は が ね エスパー ポケモン。 【ポケモン剣盾】エスパータイプのポケモン一覧【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】エスパータイプのポケモン一覧【ポケモンソードシールド】

は が ね エスパー ポケモン

また、であるため版では「ch()」と表記する。 にを持つが属する。 者やをした人のや、モノに魂が宿って動くようになった機物なが多い。 例えばと複合でというように、不思議なを使うという形で他のと複合される。 他のとべて見たに共通点が少ないのが特徴。 このには「人智を越えた」という意味合いがあるようで、初代の幻級とをはじめでも新作発表のたびにエスパータイプのが登場している。 初代「」の。 当時はパー同士でない限り攻撃を半減されなかった。 また弱点はむし・だったが当時の技が碌になく、の技もでパーに効果がなかったため実質弱点なしという化け物であった(そもそも初代の攻撃技は極低威の「したでなめる」と固定の「」しかなかったので正常に設定されていたところでパーは揺るがない)。 その後、では苦手な、の追加、技、むし技の強化でした。 技面で器用な者が多く特殊技であればやまで扱うも。 補助技では昔から猛威を振るっていた「さいみんじゅつ」を始め「」や「のかべ」「」などが使用可な場合が多い。 その他、場の状態を変化させる各種ムや持ち物を入れ替えるなどもはパーで、もちろんパーの多くが覚える。 補助技の性質上、どちらかと言えばよりの方が活躍しやすいが多い。 エスパータイプを含むは種類発見されている。 そのうち最終を終えた・最初からしないは種類。 エスパータイプのみのは43種類(最終で数えた場合は種類)。 第8世代で複合のルが登場したことによって、・飛行に次いで3番に複合を達成した。 の特殊さゆえ相性をし難いが、かくとうのようなでの押しに対しては強い半面、むし、、あくのように集中を妨げたり精を削ってくるが苦手なようだ。 耐性の傾向はと似ており、パー耐性以外はに分がある。 耐性が2つしかないため、相性のを受けない技でされることも。 が強化されていることからそれに耐性があるのは強み。 同じく強化されているが怖い。 複合で弱点を補えているのは・かくとう・あく・との複合。 他では弱点が増えてしまい、くさ・いわとの複合では弱点が7つと全中最多。 的にはパーの攻撃は精的な攻撃のため、のでは防げず浄化を備えている反面、精で押し負けるのか悪には全く効きがい」といっただろうか。 が強化されたため、対策としての効果が上がりつつある。 は複合でもパーを等倍以下に出来るのはとの複合だけなのでどにパー技が有効。 対策として、是非ともウェに、、の技を入れておきたい。 命中に難があるが、覚えるが多くにも対処できるきあいだまが有効。 この関係は第代のの追加としてされた。 第3世代までのごとに・特殊が設定されていた頃は、当然パー技はすべて特殊技だった。 第4世代以降は既存の技はすべて特殊技に設定され、申し訳程度に技が追加された。 発見されているパー技の数は3、パー特殊技は15。 「……わかってるな?」 第1世代よりまで18年間変わらぬ性の由緒正しいパーの攻撃技。 威・命中率ともに安定し、今なおパーのとしてされている。 逆に言うと、他のに威の技が続々と登場する中いまだにが増加していないともいえる。 にもなっており、なども覚えることができる。 第代までの独特ながに残っている人も多いと思うが、このが第代で実に13年ぶりに復活した。 よりやや弱いが威に対して高いの多さを持つ。 でなとべ、、、、といったやのが自で覚え、エスパータイプが使うということはあまりない。 与えたダメージの半分と同じ分だけ自分のHPを回復する。 相手が眠り状態の時に限り物凄く強な攻撃が可となるな技。 より威が高い上に回復効果付きで、更にで覚えられるも多い。 眠り状態自体も強なであるので、り状態を狙っていく戦法を取るなら強なになる。 ただ、相手が眠ってくれなければ失敗する上、技を覚えられないだとこの技を活かしにくいので使い勝手は良くない。 初代ではパーはすら自習得せず、系列の得意技となっていた。 技の性質上、「ヘドロえき」の吸収阻は効だったが、第5世代からは有効になってしまった。 