自 閉 症 スペクトラム 顔つき。 自閉症スペクトラム障害とは?幼児期の症状や特徴は?

自閉症スペクトラム障害とは?

自 閉 症 スペクトラム 顔つき

ASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群)について これまで、自閉症、広汎性発達障害、アスペルガー Asperger 症候群などのいろいろな名称で呼ばれていましたが、2013年のアメリカ精神医学会 APA の診断基準DSM-5の発表以降、自閉スペクトラム症(ASD;Autism Spectrum Disorder)としてまとめて表現するようになりました。 自閉スペクトラム症は多くの遺伝的な要因が複雑に関与して起こる生まれつきの脳機能障害で、人口の1%に及んでいるとも言われています。 自閉スペクトラム症の人々の状態像は非常に多様であり、信頼できる専門家のアドバイスをもとに状態を正しく理解し、個々のニーズに合った適切な療育・教育的支援につなげていく必要があります。 自閉スペクトラム症とは 自閉スペクトラム症の診断については、DSM-5に記述されており、下記などの条件が満たされたときに診断されます。 複数の状況で社会的コミュニケーションおよび対人的相互反応における持続的欠陥があること• 行動、興味、または活動の限定された反復的な様式が2つ以上あること(情動的、反復的な身体の運動や会話、固執やこだわり、極めて限定され執着する興味、感覚刺激に対する過敏さまたは鈍感さ など)• 発達早期から1,2の症状が存在していること• 発達に応じた対人関係や学業的・職業的な機能が障害されていること• これらの障害が、や全般性発達遅延ではうまく説明されないこと さらに、知的障害の有無、言語障害の有無を明らかにし、との併存の有無を確認することが重要です。 DSM-IVでは認められなかった自閉スペクトラム症とADHDの併存が、DSM-5では認められています。 また、他の遺伝学的疾患(レット症候群、脆弱X症候群、ダウン症候群など)の症状の一部として自閉スペクトラム症が現れることがあります。 1と2の症状の程度は様々であり、いろいろな併存症も見られることから、小児神経科・児童精神科・小児科医師による医学的評価は非常に重要です。 自閉スペクトラム症の症状 重症度は様々ですが、言葉の遅れ、反響言語(オウム返し)、会話が成り立たない、格式張った字義通りの言語など、言語やコミュニケーションの障害が認められることが多くなっています。 乳児期早期から、視線を合わせることや身振りをまねすることなど、他者と関心を共有することができず、社会性の低下もみられます。 学童期以降も友だちができにくかったり、友だちがいても関わりがしばしば一方的だったりと、感情を共有することが苦手で、対人的相互関係を築くのが難しくなります。 また、一つの興味・事柄に関心が限定され、こだわりが強く、感覚過敏あるいは鈍麻など感覚の問題も認められることも特徴的です。 自閉スペクトラム症の併存症 様々な併存症が知られていますが、約70%以上の人が1つの精神疾患を、40%以上の人が2つ以上の精神疾患をもっているといわれています。 特に知的能力障害(知的障害)が多く、その他、ADHD(注意欠如・多動症)、発達性協調運動症(DCD)、不安症、抑うつ障害、がしばしば併存します。 また医学的併存疾患としては、、、便秘を合併しやすいことが知られています。 てんかんの併存は、知的障害が重い人ほど多く認められます。 自閉スペクトラム症の原因 自閉スペクトラム症の原因はまだ特定されていませんが、多くの遺伝的な要因が複雑に関与して起こる、生まれつきの脳の機能障害が原因と考えられています。 胎内環境や周産期のトラブルなども、関係している可能性があります。 親の育て方が原因ではありません。 自閉スペクトラム症の発生頻度 近年、自閉スペクトラム症の人は約100人に1人いると報告されています。 性別では男性に多く、女性の約4倍の発生頻度です。 女性では知的障害を伴うことが多い傾向ですが、知的障害や言語の遅れを伴わない女性では、社会的困難の現れが目立たず、過少評価されている可能性もあります。 自閉スペクトラム症の治療 現代の医学では自閉スペクトラム症の根本的な原因を治療することはまだ不可能ですが、彼らは独特の仕方で物事を学んでいくので、個々の発達ペースに沿った療育・教育的な対応が必要となります。 かんしゃくや多動・こだわりなど、個別の症状は薬によって軽減する場合があります。 信頼できる専門家のアドバイスをもとに状態を正しく理解し、個々のニーズに合った適切な支援につなげていく必要があります。 乳幼児期から始まる家庭療育・学校教育そして就労支援へと、ライフステージを通じたサポートが、生活を安定したものにすると考えられています。 (最終更新日:2020年5月28日).

