イナズマ ロック フェス。 6/22(月) 22:00~ 『イナズマロックフェス2019』:フジテレビNEXTsmart PickUP番組ブロマガ:フジテレビNEXTsmartチャンネル(フジテレビNEXTsmart)

ももいろクローバーZ「イナズマロックフェス2019」セトリ│新時代レポ

イナズマ ロック フェス

略称は「 IRF」、「イナフェス」(稲フェス)、「イナズマ」(西川貴教と彼のファンクラブ会報では「イナズマ」の略称を使用)。 フリー(無料)エリア風景 有料エリアであるメイン(雷神)ステージの他、フリー(無料)エリアでは次期メインステージ進出やブレイクを目指すアーティストが出演するライヴ(風神)ステージや、ご当地キャラクターや若手芸人が登場するエンタメ(龍神)ステージが行われ、さらには地元食材を用いたB級グルメや地域観光資源をPRするブース、キッズエリアが設けられており、有料チケットを持っていなくても1日中楽しめるイベントとなっている。 全国から音楽ファンが多数来場し、宿泊や地元観光名所のPRを含め地域経済に多大な経済効果をもたらしていることから、米の観光関係者からも注目されている。 歴史 [ ] 2009年 [ ] 西川は初日のはバンドのボーカルとして出演し、にはとしてソロで出演した。 20日の2日目の公演は、草津市長(当時)の開会宣言によって始まり、大トリを務めたT. Revolutionのステージには、西川との親交のあるがステージに飛び入りで参加し、「」を共に熱唱した。 19日と20日の両日合わせて観客動員数30,000人以上を記録した。 出演者 [ ] 日程 出演者 1日目 ()• 2日目 ()• (現:tetsuya)• 2010年 [ ] 西川は初日のはバンドのヴォーカルとして出演し、19日にはとしてソロで出演した。 初日公演は、嘉田由紀子滋賀県知事の開会宣言で始まり、ラストを飾ったのステージでは、のボーカルが飛び入り参加し、時代の曲「」を共に熱唱した。 19日の2日目の公演は、橋川渉草津市長の開会宣言によって始まり、大トリを務めたT. Revolutionのステージには、去年の出演者のMICROがステージに飛び入りで参加した。 また、T. Revolutionの元プロデューサーで現在も作曲、編曲を担当しているがシークレットゲストとして参加した。 西川と浅倉が同じステージで共演したのは2000年以来10年振りのこととなる。 この年より2ステージ構成となりフリーエリアにエンタメステージが設けられ、バンド演奏やお笑い芸人の漫才、ラジオ番組の公開収録、滋賀県の観光PRイベントなど多岐に渡るステージイベントが行われるようになった。 出演者 [ ] 日程 ステージ 出演者 1日目 () メインステージ• abingdon boys school• UVERworld• tetsuya• フリーエリア・エンタメステージ• 2日目 (9月19日) メインステージ• Revolution• フリーエリア・エンタメステージ• 2011年 [ ] この年からフリーエリア・エンタメステージへの出演権をかけた公開オーディション企画イナズマゲートがスタートした。 18日の2日目の公演では、大トリを務めたT. Revolutionのステージに初日の出演者であるが参加し、中川の曲「」を共に熱唱した。 西川は前年に行われたT. Revolutionの単独ライブ「T. LIVE REVOLUTION'10 -Strikes Back VIII-」の夜の部ラストにおいて本曲を披露している。 出演者 [ ] 日程 ステージ 出演者 1日目 () メインステージ• abingdon boys school• フリーエリア・エンタメステージ• (イナズマゲート選出)• (イナズマゲート選出)• 2日目 (9月18日) メインステージ• Revolution• フリーエリア・エンタメステージ• (イナズマゲート選出)• (イナズマゲート選出)• 2012年 [ ] 初日の公演は、氣志團が代表曲「One Night Carnival」の演奏中に「HOT LIMIT」「HIGH PRESSURE」のカバーを披露、また翌日9月16日より千葉県で開催され2日目9月17日にはT. Revolutionも出演したの公式テーマ曲をライブ初披露した。 ラストを飾ったabingdon boys schoolのアンコールのステージでは2009年と2010年に出演したtetsuyaが飛び入り参加し、の曲「」を共に熱唱した。 2日目の公演では、SOPHIAがかつて西川貴教が在籍したバンドの代表曲「Rainy Blue」を熱唱。 これはボーカルのがアマチュア時代に同バンドをスタッフとして手伝っていたことに由来する。 ラストを飾ったT. RevolutionのステージアンコールではCMで共演中のミゲル・ゲレイロがゲスト出演し「チカラにかえて」「消臭力のうた」の2曲を披露。 