ブラタモリ 女子 アナ。 「ブラタモリ」近江友里恵アナ、タモリには見せられない恥ずかしい姿とは?

ブラタモリのアナウンサー歴代まとめ。人気が高いのは誰?

ブラタモリ 女子 アナ

NHKの人気番組 「ブラタモリ」の新アシスタントが発表されました。 現在、福岡放送局に所属する林田理沙(はやしだりさ)アナウンサーです。 九州地方の人以外は、ほとんど無名のアナウンサーですが、4月からは 「ブラタモリ」と 「NHKニュースおはよう日本」(隔週)を担当しますので、一躍全国区のアナウンサーに躍り出るでしょう。 今回は林田理沙アナについて調べてみました。 Sponsored Link 林田理沙アナのプロフィール 名前 :林田 理沙(はやしだ りさ) 出身地:長崎県生まれ神奈川県育ち 誕生日:1989年12月19日(28歳) 所属 :NHK福岡放送局 趣味 :趣味:ピアノ、旅行、料理、お菓子作り 2014年:NHK入局、赴任先は長崎放送局 2016年:福岡放送局へ異動 2018年:東京アナウンス室へ異動予定(4月) 現在、林田アナは 「ロクいち!福岡」という夕方のローカルニュースを担当しています。 まだ入社3年目ですが、福岡では人気のあるアナウンサーだそうです。 林田理沙アナの画像 なんとも、えくぼがキュートで可愛い笑顔ですね!4月からの全国放送の 「ブラタモリ」の出演で人気者になることは間違いないでしょう。 林田理沙アナの出身大学は? 林田アナはNHK入局前までは神奈川県で育ち、幼稚園から高校までは湘南白百合学園に通っていました。 大学は東京藝術大学の音楽学部楽理科に入学し卒業後は、大学院音楽研究科に進みました。 大学時代には、学生オーケストラの演奏会で指揮をしたり、クラッシック音楽の普及につて研究したそうです。 「ブラタモリ」は女子アナの出世コース? 入社3年目で 「ブラタモリ」のアシスタントに抜擢された林田アナは、NHK女子アナウンサーの出世コースに乗ったのではないでしょうか。 それもここ最近の 「ブラタモリ」の女子アナは卒業後は、NHKの看板番組を担当する傾向があります。 「ブラタモリ」の歴代女子アナウンサーは、 初代 久保田祐佳アナウンサー(2008-2012) 2代 首藤奈知子アナウンサー(2015 パイロット版の1回のみ) 3代 桑子真帆アナウンサー(2015-2016) 4代 近江友里恵アナウンサー(2016-2018) 歴代の女子アナウンサーの中で、初代の久保田祐佳アナウンサーが一番長く担当していました。 「首都圏ネットワーク」や 「ニュース7」などの報道番組や、 「所さん! そして10月から今年の3月まで、シリーズで放送されている 「NHKスペシャル『人体~神秘の巨大ネットワーク』(全8回)ではMCのタモリさんと一緒にアシスタントとして再会を果たしています。 2代目の首藤奈知子アナウンサーは、2015年1月6日放送のパイロット版の1回のみ担当で代打的要素が強いです。 3代目の桑子真帆アナウンサーは 「プラタモリ」を出演を機に「好きな女子アナランキング」にランクイン(5位)しました。 「プラタモリ」卒業後は、 「ニュースチェック11」、 「ニュースウオッチ9」、 「第68回NHK紅白歌合戦」(総合司会)、 「2018年平昌オリンピック開会式」(実況)とNHKの看板アナウンサーとして大躍進しています。 そして現在4代目の近江友里恵アナウンサーは、4月から有働アナウンサーの後任として、NHKの朝の顔として 「あさイチ」に博多華丸・大吉さんと共に司会に抜擢されました。 このように 「ブラタモリ」を担当したアナウンサーは、その後、NHKのエース級のアナウンサーとして成長していくことから、 「ブラタモリ」は女子アナの出世コースと言われる所以でしょう。 Sponsored Link 最後に 新アシスタントの林田理沙アナウンサーも大注目ですね。 ジャズや音楽に造詣の深いタモリさんと絶対音感の持ち主の林田アナの、やり取りも面白くなるでしょう。 「ブラタモリ」はタモリさんと歴代アナウンサーのほんわか、ふんわりした空気感が観ていて心地良いので、林田アナも、いい空気感をタモリさんと醸し出してもらいたいです。 今から林田アナの活躍が楽しみです。 Sponsored Link.

