頑張っ て ください 敬語。 大変だと思いますがの敬語は?目上の方への「健闘を祈る」の伝え方も

「お仕事頑張って」 を敬語でいうと??

頑張っ て ください 敬語

まずは、「頑張る」という言葉の正確な敬語表現について見ていきます。 相手に、頑張ってくださいという意味で使う「頑張る」は、尊敬語で「お励みになる」、謙譲語で「努力させていただく」となります。 なかなか聞きなれない言葉ですが、最上級の敬語として使われるケースがあるのです。 とはいえ、、非常に難しいの言葉であり、先ほども言ったようにビジネスはおろか普段の生活でも「頑張って」という意味の敬語としては、余り使わないフレーズでもあります。 それに、「頑張ってください」というフレーズは、もともと目下の人に対する言葉なのであまり意識する必要もないという考えもあります。 ですので、現実にビジネスシーンで使うのであれば、次にご紹介する「頑張る」と同義の言葉もあるという事を覚えて、頑張ってくださいの敬語としていくつか認識しておくのが吉です。 表現方法は大いに越した事はないですからね。 敬語として「頑張る」の代わりに使える言葉 頑張ってください、を目上の人に使う場合、または自分が目上の人に対して「頑張る」「頑張ります」という意思表示をする際に、「頑張る」の代わりに使いたい言葉がいくつかあります。 それを、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けてご紹介しますので、覚えておきましょう。 ですが、どんな動詞でも謙譲語、尊敬語が作れる訳ではなく、それは「頑張る(頑張って)」という言葉についても同様です。 注意しましょう。 まるで相手が、手抜きをしているかのように受け取られてしまいます。 「頑張ってください」が敬語としては一番無難 上記で紹介したように「頑張る」を敬語に変換したからと言って、必ず使える敬語になるという訳でもないようです。 むしろ、嫌味に聞こえて相手にとって不快に感じるケースもありますので、「頑張る(頑張って)」という意味合いで掛ける言葉としては、「頑張ってください」が一番無難で使いやすい言葉だと考えておきましょう。 とはいえ、ビジネスでは目上の人に使う言葉は丁寧語でもなく謙譲語でもなく、尊敬語ですよね?その場合も「頑張ってください」で良いのでしょうか? では次に、「頑張る」を尊敬語にするときの、正しい言い回しについて見ていきます。 「頑張る」の尊敬語は色々!ビジネスで目上の方への正しい使い方とは? ビジネスシーンで気をつけるべき言葉遣いですが、目上の人に「頑張る」を使う場合は、応援する意味を込めた言葉が最適です。 あくまでも正しい敬語としては、「頑張ってください」となりますが、同じ意味でも目上の人に使う場合は少し違ってきます。 ですが、言い方は非常にたくさんあります。 では、「頑張る」を目上の人に対して言うときに、使う場合が多い尊敬語について詳しく見ていきましょう。 ビジネスで目上の方に「頑張ってください」はNG!「頑張る」を言い換えよう ビジネスシーンで、目上の人に対して「頑張る」という動詞を、そのまま用いて尊敬語とすることはできません。 しかし、形の上では「お励み下さい」「お励みなさいませ」「期待しています」「陰ながら応援させていただきます」「御健闘をお祈りします」などという言い方に変換して使えば、相手を敬っているので問題ありません。 これらの敬語を、そのときの状況に合わせて使い分けるようにするのがビジネスで「頑張ってください」と目上の人に声を掛ける際の、正しい敬語となります。 