奈良 県 吹奏楽 連盟。 奈良)県吹奏楽連盟、8、9月に独自大会を開催 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

奈良)県吹奏楽連盟、リモート演奏の動画を公開 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

奈良 県 吹奏楽 連盟

奈良県吹奏楽連盟は24日、中止となった県吹奏楽コンクールに代わる独自大会を8月9、10日、9月12、13日の計4日間で開催すると連盟のホームページで発表した。 高校生のみ演奏を競うコンテスト部門を8月10日に行い、ほかの日程は発表会形式とする。 県吹奏楽連盟が主催する。 8月は橿原市の県橿原文化会館大ホールで開催し、主に高校生が参加。 9月は大和高田市のさざんかホールで開き、主に中学生が参加する。 それぞれ演奏曲は任意の1曲のみで、今後、各校に参加を呼びかける。 日程が合わない場合や、会場までの移動が困難な場合は、録画映像での出演もできる。 演奏後は音楽の専門家による講評があるほか、コンテスト部門は優秀な演奏に金銀銅の各賞が贈られる。 観客は入れるが、生徒の家族などの関係者以外は入場を制限する方向で検討している。 県吹奏楽連盟は、5月に全日本吹奏楽コンクールなど全国大会の中止を受け、8月に予定していた県吹奏楽コンクールの中止を決定。 その後、生徒が練習の成果を発揮できる大会の実施を検討してきた。 県吹奏楽連盟の福島秀行理事長は「部員一人ひとりが『自分の音楽』を伸び伸びと奏でてほしいと願っています」と話した。 (渡辺元史).