次の

ブラタモリのアナウンサーを歴代順に紹介!タモリのお気に入りアシスタントは誰?

ブラタモリ 女子 アナ

Content• NHKの番組を見ていて、 「林田理沙アナって誰?めちゃくちゃかわいい!」 「林田理沙アナの画像がもっと見たい!」 「林田理沙アナって結婚してるの?」 といったことが気になって検索する人が増えています! それもそのはず。 こんな美人な女子アナ見たら気になっちゃいますよね。 林田理沙アナは2014年NHK入局の女子アナで、2018年4月からNHKの人気番組「ブラタモリ」に出演中していて、「美人女子アナだ!」と話題になってますね。 きりっとした目鼻立ちで、NHKらしい美人と評判です。 林田理沙アナは音大の修士課程を修了している異色の経歴を持っていて、その飾らない性格から視聴者に人気があります。 そこでこのページではそんな林田理沙アナについて、管理人が厳選したかわいい画像とともに、林田理沙アナの気になるカップや身長などについて紹介します! 林田理沙アナのプロフィールは? 名前:林田 理沙(はやしだ りさ) 生年月日:1989年12月19日 血液型:不明 身長:155cm程度 カップ:Cカップ 出身:長崎県生まれ、神奈川県育ち 入局:2014年(NHK) 学歴:東京藝術大学大学院音楽研究科卒 林田理沙アナはほんとNHKらしい美人アナですよね。 顔はきりっとした感じの和風な印象です。 身長は推定ですが155cm程度と思われます。 意外と小柄なんですよね。 そして気になるカップはCカップと言われていますね。 好きな食べ物はチョコレートで、それさえあれば幸せらしいですよ。 趣味はピアノ、旅行、料理、お菓子作りで特技はなんと絶対音感です。 さすがは音楽系の大学院を出ただけのことはありますね。 もしアナウンサーになっていなかったら大好きなショパンの研究を続けていたというほど、音楽が好きらしいです。 もしかしたら今後NHKの音楽系の番組を担当することもあるかもしれません。 2018年4月から福岡放送局から東京放送局に異動して、NHKの人気番組「ブラタモリ」を担当しています。 ブラタモリといえば桑子アナや近江アナなど、現在はNHKのエースアナとなった人も多く排出している番組なので、今後の活躍に期待ができますね。 林田理沙アナの経歴は? 林田理沙アナは長崎県生まれの神奈川育ちです。 ご両親が長崎県の出身なのだそうです。 幼稚園から高校までは地元の一貫高である、湘南白百合学園に通っています。 その後、東京藝術大学音楽学部、大学院音楽研究科に進学します。 大学では学生オーケストラの指揮や、ショパンの研究を行っていたそうです。 学生時代は苗字を音読みして「リンダ」と呼ばれていました。 音大卒で修士課程まで出た人がアナウンサーを目指すきっかけは謎だったんですが、かなり異色の経歴ですよね。 最近はほんとに色々なバックグラウンドを持った女子アナがいますね。 ただ真面目なだけじゃ女子アナにはなれない世の中になってきました。 視聴者にとっていい傾向ですよね。 それだけ色々な話が聞けるんですから。 大学院時代にはテレビ朝日アスクにてアナウンサーとしての実力を磨いています。 この頃に、BS朝日の番組やauスマートパスの学生キャスターとして活躍していたことでも有名です。 その後、2014年にNHKに入局します。 初任地は長崎県です。 同期は星麻琴アナ、中山果奈アナ、石橋亜紗アナです。 そして福岡放送局を経て、2018年に東京放送局に異動になります。 東京アナウンス室異動後は人気番組である「ブラタモリ」のアシスタントを担当するなど、NHK上層部の期待も高いですね。 また平日の「NHKニュースおはよう日本」の5時6時台のキャスターも担当しています。 おはよう日本といえばやっぱり和久田アナですが、林田アナもいい感じですよね。 最近の林田アナはかなり大人っぽくて色っぽいんですよね。 ほんと今後の活躍が楽しみな女子アナの一人です。 私生活では熱愛報道などもなく独身と思われます。 今後の活躍にも注目です! 最後まで読んでいただきありがとうございます!あなたのシェアが記事を書く原動力です!.

