山芋 の 鉄板焼 き レシピ。 [B! 山芋] 居酒屋の味 簡単*ふわとろ山芋の鉄板焼き by わたあめぼんばー 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが331万品

クックパッドニュース:[居酒屋のあの味]「ふわトロ山芋鉄板焼き」がフライパンでできた♪

山芋 の 鉄板焼 き レシピ

先日、初めて鳥貴族に行きました。 焼鳥以上に美味しかったのが、「ふんわり山芋の鉄板焼」 (公式ホームページより) これが一番美味しかった…! 周りのお客さんも「とろろ焼!」とよく頼んでいました。 すりおろした山芋に、出汁がよく染みていて、たまごと海苔をかきまぜておこげと一緒に食べる…。 ナイスアです。 家で作ってみました(長芋バージョン) 最近ちょうど長芋にはまっていたので、このとろろ焼きを長芋にて再現してみました。 これがなかなかうまくいったのです。 長芋をよく洗って、皮ごとカット。 レンジでチンできる器に入れます。 愛用のでどろどろ状にします。 30秒ほどで十分。 底の方に、いくつか固形のまま残っていましたが、それもまた歯ごたえのアクセントになって美味しかったです。 私は「ゆで根菜モード」の弱めでチンしましたが、モードが無ければ600Wで5-6分でいいと思います。 加熱が終わってレンジを開けると、長芋のいい匂いが…。 食欲をそそります。 レンジでチンしたものを、今度はアヒージョ鍋に。 (最近多用している、直火もレンジもOKのです!) 私は後で卵黄を上に乗っけたので、余ってしまう卵白をこの時点で混ぜ込みます。 火にかけて放置。 わくわく。 ちょっとおこげが出てきたあたりで火を止めます。 じゃん!火からおろして、卵黄を乗っけて、海苔を乗っけて完成です。 何皿でも食べてしまいそうな中毒性を感じます 長芋のコクのある味と、卵や海苔、の味が相まって、あっという間に一皿をひとりで食べきってしまいました。 ポイントは、海苔をたくさんかけること、おこげを作ることでしょうか。 卵黄はなくてもいい気がします。 翌日はたらこ風味に。 パスタソースでアレンジ 長芋が余ったので、翌日はたらこ風味にしてみました。 家にあったパスタソースを混ぜて、たらこ味に。 これも美味しかった…! しかし、たらこバターのバターは無くてよかったように思います。 明太子とかが良いかも。 しばらくは量産してしまいそうな予感。 いいおかずになります。 そして地味に役立ったのがアヒージョ鍋。 直火にもレンジにもかけられるので、アヒージョはもちろん、一人分の雑炊やお鍋、炒め物に重宝していたのですが、またひとつ用途が増えて嬉しいです。 なんと、すでに食べられる状態になっている、「」を、大量にゲットしました。 小分けですぐ解凍してそのまま食べられるので、鉄板焼きはもちろん、普通にとろろとして食べるのもおすすめです…!! 朝食や、ちょっとおかずの足りない夕食に重宝していまして、20袋あっという間に消費してしまいました。

次の

スキレットで山芋鉄板

山芋 の 鉄板焼 き レシピ

カリッ!フワッ!トロッ!フライパンで作る簡単山芋鉄板 たべぷろでは以前にも山芋の鉄板焼きについてご紹介しています。 では早速、「山芋鉄板」を作るのに必要な材料からチェックしましょう。 <山芋鉄板(2人前)の材料> 山芋:200g 卵:1個 白だし:大さじ1. 5 たったのこれだけで、福岡の居酒屋風メニューがご自宅で食べられるのです。 では、「山芋鉄板」の作り方を見ていきましょう。 <作り方> 1. 山芋をすりおろす すりおろし器で山芋をすりおろします。 より滑らかな食感を出したいときには、すり鉢でさらにするか、フードミキサーにかけるとよいでしょう。 またすべてをすりおろさず、部分的に粗みじんにきって混ぜると、シャキシャキの食感も残せるのでおすすめです。 材料を混ぜ合わせる すりおろした山芋をボウルに移し、卵と白だしを加え混ぜます。 混ぜる際は、写真のように卵白のドロッとした部分を切るイメージで。 食感にむらが出ないように、均一に混ざるようにしましょう。 弱火で焼く フライパンに油を少量の油をひき、生地を流し込み弱火で焼きます。 表面にぽつぽつと穴がでてきはじめたら、火を止めます。 なお、油を多めにひくと、外側のカリっとした食感が増します。 また両面をやくと、外側と内側の食感の違いをより一層楽しめる仕上がりになります。 山芋の優しい甘みをご堪能あれ! 完成した「山芋鉄板」がこちら。 今回は仕上げに、かつお節と味のりをふりかけました。 ゆらゆらと踊るかつお節と、ほのかに香る和の香り。 ホクホク、ふわふわ、トロトロな食感が見た目からも伝わってくるようです。 実際に食べてみると、白だしによって引き出された山芋の優しい甘さがたまりません。 もちろん食感は食べる前に思い描いた通り、フワフワのトロトロ。 優しい味わいと心地よい食感にお箸が止まりません。 また、カリッとした食感をプラスお焦げも。 香ばしさも加わって、お酒が恋しくなります。 さすが、居酒屋の定番メニュー! チーズなどのアレンジも。 本場福岡の「山芋鉄板」もぜひ食べ比べてみて 今回ご紹介した、福岡居酒屋の定番メニュー「山芋鉄板」ですが、実は、決まった作り方がありません。 居酒屋ごとに味付けや食感、さらには仕上げの調味料も異なります。 チーズがたっぷりのったアレンジ山芋鉄板や、お好みソースがかかったお好み焼き風山芋鉄板もあります。 今回は材料に入っていませんが、ちょっともっちり感を出すために小麦粉を加えるレシピなんかも。 だからこそ、ぜひ一度本場福岡で、いろんなお店の個性あふれる「山芋鉄板」を食べてみてください。 そして、いろいろ食べ比べた中で、自分の好きな「山芋鉄板」を見つけましょう。 お気に入りの味を、自宅で追求するのも楽しいのが、福岡の居酒屋が誇る「山芋鉄板」なのです。

次の

【レシピ】居酒屋メニュー 山芋の鉄板焼き

山芋 の 鉄板焼 き レシピ

フライパンのまま出せる「ド迫力おつまみ」 居酒屋でよく見かける「山芋鉄板焼き」。 山芋のふわ、トロッとした食感と、ソースやマヨネーズ、削り節など、お好み焼きのような味つけで食べるガツンとした味が、なんともクセになる人気のおつまみですよね。 そこで今回、おうちで作れる「山芋鉄板焼き」のレシピをご紹介します。 山芋や白だしなどの材料を混ぜて焼くだけだから簡単で、フライパン1つで作れるのも、手軽で嬉しいところ。 食材は山芋と卵だけとヘルシーなのに、食べ応えがあるのが嬉しいですね。 9話題入りさせて頂きました。 美味し過ぎます」「ふわふわで美味しくて家族に好評でした。 とても簡単にできました」「いかん、ビールがすすむ」と大好評。 中にはキャベツや干しえび、チーズなど、余っている食材を入れてアレンジする人もたくさんいました。 だんだんと薄着になり、ヘルシーなおつまみが食べたい時期。 情報提供:.

次の