マホイップ アタッカー。 【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

【剣盾S2ダブル最高76位最終100】マホイップ+砂対面構築

マホイップ アタッカー

初投稿です。 よろしくお願いします。 採用理由と役割 剣盾内定ポケモン DL内定ポケモンを除く の中で最も私が推しているマホイップを紹介させて頂きたくて、この育成論を書くこととなりました。 マホイップはかなり受けよりのポケモンということもあって、攻撃技の範囲がそれほど広いわけではなく、またそこまで火力が高いわけでもなかったのですが、 いつも受けポケとして使っているマホイップを何とかアタッカーとして使いたいと考えた結果、この弱点保険型に行き着きました。 フェアリータイプのアタッカー枠を検討している方などに届くといいなぁ、と思っております。 持ち物 弱点保険です。 フェアリー単タイプということもあり、発動するタイプは毒タイプと鋼タイプの技だけですが、現環境にはSM環境で暴れ回ったミミッキュに対抗できるドリュウズや、DLコンテンツにて解禁されたリベロエースバーンなど、タイプ一致で鋼技を打ってくるポケモンに加え、ドラパルトやサザンドラなどサブウェポンとして鋼技を搭載するポケモンも多くいるため、十分に発動を狙えると思っております。 命の珠型も考えましたが、火力が足りないと思い、弱点保険の方が確実に打点を出せると判断しました。 性格・努力値と調整 性格は控えめです。 努力値は、耐久無振りリベロエースバーンがダイスチル アイアンヘッド ではがねタイプに変化した時、返しのダイバーン マジカルフレイム で確定1発を取れる調整となっております。 元々種族値が特殊方面に高く、物理方面には低いポケモンな上、環境には物理ポケモンの方が多いと感じるため、HPに252、特攻に68振ったあと、余った努力値は全て物理に振ることでより確実に弱点保険を活かせるようにしました。 技構成 マホイップにまともな特殊技はそれほど多くなく、必然的にこのような技構成となりましたが、いざ使ってみるとギガドレインが受けに来たトリトドンやヌオーに刺さったりするので、意外と優秀だったりします。 あとは破壊光線なんかも覚えたりしますが、自分はアタッカーで使うならこの構成が一番丸いかな、なんて思ったりします。 また、補助技の数に関しては非常に優秀なので、お好みで例えばサイコキネシスの枠を自己再生に変えてみる、なんていうのもありかもしれません。 立ち回り例 壁貼り要員の後に出すのが安全だと思います。 いくら物理に厚く振っているとはいえ、お世辞にも防御種族値が高いとは言えないので、せめてリフレクターを貼れるポケモンと組み合わせるといいと思います。 弱点保険発動後は、基本的には相手の弱点をつける技を押していくのがいいと思いますが、キョダイダンエンでHP管理をすることも可能なので、例えば相手のタスキが発動してHPが1残っている時に、キョダイダンエンでダイマックスしながら回復することができることもこのポケモン固有の強みだと思います。 与ダメージ計算 すべて特殊+2で計算 H4振りリベロダイマックスエースバーン はがねタイプ にダイバーン マジカルフレイム で確定1発 100. 確実に先制で壁が貼れる上、挑発で起点回避もでき、このマホイップに限らず、多くの積みアタッカーとも相性がいいため、手持ちで腐りにくくて優秀です。 このポケモンの対策 こんな変態型対策する必要ないとは思いますが、カビゴンが天敵です。 