中小 企業 診断 士。 中小企業診断士の年収における現実!平均年収は780万円で上位25%は1000万円超え!

中小企業診断士

中小 企業 診断 士

詳細 中小企業診断士の人気・注目度 2016年1月12日付けの日本経済新聞で、ビジネスパーソンを対象とした 「新たに取得したい資格」として中小企業診断士が1位となりました。 会社経営に必要な知識を体系的に学べるため、ビジネスパーソンに人気のある資格です。 1位 中小企業診断士 16% 2位 TOEICテスト(Cレベル、470〜730点未満) 15. 4% 3位 TOEICテスト(Bレベル、730〜860点未満) 14. 8% 4位 TOEFLテスト 14. 0% 5位 宅地建物取引士 12. 5% 6位 日商簿記検定2級 5. 3% 7位 日商簿記検定3級 5. 2% 8位 TOEICテスト(Aレベル、860点以上) 4. 9% 9位 TOEICテスト(Dレベル以下、470点未満) 4. 5% 10位 ビジネス実務法務検定準1級、2級 4. 4% 出典:.

次の

中小企業庁:令和2年度の中小企業診断士試験の実施について

中小 企業 診断 士

企業の経営状態を分析して、売り上げをアップするための解決策を助言・提案する「経営コンサルタント」。 中小企業診断士は、その経営コンサルタントの技能を証明する唯一の国家資格です。 日本は昔から、中小企業の割合が非常に高い国です。 2014年度の総務省の調査では、国内に数ある企業のうち、約99. 7%が中小企業であることが明らかにされました。 その数は、実に380万社を超えています。 中小企業診断士は、それら数多くの中小企業の経営コンサルタントとして、さまざまな場面で出番のある職業です。 一流の中小企業診断士ともなれば、業界の枠を超え、あらゆるクライアント企業に対して、経営に関するヒントやアドバイスを示しています。 このように需要の多い仕事であるにもかかわらず、経営コンサルティングのスキルを証明する国家資格は、現在の日本ではこの中小企業診断士ひとつしかありません。 経営分野の資格として、世界的な権威である「MBA」と並び称されることもあります。 企業内診断士の平均年収は高く、かつて現職者を対象に実施されたアンケート調査では、25%以上が「1,000万円以上」と回答しているほどです。 さらに、合格したことを報告すると、特別にお祝い金を出してくれるという事例もあるそうです。 早めに勉強を開始しましょう! 中小企業診断士は、全国にまだ2万3,000人程度。 しかし、中小企業は380万社以上。 診断士はまったく足りていないのです。 たとえば、士業の中では昔からメジャーなもののひとつである「税理士」資格は、7万6,000人を超えています。 中小企業診断士は、税理士のわずか3割程度しかいないのです。 中小企業診断士の人数が少ない理由のひとつに、試験の難易度の高さがあります。 その点は、これから診断士を目指す方にとって壁となることは否定できません。 しかしそれは、効率的な勉強法を選べば大幅に緩和できます。 むしろ、競争相手が少ないうちに合格すれば、有利な立場でキャリアをスタートできるため、大いにプラスでしょう。

次の

独立1年目の中小企業診断士に聞いた収入の現実!需要のある稼げる資格か?

中小 企業 診断 士

とにかく勉強時間を作りやすいのが大学生 なんといっても 大学生の最強のアドバンテージは「時間」です。 社会人になったら起きている時間のほとんどを仕事に捧げることになります。 ブラック企業なんかに勤めちゃったら睡眠時間も捧げることになります。 でも大学生ならそんなことありません! 中小企業診断士になるために必要だと言われている時間は約1300時間です。 社会人で1300時間も捧げるのって地獄です。 合格までの辛抱ですが 仕事と勉強をして寝るの繰り返しばかりになります。 だからこそ時間のある大学生時代に勉強するにこしたことはありません。 中小企業診断士は就活で有利 これ非常に大切ですよね。 今の大学は勉強する場所というより 就職予備校みたいな位置付けになっているのですから就活が有利になるのは大きいです。 私は中小企業診断士の資格をアピールして転職をしましたが、新卒時の就職活動なら中小企業診断士はより一層効果を発揮するでしょう。 なぜなら競合がほとんど存在しない、いわば「ブルーオーシャン」だからです。 中小企業診断士は社会人でも取得している人が少なく、アピールすることで印象に残る資格です。 学生のうちにアピールすることができれば 間違いなく目立ちまくりです。 例え学歴が他より劣っていたとしても中小企業診断士をアピールできれば、飲みサーでウェーイと騒いでいた学生よりはよっぽど好印象です。 特に金融業界を目指すのならば効果的です。 独立も視野に入れることが可能 新卒で就活に失敗したからといって 自殺… なんてニュースをたまに見かけますよね。 悲しいことにその人の世界は就活だけになっていたのでしょうね。 その世界に否定されたから自殺。 もしその人に「独立」「副業」という選択肢があったらどうでしょう? 自殺なんてしませんよねきっと。 これは極端な例でしたが、そうでなくても就職に縛られずに進路を選択できます。 独立という選択肢があることで、就活も心に余裕をもって行えるでしょう。 大学の授業とリンクさせて勉強できる 意外と中小企業診断士の科目と大学の授業はリンクしています。 リンクした授業を自分で探す必要はありますが… 資格の予備校に通わず、授業が受けれる大学はかなり良い環境ですよね。 特に1次試験の中でも難関と言われる「経済学・経済政策」を学ぶ場としては最高です。 教授に質問して理解を深めることもできますし、真剣に講義を受けることで高い成績も残せます。 試験範囲の内容のゼミを選べば卒業論文も難なくクリアできてしまいますね。 学生時代に中小企業診断士を目指すデメリットは費用面 お金の問題だけはどうしようかかってしまいます。 国家試験を目指すならば、中小企業診断士でなくともお金がかかります。 しかし、通信講座と大学の講義を組み合わせることでかなり少ない費用でも取得が可能です。 中小企業診断士を本気で目指すのならば、アルバイトをする時間はあまり取れないので工夫が必要ですね。 終わりに 社会人に比べ大学生は資金力がありませんが、それを補う時間と環境があります。 中小企業診断士に合格するにはどうしても膨大な時間が必要です。 その点で大学生は最強といっても過言ではないでしょう。 もしあなたが大学生ならば、時間のある学生時代に難関国家資格に挑戦してみてはどうでしょうか? とりあえず診断士の勉強ってどのような内容か知りたいという方は 「 」の体験講義を受けてみてください。 資格のレベル感がわかるのでオススメですよ。 中小企業診断士の取得に興味が出てきたらこちらの記事もどうぞ.

次の