アビーム コンサルティング。 【独自取材】アビームコンサルティングの働き方(残業時間、激務度、社内制度、ワークライフバランスまで)

【アビームコンサルティング:3分対策】ESから最終面接まで各選考ステップの評価ポイントを解説!全選考で重視されることとは?【22卒向け】|就活サイト【ONE CAREER】

アビーム コンサルティング

総合コンサルティングファームである、アビームコンサルティング、2019年3月期までの通期本決算の、業績の推移や財務を紹介します。 公開された財務諸表の数字を、グラフと表で分析。 (日本方式での会計基準。 項目によって公開されていない場合もあります) Contents• 企業情報 company profile• 会社名 アビームコンサルティング株式会社 ABeam Consulting Ltd. 設立年月日 1981年(昭和56年)4月1日• 本社所在地 東京都港区赤坂九丁目7番3号• 代表者 代表取締役社長 岩澤 俊典• 資本金 62億円• 8億円• 36億円• 45億円• 94億円• 5億円• 2億円• 98億円• 8億円• 8億円• 3億円• 53%• 3% 売上(利益)と資産を同じ縮尺で比較したグラフ 関係会社(親会社 子会社など)・類似、競合会社など.

次の

アビームコンサルティング

アビーム コンサルティング

総合コンサルティングファームである、アビームコンサルティング、2019年3月期までの通期本決算の、業績の推移や財務を紹介します。 公開された財務諸表の数字を、グラフと表で分析。 (日本方式での会計基準。 項目によって公開されていない場合もあります) Contents• 企業情報 company profile• 会社名 アビームコンサルティング株式会社 ABeam Consulting Ltd. 設立年月日 1981年(昭和56年)4月1日• 本社所在地 東京都港区赤坂九丁目7番3号• 代表者 代表取締役社長 岩澤 俊典• 資本金 62億円• 8億円• 36億円• 45億円• 94億円• 5億円• 2億円• 98億円• 8億円• 8億円• 3億円• 53%• 3% 売上(利益)と資産を同じ縮尺で比較したグラフ 関係会社(親会社 子会社など)・類似、競合会社など.

次の

【独自取材】アビームコンサルティングの働き方(残業時間、激務度、社内制度、ワークライフバランスまで)