補助技を打たないので特性はアロマベールにする意味が薄く、スイートベールにしているため、あくび型にはそこそこ強く出られるかもしれませんが、それでもカビゴンは特殊耐久が高いポケモンですので、ダメージレースならカビゴンに軍配が上がるかなと思います。 長文になってしまいましたが、ここまで読んで下さりありがとうございます。 また、エースバーンと対面したときに、エースバーンがアイアンヘッドを撃ってくるとも限りません。 実際、エースバーンのアイアンヘッドの採用率はそこまで高くない上に、持っていたとしても物理受けマホイップを警戒してバーンバーンかナックルバーンという動きをしてくる可能性があります。 よって、エースバーンを基準にこの調整をするのはあまりに不安定化だと思います。 ほかの役割対象であるサザンドラやドラパルトを相手するにも、受け型であれば回復しつつ殴っていれば勝てるのに、この型にすると、ダメージ大、ダイマックス使用済みの状態のマホイップが場に残ることになりますが、それだと1:1交換して終わりなだけになってしまいます。 対戦で実践しましたか?欠点が多すぎて使い物にならないと思います。 まず他のアタッカーより抜き性能が低いとのことですが、確かにそれはその通りだと思います。 しかし、はがねタイプやサブウェポンで鋼技を打ってくる相手には、実際かなり強気に立ち回れます。 特にドリュウズに対しては、スカーフ持ちの型破りドリュウズ、タスキドリュウズを問わず、上手く起点にできるのがこのポケモンならではの特徴ではないかと思います。 また、耐久型では常に急所のリスクが伴ったり、一撃技や腹太鼓などに怯えなければいけないですが、急所のリスクは伴うものの、短期決戦で抑えられるため、差別化は十分にできていると思っております。 エースバーン基準の努力値配分に関しては、正直流行りに引っ張られた感があると思いましたので、もっと有効な配分を考えて修正も検討しております。 欠点こそ多いですが、相手の思考の裏をかくアタッカーとしてポテンシャルは高いと思っております。 長文申し訳ありません。 貴重なご意見ありがとうございました。 対戦で実践したのかと仰る割にはさんは積みマホイップ使った事ないのでしょうか…?まあとは言え鋼搭載してないエースバーンも当然いるのでそこが不安定なのには同意します。 ニンフィアとの差別化については、私は最大の差別化点はギガドレインだと思っています。 ニンフィアの草技最大打点はマジカルリーフでなのに対して、マホイップはギガドレインを習得するため、純粋な火力だけでなく、殴りながら耐久できるというマホイップらしい戦い方ができるのもプラスポイントかなと思っています。 挑発的な文章になってしまい、申し訳ありませんでした。 思ったより弱点保険の発動機会も多そうで強いと思います。 言いたかったのは、エースバーンが鋼技以外を撃って来た場合にそのままやれれてしまい、安定しないのではないか、ということです。 エースバーン側が抜群技を撃たないと溶ける型マホイップを詰めきれないのも分かっていますが、結局相手依存で全く安定しないよね、ということを言いたかっただけです。 6〜86. 貴方の言うように、最高火力のダイスチルを撃たないと落としきれないなんてことはないのです。 さらに、エースバーンが炎タイプのままいれば、フェアリー技にも炎技にも耐性を持ったままの状態を残すことができます。 エースバーン側がスチルを撃てたとしても、絶対それを撃ってくるなんてことは言い切れないと思います。 私がエースバーンを使っていてもバーンから入ると思います。 ですがここでの論争はもうやめましょう。 突っかかった私が悪かったです。 申し訳ありませんでした。