次の

ASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群)について

自 閉 症 スペクトラム 顔つき

は、、、広汎性などを含む疾患概念で、発達障害のひとつです。 中心症状である、社会的コミュニケーションの障がいや、柔軟な対応が難しいという特徴などから、社会生活や集団生活にうまく適応できず、不眠や抑うつといったさまざまな併発症状が現れる方も多いといわれています。 今回は、自閉スペクトラム症の特徴や、診断がつくまでの流れ、障がいへの対応方法について、浜松医科大学精神医学講座教授の山末英典先生にお話を伺いました。 自閉スペクトラム症とは?その特徴について 当事者は約100人に1人 は、のひとつです。 発達障害の中でももっとも頻度が高く、発症率は約100人に1人いるといわれています。 また、女性よりも男性のほうが約4倍多いです。 自閉スペクトラム症の本質的な症状、つまり中心症状は、2~3歳頃から明らかになります。 そして、中心症状自体は一生続くものだと考えられています。 2つの中心症状 自閉スペクトラム症の中心症状は、主に次の2つです。 <社会的コミュニケーションの障がい> 通常、人と関わるときには、表情、視線、ジェスチャー、声色、言葉などを使って交流します。 自閉スペクトラム症の方は、表情や視線などをうまく使ったり、情報として受け取ったりすることが困難です。 そのため、うまくコミュニケーションをとることができず、本人の社会生活や集団生活に深刻な影響が及んでいます。 <反復的で常同的> 自閉スペクトラム症の方は、同じような行動パターンを繰り返す傾向があります。 身の回りで何か変化が起こったとき、柔軟に対応できず混乱してしまうことがあります。 また、関心を持つ事柄が偏りやすく、自分が関心を持っていることは繰り返し実行しても、ほかの人や物には関心を持ちにくいという方が多いです。 社会に適応することが難しく、併せて別の症状が起こることも 社会的コミュニケーションの障害や、反復的で常同的という中心症状があることにより、自閉スペクトラム症の方は、さまざまな状況に対してうまく適応することが困難です。 そのために、不眠、不安、抑うつといった、さまざまな症状が出てくることがあります。 たとえば、就職して会社勤めをするようになると、それまでとは異なる環境に身を置くことになります。 新しい環境にうまく適応できず、うつ状態になり、精神科にかかってと診断される方もいらっしゃいます。 その場合、治療を受け、休職して自宅で自分らしく過ごしていると、多くの方はうつ状態が回復してきます。 しかし、職場に戻ると、適応の問題で再びさまざまな症状が出てきます。 を合併することも多いです。 解離性障害や転換性障害とは、心理的な原因により、意識や記憶、運動機能や知覚の一部分を切り離すという症状を示し、困難な状況で起こることが多いです。 自閉スペクトラム症の方は、困難なことが起こったとき、周囲の人に相談したり助けを求めたりすることが苦手な傾向があります。 自分の状況について言葉でまとめることが難しいため、うまく喋れなくて固まってしまったり、自分の感情に鈍感で、つらいと言えず体に症状が出てきてしまったりすることがあります。 解離性障害、転換性障害…心理的な原因により、意識や記憶、運動機能や知覚に影響が及ぶこと。 