技を使ったには攻撃せず、2後で攻撃が行われる変わった技。 第4世代までは攻撃がで一致補正を受けなかった。 第5世代以降は補正を受けるようになった上ちょっと威が上がったが、半減・効化されるようになったことに注意。 使用者は、程度。 的にもぴったりだが彼らには威や効果を重視して下の「しねんのずつき」を覚えさせることが多い。 変わったところではやも覚える。 「ずつき」「」のエスパータイプ版、頭を使うってそういう意味じゃねーからこれ! パー技なんかまるで使えなさそうなのがず延長として使用できる場合があり、より覚えるが多いため、対戦で見かけることも多い。 やなどを体で使うときには入れておくといいかも。 使いこなすにはが必要だが、その分成功すれば相手に致命傷を負わせられる。 以上に忘れられがちであるが、あくまでも「特殊攻撃技」であり、挑発されても出せる反面、には効かない。 やを相手にする際に注意。 の(「 闇の」でならも覚える)。 技の、技、技のエスパータイプ版。 自分の攻撃が犠牲になっていくため何発も撃つには向かないが、逆に最初の1発は非常に高い威になるため、ほとんどのは耐えられないだろう。 「」で初登場。 はどのエスパータイプが覚える。 特殊な計算により特殊技でありながら特防を視できる。 他のにこのような技を追加したらアタッから顰蹙を買いそうなものだが、特殊技ばかりのパーらしい技と言えそうである。 パーに対しては特殊受けが通用しなくなり、速猛威を振るっている。 攻めと守りを同時に強化できる優秀な補助技のひとつで、にも定されている。 版のビルップとべると、パーはも多いため利用機会は多い。 エスパータイプ以外にもやなど使い手は多い。 素さを大きくあげる事ができる技。 パー技となってはいるがパー以外も多く覚え、どう考えても的に高速移動しているやつのほうが多い。 初代では音だけでがいという特徴があった。 心をにすることで自分の特防を2段階上げることができる。 第1世代では「とくしゅ」を二段階上げる、つまり上特攻と特防を2段階上げる恐ろしい効果の技だったが第代で今の効果に落ち着き、その後似たようなで特攻が2段階上がるの技「」が登場した。 も治る強な回復技であり、エスパータイプに限らずでどのが覚える。 どう考えてもがじこさいせいと逆な気がする。 り状態から回復できるカゴの実を持たせることで、って回復したにすぐに起きる「カゴ」とよばれるが有名。 ・むけの補助技。 はで売られているのが恒例になっていている。 やでは味方にも効果が及ぶが、トリプルではん中で使わないと味方が効果を得ることができない。 逆に両端のがこの二つの技を使うことによって、攻撃を受けやすいん中にいるを1で強固にすることができる。 この技で1使って理にに対抗する位ならさっさと交代すればいい話でありど使われていない。 必中であるため「ちいさくなる」「」で回避を仕掛けてくる相手に対しては有効かもしれない。 やコートの版だが、こちらは跳ね返しであるため効化しつつ相手に仕掛けられる。 ただし、のやどりぎのタネなど一致の場合跳ね返しても効化される場合もある。 コートの効果を常時発揮するというとくせいがあるため、が必要なこの技をあえて使うは少ない。 エスパータイプの、そしてり状態の代名詞といえる補助技。 のも多く覚えるほか、やなどさいみんじゅつを覚えるのが特徴になっているもいる。 当たりさえすれば相手を停止させることができるため取れる戦略が大幅に増える。 さいみんじゅつはその習得者の多さからこの技の命中率の加減でが変わる場合すらあり、でに引き上げられたのが、同世代のでに戻されるという事態が発生したほどである。 なお、には命中のりごな、のがあるが、は専用で、りごなを覚えるのはと一部のだけ、弱点の多さを補うためと言う部分が大きい。 命中率がおよそ1. 6倍となり、命中までの技は命中となる。 命中のばくれつも気で当たるようになる。 また、やに地面技が当たる、やを伴う業が使えなくなる等の変化がある。 詳細は「」の記事を参照。 すばやさと言う数値に一石を投じた技。 この技を使う事を前提とした(通称)が現れ、絶対が取れないようなの遅さを逆に利点と考えることも出来るようになった。 詳細は「」の記事を参照。 この技でを入れ替えなくとも素直に積み技を使うなり攻撃をすれば事足りる場合が多い。 