冷凍 レンコン レシピ。 冷凍レンコンの煮物レシピ食感や味は?

レンコンのきんぴらは冷凍保存できる?日持ちやお弁当に入れるときの注意点は?

冷凍 レンコン レシピ

シャキシャキとしたレンコンは食物繊維が豊富でヘルシーなので、健康のためにもできるだけ摂りたい野菜です。 レンコンのきんぴらをまとめて作っておくと、お弁当のおかずや夕食のもう一品としてもとても役立ちますよね。 常備菜として作り置きすると便利なレンコンのきんぴらですが、日持ちさせるために冷凍保存させることはできるのでしょうか? また、冷凍保存したレンコンのきんぴらは味や食感が損なわれることがないのか、お弁当にそのまま入れてもいいのかなど、いろいろ気になるところです。 そこで今回は、• レンコンのきんぴらは冷凍できる?• レンコンのきんぴらの冷凍保存の方法や解凍方法• レンコンのきんぴらの日持ちやお弁当に入れるときの注意点 について、詳しくご紹介します。 スポンサーリンク 目次• レンコンのきんぴらは冷凍できる? レンコンのきんぴらを冷凍すると食感が悪くなって美味しくないのでは?と思われるかもしれませんが・・・ 調理したばかりと比べると、冷凍したレンコンのきんぴらは食感が幾分柔らかくなりますが、冷凍しても味の劣化も少なく美味しく食べることができます。 野菜の中には冷凍すると水分が失われて、食感が落ちてしまうので冷凍保存に向かないものもたくさんありますよね。 レンコンは冷凍保存に向いている野菜なので、茹でるなどの下処理をするか、そのまま生でも冷凍保存することができるんですよ。 ですから、レンコンのきんぴらのように調理済みのおかずをそのまま冷凍すれば、お弁当やおつまみなどの作り置きにぴったりです。 ただし、レンコンのきんぴらでも次の2つの場合は冷凍保存には向きません。 新レンコンの場合 新レンコンとは6月~9月上旬にかけて出回るれんこんで、実が柔らかく冷凍保存には向いていません。 新レンコンはまだレンコンの実が完全に入っていない、生育中のときに掘り上げたもので、水分も多く日持ちしません。 新レンコンできんぴらを作ったときは、冷凍せずに早めに食べきるようにしましょう。 こんにゃくが入ったレンコンのきんぴらの場合 きんぴらを作る際に、糸こんにゃくや板こんにゃくを入れる場合もありますよね。 ですが、こんにゃくは冷凍すると水分が抜けて、スポンジのような独特な食感になってしまいます。 冷凍したこんにゃくはお肉のような噛み応えのある食感になるので、お肉の代用としても使うこともありますが・・・ こんにゃくが入ったレンコンのきんぴらは、解凍したときに弾力がもとに戻らず食感が悪くなるので、冷凍保存は避けた方がいいですね。 レンコンのきんぴらの日持ちは? レンコンと人参といった、シンプルな具材で作ったレンコンきんぴらは冷蔵保存すれば 3~4日くらい日持ちします。 味付けを濃くすればもう少し日持ちしますが、賞味期限内でもなるべく早めに食べきるようにしましょう。 冷凍保存すれば 3~4週間は賞味期限が延びるので、レンコンのきんぴらを長く保存したい場合は冷凍保存することをおすすめします。 スポンサーリンク レンコンのきんぴらの冷凍保存の方法は? レンコンのきんぴらを冷凍するときは、調理後にまずはしっかり冷ますようにしましょう。 