株式 会社 デンソー ウェーブ。 デンソーウェーブ

デンソー

株式 会社 デンソー ウェーブ

工場におけるロボットや設備の制御機器による生産効率化、QRコードに代表される自動認識機器による流通販売の革新、そしてオフィスのセキュリティや食堂決済システムなどによる安全、快適な生活環境の提供など、機器の販売のみならずソリューションも含めた提案を通じ、お客様とともに発展をして参りました。 これからの社会は、日々の急速な技術革新と共に、従来の効率追及型から、環境、安全、快適社会へと世の中の価値観も更に変化していきます。 このような変化の中、常に新しい提案を続けたいと思っておりますが、その原動力はやはりお客様の声です。 お客様とコミュニケーションをとり、その中で技術開発に支えられた新しいソリューションを生み出し、そしてその成果をお客様に喜んでいただけることを通じ、社員一人一人が常に顧客視点で考え行動し、社会全体に貢献していく企業を目指します。 月給は固定手当を含めた表記です。 (1)ご応募には転職支援サービスへのご登録が必要です。 (2)採用条件に合致した方については、ご入力いただいた情報にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。 (3)求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねますため、登録情報は各求人へ最適化した内容ではなく、汎用的な内容としていただくことをお勧めいたします。 (4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当するdodaの案件担当から行います。 あらかじめご了承ください。 バーコードリーダーは圧倒的なシェアを誇る。 (2)ロボットー6軸の垂直多関節ロボット、4軸の水平多関節ロボット等の、世界トップクラスのシェアを誇る産業用小型ロボットを開発。 デンソー社内1万6千台の使用実績を武器に、技術者自身が営業としてユーザへ提案活動を行っている。

次の

デンソーウェーブがグローバルオンライン展示会「DENSO Robotics Online Expo 2020」を初開催

株式 会社 デンソー ウェーブ

の子会社。 沿革 [ ]• 6月 - 設立。 1994年 - を開発。 当時はデンソーの開発部門• 10月 - デンソーの産業機器事業部と「システム機器株式会社」、「株式会社デンソーシステムズ」が合併し、商号を「 株式会社デンソーウェーブ」に変更。 なお、輸出入者符号は「1C983」とした。 1月 - デンソーエレックス株式会社と経営統合。 主要事業所 [ ]• 本社(愛知県)• 東京支社()• 中部支店(愛知県)• 大阪支店(宮原)• 刈谷事業所(愛知県昭和町)• 営業所(、、)• 駐在所() 関連会社 [ ]• 株式会社• 株式会社 出典 [ ] [].

次の

株式会社デンソーウェーブの求人/【EG

株式 会社 デンソー ウェーブ

~2020年7月16日 木 ~18日 土 に開催。 本日6月15日より国内向けプレサイトが公開~ [画像1: ] 株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:中川弘靖)は、2020年7月16日 木 ~18日 土 の3日間、グローバルオンライン展示会「DENSO Robotics Online Expo 2020」を初めて開催します。 同展示会は、国内はもとより、海外のお客さまも対象として全世界配信を行うもので、全世界に先駆け、国内のお客さま対象のプレサイトを本日より公開します。 参加の申し込みは、6月下旬より受付開始予定です。 グローバルな新型コロナウイルスの感染拡大を受け、既存の集合型展示会の中止や延期が相次いでいます。 また、工場における従業員の安全確保と安定的な操業両立の観点から、工程のロボット化のニーズが高まっています。 そのような状況の中、お客さまがロボットについて気軽に技術者に直接ご相談いただける機会を設けることで企業活動に貢献することが使命と考え、グローバルなオンラインでの展示会の開催を決定しました。 同展示会では、「ロボットアプリケーションのリアルタイム映像配信」と「ソフトウェアのリモート操作体験」をオンラインでご体感できます。 加えて、オンライン展示会ならではの取り組みとして、展示アプリケーションを技術員の説明付きで巡りながらリアルタイムで質問ができるLIVEツアーや、製品の特長を活用例や実演を交えて紹介するプレゼンテーションも連日実施します。 「リアルタイム映像配信」では、昨年12月に発表した新型ロボットコントローラー「RC9」や、高可搬・ロングリーチロボットの「VM」「VL」シリーズによる統合制御アプリケーションの映像を視聴できます。 他にも、クラウドとQRコードを活用したサポートサービス「DENSO Robotics Cloud」の特長をご紹介する映像も初公開します。 また、「リモート操作体験」では、お客さまのロボット活用シーンにあわせて使用できるプログラミングソフトウェア「WINCAPS Plus」や、ロボットによるピッキング作業に特化した内蔵視覚装置を改良し、使用範囲を大幅に拡大した「EVP2」の操作を体験できます。 下記のURLより6月下旬から申込可能。 展示会では、デンソーロボットや周辺機器を組み合わせたアプリケーションを展示します。 [画像2: ] 新型高可搬・ロングリーチロボット「VM」「VL」シリーズ フルカバー構造と充実した機内配線・配管をもつ「VMシリーズ」と、デンソーロボット最大の可搬質量40kg、最長アーム2. 5mを有する「VLシリーズ」を、新型ロボットコントローラ「RC9」で制御したアプリケーションを展示します。 [画像3: ] お客様にとって最適なアプリケーションが選べる「WINCAPS Plus」 「WINCAPS Plus」は、設計・導入・運用・メンテナンスまでのシーンと、ロボットに携わるそれぞれのユーザーに応じるUXに基づいたアプリケーションソフト群です。 初回にリリースする5種のアプリケーションソフトウェアのリモート操作体験を実施します。 (注) ニュースリリースに記載されている内容は報道発表日時点の情報です。 その後、予告なしに変更する可能性があります。 あらかじめご了承ください。 プレスリリース提供:PR TIMES The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の