次の

奈良)県吹奏楽連盟、8、9月に独自大会を開催 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

奈良 県 吹奏楽 連盟

奈良県吹奏楽連盟事務局より吹連事業の速報や 加盟団体のみなさんへのお知らせを掲載しています。 お持ちのパソコンやスマートフォン等によっては、 以前に閲覧された古い内容のままで表示されてしまうことがあります。 更新(再読込)の上、最新情報をご確認いただきますようお願いします。 2020. 2020. TOPICS(総会に代わる常任理事会開催報告)および「会議について」を更新しました。 2020. 2020年度事業計画(6月23日版)を更新しました。 2020. 活動再開に向けての資料を掲載しました。 2020. 「2020年度加盟団体・役員一覧」を掲載しました。 2020. TOPICS(「心の扉」テレワーク演奏)を更新しました。 2020. 詳細は各団体へ案内文書と申込書を発送したしますので、ご確認ください。 概要は以下の通りとなります。 *参加校の保護者のみなさま宛の文書です。 各校の状況に合わせて配布等お願いいたします。 【日程・開催予定部門】 <舞台出演>生放送・配信等なし。 KCN(近鉄ケーブルテレビネットワーク)で後日放送予定。 ・8月 9日(日)中学校フェスティバル部門、高等学校フェスティバル部門(奈良県橿原文化会館) ・8月10日(月)高等学校コンテスト部門(奈良県橿原文化会館) ・9月12日(土)中学校フェスティバル部門(大和高田市文化会館さざんかホール・予定) ・9月13日(日)中学校フェスティバル部門(大和高田市文化会館さざんかホール・予定) *各部門で申込時の出演予定人数により、小編成・大編成のカテゴリーに分け、出演順等を決定する。 <映像出演>後日KCN(近鉄ケーブルテレビネットワーク)で放送 ・フェスティバル部門(中学校・高等学校) 【演奏曲・時間】任意の曲(エレキベースやキーボードなど電子楽器等の使用も可)・8分以内 【表彰等】全出演団体に主催者より賞状を授与する。 ・高等学校コンテスト部門:講評者による講評と共にその評価によって、金銀銅の各賞を贈る。 ・高等学校フェスティバル部門:講評者による講評あり ・中学校フェスティバル部門:希望する出演団体には講評者による講評あり *部門ごとに主催者もしくは後援機関による特別賞の授与を検討中。 【参加費】 ・中学校で講評を希望しない団体、中高の出演者20名迄の団体・・・10,000円 ・出演者が20名を超える団体・・・指揮者を除く出演者一人当たり500円 ・映像参加団体・・・5,000円 【客席での鑑賞について】感染状況を考慮し後日決定。 (限定した条件のもと、保護者等の有料鑑賞の方向で検討中) 【その他】 ・感染症対策としての担当役員・部署を設置し、大会運営にあたり詳細を検討・実施する。 ・参加に際しては、感染拡大防止のための諸事項(名簿提出、検温、消毒等)に同意すること。 ・実施にあたっては、政府・自治体・関係機関の指導や会場のガイドライン等を遵守することを前提とし、参加人数の制限や事業中止も含めて、大幅に変更される可能性がある。 文書等は各団体へ郵送いたしますが、以下からダウンロードしていただけます。 また、小学校団体の代替事業として10月31日開催の奈良県大芸術祭「にじいろ吹奏楽」(橿原文化会館)、大学・職場一般団体の代替事業としては10月11日開催のBRASS AID 2020(さざんかホール)を予定しております。 6月23日(火)、 が開催され、2019年度決算、上記特別事業を含む2020年度事業計画、2020年度予算案等が承認されました。 その内容に基づき、 2020年度 事業計画 を公開しました。 をご覧ください。 実施予定事業につきましても、新型コロナウイルス感染症対策のため、中止・変更等の可能性がございます。 年度当初に予定していたもののうち、新型コロナウイルスによる感染症により6月23日時点での中止が決定している事業は以下の通りです。 ・ムジークフェスト〜あおぞら吹奏楽〜 ・奈良県吹奏楽コンクール ・奈良県マーチングコンテスト ・中学校合同バンド演奏会〜みんなのコンサート〜 ・奈良県バンドフェスティバル 奈良県吹奏楽連盟事業のいくつかでも収録を担当している森脇ビデオ企画ご募集されていた「心の扉」テレワーク演奏が公開されました。 「心の扉」は、例年BrassAidにもボランティア出演してくださっている西浦達雄さんによる奈良県吹奏楽連盟60周年を記念した曲で、吹奏楽・音楽を愛する人のために書かれています。 今のこの辛い状況を励ます歌とも言えます。 ・西浦達雄さんもこの企画に賛同して、新しいメッセージを下さっています(映像の冒頭に流れます) ・NHK奈良【ならナビ】(6月3日放送)のなかで「心の扉」が紹介されました。 でも紹介されています。 関西大会・全国大会などについては、それぞれ以下のページでご確認ください。 関西吹奏楽連盟 ホームページ( )をご覧ください。 関西吹奏楽連盟事業の一部は動画も公開されています。 ( をご覧ください。 ) 全日本吹奏楽連盟ホームページ( )をご覧ください。 since 2001.

次の

奈良)県吹奏楽連盟、8、9月に独自大会を開催 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

奈良 県 吹奏楽 連盟

奈良県吹奏楽連盟は24日、中止となった県吹奏楽コンクールに代わる独自大会を8月9、10日、9月12、13日の計4日間で開催すると連盟のホームページで発表した。 高校生のみ演奏を競うコンテスト部門を8月10日に行い、ほかの日程は発表会形式とする。 県吹奏楽連盟が主催する。 8月は橿原市の県橿原文化会館大ホールで開催し、主に高校生が参加。 9月は大和高田市のさざんかホールで開き、主に中学生が参加する。 それぞれ演奏曲は任意の1曲のみで、今後、各校に参加を呼びかける。 日程が合わない場合や、会場までの移動が困難な場合は、録画映像での出演もできる。 演奏後は音楽の専門家による講評があるほか、コンテスト部門は優秀な演奏に金銀銅の各賞が贈られる。 観客は入れるが、生徒の家族などの関係者以外は入場を制限する方向で検討している。 県吹奏楽連盟は、5月に全日本吹奏楽コンクールなど全国大会の中止を受け、8月に予定していた県吹奏楽コンクールの中止を決定。 その後、生徒が練習の成果を発揮できる大会の実施を検討してきた。 県吹奏楽連盟の福島秀行理事長は「部員一人ひとりが『自分の音楽』を伸び伸びと奏でてほしいと願っています」と話した。 (渡辺元史).

次の