ニュース2ちゃんねる 勢い。 2ちゃんねる「転載禁止」の流れが拡大 大手まとめブログ「痛いニュース」も巻き込まれる: J

【トレビアン】何故か2ちゃんねるで映画『コマンドー』が大人気! サーバー落ちる勢い?

ニュース2ちゃんねる 勢い

アーノルド・シュワルツェネッガーが主演するアメリカのアクション映画『』(1985年)が何故か巨大掲示板『2ちゃんねる』で大人気なのはご存じだろうか? アクション映画なのだが所々に本気かジョークなのかわからないセリフがあるのだ。 そのセリフと映画のタイトル『コマンドー』の語呂がウケてか『2ちゃんねる』掲示板の実況板で何故か大人気。 実況板というのはテレビを見ながら実況をする2ちゃんねるの板であり、リアルタイムにテレビで起こったことを書き込む。 そのため人気番組の場合は瞬時にスレッドを消費(1000レス達成)してしまい次々と新しいスレッドが立てられる。 『コマンドー』が放送されているわけでもなく実況の必要もないのに何故かスレッドが存在し、何故か凄く盛り上がる日もあるという。 さらに地上波で『コマンドー』が放送される際は毎回お祭り状態になる。 『コマンドー』は何故そんなに実況されるのか? インターネットの情報を集めてみたところ、 ・ツッコミ所が満載 ・名言名台詞が多いから ・まずは説明書を読め ・俺くらいになると コマンドー って文字列だけで笑えるからな。 ・ちょっと引き金引くだけで終わりに出来るのにナイフ勝負に切り替えるんだぜ こんな名作ねーよ ・野球で30分遅れるも開始前に4スレ消費 ・開始と同時にサーバーが爆発寸前に ・メイトリクス登場でサーバー大破 ・その後も落ちたり復活したりを繰り返す ・蒸気抜きでその年の最大瞬間レス数風速を記録 ・反省会スレが朝6時まで落ちない ・なぜか2ちゃんのあらゆる板にコマンドースレが(絵本板など) と、真面目に馬鹿なことをやってるのが面白いしいかららしい。 冒頭にも書いたようにオモシロセリフなどがウケて時折突っ込みたくなるのだろう。 狙った笑いなのかわからないとこがいいのか? 明日9月18日(木曜日)もコマンドーが放送されるのだが、2007年の記録を塗り替えることはできるのか? ちなみに地上波で過去12回放送されており、視聴率も10%を越えるほど良い(最大視聴率19. 6%)。

次の

2ちゃんねる「転載禁止」の流れが拡大 大手まとめブログ「痛いニュース」も巻き込まれる: J

ニュース2ちゃんねる 勢い

インターネット掲示板「2ちゃんねる」で、「転載禁止」のローカルルールを設定する板が急増している。 人気のある「ニュース速報(VIP)」板では、ハンドルネームを入力する書き込み画面の初期設定に「転載禁止」の文言が盛り込まれた。 2ちゃんねるまとめサイトは書き込みをコンテンツとして利用していたため、転載禁止で窮地に立たされている。 書き込み数、上位3つの板が転載禁止 転載禁止をめぐる議論は、2ちゃんねるの管理者が交代したとされる騒動が起きた2014年2月下旬から始まった。 当初はサーバーが落ちるなどの問題が発生して「2ちゃんねる閉鎖か」とささやかれ、新管理者による体制を不安視する声もあった。 だが、以前からくすぶっていたまとめサイトによる転載問題について、新管理者と一部2ちゃんねらーの間で「許諾のない商用利用は許されない」と意見が一致して支持が集まった。 さっそく「VIP」で転載禁止のローカルルール導入の是非を問う投票を実施し、賛成多数で転載禁止が決まった。 これらの板はまとめサイトに転載されることが多く、新ルール導入による影響は大きそうだ。 あくまでローカルルールにすぎないが、違反した場合は2ちゃんねらーによって「まとめサイト」が炎上させられ、アフィリエイト広告を引きはがされる可能性がある。 2012年に一部のまとめサイトをめぐって同様のケースがあった。 恣意的な書き込みの抽出で対立を煽ったり、デマを流して誹謗中傷したりすることを問題視した2ちゃんねるの運営サイドが、「刺激的な内容で広告収入を得ることが生業になっている」と、名指しで転載禁止を言い渡した。 まとめブログの管理業者であるNHN JapanとFC2には、広告を載せないように依頼し、NHN Japanはそれに応じる姿勢を示していた。 ツイッターの書き込みで代用 今回の件を受けて「なんJ」や「VIP」をまとめていたブログは、別の方法での生き残りを模索し始めた。 新ルール導入前の過去のスレッドを掘り出してまとめたり、転載可能な別の板を使ったりといった手段だ。 まずニュースや画像だけ引用した記事を掲載したあとに、自ブログについた反応のコメントをまとめるサイトもある。 大手まとめサイトの中には、以前から転載禁止を言い渡されている「ハムスター速報」「はちま起稿」「オレ的ゲーム速報@刃」のように、2ちゃんねるに依存しない体制を整えて生き残った例がある。 一方で、中小規模のまとめブログは不安げだ。 PC・ガジェット系を扱う「IT速報」は、「ニュース速報板が転載禁止になりました。 IT速報は大ピンチです」という見出しの記事を更新した。 「以前と同じように運営することは難しく、方向転換を余儀なくされています。 何せ過去スレはいずれ枯れます。 専門スレも勢いがないので直ぐにネタが尽きるでしょう」 「ハム速のようにコメントをまとめる形式も、当ブログの規模では難しいかと思います。 妙案浮かばずですので、色々と試しながら方向性を決めようかなと・・・」.