「頑張ってください」を目上の方に使う場合のケース例をご紹介 目上の人に対して「頑張れ!」「頑張って」いう気持ちと伝えたいときに、例えば「お頑張りください」はおかしいですよね。 ですが、上に挙げた尊敬語を単純に当てはめてみても、「部長、お励みになってください!」となります。 なんだかしっくりきません。 そもそも「頑張る」という言葉は、最初に述べたように、目下の人に対して使う言葉です。 そこで、こういった場合は尊敬語にこだわらず「頑張ってください」「陰ながら応援させていただきます」のように言うのが無難でしょう。 これが、状況に合わせた使い分けですから、是非とも覚えておきましょう。 「頑張る」を謙譲語で言うと?目上の方に決意表明をする際の使い方とは では最後に、目上の人に対する決意表明として、「頑張る」を謙譲語にする場合の言葉遣いについて紹介していきます。 「頑張る」とは、自分自信が努力する意味で、この「頑張る」を謙譲語に直すと「頑張ります」ではなく「努力させていただきます」や「努めさせていただきます」という形で使うのが最適です。 ですが、ビジネスメールなどで「努力します」「頑張っています」という意思表示をする際などは、こんな長いフレーズを使うのも少し気を遣いますよね。 その際の最適な使い方もチェックしておきましょう。 「努力させていただく」「努めさせていただく」は堅すぎる謙譲語に 「努力させていだたく」というのは「頑張る」の正しい謙譲語で、「努めさせていただく」も同じです。 ですが、これだと「頑張ります」という意味としてはやや固すぎるので、受け取る方にとっても、何だか仰々しく感じてしまいますよね。 固い表現では、「犬馬の労をも厭わず精勤する所存です」なんて言い方もあるようですが、ビジネスシーンではもう少し違い言い方をするのが好ましいでしょう。 「頑張れ」の謙譲語は「精一杯努力させていただきます!」がベスト 目上の人に対して、「頑張る」「頑張ります」という意思表示をする場合は 「精一杯努力させていただきます!」 「精一杯努めさせていただきます!」 のように言うのがベストでしょう。 上記にある、「頑張る」を謙譲語に変えたものは、自分をちゃんとへりくだった言い方にした言葉遣いで、かつ自分を下げて相手を上げる言い方にもなっています。 そのため、仕事では、上司や目上の方や先方などに使う敬語として最適であり、使用機会も多くなるので、必ず覚えておきたいですね。 結論:場面とその人との間柄にもよるので特段これだとNGというわけではない 「頑張る」という言葉を敬語(尊敬語・丁寧語・謙譲語)に変換して使う言葉の言い回しについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 「頑張る」という言葉を、相手に対して「頑張ってください」もしくは自分が「頑張ります」という意味で使う際は、そもそも「頑張る」という言葉を敬語に変換するのは難しいといえるので、結論としては失礼にならない言い方であれば自由で構わないでしょう。 ですが、今回紹介した敬語の言い回しを覚えておくのも、ビジネスマナーを弁えた社会人として見られるかどうか、大切な部分でもあります。 非常に細かい部分ではありますが、ビジネスシーンにおいて正しい言葉遣いは必須のスキルと言っていいものです。 そのため、この機会にこういったビジネスで使うであろう言葉遣いのポイントはしっかりとおさえておきましょう。

