サッチャー 政権。 サッチャー時代のイギリス―その政治、経済、教育 (岩波新書)

マーガレット・サッチャー

サッチャー 政権

敬虔なメソジスト教徒の家に生まれたマーガレットはグランサムの市長も務めた父の アルフレッドをとても尊敬。 彼女が政治の世界に関心を持つきっかけを作りました。 オックスフォード大学に進学したマーガレットは、化学を専攻し1947年に卒業します。 マーガレットは化学関連の会社に就職する一方、政治家になるための機会を探していました。 24歳の時、マーガレットはイングランド南部のケントで下院選挙に出馬しますが落選。 翌年の選挙にも敗北してしまいます。 1953年、サッチャー夫妻は双子に恵まれ、サッチャーは育児と政治活動に奔走します。 1953年、サッチャーは弁護士資格を取得し育児と仕事の両立を目指します。 と同時に、女性の権利の拡張を主張しました。 前年にエリザベス2世が即位したことと相まって、女性の地位に関する関心が高まっていたこともその理由でしょう。 1959年、サッチャーはロンドン北部にあるフィンチリー選挙区に 保守党候補として立候補。 ついに、 初当選を果たしました。 議員となってから11年が過ぎた1970年、この年の6月に行われた総選挙で保守党は政権を奪還。 財政が悪化する中、教育関連予算の削減を迫られたサッチャーは児童に対する牛乳の無償配給を廃止します。 この決定は多くの人々の反発をまねき、「 ミルク泥棒」と批判されてしまいました。 イギリスは16世紀以降、世界各地を植民地として支配してきました。 広大な植民地を持つイギリスはイギリス帝国と呼ばれることもあります。 しかし、第一次・第二次の二つの世界大戦で、イギリスによる植民地支配は崩れました。 第二次世界大戦後の1947年、イギリスの最重要植民地だったインドやパキスンタンが独立。 1940年代から1950年代にかけて、イギリスが所有していた南アジア、東南アジアの植民地も次々と独立していきました。 また、1957年のガーナの独立を皮切りにアフリカの植民地も次々と独立。 1970年代以降は中東やオセアニア、カリブ海の国々も独立していきました。 かつてのイギリスの繁栄を保証していた植民地の独立は、イギリスの社会・経済に大きな影響を与えていきます。 第二次世界大戦の末期、ドイツの降伏で一足早く戦争が終結したヨーロッパでは、イギリスの総選挙に注目が集まります。 結果は、 チャーチル率いる 保守党の大敗。 ポツダム会談参加中だったチャーチルは帰国し、内閣総辞職します。 かわって組閣したのが 労働党の アトリーでした。 アトリー内閣は国民が原則無用で医療サービスを受けられる国民保健サービスの確立を目指します。 アトリー内閣が実施した社会保障政策は「 ゆりかごから墓場まで」というスローガンのとおり、充実したものとなりました。 しかし、この高福祉政策は巨額の財政支出を伴うもので、政府は巨額の財政支出を迫られます。 また、アトリー内閣は1945年から51年の間に石炭・電力・ガス・鉄鋼・鉄道・運輸などの 重要産業を次々と国有化する社会主義的な政策を実施しました。 1960年から70年代、イギリス経済は長期的停滞に見舞われます。 これを イギリス病 英国病 といいました。 その原因はいくつか考えられます。 一つ目は、保有していた多くの 植民地の喪失です。 二つ目は、 重要産業の国有化による競争力の低下。 国有化により、経営努力が減退した企業は国際競争力が低下し、輸出が減少。 イギリス貿易は赤字額が増大します。 三つめは 労働運動の激化。 労働環境の改善や賃上げを求めるストライキが頻発し、自動車産業などは大きなダメージを受けます。 加えて、1973年のオイルショックの発生により経済の低迷と物価の上昇が同時に起きる スタグフレーションまで発生してしまいました。 このようなイギリスの状況は「 瀕死の病人」とさえ評されました。

