。 小山が交際を噂されているのはアイドルグループ「放課後プリンセス」候補生(放プリユース)の太田希望(のぞみ=24)。 太田が自身のツイッターとインスタグラムに小山との親密さをうかがわせる写真を掲載したことから、小山ファンから「交際」「同棲」を疑う声が上がっていた。 運営サイドは炎上した翌日の23日にツイッターで、「太田が同日のライブを休演する」と発表し、25日にはブログで解雇したことを報告。 「2017年1月から放プリユースとして活動しておりました太田希望を本日付けで解雇致しました。 グループのルール違反が発見された事、皆様にご迷惑とご心配をおかけした事を重く受け止めこのような発表となりました」と説明したが、交際には触れていない。 また番組では、ニュースサイト「NEWSポストセブン」が25日に報じた小山と同じジャニーズ事務所の嵐の櫻井翔(35)とテレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(32)との熱愛についても一切取り上げることはなかった。

次の

櫻井翔が結婚しないのは病気が理由?治療も始めていくのか?

櫻井 解雇

芸能界のトップと言っても過言ではないジャニーズ事務所、そのジャニーズ事務所で初の懲戒解雇者が出たというから驚きだ。 ジャニーズ事務所の歴史は1962年6月に、現社長のジャニー喜多川氏が第二次世界大戦終了後、再渡米した際に劇場のステージマネージャーをしており、袖口から舞台を観ていて感動したことをきっかけに創設され、その後1975年1月30日に法人登記した歴史ある芸能事務所だ。 2017年現在で創業55週年ということになる、その55年間懲戒解雇者が居なかったのだから、今回の懲戒解雇者が出た事はジャニーズの歴史的出来事だと言えるだろう。 今回はそんなジャニーズ事務所の懲戒解雇者について調べて行きたいと思う。 ジャニーズ初の懲戒解雇者 週刊誌によると、2016年の秋頃、昨年解散したSMAPの元マネージャーが総額1億円もの不正をしていたというのだ。 関係者の話では、この元マネージャーはとにかく私生活が派手で、銀座や六本木などの夜の街を毎日のように飲み歩いていたそうだ。 その一流芸能人が飲むような所で毎日のように飲み歩いていたのだから、この元マネージャーの派手さが伺えるだろう。 芸能マネージャーになるには 芸能マネージャーのほとんどは、芸能プロダクションやタレント事務所で働いています。 そのため、まずはこれらの採用試験を受けて入社することが第一になりますが、学歴は一切問われないこともあれば、大手では大卒以上を条件としているところもあるなど、採用条件は各社によってまちまちです。 ただし、全体的に学歴や勉強の能力よりも、意欲や熱意、行動力などが重視されることのほうが多いです。 ちなみに、ジャニーズ事務所の現場マネージャーの募集要項はこちらだ。 少し古めかしい言い方ですが、芸能マネージャーの仕事では「やる気」や「根性」が求められる場面も多々あるため、体育会系出身者が好まれるという声もあります。 逆に、もし学歴が不足していても、適性や熱意が認められれば採用してもらえるケースもあるようです。 全体的に学歴や勉強の能力よりも、意欲や熱意、行動力などが重視されることのほうが多いです。 最初は、先輩マネージャーのアシスタントに付いたり、新人の芸能人を担当しながら仕事を覚えていきます。 担当芸能人が新人のうちは仕事量もそれほどないですが、彼らが成功できるかどうかはマネージャーの手腕にかかっているとも言えるため、必死で仕事をこなす毎日が続くでしょう。 中には、買い出しなど雑用ばかりこなさなければならないような時期を経験している人もいます。 経験を積んでマネージャーとしての実力が評価され始めると、徐々に人気芸能人を担当したり、担当芸能人の数が増えていくというのが一般的な流れとなっています。 少なくとも新人マネージャーをSMAPのマネージャーにはしないでしょうからね。 この元マネージャーは、SMAP解散騒動で話題になった飯島三智さんのもとで働いていたそうです。 SMAPには一人ひとりにマネージャーが付いており、この元マネージャーはその中の一人でした。 ジャニーズ事務所でもバリバリ仕事をしていたようですね。 事実、藤島ジュリー景子副社長がエグゼクティブ・プロデューサーを務める芝居の製作スタッフに幾度となく名を連ねていた。 元マネージャーの不正 なぜバレた 今回なぜ元マネージャーの不正が判明したのでしょうか。 その答えは、ジャニーズ事務所の子会社であるLIVEや舞台関係の仕事を取り仕切る会社に税務調査が入って判明したのだ。 ジャニーズ事務所的には通常の税務調査がきて、不正が発見されたのだからさぞ驚いたに違いない。 税務調査が入り、つじつまの合わないお金の流れがあったというのだ。 ジャニーズ事務所は年間700億円を売り上げを誇る大企業である。 その子会社と言っても、700億円を売り上げる企業の子会社なのだから相当な売り上げがあったに違いない。 週刊誌によると、その元マネージャーの手口は 「主にキックバックです。 得意先にそう言われれば下請けは断れないでしょ」 これにより、このSMAPの元マネージャーは得意先などからお金を不正に懐に入れていたとされています。 これが発覚し、事務所から懲戒解雇を言い渡されたということです。 これに対してジャニーズ事務所のコメントは 「社員の退職理由については、個人情報にかかわりますので当社がお答えする立場にありません」 今やSMAPは解散し、SMAPの育ての親である飯島三智さんも退社し、SMAPの元マネージャーは懲戒解雇。 SMAP解散の余波はいつまで続くのだろうか。

次の