粗熱がとれていない状態で冷凍庫に入れてしまうと、庫内の温度が上がってしまい他の食材を傷めてしまうので注意してくださいね。 冷凍保存するときは、調理したレンコンのきんぴらをフリーザーバッグなどに入れてなるべく空気を抜いて密閉するようにしましょう。 レンコンのきんぴらに限らず、 食品は空気に触れると酸化してしまうので、できるだけ空気を抜いた状態で冷凍保存することが大切です。 後で使いやすいように、ラップなどに包んで小分けしたものをフリーザーバッグなどに入れておくといいですね。 また、冷凍したレンコンのきんぴらをお弁当に入れる場合は、初めからシリコンカップなどに入れてから冷凍保存するとそのままお弁当に使えて便利ですよ。 レンコンのきんぴらの解凍方法は? 冷凍したレンコンきんぴらは、そのまま冷蔵庫で自然解凍するのがおすすめです。 解凍した後は冷たいままでも美味しいのですが、ごま油を敷いたフライパンで軽く炒めると香りがよくなるので試してみてくださいね。 また、冷凍保存したレンコンのきんぴらは、電子レンジで加熱して温めなおしても大丈夫です。 ただし、加熱しすぎると水分が抜けてレンコンが固くなってしまうので気を付けてくださいね。 冷凍したレンコンのきんぴらをお弁当に入れるときは、一度電子レンジで加熱して冷ましたものを入れるようにしましょう。 冷凍したレンコンのきんぴらだけではなく、家庭で冷凍したおかずをそのままお弁当に詰めると 食中毒の危険性があるので注意が必要です。 冷凍したレンコンのきんぴらをそのままお弁当に入れるのは危険? お弁当用にいろいろなおかずを作り置きして冷凍保存しておくと、朝忙しいときにとても助かりますよね。 シリコンカップにおかずを入れて冷凍しておけば、保冷剤の代わりにもなるからと解凍せずにそのまま入れる方もいるかもしれませんが・・・ 家庭で調理した冷凍のおかずを、解凍せずに冷凍のままお弁当に入れることはおすすめできません。 その主な理由として、次の3つの点があげられます。 常温でゆっくり自然解凍すると、温度の上昇によって細菌が増加し食中毒が発生しやすくなる。 自然解凍する間に水分が出てしまうので、細菌が増殖しやすい環境を作ってしまう。 食品を解凍せずに入れても短時間の間に溶けてしまうため、保冷材の代わりにはならない。 お弁当箱の中でおかずを自然解凍させると、食品の水分が出て湿気が多い状態になり、細菌が増殖しやすい環境を作ってしまいます。 「レンコンのきんぴらは解凍しても水分があまり出ないのでは?」 そう思われるかもしれませんが、凍ったままお弁当に入れてしまうと、溶けたときにどうしても水滴がつきますよね。 お弁当の中に水分があると 菌の増殖につながるので、冷凍したレンコンのきんぴらをお弁当に入れるときはレンジで加熱した後、しっかり冷ましたものをお弁当箱に詰めるようにしましょう。 まとめ カットされたレンコンは変色しやすく、冷蔵庫に保存してもあまり日持ちしません。 レンコンのきんぴらのように調理して冷凍保存しておくと、保存期間を延ばすことができるだけでなく、忙しいときやお弁当作りにも大変便利なのでおすすめです。 レンコンは冷凍しても味の劣化が少なく、比較的食感も変わらず美味しく食べることができる野菜なので、上手に冷凍保存してみてくださいね。

