干支 置物 処分。 縁起物の処分: 葉桜日記

置物買取、ブロンズ像、人形買取り|骨董品買取エコプライス

干支 置物 処分

ベストアンサーに選ばれた回答 12年後も飾ることは可能です 干支の置物は、お守りでもなければお札などでもありません。 なので、基本的には神社などに納める必要はありませんよ。 もしもあなたが気になるようであれば、神社に持って行くのも良いと思います。 最近はしめ飾りやお守りなどと一緒に持って行く人も多いようで、神社側も基本的には受け取ってくれるそうですよ。 処分したくないのなら、その年に飾った干支の置物を購入した箱にしまい、大切に保管して12年後、また飾ってあげましょう。 繰り返し使うことで、また運気を呼び込んでくれる、幸せを運んでくれると言われているので、できれば12年後も飾るのが良いと思います。 12の干支が揃った時点で、お父さんにその旨を伝えてあげたほうが良いかも知れませんね。 また、もしも処分という選択肢を選んだ場合には、次のような方法で処分すると良いでしょう。 もっと簡易な方法を望むなら、お塩やお酒などをふりかけ、感謝の気持ちを伝えてから、金づちなどを使って置物を割り、処分する方法もあります。 いずれにしても、1年間お世話になったことを感謝することを忘れてはいけません。 あとはあなたの考え方次第なので、処分するか12年後に飾るかを考えてくださいね。

次の

りかちんさんのご相談「氣に入らない縁起物の処分方法」

干支 置物 処分

干支・十二支の置物を玄関に置く訳 毎年新年になると、我が家では玄関先にその年の干支の置物を置きます。 何故飾るようになったかというと、夫の実家で行っていたからです。 だから毎年飾る理由は特に無かったのですが、何か意味があるのかなぁと思い、今回調べてみることにしました・・・。 十二支も干支も、風水も、中国から輸入された考え方。 みんなで幸せになりましょう! 玄関は風水的にはパワースポット 風水には、地理風水という考え方があります。 玄関は地理風水で言うところの、 四つの神様が宿る場所『パワースポット』で、大きなエネルギーが湧き出る場所です。 だから、風水的にも良いものを玄関に置くことが、幸運を呼び込むのに一番良いわけですね。 納得! そこで、十二支の置物が出てきます。 干支には『時の運』が備わっていて、玄関に置けば色んな機会に恵まれるそうです。 ただ、全ての十二支を置いてしまうとバランスが悪くなるので、飾りすぎないように一つだけにしたいところ。 と、なるとその年の干支を置くのが、一番分かりやすくていいということになります。 しかも、新年に合わせて、その年の新しい干支の置物に置き換えれば、換え忘れも無いし新しい歳を迎える意識も高まるし、良いことだらけです。 合理的なうえに幸運も呼び込んで、尚且つ玄関先も飾れるという、何とも日本的な雰囲気の漂う習慣。 実は風水的には、玄関に人形やぬいぐるみを置くのはタブー。 可愛いから、といってネズミのぬいぐるみを干支の置物の代わりに玄関先に置くのは、返って運気を悪くします。 天然の素材でできた物の方が良いとされているので、陶器の干支の置物はベストですね。 そして飾る場所ですね。 毎日、さりげなく目につく高さに飾りましょう。 そして常に綺麗にしておきましょう。 埃が溜まっていたら、やはり運気が逃げてしまうので、飾っている場所の拭き掃除はまめに。 玄関先の作りとして、入って右側か左側に、靴箱や鏡があるお家が多いと思いますが、先ほどもご紹介した四つの神様。 青龍の神様、白虎の神様、朱雀の神様、玄武の神様(蛇の巻き付いた亀の神様らしいです)には、それぞれ定位置があり、その位置に気を配る必要があります。 玄関に入ってすぐの右側に青龍さま、左側に白虎さま、背中に朱雀さま、顔が向いている先に玄武さまの定位置があります。 (神様なので「さま」をつけてみました) つまり、玄関には十二支の中の龍と虎がいつもいる、ということになります。 ここで一つ、お気づきになった方もいらっしゃると思いますが、もともと神様が居るとされるパワースポットが玄関ということになるので、常に綺麗にしておくだけでも、良い運気を呼び込むことになるのですね。 逆に、良かれと思ってやったことが運気を悪くすることもあります。 それが意外と知られていない、今回の投稿の内容にも関係してくる 「飾ってはいけない十二支」です。 玄関に飾ってはいけない十二支は? 玄関の四つの神様の中で、一番高貴なのが青龍さまです。 実は十二支の間柄で、あまり関係の良くない十二支同士というのがあります。 辰(龍)は戌(犬)との関係があまり良くないのでした・・・。 また、四つの神様で青龍さまの向かい側にいる白虎のかみさまも、青龍さまにとってはちょっとやっかい。 白虎のかみさまがいるので、青龍さまも力が発揮しにくくなっているのです。 だから、戌年と寅年年だけは、玄関先に干支の置物は置かないようにし、青龍さまの力が十分に発揮できる環境にした方が良い、ということになります。 これは新年でなくても、干支の置物でなくても同じです。 常時、玄関先には犬と虎の置物は置かないようにしましょう。 では戌と寅の置物は、どこに置いたら良いかと言いますと、皆が集うリビングなどが良いようです。