次の

ブラタモリ歴代アシスタント一覧!6代目の浅野里香アナウンサーとは?!

ブラタモリ 女子 アナ

『ブラタモリ』(NHK総合)の4代目アシスタントにして同局看板アナにまで成長した近江友里恵アナが、3月24日の放送をもって同番組を卒業。 その後、NHKの象徴・有働由美子アナを継いで、『あさイチ』(同)の司会を務めることになった。 振り返れば、初代アシの久保田祐佳アナはじめ、3代目の桑子真帆アナら、『ブラタモリ』を担当するアシスタントは卒業後に躍進する流れが形成されている。 当初は試験的に行なわれていた番組だったが、2009年よりレギュラー化。 過度な演出をしない地味な番組ではあるが、35年以上続く『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)に勝るとも劣らぬ好事家ぶりを披露しジワジワと人気が過熱。 予定調和を無視したタモリの番組進行に、視聴者はドキドキワクワクさせられているのだ。 「アナウンサーであることを忘れなさい」女子アナを成長させるタモリの放任主義 同番組で注目されているのはタモリだけではない。 コンビを組んだ歴代のアシスタントたちが一様にアナウンサーとして飛躍すると話題になっている。 実際、初代アシの久保田祐佳アナは、NHK入局後は地方局(静岡局)に勤務していたが、東京アナウンス室に異動し『ブラタモリ』に抜擢。 タモリとの共演を経て大きく飛躍したひとりと言えるだろう。 3代目の桑子真帆アナも広島放送局勤務だったが、『ブラタモリ』のアシスタントになるや、タモリとの軽妙な掛け合いや、気負らないマイペースな佇まいが人気を博し、2015年の『好きな女性アナウンサーランキング』(ORICON)では『ブラタモリ』効果で圏外から5位へと大躍進。 さらに昨年末の『第68回NHK紅白歌合戦』では、総合司会を務めるまでに上り詰めた。 逆にタモリは、『ブラタモリ』のレギュラー放送が復活する際、桑子アナに対して「アナウンサーであることを忘れなさい」などと心得を説いている。 さらに、「どんどん横道に逸れていい。 番組の流れなんて無視してください。 NHKのアナは自分で流れを作るという意識が強すぎます」と金言を披露している。 リサーチ禁止、打ち合わせナシ、台本は渡さず…厳しい規制(? これにより、普段のお堅いNHKアナとのギャップが視聴者にウケ、多くの愛されアナが誕生してきたのだ。 ただ、台本や打ち合わせがないからと言って、アシスタントとして楽かと言えばそうではない。 事実、ラジオ番組で近江アナは、「タモリさんがマニアックな情報を届けるぶん、自分は素人の視聴者に寄り添う必要がある」とコメント。 さらに、「視聴者が置いてけぼりにならないよう、あえてタモリさんや専門家に質問したり、『わからない』と率直に言うようにしている」と明かしている。 過度な演出をしない『ブラタモリ』の場合、アシスタントのこうした気配りが必須なのだ。 『ブラタモリ』だけじゃない、各局アナがタモリの背中を見て躍進 考えてみればタモリとの共演した女子アナが躍進するのは、『ブラタモリ』に限ったことではない。 国民的なお昼の番組『笑っていいとも!』の日替わりアナや、特に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、下平さやか、堂真理子、竹内由恵、そして現在の弘中綾香などもまた、自然体で番組を進めるタモリのアシスタントを務めることにより、生放送に対応できる実践型アナたちが育ってきた歴史がある。 つまり、自然体で振る舞うことを要求するタモリの姿勢は、アシスタントにプレッシャーを与えることなく伸び伸びと仕事をさせる一方で、「自分で考え」、「番組をどう成立させるか」を意識させることになり、結果的にアシスタントを鍛え上げていることになる。 そして今回、近江アナの後を継ぐ5代目『ブラタモリ』アシスタントとなった林田理沙アナは、「タモリさんからはひと言、『仕事をするな』と。 普段どおり、肩の力を抜いてやればいい、と。

次の