次の

「大変だと思いますが」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

頑張っ て ください 敬語

A ベストアンサー 健闘:不利な条件に屈せず、立派に戦うこと 「平幕が横綱相手によく健闘しました」と言いますが 「横綱が平幕相手によく健闘した」では横綱に失礼です。 手紙の場合、手紙の書き手が差し出す相手と戦うわけではないので、上の例とは立場は違います。 しかし、相手がはじめから不利な状況にあると決め付けているようで、特に目上の方への手紙の文書としては「見当違い」ということになります。 同等の身分の人へ書く場合、「お互いがんばろうな」と言えあえる仲なら「ご健闘お祈りします」でもいいでしょうし、 目下に対しても場合によっては失礼に当たることあるような気がします。 なお、「健闘」と おん が似ている言葉に「健勝(体がじょうぶで元気なさま)」があります。 年賀状などでは相手により、「ご健勝お祈りします」のほうがふさわしいことが多いのではないでしょうか。 Q 転職したばかりで右も左も分からず、いろんな方に 教わりながら仕事を進めている毎日です。 先日、社内でも別の部署にいらっしゃる目上の方にメールで 相談をし、その回答の最後の一文に「大変だろうけど 頑張って下さい。 応援しています」と頂きました。 今まで職場で「応援しています」と言われたことが なかったので、「応援」という言葉にはしっくり こなかったのですが、この一文で励まされ、すっかり 気に入りました。 私も返答にて「私もいつも応援しています」と返しましたら、 「立場が逆です」と笑われました。 上司をねぎらう表現、 「お疲れ様」とか「頑張って下さい」とかは失礼にあたるとも 以前聞きましたが、この「応援」という表現も失礼に あたったのでしょうか?気になっています。 日本語・礼儀作法に詳しい方、回答お願いします。 A ベストアンサー 「応援」は「頑張って下さい」の意味を持ちますよね。 であれば、「応援」も基本的には失礼に当たるのではないでしょうか。 少なくとも、入りたての方がその前からいらっしゃる方へ向けて言う言葉ではないでしょう。 ただ、例えばその目上の方が何か新しいことに取り組んでいらっしゃるときに、「陰ながら応援しております」などとするのは失礼にはならないかと思います。 (表立ってでないことを表すべく、「陰ながら」とするほうがいいでしょうね。 ) なお、「お疲れ様です」「お疲れ様でした」は何ら失礼な表現ではありません。 「ご苦労様です」「ご苦労様でした」が失礼に当たる表現です(こう言われても気にしない目上の方もいらっしゃいますけどネ)。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. しかし、今後につながる大切な仕事なので、良い結果を出すために全力を尽くしたいと思います。 そこで、その旨を伝えるべく、返信のメールを出す段になって、はたと困りました。 ビジネス文書なので、もちろん「精一杯がんばります」とは書けません。 「鋭意努力します」なども考えたのですが、仕事はそもそも一生懸命するのが当たり前なので、「がんばる」とか「努力する」とかいう言葉は使わない方がいいですよね。 「尽力」などは、自分のことにはあまり使わないし、傲慢な感じ(押し付けがましい感じ)がすると思います。 そこで、質問です。 謙虚な感じは残しつつ、全力で取り組むことをアピールするのに、ぴったりな表現はないでしょうか。 皆様のアドバイスをお願いいたします。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 頑張って下さい、という中に、「では失礼します」の意味が込められてたりします。 本当に大変な状況の中、頑張っておられるなぁ、と感じたから口から出た言葉なのに、言ったら失礼なのでしょうか。 日本語って難しいですね。 一体、何と言うのが正しいと思いますか? A ベストアンサー こんにちは。 ご参考までに少しお話しさせてください。 この辺りの状況が、その使用において少し戸惑いを感じさせる原因なのでしょうね^^; 最後に、言葉のマナーとして、上位者に用いるべきではないとされているものを挙げておきます。 「年少のお客様」「債権者」「自分より学識経験が豊富だろうと認める人」場合によっては「年長の部下」など、上位待遇の人たちも含みます。 (1)上位者をほめる言葉 (2)上位者をねぎらう言葉 (3)上位者の能力を聞く言葉 (4)上位者に許可を与える言葉 「ねぎらう言葉」には「お疲れ様です」も当てはまるのではないかと思われるかもしれませんが、微妙なニュアンスをいうと、「ご苦労様=ねぎらいの言葉」、「お疲れ様=思いやりの言葉」となるようです。 ご参考までに少しお話しさせてください。