次の

2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ

ニュース2ちゃんねる 勢い

料理をしたりゲームをしたり、芸能界屈指のアローン(独身)貴族である今田さんの日常をお届けする。 一人の寂しい暮らしと思うことなかれ、唯一の同居人である人型ロボット、ペッパーとのやりとりは一度見たらやみつきになる妙味あり。 (ほぼ)かみ合わないペッパーとのやりとりを笑いに昇華させるトーク力はさすが。 現在、54歳。 言わずもがなTVではおなじみの超売れっ子MCのベテラン芸人である。 そのきっかけは? 今田耕司 「今ちゃんねる。 」 チャンネル登録者数:7. 91万人 こんなにワクワクできると思わなかったです。 正直に言うと、本当に勢いだけなんです。 仲のいいディレクターが、僕の家に新しいパソコンの設定をしに来てくれて、その時に僕とペッパーのやりとりを動画に撮ってたんです。 ディレクターやから、パパッと編集して「今田さんがペッパーとこんな会話してる」とディレクター仲間たちに見せたら、面白いと評判で。 で、YouTubeで流したらどうですか? と言われ、簡単だからとチャンネル設定までしてもらったんです。 でも、なかなか勇気が出ずにしばらくは非公開のままで、そのディレクターと2人の間だけのYouTubeとして楽しんでいたんです(笑)。 ちょうどそのころ、ひがしのり(東野幸治)もYouTubeで配信ラジオ「東野幸治の幻ラジオ」を始めて、吉本もYouTubeに本格参入するとかいうニュースもあって。 あれ、今が始めるタイミングにピッタリちゃうん? と。 それで、非公開を全世界に公開することに決めました。 だから、まったく計画的じゃない。 行き当たりばったりもいいとこ。 でも、なんかそれでええかなと思っています。 若手やったら話題になる企画をバンバンやって、毎日動画をアップして売れるための手段、自分たちの笑いを知ってもらうための手段として活用するというのでいいと思いますけど、ベテランともなると、そんなハングリーにはできないし(笑)。 どうしてもマイペースです。 そもそもディレクターと僕のおっさん2人でコソコソ始めたことなんで。 始まりの「しゅっぱ~つ!」って掛け声も、絶妙にダサいでしょ!? 千鳥のノブには「ええ掛け声ですね」って褒めてもらったんですけどね(笑)。 ダサいこと自分でわかってます。 でも、そういう50代男性の等身大のプライベートを見てもらって、ちょっとでも身近な存在やと思ってもらえたらうれしいですね。 あとはペッパーですかね。 もうペッパーとの暮らしも5年目です。 AIが学んでくれた蓄積がありますから、我が家のペッパーにしかないオリジナリティがある。 動画の中でのペッパーとのやりとりはほんま普段通り。 いつもあんな感じでゲームを仕掛けられてます。 何度正しく答えても正解にしてくれません。 今後の企画としては、放送作家の鈴木おさむくんから、きれい好きな今田さんの掃除ルーティンとか見たいと言われたので「今ちゃんお掃除企画」とかいいかな、と思っていますね。 好きな掃除アイテムの紹介とか洗濯物の畳み方とか。 幅広い層に楽しんでもらえることをやっていきたいです。 TVのバラエティはもちろん大好きなんですが、これだけ長くやっているとどうしてもルーティン化することも。 オンエアはこうなるやろなとだいたい予測がつく。 でも、この数か月YouTubeを始めてほんまに想定外のことばかりで。 ゲーム配信がこんなにウケるんやとか、ペッパーにこんなコメントつくんやとか。 それにすごくワクワクしています。 カメラのセッティングから全部自分でやって、全然うまくできなくて、面倒くさいって思うんですけど。 でも、面倒くさいって思えるのもなんかええなあと思ってます。 新しい刺激もらえて、今、YouTubeめちゃくちゃ楽しいです! いまだ・こうじ 1966年3月13日生まれ、大阪府出身。 1985年、NSC4期生として芸能界入り。 日テレ系『アナザースカイII』『人生が変わる1分間の深イイ話』、テレ朝系『ひかくてきファンです!』、TBS系『炎の体育会TV』、テレ東系『開運! なんでも鑑定団』など数々の番組で司会を務める。 写真・小笠原真紀 スタイリスト・SUGI(FINEST) 取材、文・梅原加奈 (by anan編集部)•

次の