次の

徹底考察!() マホイップ VS ニンフィア

マホイップ アタッカー

マホイップ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 マホイップはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 高い特攻と特防を持つが鈍足という、フェアリータイプによくある種族値配分。 特性「アロマベール」があるので「ちょうはつ」を無効にできる。 「めいそう」や「とける」などの積み技や「じこさいせい」といった回復技を妨害されずに出せるので強力だ。 ただし、物理耐久は脆く素早さも低いという弱点がある。 火力の高い相手に攻撃される前に積まないと、先に2回攻撃されて倒されてしまうこともあるので注意。 現在は未解禁であるもののキョダイマックスが可能。 ダブルでは味方回復も可能なので有効だが、シングルでは回復量が少なくダイフェアリーとどちらが有効かは状況による。 スポンサーリンク マホイップの特性 スイートベール (味方のポケモンが眠らなくなる。 ) アロマベール(隠れ特性) (味方のメンタル攻撃を防ぐ。 ) 考察 「アロマベール」の優先度が高い。 「ちょうはつ」や「アンコール」が効かないことで積み技や回復技を安全に使うことができる。 シングルでも十分に有用だが、ダブルでは味方にも適用されるため更に強力。 「スイートベール」も選択肢にはなる。 「あくび」や「キノコのほうし」、「ねむりごな」など厄介な催眠技を防ぐことができる。 「アロマベール」使用者のほうが多く「ちょうはつ」などで崩せないと判断して催眠技を使ってくる相手もおり、役立つことは結構ある。 この技も味方に対して有効であり、ダブルバトルではより強力になる。 スポンサーリンク マホイップの技考察 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 マジカルシャイン 妖 80 100 なし タイプ一致技。 威力は低めだが命中安定。 威力は低いがタイプ一致技で回復量も多い。 「めいそう」とあわせて使おう。 ソーラービーム 草 120 100 溜め攻撃。 水・地・岩に刺さる。 「ダイソウゲン」で使おう。 ダイマックスしない想定ならこちらを使おう。 ギガドレイン 草 75 100 与えたダメージの半分吸収。 威力は低めだが回復可能。 水・地・岩に刺さる。 苦手な鋼にも刺さるので優先度高め。 苦手な毒に刺さる。 サイコショック 超 80 100 相手の特防でなく防御でダメージ計算する。 苦手な毒に刺さる。 特殊受け対策ができる。 アシストパワー 超 20 100 自分の能力ランクが1段階上がるごとにこの技の威力が20上がる。 「アロマベール」のおかげで比較的積みやすく相性は悪くない。 「アロマベール」があるので安全に積みやすい。 じこさいせい 無 - 最大HPの半分回復 積むことが多いので、その後に回復できるこの技の優先度は高め。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 自身の特殊耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 アンコール 無 100 相手が同じ技しか出せないようにする。 耐久型の相手に刺さる。 なかまづくり 無 100 相手の特性を自分の特性と同じにする。 相手が強力な特性を持っている場合に有効。 アロマセラピー 草 - 味方の状態異常を回復する。 自分だけでなく味方の状態異常も治せるのが強力。 確定技は基本的には「じこさいせい」よりも回復と攻撃が同時にできる「ドレインキッス」がおすすめ。 HPと特防に振っているので、基本的には特殊アタッカーに対して繰り出す。 基本的には最初に「めいそう」で積むといいが、相手が物理アタッカーに交代してくる可能性も考え「とける」も覚えさせておくといい。 道具は積む前の耐久を補うことができる「オボンのみ」の優先度が高め。 一度積んでしまえば、後はドレインキッスORじこさいせいで回復が間に合うようになる。 居座ることが多いので「どくどく」に弱い。 「アロマセラピー」があれば対策できるが技スペースが厳しい。 特性はこだわりメガネを持たせるなら、「アロマベール」がおすすめ。 「のろわれボディ」を恐れずに攻撃することができる。 ただ、積みメインではいないので、「アロマベール」を採用せず催眠対策ができる「スイートベール」を選ぶのもアリ。 この型では火力と耐久で ニンフィアに劣ってしまう。 差別化として毒タイプに刺さるサイコキネシスは覚えておきたい。 物理受けの ドヒドイデであれば突破することも可能となる。 スポンサーリンク マホイップのパーティメンバー考察 マホイップの弱点である毒・鋼に強いポケモンを用意しておくといい。 鋼タイプのポケモンであれば毒を無効にして鋼も半減できる。 水・地面タイプの ガマゲロゲ・ヌオー・ナマズン・トリトドンなどもおすすめ。 毒技も鋼技も半減することができる。 マホイップの対策 注意点 ・そこそこある特攻があり、「アロマベール」により「ちょうはつ」「アンコール」が効かず、安全に積んで火力を上げてくる。 ・再生技と状態異常回復技を持ち、積みきられると対処のしようがなくなることもある。 対策方法 マホイップの弱点は物理耐久の低さ。 よって「とける」で積まれるまえに物理アタッカーで素早く突破を狙っていくといい。 「アロマセラピー」は技スペースの問題から覚えていないことも多く、「どくどく」が刺さりやすい。 こだわりトリックは有効。 こだわりスカーフやこだわりハチマキを押し付ければ機能停止させることができる。 「かたやぶり」持ちなら「ちょうはつ」も有効。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

