赤いあざ 痛くない 消えない。 白血病の初期症状は写真のようなあざです!生存率と原因は?

【コラム】異変は“消えないアザ”から。余命3カ月を宣告されても、僕は諦めなかった|新R25

赤いあざ 痛くない 消えない

えっー!?何このあざ?と自分でもビックリするような、あざを見たことありますか?あざ・・・内出血は見た目にも美しいものではありません。 あざ、内出血はどの場所であっても、痛々しく感じます。 脚マッサージの後にあざや内出血が出来る人は、力加減はどうでしたか?強すぎるマッサージは逆効果になります。 マッサージは気持ち良い〜 マッサージ、受ける方も施述する方にも人気があります。 マッサージって眠ってしまうほど、気持ち良いものです。 マッサージのセラピストになりたい人も増えてきています。 人に癒されたり、癒したり、マッサージは両方ともにプラスの効果が働きます。 マッサージは、休んだままで良いので至福のリラックスタイムと言えます。 マッサージは皆んなに人気ですが、嫌いな人もいるでしょう。 例えば、子供。 私は子供の頃、マッサージを受けるくらいならもっと遊んでいたいと思っていました。 マッサージは、くすぐったいだけ。 第一どこにも疲れなんかない。 毎日、楽しい〜というような何とも楽観的だったように思います。 保育園のお昼寝時間もそうでした。 寝たくない・・・だから寝たふりをしようなど考えてお昼寝時間を寝ずに過ごそうとしていました。 大人になって考えると、これは信じることが出来ません。 大人になると誰もお昼寝タイムは与えてくれません。 睡眠貯金はできませんが、子供の頃にもっと素直に寝ておけば良かった〜。 温灸マッサージ マッサージの気持ち良さが分かったのも、大きくなってからです。 成人してからでしょうか。 中学生や高校生の頃も、マッサージを受けたことはありましたが、その頃は誰かに体を触られるということ自体に抵抗がありました。 そのため、マッサージを受けている時も、リラックスではなく、若干緊張していました。 温灸をしてもらいながら、脚のマッサージを受けた時は、下着姿になります。 露出部分のほかはバスタオルをかけてくれるのですが、緊張でしかありませんでした。 男性のおじさん・・・私は下着姿で脚・全身のマッサージを受ける・・・。 その時の温灸は、部活で脚を少し負傷してしまい、脚に痛みがあり、祖母が勧めてくれたマッサージでした。 初回は、祖母が心配して施述の場所まで一緒に入って見守ってくれていたので、幾分安心感がありました。 何度か通うことで徐々に回復していったそうでしたが、あまりの不快感にその時1回の施述で終わってしまいました。 私にとっては、脚を中心とした温灸マッサージは、気持ち良いではなく、熱い、くすぐったい、痛い、恥ずかしいといったような不快を感じるものでした。 今思うとなんと、もったいないことをしたんだろうと思います。 温灸マッサージは、金額もそれ相当に高く、今更ながらに祖母に感謝しています。 大人になってからは温灸マッサージはまだ受けていませんが、機会があれば今度はリラックスして受けることができるでしょう。 温灸マッサージで脚にあざ、内出血 温灸マッサージの後に、おじさんから脚を強くこすったから後から、あざや内出血のようになっても心配しないで大丈夫と言われました。 えっ!?あざ、内出血って!?確かにその夜、お風呂に入って脚を見ると、薄っすらと赤いような線や青くなったあざ、内出血のような箇所が分かりました。 まあ話に聞いていたので、それほど驚きはしませんでしたが、あざや内出血は外から見て美しいものではありませんでした。 脚にあざや内出血が出来たのは、少しショックでしたが、2、3日で消えていったので、そう心配はしませんでした。 