次の

レンコンのきんぴらは冷凍保存できる?日持ちやお弁当に入れるときの注意点は?

冷凍 レンコン レシピ

冷凍したらごぼうの栄養はどうなるの? ごぼうには便秘に良いといわれている食物繊維をはじめ、ビタミン類や、カリウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルも多く含まれています。 食物繊維は、水溶性と不溶性があるのですが、ごぼうにはその両方が入っています。 ごぼうの栄養は、冷凍してもそれほど低下することはありません。 ただ、冷凍前の下処理のときにごぼうを水にさらしたり、茹でたりする段階で、水溶性のビタミンなどは減りますが、食物繊維やミネラルは大きく低下することはないようです。 冷凍するとごぼうの食感が変わっちゃう? 食物繊維がたっぷり含まれるごぼうは、シャキシャキとした歯ごたえが魅力ですよね。 ですが、ごぼうを生のまま冷凍すると、繊維の間に含まれている水分が凍って、繊維が固まり、スカスカした筋っぽい食感になってしまいます。 でも、生のごぼうでも、食感がわからないくらいにカットすれば冷凍も可能です。 千切りやみじん切り、薄いスライスなどが向いています。 ごぼうの冷凍方法 できれば、茹でてから冷凍するのがベストなごぼうですが、生のままでも細かくカットすれば冷凍可能。 では、さっそくごぼうの冷凍方法を見ていきましょう。 生のごぼうの場合 1 ごぼうの表面についている土を包丁の背やたわし、アルミホイルを使って落とします。 2 ごぼうを細めのささがきや細い千切り、みじん切り、薄いスライスなど調理に使いやすい形状にカットします。 3 切ったごぼうを5分ほど水にさらし、アクを抜きます。 水にさらすと栄養素が流れ出やすいので、長時間放置しないようにしましょう。 ザルにあげて水気をきり、さらにキッチンペーパーなどで水気をしっかり拭き取ります。 4 1回の使用分ごとにラップで包み、ジッパーつき保存袋などに入れて、冷凍庫で保存します。 千切りやみじん切りなど細かくカットしたものは、1回分を小分けにしないと、冷凍したときにくっついてしまい使いづらくなるので、ご注意を。 茹でたごぼうの場合 1 ごぼうの表面についている土を包丁の背やたわし、アルミホイルを使って落とします。 2 ごぼうをささがきや千切り、スライスなど調理に使いやすい形状にカットし、5分水にさらしてアクを抜きます。 3 鍋で軽く茹でて、ザルにあげ水気をきります。 冷めたら、キッチンペーパーなどで水気をしっかり拭き取ります。 4 ジッパーつき保存袋などに平らに入れて、冷凍庫で保存します。 茹でてから冷凍すれば、繊維がやわらかくなっているため、食感が損なわれずよりおいしく食べることができますよ。 ごぼうの冷凍した場合の保存期間の目安 ごぼうを冷凍保存した場合は、3週間~1カ月程度保存できます。 とはいえ、ごぼうの鮮度によって保存期間は多少変わるので、早めに使いきった方がベターです。 冷凍ごぼうの解凍方法 調理済みのごぼうを冷凍することもできます。 例えば、水気の少ないきんぴらごぼうなら冷凍保存にもってこい! シリコンカップやアルミカップに入れて冷凍すれば、凍ったまま詰められるのでお弁当のおかずにもOKです。 解凍すると味が少し薄くなるので、濃い目に作っておくと、おいしく食べられますよ。 まとめ 栄養価が高く、手に入りやすい身近な食材であるごぼう。 冷凍保存を活用すれば、余らせることなく使いきれます。 正しい方法で保存すれば、栄養が抜け出てしまうこともなく、おいしく食べることができますよ。 料理時間の短縮にもなるので、忙しい方にもぴったり!冷凍ごぼうでおいしく栄養を摂取してくださいね。 冷凍ごぼうでもOK!ごぼうのおすすめレシピ ごぼうと鶏そぼろのカレー炒め。

次の

ごぼうは冷凍してOK!正しい冷凍保存の方法やおすすめレシピを紹介

冷凍 レンコン レシピ

素材を素早く冷凍することで素材の劣化を最小にとどめることができます。 密封容器で保存することで劣化を防ぎおいしさを保ちます。 冷凍をする予定の時は入れないようにしましょう。 しかし、レンコンは薄切りにすれば冷凍・解凍しても気にならなくなります。 入れる際は薄切りにして入れるように注意しましょう。 きんぴらごぼうの保存期間 きんぴらごぼうの保存方法を「常温」、「冷蔵」、「冷凍」の3パターンに分けて紹介します。 夏など室温が高い場合や湿度が高い場合は常温保存せずに冷蔵保存することをオススメします。 食べる際には臭いや味に異変がないか確認しましょう。 再加熱をして食べることで安全性が増します。 また味付けを濃い目にすることで腐りにくくなり保存しやすくなります。 密封容器に入れ保存します。 保存期間内なら品質に問題がないのですが時間がたつにつれどうしても空気に触れたり、冷凍焼けをしてしまうので早めにいただくほうがおいしさを損なわずにいただけます。 きんぴらごぼうの解凍方法 きんぴらごぼうの解凍方法は2パターンあります。 方法は、食べる前日に冷蔵庫へ移しておくというものです。 お弁当など冷凍したままのきんぷらごぼうを入れて自然解凍させることで、他の周りのおかずの腐敗防止にもなるのでオススメです。 ごぼうのささがきの作り方 ・包丁を使う場合 ゴボウを片手で宙に持ち上げて持ちます。 水をはったボウルに落とすようにクルクル回しながら切っていきます。 「厚み・長さ」などは好きに調整しましょう。 ・ピーラーを使う場合 薄く仕上がりますが、「時短で厚みが均一」なささがきを作ることができます。 方法は包丁の場合と一緒で水をはったボールの上で片手で持ちクルクルと回しながらささがいていきます。 ゴボウの千切りの冷凍方法 ゴボウの千切りを生のままで冷凍することもできます。 生のまま保存しておくことで、冷凍のままきんぴらごぼうや炊き込みご飯、ゴボウサラダなどにすぐに使うことができます。 用途によって保存するゴボウの切り方を変えておくと使いやすくなります。 この時しっかりと布巾やキッチンペーパーなどで水分を拭いておきましょう。 詳しく知りたい方はこちら! >>.

次の