徹底考察!() マホイップ VS ニンフィア

マホイップ アタッカー

マホイップ対戦考察 新ポケモン「マホイップ」の育成論。 専用の道具「あめざいく」を使って、回転する方向、長さ、時間帯で45種類もの見た目のデザインが変化するとても変わったポケモンです。 可愛い見た目に関わらず、強力な技を覚えます。 マホイップの種族値 種族値 HP 65 攻撃 60 防御 75 特攻 110 特防 121 素早さ 64 合計種族値 495 「とくこう」「とくぼう」の数値が高く、「こうげき」「ぼうぎょ」の数値は低いです。 「すばやさ」の数値が低いので、「とうぼう」の高さを生かした受けで使う方が強いと思います。 アタッカーで使っちゃうと、1匹倒してもその次に上から殴られちゃって倒されるのでな… マホイップのタイプ フェアリー単体 マホイップのタイプは「フェアリー」単体です。 弱点も2タイプと少なく、よく対戦環境でみかける「あく」「ドラゴン」などメジャーなタイプに耐性を持つためサイクルに組み込みやすく、 弱点の「どく」「はがね」タイプにそれぞれ打点を取れる技を覚えるのでとても優秀なポケモンです。 弱点2倍 「どく」「はがね」 耐性2分の1 「かくとう」「あく」「むし」 耐性無効 「ドラゴン」 マホイップのとくせい アロマベール メンタルこうげきが効かない。 「ちょうはつ」「かなしばり」「アンコール」「いちゃもん」「かいふくふうじ」「メロメロ」を無効化する 上から「ちょうはつ」や「アンコール」「かなしばり」で動きをしばってくるポケモンに対して強く出れます。 対策を対策できるのでとても強いと思います。 こちらがメジャーな型です。 スイートベール 自分や味方のポケモンは眠り状態にならない。 「あくび」「さいみんじゅつ」などの眠り技に対して強く出れます。 こちらも使えます。 意外性を突くならこっち。 受けで使う場合はまず守りが崩されると話にならないので「とくぼう」があがる「おだやか」がオススメです。 逆に「こうげき」種族値が低く、物理攻撃をする機会はなさそうなので、「こうげき」に下降補正がかかっても問題ないです。 マホイップの持たせる道具 回復系のアイテムが望ましい マホイップの持ち物は、相手に押し負けないための回復アイテムが望ましいです。 それぞれ良し悪しがあるので、お好みでどうぞ。 「たべのこし」 毎ターン最大HPの16分の1回復 「オボンのみ」 HPが半分以下になると最大HPの4分の1回復 「3分の1回復きのみ」 HPが4分の1以下になると最大HPの3分の1回復 マホイップの努力値 「HP」と「とくぼう」にぶっぱ。 両受けにしたい場合は、「ぼうぎょ」に振ろうとも考えましたが、ぼうぎょにぶっぱしても受けは厳しいので、努力値は「HP」と「とくぼう」に振ります。 マホイップの技構成。 こうげき技 マジカルシャイン フェアリー技打点。 一致こうげき技。 威力80 命中100 安定した攻撃技。 威力が少し低いのが難点。 ドレインキッス フェアリー技打点。 威力50 命中100 与えたダメージの4ぶんの3を回復する。 もともと威力が低いため、あまり大きな回復量を見込むのは難しい。 良い技だが微妙。 接触技のため「てつのとげ」や「ゴツゴツメット」などのダメージを受ける。 マジカルフレイム ほのお技打点。 威力75 命中100 相手のとくこうランクを1段階さげる。 はがね対策。 優秀な技。 相手のとくこうランクを下げるため、とくしゅ受けとしての役割も遂行しやすくなる。 アーマーガアの「ミラーアーマー」に打つと逆に受けられてしまうため注意が必要。 サイコキネシス エスパー技打点。 苦手などくタイプに有効な技。 サイコショック エスパー技打点。 威力80 命中100 とくしゅ技だが、相手のとくぼうではなく、ぼうぎょ力に依存したダメージを与える。 「めいそう」の積み合いに強い。 こうげき技がこの技のみだった場合、物理受けに受けられてしまうという、不思議な事態が起きる。 アシストパワー エスパー技打点 威力20 命中100 1ランク能力アップごとに、威力が20あがる。 「めいそう」や「とける」を一回積めば、威力が60、2回積めば100に上がる。 受け型のマホイップととても相性が良い技。 エナジーボール 草技打点。 みず、じめんタイプなどに良いが、あまり使い道は無さそう。 ギガドレイン 草技打点。 威力75 命中100 与えたダメージの半分回復する。 ドレインキッスと威力が同じになる。 ドレインキッスと同じ理由で使い辛いので優先度は低い。 補助技 じこさいせい 回復技。 最大HPの半分を回復 耐久ポケモンはこの技を覚えるか覚えないかで、かなり評価が変わる。 そしてマホイップは、覚える側なので、かなり受けが安定する。 めいそう 積み技。 とくしゅ版ビルドアップ。 とくこうととくぼうを1段階あげる。 マホイップは、威力が高いこうげき技を覚えないが、隙を見てこの技を積むことで決定力をつける事が可能。 とける 積み技。 ぼうぎょを2段階あげる。 ぼうぎょに性格補正や、努力値を振っていなくても、この技を一度積めば、物理方面もかなりの耐久になり、両受けが可能に。 とても使いやすい。 アンコール アンコールをうけたポケモンは同じ技しか使えない。 受けポケモン対策に。 すばやさ種族値が高くないマホイップは、後攻で使うことが多くなるため、読みが必要になり安定しないだろう。 マホイップより遅い「ナットレイ」「ドヒドイデ」「ヌオー」などに打つと効果的だが、そこをこのポケモンでメタる必要はそこまでない気もする。 ひかりのかべ とくしゅ技の威力を半減する壁を5ターン張る 「めいそう」と選択。 こちらのメリットは、後退しても他ポケモンに効果が持続すること。 受け回しのチームではこちらもあり。

次の