アビーム コンサルティング

こんにちは、ワンキャリ編集部です。 アビームコンサルティング(以下、アビーム)のコンサルタント職の選考対策のポイントをまとめてお伝えします。 エントリーシート(以下、ES)から、Webテスト、グループディスカッション(GD)、面接までそれぞれのポイントを解説するので、選考前にぜひ一読ください。 アビームコンサルティングの社風:社員を大切にするグローバル企業 社員の半数以上が海外渡航。 他のグローバル企業であるコンサルティングファームが、日本の案件を持つための拠点として日本オフィスの採用を行っているのに対し、アビームは日本を中心に展開しているため、他のファームよりも多くの人が海外案件に携わることができます。 ある社員が内定者に座談会で 「アビームは一年間で社員の半数以上が海外で仕事をしている」と話しているほか、ニューヨークやシンガポールに中長期駐在した社員もおり、渡航先や期間も多様であるといえます。 従って、コンサルティングを通じて日本企業のプレゼンスを海外で高めるチャンスも多くあることでしょう ( より)。 社員を大切にする会社 アビームは社員と外部の両方から、生き生きと働ける会社として認められています。 内定者が社員に福利厚生について尋ねた際に、 全員が「給料が十分に高いため、待遇面で不満に思ったことはない」と断言していたことから、安心して働ける会社であることが分かります。 社員を大切にする制度も多くあり、残業禁止デーの他、コンサルティングファームには珍しい退職金の支給もあります。 2018年度の未上場企業の初任給ランキングでは堂々の1位を誇り、採用人数は2018年度で191人、2019年度はさらに増加し300人を予定しています。 安心して働ける環境で、長い時間をかけて着実に成長していきたい学生に適した環境といえるでしょう (より)。 アビームコンサルティングの選考のポイント:他の日系企業のように志望度重視の面接 上述の通り、アビームは安心して長く働けるコンサルファームです。 社員を長期間にわたって育てようとしていることから、学生にはアビームへの強い関心や興味を持ち、長く在籍してほしいと考えているといえるでしょう。 内定者は 「OB訪問や配られたガイドブックをもとに逆質問を最低10個は準備した」「 ドイツに本社をおくヨーロッパ最大級のソフトウェア企業『 SAP』との連携について質問したところ、企業研究がしっかりできていると評価された」と述べていることから、面接はアビームへの関心を示す絶好の機会であるといえます。 面接でアビームへの強い関心を示せるよう、質問事項を用意しておきましょう ( より )。 アビームコンサルティングの本選考のフロー アビームコンサルティングの本選考フローは以下の通りです。 それでは各選考ごとに見ていきましょう。 アビームコンサルティングの2021年卒のESは以下の通りです。 <質問内容> (1)大学時代にあなたが自分で考え行動し、結果(成果)を残した最も大きな経験を教えてください。 ここで意識すべきことは コンサルで求められる論理的思考力です。 自分が書いたESについて論理飛躍をゼロにすることを意識しましょう。 また、 アビームは他のコンサルよりも志望度が重視されます。 そのため、アビームの強みをしっかりと把握した上で記述する必要があります。 以下のような点がアビームの特徴なので押さえておくといいでしょう。 「Real Partner」を掲げており、利益よりも真の変革を目指しているコンサルタントが多い• 日本を拠点とするグローバルファームなので、日系企業の海外進出などにも多く関わることができる• ITに強く、SAP認定を持つコンサルタントの数は日本最多• アビームのテストセンターは一般的な「性格・言語・非言語」に加えて構造的把握力を課されます。 これはあまり多くの企業で課されておらず、問題の意味もとらえづらいため、対策をする必要があるでしょう。 参考書籍で対策するとともに、他の企業で練習できる場合は受けておいた方がいいでしょう。 実際の内定者によると、内容と全体的な流れは以下の通りです。 与えられたツールをすぐに活用できるように工夫しよう この選考ステップでは、論理思考に関する講義やロジックツリーなどのフレームワークについての説明があった後に、それを活用して課題に取り組むことが求められます。 説明が終わってから個人ワーク開始までに時間はあまりないため、 説明を受けながらいかに自分が活用できるようになるかがポイントとなります。 後で見返してもわかり易いように要点をまとめたり、踏むべき手順を図式化しておくなどの工夫をするといいでしょう。 否定はNG。 欠けている点を指摘する質問を 1グループ5人がそれぞれ違う課題に取り組み、1人ずつ発表していく形式のため、必然的に他人への質問の時間が多くなります。 あえて学生同士で質問をする形式を取っていることから、 積極的に関わる姿勢や質問の内容を評価しているといえます。 ただし、単に相手の考えを否定するような質問は、アビームの考える 「Real Partner」にふさわしくないと判断されます。 実際、内定者は同じグループで他の学生の発表や社員の指摘を否定する人は通過できなかったと話しています。 講義で説明されたロジックツリーなどのフレームワークを踏まえて、論理飛躍がある箇所を指摘するなど、建設的な質問を心がけましょう。 質問内容は以下の通りです。 以下、2点を参考にしてみてください。 逆質問でアビームへの関心の高さを示そう この面接では逆質問の時間が30〜40分と非常に長く取られます。 これは アビームへの関心の高さや志望度の高さを測るものだと考えられます。 GDの際にアビームのガイドブックが全員に配布されることからも、企業理解を深めてほしいという意図が感じられます。 配布された資料を参考に面接で聞く質問事項を用意しておきましょう。 実際の内定者は面接で「SAP認定コンサルタント数が国内最多である点」について触れて逆質問をしたところ、 「中途入社の人並みにしっかり企業研究してある」と評価されたそうです。 相手の立場で物事を考えられることを示そう ESの内容に沿った質問を中心として、 アビームの理念である「Real Partner」となり得る人がどうかを見ています。 自分の経験について聞かれる上に、「周りからどんな人といわれるか」という質問をされることからも、この面接を通してどのような人柄なのかを見ているといえるため、 他人への理解を通して課題を解決した経験を準備しましょう。 理解するにあたってどのような困難があり、それをどう乗り越えたのかを説明できるようにするとよいでしょう。 質問内容は以下の通りです。 1次面接のポイントと同様、ここでもアビームへの関心の高さや志望度の高さがみられていると考えられます。 OB・OG訪問や前の面接の逆質問で得た情報をもとに、より詳細なアビームの魅力を聞き出すような質問をすることを心がけましょう。 さらに詳しい「選考対策ページ」と「クチコミ」はこちらをご覧ください。 com).

次の