給付 奨学 金 対象 校。 京都府奨学のための給付金事業

高校生等奨学給付金制度について(国公立高等学校向け)

給付 奨学 金 対象 校

をご覧ください。 (別ウィンドウで開きます。 ) 1 制度の趣旨 全ての意志ある生徒が安心して教育を受けられるよう、府内に在住する低所得世帯の保護者に対し、授業料以外の教育費の経済的負担を軽減するために、奨学のための給付金を支給します。 (返済の必要はありません。 ) をご覧ください。 2 支給の要件 令和元年7月1日時点において、次の 1 から 5 の要件をすべて満たしている必要があります。 ) 4 生徒が、国公立の高等学校等に在学していること(大阪府外の高等学校等も対象となります。 ) をご覧ください。 (別ウィンドウで開きます。 ) 5 生徒が、平成26年4月1日以降に高等学校等の第1学年に入学していること (平成27年4月1日以降に第2学年に、平成28年4月1日以降に第2・3学年に編転入学している生徒を含みます。 平成30年度は80,800円でした。 4 申請の手続き等 支給を受けようとする保護者等は、受給申請書に下記の書類を添付して学校の定める期日までに提出してください。 ただし、配偶者控除を受けている場合であっても、控除対象配偶者の課税証明書等が必要になります。 5 給付金の支給時期等 受給申請書の審査等を行い、認定された場合は、12月末までに指定された保護者等の預金口座に振り込む予定です。 ただし、生徒が在籍する高等学校等の学校徴収金に未納又は未収金がある場合は、給付金を充当して相殺します。 申請書類も学校からお受け取りください。 申請書は、A4両面です。 (必要に応じて、別紙もご提出ください。 ) をご覧ください。

次の

大阪府/大阪府国公立高等学校等奨学のための給付金について

給付 奨学 金 対象 校

令和元年度の受付は終了しました。 令和2年度の申請方法については、令和2年6月中旬以降に本ページを更新し、お知らせします。 以下は、令和元年度の内容です。 千葉県では、全ての意志ある生徒が安心して教育を受けられるよう、授業料以外の教育費負担を軽減するため、私立高等学校等に在学する高校生等のいる一定の要件を満たす世帯に、「奨学のための給付金」を支給します。 1支給要件 就学支援金及び学び直し支援金対象者のうち、令和元年7月1日(認定基準日)現在、次の全ての要件に該当する高校生等の保護者等が対象です。 (平成25年度以前に入学した者を除く)• 1 認定基準日(7月1日)に私立高等学校等に在学していること。 2 保護者等が千葉県内に在住していること(高校生等が成人している場合は、本人が県内に在住していること)。 3 生活保護(生業扶助)受給世帯又は保護者等(父・母である場合は双方)の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税(0円)の世帯に属すること。 なお、以下に該当する場合には、支給の対象外となります。 1 高校生等が児童福祉法による児童入所施設措置費等国庫負担金について(平成11年4月30日厚生省発児第86号)による措置費等の支弁対象であって、見学旅行費又は特別育成費(母子生活支援施設の高校生等を除く。 )が措置されている場合。 2 高校生等が認定基準日において休学している場合。 ただし、令和元年12月1日までに復学した場合には対象とする。 支給額一覧 支給区分 支給額 (年額) 1 生活保護(生業扶助)受給世帯の高校生等( 全日・定時・通信制) 52,600円 2 保護者等全員の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税である世帯の高校生等 ( 全日・定時制) 非課税世帯A により確認 98,500円 非課税世帯B により確認 138,000円 3 保護者等全員の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税である世帯の高校生等( 通信制) 38,100円 (注)全日・定時制に通う非課税世帯の高校生等の場合で、15歳(中学生を除く。 )以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹が全日・定時制の私立高等学校等に在籍している場合は、当該世帯に扶養されている生徒のうち、第1子を「非課税世帯A」として取り扱い、第2子以降を「非課税世帯B」として取り扱います。 ただし、高等学校等に在籍していない15歳(中学生を除く。 )以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹が別に存在する場合は、全日・定時制に通う私立高校生等全員について「非課税世帯B」として取り扱います。 (対象確認シートで御確認ください。 ) 3申請手続・支給時期 令和元年7月1日から受付を開始します。 1 千葉県内の私立高等学校等に在学する場合 在学する学校から申請書類をとりよせ、記入の上、必要書類を添えて、 学校に提出してください。 提出期限・支給時期等については、学校ごとの対応となりますので、在学する学校にお問い合わせください。 2 その他の私立高等学校等に在学する場合 直接、千葉県総務部学事課(私学振興班電話:043-223-2162)にお問い合わせください。 申請書類は、千葉県総務部学事課(私学振興班)あて郵送してください。 (注)マイナンバーを郵送して申請を行う場合の注意事項 必ず配達記録が分かる手段(書留等)で郵送してください。 ただし、支給時期は遅くなりますので御注意ください。 ) 提出された申請書類等を審査し、支給の可否を決定し、その結果を通知します。 個人番号カード、通知カードの写しを提出する場合はに貼り付けて御提出お願いします。 また、県へ直接提出する(高校生等が県外の私立高等学校等に在籍している)場合で給付金の振込先として高校生等の口座を指定する場合は必要。

次の

私立高等学校等奨学給付金事業|東京都私学財団

給付 奨学 金 対象 校

をご覧ください。 (別ウィンドウで開きます。 ) 1 制度の趣旨 全ての意志ある生徒が安心して教育を受けられるよう、府内に在住する低所得世帯の保護者に対し、授業料以外の教育費の経済的負担を軽減するために、奨学のための給付金を支給します。 (返済の必要はありません。 ) をご覧ください。 2 支給の要件 令和元年7月1日時点において、次の 1 から 5 の要件をすべて満たしている必要があります。 ) 4 生徒が、国公立の高等学校等に在学していること(大阪府外の高等学校等も対象となります。 ) をご覧ください。 (別ウィンドウで開きます。 ) 5 生徒が、平成26年4月1日以降に高等学校等の第1学年に入学していること (平成27年4月1日以降に第2学年に、平成28年4月1日以降に第2・3学年に編転入学している生徒を含みます。 平成30年度は80,800円でした。 4 申請の手続き等 支給を受けようとする保護者等は、受給申請書に下記の書類を添付して学校の定める期日までに提出してください。 ただし、配偶者控除を受けている場合であっても、控除対象配偶者の課税証明書等が必要になります。 5 給付金の支給時期等 受給申請書の審査等を行い、認定された場合は、12月末までに指定された保護者等の預金口座に振り込む予定です。 ただし、生徒が在籍する高等学校等の学校徴収金に未納又は未収金がある場合は、給付金を充当して相殺します。 申請書類も学校からお受け取りください。 申請書は、A4両面です。 (必要に応じて、別紙もご提出ください。 ) をご覧ください。

次の