バウティスタ アグー ト。 バウティスタアグート嫁が美人!錦織との対戦成績やプレースタイル、最新ラケットまとめ|初心者のためのテニスまとめ

錦織の出来が悪かった。バウティスタアグートが良かった。どっち?

バウティスタ アグー ト

2014年の5月から実に5年近くも30位以上のランキングを保っているバウティスタ・アグートの最大の持ち味は、好不調の少ない安定感だろう。 しかし、それは爆発力の弱さとも言えるかもしれない。 バウティスタ・アグートのグランドスラムでの成績を見ると、ベスト16に9回進出していながら、意外なことにベスト8に進出したことがまだ無い。 過去のグランドスラムのベスト16でバウティスタ・アグートが負けた相手は、全員トップ10経験者なので、最高ランキングが13位のバウティスタ・アグートにとって厳しい相手だったことは間違いない。 しかし、大きな大会ではトップ選手を破らなければ、ある程度から先に進むことは出来ない。 そして、バウティスタ・アグートはトップ10選手との対戦成績で、8勝46敗と大きく負け越している。 この勝率は、バウティスタ・アグートと同じランキング20位台にいる選手の中で一番悪いわけではないが、トップ10選手と50回以上対戦している選手に絞ると一番低くなってしまう。 長く30位以上に留まりながら、その上に進むことを阻まれているバウティスタ・アグートの状況をよく示している数字なのかもしれない。 148 21 チェッキナート 1勝5敗 0. 167 22 バシラシビリ 3勝9敗 0. 250 23 ゴファン 14勝44敗 0. 241 24 カレーニョ・ブスタ 3勝24敗 0. 111 25 チョン・ヒョン 1勝13敗 0. 071 26 ガスケ 32勝99敗 0. 244 27 シャポバロフ 1勝6敗 0. 143 28 ベルダスコ 27勝100敗 0. 213 29 モンフィス 32勝75敗 0. 299 30 シモン 32勝89敗 0. 264 しかし、誰もが対戦に苦労するナンバー1のジョコビッチに対してバウティスタ・アグートが勝利するのは、このドーハを含めて2回目である。 2016年の上海マスターズの準優勝は、準決勝でジョコビッチを破った結果、もたらされたものだ。 バウティスタ・アグートも今年の4月には31歳となる。 2014年から4年連続でグランドスラム2大会以上でベスト16進出を果たしていたが、昨年はグランドスラムのベスト16に進出することは出来なかった。 バウティスタ・アグートのキャリアが、終盤に差し掛かって来ていることは間違いない。 しかし、バウティスタ・アグートはまだ衰えてはいない。 何より、シーズン開幕戦でジョコビッチを破って優勝出来たことがその実力を証明しているだろう。 バウティスタ・アグートにグランドスラムの上位進出を果たすチャンスが訪れる回数は、決して多くはないかもしれないが、そのチャンスは必ずまた訪れるはずだ。 復活を期すベテラン選手 準優勝だったベルディヒの活躍も見逃せないだろう。 何しろベルディヒは、背中に故障のために昨年6月からトーナメントでプレーをしていなかったのだ。 ランキングも71位まで落ちてしまったが、復帰戦で、コールシュライバー、ベルダスコ、エルベール、チェッキナートといったベテランから中堅の実力者を破ってツアーの決勝に勝ち上がれたことは、予想外とも言える良い結果ではないだろうか。 今シーズンの終わりには34歳になるベテランの今シーズンの活躍に期待したい。 そして、同じく今シーズンで34歳になるワウリンカも復活を期す1人だろう。 膝の手術のためにウィンブルドン以降を欠場したのは、一昨年となる2017年のことだ。 しかし、2018年は全豪で復帰したものの、テニス自体は復調せず、さらに膝や背中の怪我に苦しんだこともあって、一時はランキングが261位にまで落ち込んでしまった。 戦績も17勝17敗で、手術をして半年を欠場した2017年シーズンの26勝11敗を下回る結果となった。 しかし、今シーズンの初戦で、ワウリンカは若手の注目株、ランキング11位のハチャノフを破ったのだ。 ベルディヒ、ワウリンカのピークは過ぎた。 恐らく多くの人がそう感じているだろう。 実際、彼ら2人のピークが高いだけに、その声を黙らせることは容易とは思えない。 しかし、ベルディヒも、ワウリンカも、このドーハでトップクラスの選手を相手にしても十分戦えることを証明した。 彼らが復活出来るのか、少なくとも今シーズンが終わってみるまで、まだ分からない。