次の

十二支の置物を玄関に飾る意味とそのやり方❣

干支 置物 処分

戊と亥の置物 自分の干支は 一生自分を守り育てる動物です。 神社仏閣の干支の置物を「守ってくれてありがとう」と言って自分の部屋に置けば、それだけであなたに訪れる 不幸を遮断し、金運上昇や開運だけでなく、あらゆる幸せを引き寄せてくれます。 置くのは1つだけで良いですが、色々な神社仏閣の自分の干支の置物を集めても大丈夫です。 自分を一生守り育てる動物なので、きちんと働いてくれます。 神社仏閣で見かけたら率先して集めてOKです。 置く場所は家族と暮らしているなら自分の部屋に、一人暮らしならリビングか寝室が良いです。 過ごす時間が長い方を選んでください。 1つだけではなく複数集める場合はそれぞれの部屋に置いても大丈夫です。 家族と同居の場合、その 家族のために干支の置物を置いてあげてもOKです。 例えば母親が辰年なら辰の置物を買って母親の部屋に置くか、部屋がない時はリビングに置けば母親の運気が上昇します。 運気を上昇させたい家族がいる部屋か、みんなが集まるリビングに置いてください。 今年の干支の置物を玄関に飾る 玄関に飾った亥の置物 神社仏閣の干支の置物の処分方法 自分の干支の置物はあなたを一生守り育てる存在なのでずっと持っていて大丈夫です。 その年の干支も次の12年後にまた使うことができるので処分する必要はありません。 キレイに保管しておくと良いです。 それ以外で神社仏閣の干支の置物を処分する時は 神社仏閣にある古札納所にお返ししてください。 自分の干支はあなたを一生守り育てる存在、その年の干支はその年を守り育ててくれた 感謝すべき存在です。 売ったり誰かにあげたり、捨てたりしてはいけません。 神社仏閣にある古札納所にお返しすればまとめてお焚き上げをしてくれるので、干支の置物をお受けした神社仏閣にお返しするのがベストです。 干支の置物だけでなく、お札(おふだ)やお守りも同様です。 お札やお守り、古い神棚など粗末に扱うことができない品物を供養して焼却すること 干支の置物をお受けできる神社仏閣|都道府県別 干支の置物をお受けできる神社仏閣を都道府県別にまとめました。 ホームページ上で干支の置物を確認できる神社仏閣、もしくは私が訪れたことがあって干支の置物を確認した神社仏閣のみをまとめています。 (確認できなかった新潟県、山梨県、高知県、佐賀県、長崎県は除く) 他にも干支の置物をお受けできる神社仏閣はありますので、あくまで参考としてご覧ください。 なお、表の干支の欄にある「全」は全ての干支の置物をお受けできる神社仏閣です。 困ったらそちらの神社仏閣に行けば、自分の干支やその年の干支の置物をお受けできます。 日頃から守って頂いている動物に感謝し、干支の置物を頂くようにしましょう。 願い事を叶えてくれる• 体が元気になる• 病気を治してくれる• 仕事が上手くいく• 理想の彼氏彼女に出会えるようになる• 良い人脈を広げてくれる• 悪い人間関係を修復してくれる• 悩み事がなくなる• 困ったことがあってもすぐに解決できる• 心が安定する• 周りにいる家族も助けてくれる など、私たちが抱く「願望の実現」や「悩み事の解決」のために働いてくれます。 金運を求めることはネガティブなことではありません。 金運を上げることは 「日常生活の悩み全てを解決して豊かで幸せになる」ことに繋がるので、ぜひ今すぐ無料登録してみてください。 今なら すぐさま金運がアップする7つの特典もプレゼントしています。

次の