ームを覚えるはも覚えるという事情もある。 現状で特別に有効な使い方は見出されていない。 第5世代では優先度-7だったが、第代から優先度がなくなり素いなら先制で繰り出せるようになった。 この技を使うと自分の具まで使えなくなってしまうと言う欠点がある。 こだわり持ちに積み技を使わせるなどの使い方も編み出されてはいるが、面い戦法止まりで、その他有効な使い方は見出されていない。 第5世代では優先度-7だったが、第代から優先度がなくなったため、先制で繰り出すことが出来れば相手の戦略を狂わせることが出来るかもしれない。 各につき、最もの伸びがいいものを 、伸びにくいものを で表示してます• (均値は点以下を)• (とくせいによって常時補正の入るは、「振り時~全振り時」で別途記載。 を避けるため、補正の入ったは均値の計算からは除外。 (のについても発動条件が特殊のため除外する。 全体的に特殊面が高めに設定されている様子。 逆にが得意なは少なめ。 相性や的に、パーアタッは攻撃を受けるとで落ちる可性が高い。 高い特攻と素さを生かし、攻撃される前に攻撃するがオススメ。 エスパーポケモン全表 図鑑別 No. ~ 026 0 0 0 0 g 078 g 0 0 0 g 0 0 1 --- --- --- --- No. 1~ 7 199 199 g 202 8 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ~386 4 5 6 3 3 386 No. 3~3 433 436 4 4 4 0 1 2 8 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- No. 4~9 4 7 8 7 8 5 4 5 6 7 8 9 6 8 () --- --- --- --- ~1 5 7 8 7 No. 2~9 7 9 786 7 0 1 2 0 ル No. エスパータイプ.

次の

タイプ別ポケモン一覧

は が ね エスパー ポケモン

概要 主に設定で凶悪、獰猛なポケモンが多く分類される。 悪のイメージからか黒色のものが多い。 より登場。 タイプと同じくの手持ちであることが多く、どくタイプがしたっぱに使われやすいのに対し、こちらは幹部クラスやボスクラスのトレーナーによく使われている。 最近はの最終進化系にこのタイプが付くことも増えており、やは高い人気を誇る。 自身の技はのポケモンに有効である一方でエスパー技はこちらには効かない。 まさしくエスパー対策に特化したタイプと言ってよい。 弱点は3つだがいずれもで半減できるので、相互補完としては優秀な部類。 ではタイプに分類される。 ポケモンとしてのあくタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ややタイプの技は、効果が抜群となる。 やあくタイプの技は、効果が今一つとなる。 タイプの技は、効果無しとなる。 関係する状態(・・)• 状態になったとき、エスパータイプの技との相性は等倍に変わる。 関係する• を持つと、エスパータイプの技が当たるようになる。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとあくタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとあくタイプになる。 相手のとくせいのにより優先度が上がった技は無効になる。 無効化できる技はに限定されず、により出た攻撃技も無効化する。 いたずらごころにより優先度が上がったにより出された技である場合のみは有効。 いたずらごころのポケモンが自分・味方である場合は有効。 場を対象とする技は有効。 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• 00 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• (ガラルのすがた)• (ガラルのすがた)• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• あくタイプの歴史 またはの能力が高く、一方でやといった耐久面は低い。 