おそらく、脚のマッサージを受けてあざや内出血が出来たという人もいると思います。 大抵のあざや内出血の度合いにもよりますが、知らない間に薄れていく、消えていくのでそう心配は要りません。 しかし、1週間、2週間と消えず、残っているあざや内出血が気になる場合は、医師に相談するようにしましょう。 驚いた同期の脚のあざ、内出血・・・ 脚や身体にあざや内出血が出来た経験がありますか? あざ、内出血と言えば、強烈に思い出すのが自衛隊生活です。 あの光景は一生忘れないと思います。 思い返せば、新入隊員の頃になります。 初めての集団生活、毎日の訓練、掃除にアイロンがけ、さまざまな役割など超多忙が日々を過ごしていました。 今はどうか分かりませんが、その当時は訓練は徐々にエスカレートしていきます。 もちろん内容は、目標に沿って、目標達成に向かっているので、それは過程通りです。 訓練といってもさまざまですが、走る・跳ぶ・投げるなどでは、転んだりしない限り、脚に筋力はつきますが、あざや内出血は出来ません。 しかし、戦闘訓練という科目が始まると、多くの隊員は、脚を中心にあざや内出血が出来るようになります。 戦闘訓練で何をするかは、皆さんの想像通りです。 迷彩柄のファンデーションを顔に塗って山や訓練場に入って訓練します。 訓練とはいえ、銃も持っています。 そして、有名なのは、ほふく前進ですね。 走ったり、伏せたり、しゃがんだりを何度も繰り返します。 普段、当たらない箇所を思いっきりぶつけてしまうことが多くあります。 訓練のはじめの方は、身体の使い方が分からず、ぶつけたり、転んだりして、何度も痛い思いをします。 これがあざや内出血になってしまうのです。 運動神経が良い人や、習得が早い人、筋力が元からある人は、さらっと訓練もこなし、あざや内出血とも無縁です。 こういう人も何人かいます。 しかし、大抵の人は身体、特に脚を中心にあざや内出血が出来てしまいます。 訓練中は転んだりぶつけたりしたときの痛みもありますが、集中していると、それほど痛みは感じずに時間が過ぎていきます。 お風呂場で皆んなで悲鳴 驚いたのは、つかの間の休息の入浴時間、お風呂場での光景です。 お風呂場は、皆んな、ゆっくりリラックスタイム〜お互いにマッサージ〜まったりした雰囲気のはずですが。 ひどい子は青あざ、内出血が模様のように脚になっています。 さらに青あざの女とか、内出血の女とか、誰かが口走っています。 色が白い子は、青あざ、内出血がより深く、濃く見えてなんとも痛痛しい光景でした。 それでも、皆、愉快にこれって、訓練のこと知らないと、このあざ、内出血って明らかにDVだよね〜暴力だ〜なんて言ってました。 確かに、訓練と知らないと、その時のあざ、内出血は、誰かにボコボコにされた、DV、体罰!?さえも想像してしまうようでした。 あざ、内出血の光景は、悲惨でした。 1週間もすれば皆、薄くなり消えていましたが、新しいあざ、内出血が出来てしまう人もいました。 脚のマッサージは、力加減に気をつけて! 脚のマッサージでは、訓練ほどまでに、あざや内出血は出来ないでしょうが、やはり、余計な力で筋肉や皮膚表面を傷つけるのは避けましょう。 痛みは本人にしか分からないので、必ず伝えましょう。 後から、あざや内出血が出来てしまっても後の祭りとなってしまいます。 脚のマッサージはあざ、内出血予防のためにも力加減に気をつけましょう。 マッサージは、リラックス出来ないと効果は半減してしまいます。 痛み、不快感、あざ 、内出血・・・のあるマッサージは、マッサージや癒し、リラックスとは言えないです。 マッサージを受けている最中でも、力加減を聞かれると思いますが、少しでも痛みがある際は、正直に伝えましょう。