次の

マーガレット・サッチャー

サッチャー 政権

概要 [ ] 後のイギリスでは、のの法則やのなどに基づく福祉政策が採られてきた。 これは、のやのの理論がによって破綻し、ケインズの「一般理論」がのなどで有効であることが証明され「」に修正を加える必要があると考えられたからである。 いわゆる「」と言われる高福祉政策でありである。 しかし、規制や産業の国営化などによる産業保護政策はイギリスのを低下させ、を停滞させることになった。 また、が発生し、の崩壊など、政策のほころびが的にも指摘されるようになった。 いわゆる「」と呼ばれるものである。 これらの政策は主に政権によって推し進められてきたものであるが、にマーガレット・サッチャーを首班とする政権が誕生すると、20世紀以後に継続されてきた高福祉の社会保障政策、社会保障支出の拡大を継続するとともに 、国営の水道、電気、ガス、通信、鉄道、航空などの事業を民営化し、分の政府部門の経済を削減する政策に転換した。 内容 [ ] サッチャー政権の経済政策は、20世紀以後に継続されてきた高福祉の政策「」、社会保障支出の拡大を継続するとともに 、国営の水道、電気、ガス、通信、鉄道、航空などの事業民営化と経済に対する規制緩和により、社会保障支出の拡大による政府支出の拡大をしながら、他の分野では民営化と規制緩和を進めて、政府の機能を削減したことである。 に傾倒していたサッチャーはに基づき、官営であった電気、水道、ガスといったパブリックセクターと空港、航空といった大規模産業を民営化した。 それまで、のが牛耳っていた金融部門も、規制緩和によって外国資本の参入を認めた。 いわゆる政策であるが、この政策により市場を外国資本に奪われ、国内企業が競争に敗れるという結果を招いた。 そのためとも言われる事態が発生した。 また、減税を進める一方で、()を増税し国民に勤勉と倹約を促した。 しかしこれは、付加価値税には逆進性があるため高所得者層に有利に低所得者層には不利に働いた。 また、抑制のために金利引き上げを行った(が上がったために、政策に転換した)。 結果 [ ] を抑えた緊縮財政は、インフレ抑制に一定の成果を見せたが、高誘導は輸出産業に打撃を与え、不況の長期化と企業淘汰による失業率の上昇を招いた。 金融業中心の産業の推進・効率化は貧富の格差を拡大させた。 なお、サッチャーは格差に対して人々が政府の介入なしで相互に助け合って解消することを期待しており、富裕層がの美名の下で貧困層を切り捨てるどころか嘲笑までするようになったことに失望の意を表していた [ ]。 1970年代から1980年代前半まで、イギリスではによるが頻発に起き恒常化していたが、サッチャー政権による労働法改正などによって、1986年以降はストライキは激減し沈静化したため、経済は安定していった。 失業率 [ ] サッチャリズムによってイギリスの失業率は以降最悪の数字を記録した。 より正確に言えば、1973年に英国がEUの前身となるに加盟して以降徐々に失業率は悪化する傾向にあった。 サッチャリズムではのドクトリンに基づき、がマネーサプライ(ここではsterling M3)に焦点を当てた。 1980年の物価急上昇には政策金利を上げることで対処したが、インフレ抑制に重点を置きすぎた。 この年にが財務大臣となるが、その翌年には失業者が300万人を突破し、その後も高い失業率が続いた。 サッチャリズム以後 [ ] サッチャー政権においては賃金が下がり、失業率も上がり、国民の中に大きな批判が起こった。 伝統的な高福祉の社会保障政策を維持しながら、経済の拡大、競争力の強化、失業率の低下、労働者の所得の増大、財政収支の黒字化などを同時に成り立たせることが困難で、それを達成できず、導入において国民の不満が増大、支持率が低下しサッチャー首相は辞職した。 サッチャー政権の政策は次の政権にも引き継がれ経済成長を続けていた [ ]が、政府の財政赤字は解決しなかった。 その後のにより一旦下落するものの、通貨安による好調な輸出も相まって-と順調な拡大を続けたが、18年に及ぶ保守党への不満により「」を標榜する率いる労働党への政権交代を招くことになった。 サッチャリズムを題材にした作品 [ ]• 脚注 [ ]• 岩田規久男 『「不安」を「希望」に変える経済学』 PHP研究所、2010年、141頁。 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる世界経済-日本を取り巻く世界経済の現状とその問題点(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2010年、163頁。 Blanchard and L. Summers, NBER Macroeconomics Annual Vol. 1 1986• Singleton, Central banking in the twentieth century, Cambridge University Press 2010• OECD, Labour force statistics 1971-1991 Paris 1993• Atkinson and S. Morelli, Chartbook of economic inequality, ECINEQ 2014• 岩田規久男 『日本経済を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2005年、238頁。 関連項目 [ ]•