で既存の技の全てと新技のほとんどはになり、はと、で登場した・のみである。 なおが80を超える技はになってようやく登場した(上記のナイトバースト)。 現在でも攻撃タイプとしては地味で、安定して高い威力を出せる技は少ない。 やでトリッキーにダメージを出していくのが特徴である。 からを絡めたを無効にできるという特権を得た。 ほぼ全員がを使えることも相まって補助タイプのポケモンに対しては強い。 さらにはによって物理アタッカーに、によって特殊アタッカーに対応していくことができ、相手の戦術に順応して捌いていくのが得意なタイプと言える。 第二世代 第一世代の環境は絶対神のタイプを筆頭に、タイプごとの優遇・冷遇がはっきりしていたため、これらを少しでも改善するために追加されたのがあくタイプとタイプだった。 あくタイプは、今まで事実上弱点なしだったエスパータイプに対し弱点を突け、逆にエスパー技は無効にするなど、まさにエスパーを弱体化させるために追加された要素として代表的な存在であった。 また、第一世代で冷遇されていた、を弱点とするため、それらへの救済の意味合いもあった。 このように、新タイプを追加することで異常に優遇されていたエスパータイプを弱体化させ、逆に冷遇されていたかくとうタイプを強化させることでバランスを調整しているのだと考えられる。 第二世代の環境において、あくタイプで特に使われたポケモンは、、、の3匹。 ブラッキーはブイズで珍しく耐久向けのステータスで当時の努力値の仕様と相性が良く、ヘルガーはエスパータイプおよびはがねタイプに対してとても強く、バンギラスはレベル55限定という制限にありあまるほどの強さを誇った。 新タイプは2つとも、初登場から可もなく不可もなくとそれなりのポジションとなっていた。 第三世代 数多くのあくが追加されたが、どれもがを上回るなどであるあくとはアンチシナジー。 主力あくウエポンを欠くポケモンも多く、特に期のはあくの最高威力がを考慮しなければ威力20の止まりであった。 環境に影響を及ぼしたあく技は程度なものであった。 この世代では50戦がメインでありレベル51以上のポケモンがレベル50に補正される機能も実装されていなかったため、が公式大会に出場不能となった。 そうしたこともあって、この世代で活躍できたのはヘルガー程度なものであり、そのヘルガーすらも枠としての性質が強かった。 第四世代 の・の分離によって、多くのあくの物理アタッカーが救済された。 さらに、としてが追加されて、には滅法強くなり、すれば、居座って突っ張れば、といった具合に択を迫れるようになった。 新規勢もメタとして強力な、無しの耐久型である、最大威力のふいうちが持ち味のなど、粒揃いであった。 しかし何と言っても大きいのは、の導入によってが使用可能になったことであろう。 バンギラスはの効果をうけて自身のを1. 5倍強化し、生半可な特殊火力ならであっても受けることができた。 第五世代 の追加、、、、の登場が主な変化。 サザンドラは高い特攻と広い技範囲、低くない素早さを活かしてアタッカーとして活躍。 一方ゾロアークは実際の対戦では見せ合いがあるため、「使いこなせば強い」程度に落ち着いた。 はによる居座り耐久型として使ってよし、サイクル型として使ってよしと、型の豊富さ、汎用性の高さで環境における活躍を果たした。 は全盛の環境とあってシングルバトルでは立場がなかったが、でアタッカーとして活躍。 第六世代 の登場、に対するあくの技の相性仕様見直しが主な変化。 フェアリーに弱点を突かれることも然ることながら、役割対象となっていたがやのパワーを受け切れないため環境から減少し、ひいてはあくの仕事も少なくなった。 この世代で活躍していたあくポケモンはゲッコウガ、ギャラドス、サザンドラ(期)(期)程度であり、そのうちはが主流、は後限定であり、それを考えるとあくの活躍が乏しかったと言える。 第七世代 この世代の完全新規のあくはとのみ。 としては、、が追加された。 の仕様低下、やの登場などの普及がきつく、SM期のシングルバトルではととを除くあくタイプが使用率ベスト30に一切入選しない異常事態となった。 上述のゲッコウガとメガギャラドスの性質から、あく枠を地で行っているのはバンギラスしかいない状況となった。 