次の

足に赤い斑点で内出血があっても痒くない場合はどんな病気なの?

赤いあざ 痛くない 消えない

あざには、はっきりした原因がわからないものがある! 生後半年以内に発症することの多い「太田母斑」と言うあざがあります。 思春期に発症するケースもあります。 このあざは、顔の片側に出来ることが多く、灰青色から褐色の小さな点が集まって斑になっているものです。 男性に比べて4~5倍も多く女性に発症します。 参考: この太田母斑の原因は、メラニン色素の異常と言うことはわかっていますが、ではなぜ異常をおこしてしまうのか、というところは判明していないのです。 遺伝性も認められていません。 皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織と3層に分かれていますが、青い色のあざは真皮の深さでメラニン色素が発生していることを意味しています。 シミは外側に近い表皮でメラニン色素が発生しているためにできますが、太田母斑のあざはより深い部分で出来ているのです。 この太田母斑は、自然には消えませんが、レーザー治療でほとんどわからなくなるほど消すことが出来ます。 ただし、道のりは長く、1年~2年かけてゆっくりと治療することになります。 また、日本人に特に多いのは、眼球に青色の色素沈着が起こると言う点です。 眼球は今のところ治療法はありません。 あざには、自然に消えないものがあるのです。 赤ちゃんのおしりに青いあざがありますよね。 すべすべのおしりに青いマークのようで、とてもかわいいものです。 あの青あざは 「蒙古斑」と言って、通常3~5歳くらいで自然に消えていきます。 参考: ところが、通常おしりにできる「蒙古斑」が体の別の部分にできる「異所性蒙古斑」と言うあざがあります。 これも、学童期あたりで薄くなりますが、なかなか消えない場合もあり、外見的な悩みとなってしまいます。 この治療もレーザー治療になります。 一言でレーザー治療と言ってしまいますが、あざによって、種類や照射の仕方も異なります。 スポンサーリンク また、幼少期~学童期のお子さんがこの治療を行う時は、全身麻酔が必要になるため、入院して治療にあたることになります。 レーザー治療は痛みをともなうので、お母さんの励ましが必要です。 通常の「蒙古斑」の中の2%~3%ですが、「持続性蒙古斑」と言って一生消えないおしりの青あざもあります。 場所がおしりということもあり、ほとんどの方は治療せずにいるようです。 この場合、思った以上に筋肉の奥深い所がダメージを受けてしまったことを意味しているのです。 治るまでに時間がかかり、その過程で色素沈着してしまった可能性があります。 真皮部分でメラニン色素が発生し、青色のあざとして残ってしまったのかもしれません。 通常でしたら、長くても3週間ほどで茶色くなってくるはずなので、皮膚科で調べてもらわなければいけません。 皮膚の病気かもしれないためです。 また、打撲時の炎症が長く続いてしまった時は、 茶色っぽいシミとなって残ってしまうこと があります。 この場合は、病院に行き、処方された軟膏などで治療すると消えていきますが、 時間がたってしまうと、消えないシミとなってしまいます。 内出血のあざがいつまでも消えない、治らない大きな病気があるのです 血小板不足によって、いつまでも血管の修復ができずに、どんどんと青あざが増えていってしまうのが「白血病」です。 この病気は血液のがんなのです。 以前は難病とされていましたが、現在では特効薬もできて回復する可能性が多くなった病気です。 白血病などの血液の大きな病気のときは、単に「あざが治らない」だけではなく、倦怠感や微熱、歯茎からの出血や鼻血が止まらないなど、その他の症状もともなうため、すぐに白血病を恐れて心配する必要はありません。 ただし、どんどん青あざが出来たり、体調がすぐれないと感じたら、すぐに病院に行きましょう。 まとめ あざには、生まれつきのもの、自然にでてきたもの、ぶつけてできたもの、治るもの、治らないもの、など素人判断が難しいものが多くあります。 また、自然には消えない、治らないあざは、赤ちゃんから幼少期の子供に発症することが多いため、治療の判断を迫られる親は苦しんでしまいますね。 今の時点では、強い痛みのあるレーザー治療に頼るほかはほとんどなく、見ている親の方が耐えられなくなってしまうケースもあるのが現状です。 以前はレーザー治療さえなく、その部分を切除するなど、結局傷跡が残ってしまうような治療方しかなかったわけですから、これから先は、もっと苦痛の少ない治療法が生まれるのも時間の問題かもしれませんね。 期待しましょう。 カテゴリー•