また今年ものMICROが出演し『』を熱唱、残りのHOME MADE 家族のメンバーも全員登場してコラボレーション楽曲「Tomorrow Meets Resistance」を初披露しステージのラストを飾った。 主催者の西川の発表によれば、2012年は過去最多動員35,000人を記録し、特に2日目は前売券が初めて完売となった。 出演者 [ ] 日程 ステージ 出演者 1日目 () メインステージ• abingdon boys school• フリーエリア・エンタメステージ• (イナズマゲート選出)• (イナズマゲート選出)• 2日目 () メインステージ• Revolution• (ゲスト出演) フリーエリア・エンタメステージ• (イナズマゲート選出)• (イナズマゲート選出)• 2013年 [ ] 観客動員数(有料エリア)は過去最高の50,000人を記録した。 また主催者の西川貴教は初めてトリを他のアーティストに譲った(初日)。 出演者 [ ] 日程 ステージ 出演者 1日目 () メインステージ• Revolution• UVERworld• SCANDAL• ソナーポケット• (オープニングアクト)• (パフォーマー)• 2700(パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー) フリーエリア・エンタメステージ• (イナズマゲート選出) 2日目 () メインステージ• Revolution• UVERworld• (オープニングアクト)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (・)(パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー) フリーエリア・エンタメステージ• THE Hitch Lowke• (イナズマゲート選出) 2014年 [ ] この年からメインステージを「雷神」、フリーライヴステージを「風神」、フリーエンタメステージを「龍神」と名付けられた。 アマチュアミュージシャンのオーディションも今年からと共同で開催され、今年度は4組が準グランプリを獲得した。 観客動員数(有料エリア・無料エリア合計)は2日間で10万人を記録した。 出演者 [ ] 日程 ステージ 出演者 1日目 () メインステージ・雷神ステージ• (オープニングアクト)• (パフォーマー)• TKO(パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー) フリーエリア・風神ステージ• R指定• Caramel• シナリオアート• THE TWISTED HARBOR TOWN• 04 Limited Sazabys• (イナズマゲート選出)• (イナズマゲート選出)• フリーエリア・龍神ステージ• ANZEN漫才• ウドントミカン• さすらいラビー• ストレッチーズ• 土佐兄弟• 街裏ぴんく• (MC)• (、MC) 2日目 () メインステージ・雷神ステージ• Revolution• (オープニングアクト)• (ゲスト)• Half time Old(イナズマゲート2013優勝者)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー) フリーエリア・風神ステージ• ベリーグッドマン• (イナズマゲート選出)• (イナズマゲート選出)• フリーエリア・龍神ステージ• オーストラリア• く~ぽん• ゴールデンエイジ• ストーンクラブ• はるちゃん• 向山和孝とTHEコンプレックス199X• 大岩Larry正志(MC)• 柴田英嗣(アンタッチャブル、MC) 2015年 [ ] 出演者 [ ] 日程 ステージ 出演者 1日目 () メインステージ・雷神ステージ• ももいろクローバーZ• NMB48• UVERworld• (オープニングアクト)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー) フリーエリア・風神ステージ• AKIRA• Civilian Skunk• 愛笑む• Thinking Dogs• (Eggs選考)• (Eggs選出)• ねぇ、忘れないでね。 (イナズマゲート選出)• tayuta フリーエリア・龍神ステージ• ウドントミカン• タリキ• とかげベイベー• 深河あきら• PON PON• one's wishes-D• 大岩Larry正志(MC)• 柴田英嗣(アンタッチャブル、MC) 2日目 () メインステージ・雷神ステージ• Revolution• UVERworld• (オープニングアクト)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー)• (パフォーマー) フリーエリア・風神ステージ• NOISEMAKERS• MAGIC OF LIFE• THE Hitch Lowke• Signal• ASH DA HERO• (Eggs選考)• カノエラナ(Eggs選出)• ねぇ、忘れないでね。 (イナズマゲート選出)• 密会と耳鳴り フリーエリア・龍神ステージ• カズマ・スパーキン• 木下洸希• サかナ• チバハラ• マーチ• もりせいじゅ• one's wishes-D• 大岩Larry正志(MC)• (MC) 2016年 [ ] この年は9月17・18日に開催されたが、18日夕刻に発生した落雷の影響によりイベントは途中中止と制なり、主宰者の西川が謝罪した。 二日間で10万人の動員。 出演者 [ ] 日程 ステージ 出演者 1日目 (9月17日) メインステージ・雷神ステージ• Revolution• ファンキー加藤• ソナーポケット• GRANRODEO• SPYAIR• ももいろクローバーZ• BOYS AND MEN(オープニングアクト)• 学天即(パフォーマー)• ダイアン(パフォーマー)• なかやまきんに君(パフォーマー)• ハイキングウォーキング(パフォーマー)• ハリウッドザコシショウ(パフォーマー) フリーエリア・風神ステージ• Qaijff• Civilian Skunk• PassCode• THE BEAT GARDEN• Brian the Sun• ベリーグッドマン• 妄想キャリブレーション• リアクション ザ ブッタ• ねぇ、忘れないでね。 「イナズマゲート 2015」グランプリ• みきなつみ• ReVision of Sence• A11yourDays 「イナズマゲート 2016 supported by Eggs」準グランプリ フリーエリア・龍神ステージ• 大岩Larry正志(MC)• THE ORAL CIGARETTES• HKT48• ゲスの極み乙女• MAN WITH A MISSION(中止)• UVERworld(中止)• Revolution(中止)• 04 Limited Sazabys(オープニングアクト)• インポッシブル(パフォーマー)• カラテカ(パフォーマー)• 東京ダイナマイト(パフォーマー)• とにかく明るい安村(パフォーマー) フリーエリア・風神ステージ• AKIRA• あゆみくりかまき• The Winking Owl• THE Hitch Lowke• 篠崎愛• BAND-MAID• FABLED NUMBER• MAGIC OF LiFE• ミオヤマザキ• AUSTINES• CASPA• RAF CHRONICLE 「イナズマゲート 2016 supported by Eggs」準グランプリ フリーエリア・龍神ステージ• 大岩Larry正志(MC)• イナズマロックフェス2016リターンズは途中で終了となった前年の9月18日公演のチケット購入者を対象に無料で行われた。 しかし本祭2日目の17日は接近により観客の安全を考慮したため中止が決定された。 また17日の出演者には堂本剛がラインナップされていたが、突発性難聴による体調不良のため8月1日に出演キャンセルが発表された。 出演者 [ ] 日程 ステージ 出演者 リターンズ 9月15日 メインステージ・雷神ステージ• MAN WITH A MISSION• UVERworld• Revolution フリーエリア・風神ステージ• Charisma. com• GIRLFRIEND• ココロオークション• DJ和• 天才凡人• 根のシン• バンドじゃないもん!• EggPlant• Rani• ロッカジャポニカ 日程 ステージ 出演者 1日目 9月16日 メインステージ・雷神ステージ• Revolution• KEYTALK• 04 Limited Sazabys• THE ORAL CIGARETTES• Fear,and Loathing in Las Vegas• UVERworld• EXILE THE SECOND• 感覚ピエロ(オープニングアクト)• ニューヨーク(パフォーマー)• カラテカ(パフォーマー)• フースーヤ(パフォーマー)• 原口まさあき(パフォーマー)• 藤崎マーケット(パフォーマー)• アキナ(パフォーマー) フリーエリア・風神ステージ• XOX• Cloque. The Winking Owl• Sunrise In My Attache Case• Swimy• バンドハラスメント• FABLED NUMBER• フレンズ• Migimimi sleep tight• 三戸なつめ• LAID BACK OCEAN• ReN フリーエリア・龍神ステージ• 大岩Larry正志(MC)• 浅越ゴエ(MC) 2日目 9月17日 中止 メインステージ・雷神ステージ• Revolution• 和楽器バンド• THE