しかしでのあくの技範囲は評価されている。 というのも、この世代の最強トリオと名高い、、の3匹、通称「カバマンダガルド」をしても全員が等倍以上で受けることに甘んじるのが、あくなのである。 そのうち前者はで打つとなるとから一致で抜群を取られるジレンマを抱くことになるため、「カバマンダガルド」を相手に一致技の範囲を活かすなら後者が適任である。 では新入りのアローラベトベトン、アローラペルシアン、ガオガエンが中々強く、バンギラスも依然の始動役としてトップメタを守っている。 特にガオガエンはSM期にも使用率が高かったが、を解禁されるとダブルバトル使用率1位を自身の特等席とした。 これまでのあくタイプは火力に乏しくやを倒しきれない悩みがあったが、を用いることで高い瞬間火力を出せるようになった。 GSダブルではを流せるとしての意味合いを持つようになった。 タイプの横行したこのルールにおいてあくタイプの通りはよく、ガオガエンはもちろんやといった比較的マイナーなものも用いられた。 によりの高いを逆に利用できるメリットが強力であった。 ピカブイ ピカブイではにしか存在しない為数が極めて少ない。 第八世代 前世代で猛威を振るったは存在しないことから、以前ほどあくタイプが生きられない状態では無くなっている。 初のフェアリータイプとの複合であるは、現在環境トップであるを止められるポケモンとして評価されている。 さらに・が廃止されたことでが対戦環境において通りやすくなったことから採用を上げることとなった。 トップメタには、が存在している。 特にサザンドラは主要なフェアリーの削除、かくとうの環境からの死滅などから、簡単には弱点を突かれない存在となった。 バンギラスはあく枠というよりの耐久型として引き続き使われることとなった。 わざとしてのあくタイプ このタイプを持つわざについてはを参照。 ・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・あく・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 関係する• あくわざの威力を上げるとして、・・がある。 あくわざの威力を下げるもちものとして、がある。 関係する• とくせいがのポケモンは、あくタイプのを受けるとが1段階上がる。 とくせいがのポケモンは、むし・ゴースト・あくタイプの技を受けるとが1段階上がる。 過去の仕様• までは全てだった。 まではタイプには効果が今一つだった。 あくタイプを好むポケモントレーナー• から追加された。 このタイプの専門の使い手であるはまで存在しなかった。 のとしてなら、がいる。 これにより、以外の肩書きを持つあくタイプの専門の使い手が登場した事になる。 このため、第五世代ののでは、全タイプの中で唯一すべてのバトルが一般トレーナーとの対戦である。 タイプを除くすべてのタイプとの組み合わせがある。 のポケモンがこのタイプを持つポケモンとして目立つ。 これは、のモブトレーナーが使う悪役キャラとしての役割を持たせるためとも考察されている。

次の

【ポケモンGO】エスパータイプ一覧とおすすめポケモン

は が ね エスパー ポケモン

概要 主に設定で凶悪、獰猛なポケモンが多く分類される。 悪のイメージからか黒色のものが多い。 より登場。 タイプと同じくの手持ちであることが多く、どくタイプがしたっぱに使われやすいのに対し、こちらは幹部クラスやボスクラスのトレーナーによく使われている。 最近はの最終進化系にこのタイプが付くことも増えており、やは高い人気を誇る。 自身の技はのポケモンに有効である一方でエスパー技はこちらには効かない。 まさしくエスパー対策に特化したタイプと言ってよい。 弱点は3つだがいずれもで半減できるので、相互補完としては優秀な部類。 ではタイプに分類される。 ポケモンとしてのあくタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ややタイプの技は、効果が抜群となる。 やあくタイプの技は、効果が今一つとなる。 タイプの技は、効果無しとなる。 関係する状態(・・)• 状態になったとき、エスパータイプの技との相性は等倍に変わる。 