次の

マーガレット・サッチャー

サッチャー 政権

年表 西暦(年齢) 1925年(0歳)イングランド東部、リンカンシャー・グランサムで誕生。 食料品店を営む父は地元で市長を務めた経験があり、サッチャーは生涯を通して父を尊敬するようになる。 1947年(22歳)オックスフォード大学で化学を学んだ後に卒業。 在学当時は経済学も熱心に勉強していて、これが後の政治思想につながっていく。 卒業後に就職し、コロイド化学を専門とする研究者になる。 1950年(25歳)保守党から下院議員選挙に立候補すも落選。 翌年に結婚し、法律の勉強を本格的に始める。 1953年(28歳)弁護士資格を取得する。 1959年(34歳)下院議員に初当選する。 1970年(45歳)ヒース内閣で教育科学相を務める。 予算削減のため学校の牛乳無償配給を廃止したところ、猛烈な抗議を巻き起こし、「ミルク泥棒」と非難される。 1974年(49歳)選挙で保守党敗北。 サッチャーは翌年の保守党党首選挙で当選する。 この年から「鉄の女」の異名が世間に広がっていく。 1979年(54歳)イギリス経済の立て直しを目標に新自由主義をかかげた選挙で当選。 イギリス初の女性首相となる。 1982年(57歳)アルゼンチン軍がイギリス領であるフォークランド諸島に進軍。 これに対し、イギリス陸海空軍さらに特殊部隊を派遣し、アルゼンチン軍を撃退した。 これにより人気の上がったサッチャー政権は3度にわたり総選挙を乗り切るが、終盤には人頭税導入により支持率が低下していく。 1990年(65歳)イギリス首相、保守党党首を辞任する。 その後は講演会や著書の出版などの活動に専念する。 2013年(87歳)4月8日、脳卒中により死去。 サッチャーの生涯 ここからは早速、サッチャーの生涯を功績と共に辿っていきましょう。 研究者から政治家へ オックスフォード大学時代に化学を勉強する一方で、 経済学にも傾倒し、大学内の保守党協会で議長も務めていたサッチャー。 彼女は大学卒業後、一度は化学分野の研究員として就職しますが、 25歳のとき保守党の候補者として総選挙に出馬します。 結果的にはこの年と翌年の選挙ではどちらも落選することになります。 しかしサッチャーが出馬した選挙区では彼女が ・最年少の候補者だったこと ・唯一の女性だったこと が注目を集め、ライバル党の票を大幅に減らすことに成功しました。 その後結婚し、パートナーの支援を受けて本格的に法律の勉強をしたサッチャーは、 28歳のときに法廷弁護士の資格を取得後、 34歳のときに選挙で 初当選を果たし、 遂に政治家としてのキャリアをスタートさせました。 「ミルク泥棒」事件 晴れて政治家となったサッチャーはその後、保守党内閣で財務次官を務め、 さらに保守党内の大蔵省に所属し、政府の意見発表を担当するスポークス・ウーマンとして 順調に活躍の場を広げていきました。 サッチャーと言えば、 「鉄の女」という代名詞的なあだ名で有名ですが、 それよりも前に実は彼女につけられたあだ名がありました。 それが 「ミルク泥棒」です。 政治家として順調にキャリアを築いていたサッチャーが45歳を迎えた頃、 彼女は保守党内閣で教育科学大臣に就任し、 当時無駄が多かった 教育予算の削減に取り組んでいました。 その際、学校で7歳~11歳の児童に国費で牛乳を無償配給している点に着目し、 栄養が目標摂取量に達していればいいと判断した彼女は、 その制度を大幅に縮小することにします。 しかしこれに対し、ライバルの労働党やマスコミが猛烈に反発し、 サッチャーは「ミルク泥棒」として非難されることになったのです。 その一方で彼女は、当時のイギリスでは義務教育の統一制度が定まっていないなか、 中等学校の古いカリキュラムを見直し、結果的に生徒数を増やすなどの功績も残しています。 「鉄の女」の時代 サッチャーに転機が訪れたのは1979年、彼女が54歳を迎えたときでした。 当時労働党政権化で続いていたイギリスの深刻な経済難を克服するため、 公共事業の削減と民営化を進める 「小さな政府」を実現目標にかかげ、 総選挙で見事当選します。 このときに既に保守党の党首になっていた彼女は、 英国初の女性首相となったのです。 首相となったサッチャーは、持ち前の強靭な性格で政策を押し進め、 「鉄の女」としてイギリス経済の立て直しのために奔走します。 彼女が在任した80年代のイギリスは、それまでの社会保障や福祉政策が大きく見直され、 財政の出費を抑え資本主義本来の市場原理を保証する「新自由主義政策」がとられました。 多くの事業が民営化され、自由競争による経済の活性化が期待される一方で、 社会保障費の削減により失業者や貧困層などからの非難も多く上がることになります。 サッチャーがかかげた 「小さな政府」や 「民営化」などを基本にした政策は、 「サッチャリズム」と呼ばれ、後に各国の保守党のモデルとなりました。 関連記事 >>>> 「鉄の女」の最期 嫌われることを恐れず、強い意志で政策を進めたサッチャー。 その強引な国内改革と戦争をも辞さない決断力は国民に頼もしさを与える一方で、 同時に強い反発心を招くきっかけにもなりました。 大英帝国の復活を目指していた彼女は欧州統合の動きに反発し、 国際的に孤立していくことになります。 そして経済の立て直しのための新自由主義政策も、徐々に国内での格差を広めることになり、 国民の不安は募っていきました。 最終的には人頭税を導入したことで国民の信頼を一気に失い、 1990年にサッチャーは政治の表舞台から退きます。 晩年は著書の出版や講演会などを行い、2013年に87歳でその生涯を終えました。 関連記事 >>>> サッチャーにまつわるエピソード ここでは、少し切ないサッチャーの晩年のエピソードを1つご紹介します。 政界を引退したサッチャーはその後認知症を発症し、 徐々に現役時代に自分が行った政策の内容を忘れていったといいます。 しかし晩年の彼女と会った人の証言では、身近な出来事を認知できなくなっていた一方で、 現役時代のことをいきいきと話していたとも言われています。 認知症の症状が進み、入退院を繰り返すようになってからも、 街で市民に声をかけられることもあった彼女は、それが誰なのか分からなくても、 反射的に笑顔で手を振っていたそうです。 きょうのまとめ 今回は、1980年代に英国初の女性首相を務めたサッチャーについて、 その功績や全体像をご紹介しました。 サッチャーとはどんな人物だったのか簡単にまとめると.

次の