RAMPAGE from EXILE TRIBE• NICO Touches the Walls• ももいろクローバーZ• Lenny code fiction(オープニングアクト)• 霜降り明星(パフォーマー)• コマンダンテ(パフォーマー)• ヒロシ(パフォーマー)• 東京ダイナマイト(パフォーマー)• かまいたち(パフォーマー)• あゆみくりかまき• lol-エルオーエル-• A11yourDays• ORANGE POST REASON• CRAZY VODKA TONIC• コアラモード. the peggies• 東狂アルゴリズム• フェイクブルー• Bentham• 夢みるアドレセンス• わーすた フリーエリア・龍神ステージ• 大岩Larry正志(MC)• アインシュタイン(MC) 2018年 [ ] 初開催から10年目の記念公演としてイベント初の3日間開催となった。 前年台風による公演中止で出演できなかったアーティストが再集結し、3日間の観客動員数は過去最大の15万人(有料エリア、無料エリア合計)となった。 出演者 [ ] 日程 ステージ 出演者 1日目 (9月22日) メインステージ・雷神ステージ• LUNA SEA• UVERworld• 欅坂46• ゴールデンボンバー• 和楽器バンド• ROTTENGRAFFTY• 西川 貴教• Lenny code fiction(オープニングアクト)• コマンダンテ(パフォーマー)• 霜降り明星(パフォーマー)• スーパーマラドーナ(パフォーマー)• トレンディエンジェル(パフォーマー)• ヒロシ(パフォーマー)• ミサイルマン(パフォーマー) フリーエリア・風神ステージ• 愛笑む• コアラモード. CIVILIAN SKUNK• Cellchrome• DUFF• 東狂アルゴリズム• ハンブレッダーズ• ほのかりん• LAID BACK OCEAN• わーすた• ザ・モアイズユー イナズマゲート 2017 supported by Eggs 準グランプリ フリーエリア・龍神ステージ• 大岩Larry正志(MC)• ギャロップ(MC) 2日目 (9月23日) メインステージ・雷神ステージ• THE ORAL CIGARETTES• abingdon boys school• Fear, and Loathing in Las Vegas• 04 Limited Sazabys• 超特急• BiSH• NICO Touches the Walls• Thinking Dogs(オープニングアクト)• アインシュタイン(パフォーマー)• じゅんいちダビッドソン(パフォーマー)• 永野(パフォーマー)• ひょっこりはん(パフォーマー)• フースーヤ(パフォーマー)• U字工事 (パフォーマー) フリーエリア・風神ステージ• 新しい学校のリーダーズ• あゆみくりかまき• lol• オメでたい頭でなにより• Xmas Eileen• CRAZY VODKA TONIC• 砂糖ココアとHinawa銃• 西沢幸奏• POT• 魔法少女になり隊• reGretGirl フリーエリア・龍神ステージ• 大岩Larry正志(MC)• アインシュタイン(MC) 3日目 (9月24日) メインステージ・雷神ステージ• Revolution• ENDRECHERI• KEYTALK• BLUE ENCOUNT• Sonar Pocket• THE RAMPAGE from EXILE TRIBE• ベリーグッドマン(オープニングアクト)• アキナ(パフォーマー)• アキラ100%(パフォーマー)• 浅越ゴエ(パフォーマー)• ダイアン(パフォーマー)• 東京ダイナマイト(パフォーマー)• 藤崎マーケット(パフォーマー) フリーエリア・風神ステージ• Saucy Dog• the peggies• SpecialThanks• Chuning Candy• 超能力戦士ドリアン• バニラビーンズ• Pulse Factory• Bentham• 夢みるアドレセンス• レルエ• ソウルズ イナズマゲート2018 グランプリ フリーエリア・龍神ステージ• 大岩Larry正志(MC)• 浅越ゴエ(MC) 脚注 脚注 []• (滋賀県「滋賀プラスワン」 平成26年(2014年)1・2月号 vol. 147)• (県政eしんぶん)• BARKS 2017年9月18日. 2017年9月22日閲覧。 デイリースポーツ 2017年9月19日. 2017年9月22日閲覧。 関連項目 [ ]• - 当フェスの発起人。 ・ - 滋賀県のご当地グルメ。 2010年、2011年の開催時にコラボレーション商品が販売された。 (e-radio) - 関連番組『イナズマロックレディオ』を放送。 タボくん - 西川貴教をモチーフに誕生した、イナズマロック フェス公式キャラクター。 外部リンク [ ]• (滋賀県)•