関係する• を持つと、エスパータイプの技が当たるようになる。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとあくタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとあくタイプになる。 相手のとくせいのにより優先度が上がった技は無効になる。 無効化できる技はに限定されず、により出た攻撃技も無効化する。 いたずらごころにより優先度が上がったにより出された技である場合のみは有効。 いたずらごころのポケモンが自分・味方である場合は有効。 場を対象とする技は有効。 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• 00 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• (ガラルのすがた)• (ガラルのすがた)• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• あくタイプの歴史 またはの能力が高く、一方でやといった耐久面は低い。 で既存の技の全てと新技のほとんどはになり、はと、で登場した・のみである。 なおが80を超える技はになってようやく登場した(上記のナイトバースト)。 現在でも攻撃タイプとしては地味で、安定して高い威力を出せる技は少ない。 やでトリッキーにダメージを出していくのが特徴である。 からを絡めたを無効にできるという特権を得た。 ほぼ全員がを使えることも相まって補助タイプのポケモンに対しては強い。 さらにはによって物理アタッカーに、によって特殊アタッカーに対応していくことができ、相手の戦術に順応して捌いていくのが得意なタイプと言える。 第二世代 第一世代の環境は絶対神のタイプを筆頭に、タイプごとの優遇・冷遇がはっきりしていたため、これらを少しでも改善するために追加されたのがあくタイプとタイプだった。 あくタイプは、今まで事実上弱点なしだったエスパータイプに対し弱点を突け、逆にエスパー技は無効にするなど、まさにエスパーを弱体化させるために追加された要素として代表的な存在であった。 また、第一世代で冷遇されていた、を弱点とするため、それらへの救済の意味合いもあった。 このように、新タイプを追加することで異常に優遇されていたエスパータイプを弱体化させ、逆に冷遇されていたかくとうタイプを強化させることでバランスを調整しているのだと考えられる。 第二世代の環境において、あくタイプで特に使われたポケモンは、、、の3匹。 ブラッキーはブイズで珍しく耐久向けのステータスで当時の努力値の仕様と相性が良く、ヘルガーはエスパータイプおよびはがねタイプに対してとても強く、バンギラスはレベル55限定という制限にありあまるほどの強さを誇った。 新タイプは2つとも、初登場から可もなく不可もなくとそれなりのポジションとなっていた。 第三世代 数多くのあくが追加されたが、どれもがを上回るなどであるあくとはアンチシナジー。 主力あくウエポンを欠くポケモンも多く、特に期のはあくの最高威力がを考慮しなければ威力20の止まりであった。 環境に影響を及ぼしたあく技は程度なものであった。 この世代では50戦がメインでありレベル51以上のポケモンがレベル50に補正される機能も実装されていなかったため、が公式大会に出場不能となった。 そうしたこともあって、この世代で活躍できたのはヘルガー程度なものであり、そのヘルガーすらも枠としての性質が強かった。 第四世代 の・の分離によって、多くのあくの物理アタッカーが救済された。 さらに、としてが追加されて、には滅法強くなり、すれば、居座って突っ張れば、といった具合に択を迫れるようになった。 新規勢もメタとして強力な、無しの耐久型である、最大威力のふいうちが持ち味のなど、粒揃いであった。 しかし何と言っても大きいのは、の導入によってが使用可能になったことであろう。 バンギラスはの効果をうけて自身のを1. 5倍強化し、生半可な特殊火力ならであっても受けることができた。 第五世代 の追加、、、、の登場が主な変化。 サザンドラは高い特攻と広い技範囲、低くない素早さを活かしてアタッカーとして活躍。 