次の

速報3/30マイアミ・オープン2016 4回戦 錦織圭VSロベルト・バウティスタ・アグート

バウティスタ アグー ト

アグートはとても良かったですね。 これに対し、錦織くんは浮き足立っていた感じがしますね。 これまでの対アグート戦では、2人はプレイスタイルが良く似ているのですが、結局、リターン能力が勝敗を分けていたと思います。 錦織くんがアグートのセカンドサーブをボッコボコに叩いて完膚無きまでに叩きつぶす、というのがパターンなのですが、今回はアグートがアグレッシブで、錦織くんは、(普段は簡単に勝てるのに…と)抵抗されること自体に途惑っていた感じでしたね。 試合の中身としては、錦織君が敢えてリターンやバックハンドをスライスで運び、ストローク戦を試みようとしたのが裏目に出ましたね。 3セット目の後半から、バックハンドスライスをやめ、両手打ちでガンガン打ち始めてから流れが変わりましたね。 最初から「いつものように」やっていれば正直簡単に勝てたかと。 一番大きかったのは、第4セットで錦織君が先に切れてしまったのが問題ですね。 アグートは、錦織君のプレイが攻撃型に変わって、3セット目を取られて、だんだんと追い詰められていたきていたんですよね。 第4セット目の最初は、いつもの弱気が少し顔を出し始め、錦織君にセカンドサーブを叩かれ始めて、ブレイクされてしまう。 その後、錦織君もブレイクバックされるのですが、そのまま、錦織君が「オレは王者なんだ」という態度で振る舞っていれば、アグートは崩れたはずなんです。 でも、実際は、錦織君の方が、自身のブレイクポイントのときに時間経過のワーニングを取られて、審判に絡みましたよね。 あのとき、「こんな時に切れちゃダメだ…バカー!」と思いました。 実際、その後、錦織君はラケット投げて自滅したのですが。 これに対し、アグートは、冷静で狡猾でしたね。 自身のブレイクポイントでファーストサーブが明らかにフォルトなのに、チャレンジをする。 芝に足を滑らせて転んだときに、あたかも物凄い怪我のように振る舞って、乗ってきた錦織君のリズムの邪魔をする(解説の辻野さんが「アグートは、サッカーが上手で、芝の転び方がうまいですね。 とにかく、ルールの範囲内で、勝つためにやれることはすべてやろうとしてましたね。 それでも、アグートがもういっぱいいっぱいで崩れそうになってきていたのに、錦織君は、自分の方から切れてしまい、「ああ、錦織も苦しいんだ」という印象をアグートに与えてしまった。 自分の態度で、相手を勇気づけてしまったんですよね。 錦織君は、天才だけに、自分自身のテクニック、その出来に拘りすぎる傾向があると思います。 対戦相手を見ていない。 この精神構造がGSを取るための最大の障害だと思います。 松岡修造さんのように、本当に愚直に1ポイント、1ポイント全力を尽くす、という姿勢も時には重要だと思いました。