自閉スペクトラム症の「スペクトラム」ってなに? 人と関わることが苦手、ひとりで好きなことをして過ごすほうが性に合っているといった性質は、自閉スペクトラム症ではない方にも多くみられます。 その性質が極端で、本人の社会生活に影響が出ている、もしくは周囲の人が困っている場合、障がいの範囲に入ります。 正常から重症の範囲まで、境界が曖昧で連続性があるということから、スペクトラムと呼ばれています。 アスペルガー症候群やADHDとの違いとは? アスペルガー症候群は自閉スペクトラム症に含まれる とは、ほとんど同じ障がいです。 自閉症の中心症状は主に2つ挙げられるとお話ししましたが、元々は、社会性の障がい・コミュニケーションの障がい・反復常同性という3つの特徴がみられる障がいは自閉症、社会性の障がいと反復常同性という2つの特徴がみられる障がいはアスペルガー症候群という診断基準でした。 しかし、アスペルガー症候群と診断されている方のほとんどはコミュニケーションの障がいもみられるため、実際には典型的なアスペルガー症候群の方はとても少ないと考えられています。 そして、社会性とコミュニケーションを明確に区別するのは難しいということから、現在の医学の動向としては、アスペルガー症候群と自閉症は区別することなく、の中に含めて考えることになっています。 ADHDは自閉症とは別の障がい はのひとつで、不注意や多動を特徴とする障がいです。 自閉症とは別の障がいですが、自閉症に併発することがあります。 また、ADHDの症状が強い方は、自閉症の症状もみられるという、相関があることが分かってきています。 なかには、自閉症の症状はなく、周囲の人への配慮などが問題なくできるという方もいらっしゃいます。 自閉スペクトラム症の診断について 仕事を始めてから気づくことも多い 学生時代はとくに問題が起こらなかったという方でも、働き始めてからの症状に気づくことがあります。 また、仕事を始めてしばらくは問題がなくても、役職がつくと生活に影響が出てくる方もいます。 たとえば、勤め始めて間もない頃は、与えられた仕事をしっかりとこなせばよい職種の場合、仕事に支障が出ないことがあります。 しかし、昇進して役職がつくと、部下に仕事を任せたり割り振ったりという、対人交渉が必要な場面が増えてきます。 そこで、生活に影響が出てきて、自閉スペクトラム症に気づくことがあります。 子どものときの様子を確認することが大切 自閉スペクトラム症の診断において重要なのは、子どもの頃から他者と関わることが苦手なのか、ほかの病気の影響で苦手になったのかということです。 たとえば、という精神疾患も、自閉スペクトラム症と同じく、社会生活が困難になることがある病気です。 しかし、幼い頃からではなく成長してから症状がみられるようになったという方の場合、ではなく、統合失調症を含め、ほかの精神疾患による可能性を考えます。 成人の方で、自閉スペクトラム症と似たような症状があって困っているという場合、まずは子どもの頃の経過を確認することが重要です。 診断がつけば、問題への対処方法が分かるように これまで、「自分は周りと何かが違う」「周りができることでも自分はできない」などと感じていた方が、テレビやインターネットで自閉スペクトラム症のことを知り、自分もその特徴に当てはまると思って病院にかかる、ということが増えているように思います。 