一方ゾロアークは実際の対戦では見せ合いがあるため、「使いこなせば強い」程度に落ち着いた。 はによる居座り耐久型として使ってよし、サイクル型として使ってよしと、型の豊富さ、汎用性の高さで環境における活躍を果たした。 は全盛の環境とあってシングルバトルでは立場がなかったが、でアタッカーとして活躍。 第六世代 の登場、に対するあくの技の相性仕様見直しが主な変化。 フェアリーに弱点を突かれることも然ることながら、役割対象となっていたがやのパワーを受け切れないため環境から減少し、ひいてはあくの仕事も少なくなった。 この世代で活躍していたあくポケモンはゲッコウガ、ギャラドス、サザンドラ(期)(期)程度であり、そのうちはが主流、は後限定であり、それを考えるとあくの活躍が乏しかったと言える。 第七世代 この世代の完全新規のあくはとのみ。 としては、、が追加された。 の仕様低下、やの登場などの普及がきつく、SM期のシングルバトルではととを除くあくタイプが使用率ベスト30に一切入選しない異常事態となった。 上述のゲッコウガとメガギャラドスの性質から、あく枠を地で行っているのはバンギラスしかいない状況となった。 しかしでのあくの技範囲は評価されている。 というのも、この世代の最強トリオと名高い、、の3匹、通称「カバマンダガルド」をしても全員が等倍以上で受けることに甘んじるのが、あくなのである。 そのうち前者はで打つとなるとから一致で抜群を取られるジレンマを抱くことになるため、「カバマンダガルド」を相手に一致技の範囲を活かすなら後者が適任である。 では新入りのアローラベトベトン、アローラペルシアン、ガオガエンが中々強く、バンギラスも依然の始動役としてトップメタを守っている。 特にガオガエンはSM期にも使用率が高かったが、を解禁されるとダブルバトル使用率1位を自身の特等席とした。 これまでのあくタイプは火力に乏しくやを倒しきれない悩みがあったが、を用いることで高い瞬間火力を出せるようになった。 GSダブルではを流せるとしての意味合いを持つようになった。 タイプの横行したこのルールにおいてあくタイプの通りはよく、ガオガエンはもちろんやといった比較的マイナーなものも用いられた。 によりの高いを逆に利用できるメリットが強力であった。 ピカブイ ピカブイではにしか存在しない為数が極めて少ない。 第八世代 前世代で猛威を振るったは存在しないことから、以前ほどあくタイプが生きられない状態では無くなっている。 初のフェアリータイプとの複合であるは、現在環境トップであるを止められるポケモンとして評価されている。 さらに・が廃止されたことでが対戦環境において通りやすくなったことから採用を上げることとなった。 トップメタには、が存在している。 特にサザンドラは主要なフェアリーの削除、かくとうの環境からの死滅などから、簡単には弱点を突かれない存在となった。 バンギラスはあく枠というよりの耐久型として引き続き使われることとなった。 わざとしてのあくタイプ このタイプを持つわざについてはを参照。 ・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・あく・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 関係する• あくわざの威力を上げるとして、・・がある。 あくわざの威力を下げるもちものとして、がある。 関係する• とくせいがのポケモンは、あくタイプのを受けるとが1段階上がる。 とくせいがのポケモンは、むし・ゴースト・あくタイプの技を受けるとが1段階上がる。 過去の仕様• までは全てだった。 まではタイプには効果が今一つだった。 あくタイプを好むポケモントレーナー• から追加された。 このタイプの専門の使い手であるはまで存在しなかった。 のとしてなら、がいる。 これにより、以外の肩書きを持つあくタイプの専門の使い手が登場した事になる。 このため、第五世代ののでは、全タイプの中で唯一すべてのバトルが一般トレーナーとの対戦である。 タイプを除くすべてのタイプとの組み合わせがある。 のポケモンがこのタイプを持つポケモンとして目立つ。 これは、のモブトレーナーが使う悪役キャラとしての役割を持たせるためとも考察されている。

次の