次の

赤あざ(血管腫)(あかあざけっかんしゅ)とは

赤いあざ 痛くない 消えない

あざは消えるのか?消えないのか? 生まれつきのあざについて一番気になるのは、 消えるのか 消えないのか ですよね。 タイトルの通り、お母さんが産んだ病院でも、あざについては賛否両論あります。 はっきりいえば、専門機関ではないから、詳しいことがわからないのかもしれません。 今までに、あざの治療に通われた様々な患者さんと接する機会があったのですが、 ・病院で3歳くらいまでには 消えるでしょうと言われた ・産婆さんが 消えると言っていた ・赤ちゃん訪問事業の保健師さんが 消えると言った などと言われ、安心しきって数年経ち、小学生くらいになってから、消えないあざだと気がついたお母さんがいました。 いづれも、50代~の方から言われているそうです。 もしかしたら、数十年前はそういう風に言う風習でもあったのかもしれません。 消えるあざ、消えないあざの特徴 医者や専門職の言うことはほとんど正しいかもしれませんが、間違うことだってあります! まず、消えるあざの特徴、消えないあざの特徴を書きます。 色で判断し、消えるあざだと断定しない方がいいです。 スポンサーリンク ポートワイン母斑について 顔に生まれつきあるあざのうち比較的判断しやすいのは ポートワイン母斑という単純性血管腫のことです。 消えるあざである正中母斑(サーモンパッチ)とは見分ける必要があります。 ポートワイン母斑は簡単に言うと、赤くなっている部分に血管が集まってしまったんです。 決して、 お母さんが産むときに何かしたから出来たわけではありません! これは声を大にして伝えたいことです。 ポートワイン母斑は、産まれてすぐにわかります。 顔以外にも出来るあざです。 ・境目のはっきりした赤いあざがある ・落ち着いている時(寝ている時)よりも興奮(泣いているとき)しているときに、はっきりと浮き出る(赤みが強まる) これは、ポートワイン母斑の特徴です。 消えないあざですので、消すためには、医療機関にて、 レーザー治療する必要があります。 そして、このレーザーの時期は早ければ早い方がいいです。 理由は、まだ血管が細く、成長していない内の方が血管を焼きやすい。 さらに、まだ治療を受ける本人に、嫌な思いをなるべく残さないようにという意味もあります。 また、保険適用のあざですので、安心して治療を受けることができます。 ポートワイン母斑の合併症 ポートワイン母斑で、かつ目の周りに出来ている場合、注意が必要です。 血管腫というのは、目の中にも出来ている可能性があるからです。 目の白目の部分も多少赤みがある場合、眼圧を測る必要があります。 両目で眼圧に差異がある場合、視力に影響があり、また緑内障になる可能性があります。 また、この眼圧測定は赤ちゃんだと大変です。。。。 泣いたら眼圧が変わってしまうので、基本、麻酔シロップで眠らせて測定します。 1歳過ぎると、シロップを飲まない時なんかは、座薬を入れる場合もあります。 眼圧測定は医療機関にもよりますが、3ヶ月おきくらいで通院することになるでしょう。 レーザー治療の覚悟 さらに、まぶたの上、眉毛のところに母斑がある場合は、レーザーによって、例えば眉毛が生えてこなくなる(レーザー脱毛)、視力に影響が出る、などのことが考えられますので、親の判断が必要になってきます。 レーザー後は、治療部を紫外線から守るための保護シール、治療部を触らせないための拘束ミトンなど、赤ちゃんだと大変なことが多いですが、確実に治療前よりは良くなりますので、一緒にがんばっていく覚悟が必要です。 ただし、レーザーでも完璧に消し去れるかは具合によります。 母斑は様々な種類、色がありますので、wikiなどで見て、実際の画像を検索して見る事が大事です。 また、少しでも心配があるようなら、早い時期にこどもの最新の医療センターにかかることをお勧めします。 この記事が、母斑を持って生まれてきた赤ちゃんのお母さんやお父さんの不安を、少しでも取り除けることが出来れば幸いですm _ _ m スポンサーリンク.

次の