病院で診断がつくと、自分の特徴を客観的に認識することができ、困ったときはどのように対処すればよいのか分かるようになって、楽になった、うまくいきやすくなったという方は多くいらっしゃいます。 子どもの頃に診断がついた方の場合、医療機関や施設で相談したうえで、本人に向いている職業についたり、障害者手帳を取得して障害者就労をしたりと、自分の居場所ができている方もたくさんいらっしゃいます。 自閉スペクトラム症はなるべく早く診断を受けて対策を取ることが重要です。 自閉スペクトラム症の対策 併発症状への治療や心理教育 の治療では、不安や抑うつなどの併発症状が出たとき、それに対しての治療を行うことが一般的です。 そのほか、心理教育といって、本人や周囲の近しい方にどのような特徴があるのか理解してもらうことも欠かせません。 社会資源を活用していくことが重要 診断がついたあとで重要になるのは、就労支援などの社会資源の活用です。 医療機関以外にも、自閉スペクトラム症の方が活用すべき施設として、者支援センター、就労支援センター、就労移行事業所などが挙げられます。 客観的に特徴を把握することが重要 基本的には、年齢を重ねるとともに問題が減っていく方が多いです。 自分の特徴を客観的に把握できると、本人に適した仕事に就きやすくなります。 たとえば、きちんと作業が分担されていて、自分のペースで取り組んだり、同じ作業を繰り返したりするような仕事は得意です。 反対に、チームワークや共同作業を求められる仕事は苦手というように、向き不向きがはっきりしています。 自分に向いていないことは諦めて、得意なことに取り組むことも大切です。 周囲もそれを理解して、本人の得意なことはなるべく頼み、苦手なことは頼まないという流れができてくると、本人もうまく対応していけるようになり、周囲の方の負担もかえって減っていきます。 自閉スペクトラム症の方の中には、精神的に安定していて、専門職や研究職などで自分の得意なことを仕事にできている場合、中心症状が強くても問題なく過ごせている方もいます。 自閉スペクトラム症の方への対応について 本人の特徴を理解することが重要 身近にの方がいる場合、その方の特徴を理解しておくことは重要です。 たとえば、自閉スペクトラム症の方は、相手に失礼にあたることでも悪気なく口に出してしまうことがあります。 もし、身近な方から失礼なことを言われたら、腹が立ったり、見下されていると感じたりするかと思います。 しかし、自閉スペクトラム症の方は悪気なく口にしていることが多く、相手を怒らせても気づかないということもあります。 自閉スペクトラム症の方は裏表がないと理解しておくだけでも、よりよいコミュニケーションにつながると思います。 本人が苦手なことを求めないように配慮が必要 自閉スペクトラム症の方は、仕事のなかで何か苦手なことを求められると、うまく適応できなくなる可能性があります。 小学生の頃までは、ひとりで好きなことをして遊んでいてもよく、時間ごとにやるべきことが決まっているため、マイペースに過ごすことができたと思います。 しかし、高校生や大学生になると、集まって自由に話し合ったり、自由に選択したりする機会が増え、社会生活が難しくなってくる方は多いです。 一方、自分のペースで物事を進めていられるときは、あまり問題になりにくいことが特徴です。 職場などでは、本人が苦手なことを求めないように、周りの方が配慮することも大切です。