次の

目上の方に「頑張ってください」はNG? 敬語の正しい使い方

頑張っ て ください 敬語

手紙やメールで頑張ってほしいという気持ちを伝えるには、どのような言葉を選べばいいのでしょうか。 文書やメールは後に残るため、口頭でしゃべるよりもより気を使って書くようにしなくてはいけません。 敬語を使った文書としてどのような書き方をすればいいでしょうか。 一般的な場合 敬語を使った言い回しで、一般的には、『今後益々のご活躍をお祈り申し上げます』や『益々のご活躍を心より祈念しております』といった言い換えで書けばいいでしょう。 転職する上司や先輩を応援する場合 転職される人に対して、敬語で気持ちを伝える場合には、『新しい環境での益々のご活躍をお祈りしています』や『夢の実現に向けて、さらなるご活躍を心からお祈り申し上げます』という書き方をします。 移動する上司や先輩を応援する場合 異動される上司や先輩に敬語で応援する場合には、『新しい職場での一層のご活躍を心よりお祈りしています』や『新天地でのご活躍をお祈りしています』といった書き方をします。 団体や企業向けに送る場合 個人に対しては、『ご活躍』という言葉を使いますが、団体や企業向けに応援の気持ちを送る場合には、『ご発展』が重宝します。 『皆様の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます』などのような書き方をします。 「頑張れ」は、誰かを励ましたり応援したりするときに使う言葉です。 これは同僚や後輩に対して使ったりするのは問題ないのですが、上司や目上の方に対して使うのは失礼な言葉となります。 「頑張ってください」にすると、「ください」が付いているため一見丁寧な敬語のような言葉に見えるのですが、NGワードです。 そもそも「頑張れ」が「頑張る」の命令形の言葉であるため、「頑張ってください」となっても指示や命令をしている言葉です。 そのため、目上の人はもちろんのこと、社外の人にも使ってはいけない言葉です。 敬語や丁寧語の言い方 では、敬語や丁寧語ではどのような言い方をすればいいのでしょうか。 唐突ですが、この「頑張れ」には敬語が存在しません。 なぜなら、「頑張れ」が目上の人に使う言葉ではないからです。 そのため、目上の人や上司、社外の方に応援の気持ちを伝えるには言い換えることが必要になります。 ・応援しています ・陰ながら応援しています ・成功をお祈りしています ・ご健闘をお祈りしています これらの言葉を使うことで、目上の方や上司、社外の方に対しても失礼にならずに応援の言葉をかけることができます。 「頑張ってください」の敬語の例文 目上の人や先輩に対して「頑張ってください」という気持ちを伝えるための尊敬語などの敬語はありませんでした。 そのため、「頑張ってください」と近い意味の言葉に言い換えて伝えるようにします。 「頑張ってください」を言い換えるには、どのような言い方をすればいいでしょうか。 次の例文を参考にしてみましょう。 これからも 『これからも応援しています』『これからも素敵な先輩でいてください』『これからも一層のご活躍をお祈りしています』この例文のように、応援する文書の前に『これからも』というフレーズをつけることで、ただ単に応援しているというニュアンスから、今の時点以降も応援しているという意味になります。 そのため『これからも』を付ける言葉が時間軸として、『これからも』をつけてもおかしくなければつけ足すことで、より応援しているという気持ちが伝わる言い回しになります。 応援しています 『応援しています』は、『頑張ってください』という気持ちを伝えるのに言い換える敬語としては重宝する言い方です。 一番よく目にするフレーズとしては『陰ながら応援しています』という言い方です。 また、『(いつもご活躍を)応援しています』なども使える言い回しです。 先生 先生に対して『頑張ってください』という表現は、使う対象年齢によってかわってきます。 普段から子供と接している先生ですので、先生から子供に対しては『頑張って』『頑張れ』ということを口にする機会が多いです。 子供からすれば、敬語を意識して先生に話しかけることはないでしょう。 そのため、子供の視点から見れば、『先生、頑張って』でも『先生、頑張れ』でもかまいません。 社会人の視点から見ると、先生は恩師となります。 普段会わない恩師に対して、『頑張って』や『頑張れ』では社会人としては失格です。 敬語で『頑張ってください』であれば、先生と生徒の関係でしたので問題はないでしょう。 いくつになっても手のかかった生徒ですので、先生から見れば可愛いです。 仕事に『お』をつけて丁寧にした敬語を使っているため、普通は部下や後輩に対しては使いません。 そのため、基本は上司や目上の方に使うフレーズになります。 頑張ってくださいねなど 『今日の司会頑張ってくださいね』『次の仕事も頑張ってくださいね』このような言い回しをするのは、主に目上の人から声をかけてもらうような場合です。 部下の立場で、上司や目上の方に対して『頑張ってくださいね』という言い回しは非常に失礼な言い方になります。 そのため『頑張ってくださいね』を使う場合には、決して上司や目上の方に対してではなく、自分にできた部下や後輩に対して利用するようにしてください。 「頑張ってください」の敬語の類語・言い換え 『頑張ってください』という言葉には、色々な言い換えの言葉がありますが、あまりしっくりこない言い回しでした。 『期待しています』や『お励みください』は、敬語を使っているため一見敬意を払っているように感じますが、これらも上から目線としてとられかねない言い回しです。 『ご自愛ください』や『お祈りしています』にしても、大げさな応援になってしまいます。 そのように考えると、『頑張ってください』という言葉をそのまま使えばいいのでしょうか。 心がこもっていれば上司に使ってもいいのでしょうか。 『頑張ってください』を目上の人や上司に使う場合は新密度で使いわけよう ビジネスマナーで『頑張ってください』という言葉を、目上の人や上司には使うべきか使わないべきかをまとめましたがいかがでしたでしょうか。 敬語を意識しすぎて言葉を使い分けていても、どうしても敬語上手く使いこなせない場合もあるのではないでしょう。 『頑張ってください』を目上の人や上司に使う場合は、新密度や距離感によって判断しましょう。 入社から直接お世話になった先輩や上司であれば、『頑張ってください』と言っても問題ないでしょう。 しかし、異動してきてあまり接点のなかった上司や年配の上司などにいきなり『頑張ってください』と言ってしまっては、やはり失礼な感じを与えてしまいます。 そのため、新密度を判断して使いこなすようにしましょう。

次の