次の

アグートと錦織圭の対戦成績と評価まとめ「バックが弱点?」「メンタル強く安定感ある」

バウティスタ アグー ト

日比野菜緒選手 中学・高校・大学と硬式テニス部に所属していたこともあり、今でも週1プレーヤーですがプレーを続けています。 おかげで横浜市医師会のイベントにも呼ばれたりもしました ()。 プレーする以上はちょっとでも上手くなりたいというのは年齢関係ないと思います。 テニスを始めた中学生の時から今もその気持ちは変わりません。 気持ちだけ空回りで上手くなりませんが・・・。 ちょっとでも上手くなるには、やはり上手なプレーヤーを観るに限ります(観察と言っても良いかもしれません)。 幸いにして動画サイトなどで昭和の時代より明らかにトッププレーヤーを参考にする機会に恵まれたのは喜ばしいことです。 テニスには試合に勝つ、また上手にプレーするには考えることが非常に多く、とても1回では書き切れません。 今回はフォアハンドに絞ってみました。 ノバク・ジョコビッチ選手のフォアハンド ジョコビッチ選手のフォアハンドは本当に素晴らしいです。 ボールの深さが素晴らしく、ライン際ですっと落ちます、なおかつ、ほとんどミスしません。 左右に振られても、安定して返すことができ、打てるのにあえて打たないケースがよく見られます。 対戦相手からすると、どこに打ってもボールが返ってくる上に、ボールの質もよく、「手がつけられないストローカー」(まさに壁です)です。 世界No. 1たる所以かと思います。 個人的にはリターンポジションが相手に正対するカタチで、広域に反応できるところに彼の強さの一端を見ます(攻防一体型) ロジャー・フェデラー選手のフォアハンド フェデラー選手のフォアハンドは、自分からガンガン打つというよりも、相手の力をうまく利用するタイプです。 いわゆる「おっさんテニスの究極系」と言えます。 しかしながらフォアハンドのフォームは美しく、滑らかな動きで、スムーズな身体の回転を利用して打っています。 体幹(背筋・殿筋・腹筋)がしっかり、力みもなく、省エネフォームです。 手足のコーディネーションも非常に良く、ミスヒットが少なく、微妙なタッチのショットも抜群にうまく、欠点をあげることができません。 フェデラー選手の試合をメルボルンで観る機会がありましたが、観ただけで自分も上手くなったと錯覚するほどの衝撃です。 翌日、コートでフィードバックしてもまったくフェデラーにはなりません・・・。 フォームに硬さがないので、ボールの「深さ、角度、スピード、高さ、スピン」(テニスの要素全部ですね)を多様に使うことができ、非常に多くの戦術を使うことができます。 現在の世界トップクラスの選手たちは皆、高身長です。 ジョコビッチ選手188cm、フェデラー選手185cm、ズベレフ選手198cm、チチパス選手193cm・・・。 驚愕はイボ・カルロビッチ選手の211cm(ジャイアント馬場よりも大きい!)。 ゴファン選手は180cmとトップランカーでは小柄な部類ですが、スキのないプレーと戦術に長けており、その戦術を支えているのが確かな技術力です(錦織圭選手は178cm)。 身長に恵まれていないプレーヤーには真似て欲しい選手です。 コンパクトなテイクバックでしっかりとコントロールして打っています。 体幹を使ってスイングしているため、動きはダイナミックではないですが、ボールに伸びがあり、見た目以上にスピードが出ています。 残念ながら、これはTVでは伝わりにくく、練習をごく間近で観ることができて初めてわかりました。 ゴファンのフォアハンド写真 ロベルト・バウティスタアグート選手のフォアハンド 自分が最も参考にしている選手は「ミスター安定感」のバウティスタアグート選手です。 ショットのスピン量は少なめ、テイクバックがコンパクトで、フォロースルーは大きい。 スウィング中のバランスも良く、子どもがジュニア選手なら毎日アグートの動画を見せると思います。 ストローク戦でも、まるで練習しているかのように、同じ打点、同じスピード、同じリズム感で強打し続けます。 ボールとの距離感を取るのもうまく、ボールへの入り方のフットワークが非常に参考になります。 スペイン人選手といえばゴリゴリのトップスピンをかけたフォアハンドを打つ選手が多いですが、バウティスタアグート選手はスピンを少なめにしたフラットショットとなっています。 フォアもバックもほとんどトップスピンをかけずにフラットな球質のボールを得意としています。 安定感故に金星は少なく、自分より格下には負けないプレースタイルですが、地味すぎるが故に人気はあまりない・・・個人的に残念なところです。 (白いシャツがバウティスタアグート選手).

次の