次の

大人のASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害など) : 発達障害とは

自 閉 症 スペクトラム 顔つき

自閉症スペクトラムは成長に合わせた支援が必要?早期支援の重要性について 成長に合わせてできるだけ早い時期から適切な支援を行うことは、自閉症スペクトラムの子どもが将来、社会に出て生活をするために非常に重要なことです。 ではなぜ 早期支援が重要なのでしょうか。 1-1. 不適切な支援で起こる自閉症スペクトラムの二次障害とは 自閉症スペクトラムでは、「対人関係を作るのが苦手」、「コミュニケーションが取りづらい」、「強いこだわりを持っている」といった 3つの大きな特徴があります。 文字だけ見ると、これらの特徴は誰にでも大なり小なり当てはまる特徴のように思われます。 しかし自閉症スペクトラムの場合は、 このような特徴が社会での生活を送る上で、障害となってしまうために問題となります。 そのため、しっかりと支援を行い社会生活を送れるようになれば、特徴を特徴のままで止まらせ、障害とすることが少なくなります。 ただ、適切な支援が行われないと、自閉症スペクトラムの特徴が社会生活を送る上で大きな弊害となり、子どもは大きなストレスを受けてしまいます。 その結果、 不登校や引きこもり、うつなどの体の不調を引き起こしてしまいます。 このような、社会から受けるストレスによって現れる好ましくない行動や症状を「二次障害」と呼びます。 適切に支援をすることは、 社会生活を送ることができるようになるとともに、二次障害を予防することにつながるのです。 1-2. 自閉症スペクトラムの支援が遅すぎる?早期支援の重要性 自閉症スペクトラムの支援に遅すぎる支援というものはありません。 ただし前述のとおり、支援がなければ二次障害を引き起こし、社会での生活だけでなく、体や心の健康も失いかねません。 そのため、できる限り早い段階から適切な支援を受けさせることが大切です。 早期支援を実現することで、それだけ早く二次障害を予防できます。 また、成長の早い段階で支援を受けることで、成長とともに社会に適応していく力をつけることが可能です。 だからこそ 自閉症スペクトラムでは「早期発見、早期支援」が重要になります。 自閉症スペクトラムの成長に合わせた支援方法とは? 自閉症スペクトラムは 乳児期から、幼児期、学童期と成長するにしたがって、見られる症状が変わります。 また、成長とともに周りを取り巻く環境が変化するため、関わる環境の影響も受けます。 そこで乳児期、幼児期、学童期に分けて、症状の特徴と成長に合わせた支援のポイントを解説します。 2-1. 自閉症スペクトラム支援~乳児期のポイント~ 自閉症スペクトラムの症状は3歳以降にはっきりと現れることが多いと言われますが、乳児期でも「コミュニケーションの遅れ」や「周囲への関心の薄さ」といったことが見られることがあります。 そのため、 1歳半検診で言葉の遅れや親への興味や関心が少ないなどで、自閉症スペクトラムの症状に気づかれることもあります。 もし、乳児期に症状がわかれば、そこから支援を始めることになります。 とは言っても、まだまだ日常的な世話がかかる時期ですので、基本的な育児を行いつつ、声かけの工夫をしていき、幼児期以降の関わり方につなげることが重要です。 例えば、子どもがおもちゃを持ったり、座ったりといった動作に対して、「おもちゃ持てたね」、「座れたね」などと わかりやすく声かけをすることで、子どもの反応を引き出していきます。 わかりやすい言葉がけや、人との関わりの中で言葉を覚えてもらうといったことは、幼児期以降も重要になるため、乳児期から積極的に行っていきましょう。 2-2. 自閉症スペクトラム支援~幼児期のポイント~ 幼児期になると、言葉の発達や日常生活の行動などで症状が目立つようになったり、 幼稚園や保育園などでの対人関係やコミュニケーションが課題になったりすることがあります。 医師の診断に応じて、専門機関での療育などの支援を受けることが必要な場合もあります。 ただし、幼児期の子どもはまだまだ親の愛情が必要な時期ですので、 自宅での支援も十分に必要です。 以下に支援のポイントを挙げてみます。 ・コミュニケーションのとり方を工夫する 乳児期にしていた わかりやすい声かけの工夫や、写真や絵を活用して視覚的に伝える工夫をして、物事に対する理解を促すようにしましょう。 ・成功体験を増やしてあげる 「失敗は成功のもと」として、失敗から学んでもらおうとすることは逆効果になってしまいます。 失敗の経験は子どもの意欲を失わせてしまいかねません。 そこで、課題を手伝ってあげて簡単にしたり、失敗しても注意せずに目をつぶったりするようにして、 成功体験をしっかり積ませることで、課題に対して取り組もうとする意欲を育むことができます。 ・「こだわり」を残す こだわりの強さを無理に変えようとしたり、親の思う方向に無理につなげたりすることは、子どもにとって負担になる可能性があります。 こだわりをありのままに理解してあげて、そのまま残しながら、役立てていくようにしましょう。 2-3. 自閉症スペクトラム支援~学童期のポイント~ より多くの人と関わるとともに、学習を含めた幅広い教育を受けていく時期です。 そのため、 自宅以外での活動や他者との関わり、学習の状況などを把握したうえで、支援を進めていく必要があります。 教育機関の教員や療育の専門家を交えて、支援方法や支援状況を共有していきましょう。 学習が始まると、少しでも高いレベルを求めてしまう気持ちがあるかもしれません。 しかし、 無理な学習はストレスがかかり、発達や心身に悪影響になります。 子どもの学習レベルを受け入れ、専門家の意見を取り入れながら無理のない範囲で学習に取り組むことが必要です。 状況に応じて自宅での課題として学習教材を活用するのも良いでしょう。 徐々に自分でできることが多くなった場合は、 本人の意見や希望を聞き入れ、子どもに任せていくことも重要です。 そうすることで、社会に出た際に必要な 「主体的に課題に取り組む力」を身につけることにつながります。 その際は、あまり口出ししたり、注意したりせず、子どもから相談や助けを求められたらサポートするようにしましょう。 専門家による支援を受けられる場所を知ろう 自閉症スペクトラムは、専門家による支援が必要な場合も少なくありません。 どのように支援を受ければよいのか、どこで支援を受けられるのかを知っておくことで、スムーズな行動ができます。 そこで、支援を受けるための流れと、支援を受けられる場所について紹介します。 3-1. 自閉症スペクトラムの支援を受けるまでの流れ 支援を受けるまでには、自閉症スペクトラムの特徴に気づくことが必要です。 1歳半検診や3歳検診で、医師から指摘されて支援機関を紹介される場合もありますが、 親が気づいた場合は、医師による診断から専門的な支援へと早期につなげていくことができます。 子どもに自閉症スペクトラムの特徴が見られたとき、 まずは近くの小児科や児童精神科のある病院、クリニックを受診してみましょう。 また、自治体の児童福祉関係の窓口や発達障害支援センターなどの療育機関へ相談してみることで、専門医を紹介してもらえる場合もあります。 自治体の相談窓口や療育機関などでは、相談に応じて適切な支援方法の助言を受けられるので、試してみることもオススメです。 医療機関で自閉症スペクトラムの診断を受けた場合は、専門医から支援方法の助言を受けたり、必要に応じて療育機関で専門的な支援を受けられたりします。 3-2. 自閉症スペクトラムの支援を受けられる場所 療育機関 自治体ごとに設置されている、療育センターや民間の療育施設などがあります。 医師や作業療法士などのリハビリ専門職、心理カウンセラーなど医療の専門家なども在籍していることもあり、 発達や障害の特性を踏まえて、専門的な教育や発達指導を受けることができます。 教育機関 学童期以降は、教育機関で学習をしながら発達に応じた支援を受けることがあります。 近隣の小学校で通常の学級に通いながら、必要な時間だけ特別な支援を受ける通級指導教室や特別支援学級、発達障害の子どもが通って支援をうける特別支援学校など支援の必要性に応じて、教育機関での支援を受ける場所が異なります。 医療機関 近くの小児科などで診断を受けられますが、 「発達外来」など発達の専門医がいる病院などであれば、より専門的な助言や療育を受けることができます。 自治体 自治体には児童や福祉、教育に関する相談窓口があります。 もっとも身近にある役所に行ったり、電話連絡をしたりしてみて、どの窓口に行けばいいかを聞いてみましょう。 気軽な相談からより具体的な支援へとつなげるための助言を受けることができます。 自閉症スペクトラムの支援に関するまとめ 自閉症スペクトラムは10人に1人にみられる障害とされているように、かなりの割合で見られます。 社会に出ても問題なく生活できるように、適切な支援をうけることは非常に重要です。 とはいえ、十分な理解がない環境での支援は、強いストレスを与え、二次的な問題につながります。 自宅だけでなく、 周りの支援機関などにしっかりと頼りながら、生涯を通じて成長に応じた適切な支援をうけられるように、取り組んでいきましょう。

次の