次の

「イナズマロック フェス 2017」2日目は台風の影響で中止に

イナズマ ロック フェス

「イナズマロック フェス 2019」が滋賀県草津市の烏丸半島芝生広場にて、2019年9月21日 土 、22日 日 の期間で開催される。 2009年にスタートし、今回で11回目の開催となる「イナズマロックフェス」。 琵琶湖の水質保全と地域振興を目的に、西川貴教が発起人としてスタートした本イベントは、全国から毎年数万人規模の来場者を動員する日本屈指の大型野外音楽フェスだ。 21日 土 の雷神ステージには、Da-iCE、超特急、西川貴教、UVERworld、日向坂46らが出演。 22日 日 には、Dragon Ash、ゲスの極み乙女。 、ももいろクローバーZ、キュウソネコカミ、abingdon boys school、打首獄門同好会らが登場する。 また、無料で入場可能な風神ステージでも、COLOR CREATIONやたこやきレインボー、バックドロップシンデレラといったアーティストが出演。 今後随時発表される出演アーティストにも期待したい。 さらに、21日 土 ・22日 日 の2日間、雷神ステージにはお笑い芸人がパフォーマーとして登場。 トレンディエンジェル、三四郎、トム・ブラウン、ひょっこりはん、尼神インターといった人気芸人たちが会場を盛り上げる。 【詳細】 イナズマロック フェス 2019 開催日:2019年9月21日 土 ・22日 日 開催時間:開場 12:00/開演 14:00/終演 20:00 各日共通、予定 会場:滋賀県草津市 烏丸半島芝生広場 滋賀県琵琶湖博物館西隣 多目的広場 住所:滋賀県草津市下物町1091琵琶湖博物館西隣多目的広場 <出演アーティスト> ・9月21日 土 ライブエリア・雷神ステージ:UVERworld/Da-iCE/超特急/西川 貴教/日向坂46 ほか フリーエリア・風神ステージ:COLOR CREATION/たこやきレインボー/東京力車/THE BEAT GARDEN/revenge my LOST ほか ・9月22日 日 ライブエリア・雷神ステージ:abingdon boys school/打首獄門同好会/キュウソネコカミ/ゲスの極み乙女。 【問い合わせ先】 キョードーインフォメーション TEL:0570-200-888 10:00~18:00.

次の

西川貴教が『イナズマロック フェス 2018』を振り返る<インタビュー前編>

イナズマ ロック フェス

2019年に北陸の音楽フェスとして確固たる地位を築き上げた本イベントは、8年目を迎えます。 出演アーティストは2日間で約70組以上を予定しています。 ステージ・運営に必要な全ての電力を廃油から精製されるバイオディーゼルでまかない、中学生以下は入場無料にするなど、環境と音楽の未来を考えたイベントとなっています。 全アーティストが観られるタイムテーブルも魅力です。 」は、エレキコミックのやついいちろうが主催する大型エンタメフェス。 今年で9回目を迎え、渋谷エリア最大となる都市型周遊フェスとして例年以上のボーダーレスな出演者がラインナップする予定です。 2019年はイベントのサブ・タイトルを【倍返しです!喰らいな祭】として、初の4日間に渡って開催し、大成功を収めました。 今回も豪華アーティストが集結する予定です。 2003年から福岡で行われていた「HIGHER GROUND」の後続イベントとして2014年から開催。 毎年豪華なラインナップが話題を呼び、九州を代表する夏フェスとなっています。 今年のテーマは「ジャイガをもっと快適に」とし、過ごしやすいフェス環境となる予定です。 今回はさらに1ステージ追加し、3ステージで1日約20組のアーティストが出演。 ポップスとロックを中心にしながらも、ジャンルの偏らない多種多様なアーティストが集結します。 開催20周年を迎えた2019年は5日間で合計約34万人が来場しました。 2014年以来毎年2週に渡って開催されてきましたが、2020年はオリンピックの影響により1週のみ3日間での開催となります。 1999年にスタートし、日本の4大夏フェスと呼ばれる内の1つとして知られています。 開催21回目を迎えた2019年は、NUMBER GIRLの復活ライブが行われるなど話題を呼びましたが、台風の影響により、RSRの歴史の中でも初の1日開催中止に。 今年の分も合わせて、2020年はこれまで以上にパワーアップしたRSRとなること間違いなしです。 毎年7月に行われていましたが、オリンピックイヤーとなる2020年は8月に3日間に渡り開催されます。 豪華アーティストが香川に集結し、暑い四国の夏を盛り上げてくれます。 2020年に節目となる25回目の開催を迎えます。 世界文化遺産に登録されている富士山と、その富士山に一番近い湖の山中湖を望むロケーションで、音楽を楽しむことができます。 今年のテーマは「COLORS」とし、色鮮やかな照明やレーザーの閃光、映像や炎の演出など、次々と変幻するステージの上で、アーティストによる個性豊かな音楽とパフォーマンスを楽しめる予定です。 MAN WITH A MISSIONの10周年を記念して、1日目をフェス形式、2日目を野外ワンマンライブで開催。 フェスの聖地・苗場に国内外の豪華アーティストが集結します。 出演は、zebrahead、10-FEET、BAD RELIGION、BIG MAMA、FUNKISTなど。 昨年に続き2日間に渡って開催され、今年はオートキャンプサイトを新たに設立。 さらにキャンプが苦手な方でも快適に宿泊できる「バンガロー」やお手頃価格で共同宿泊できる「キャビン」など、お好きなスタイルで宿泊可能です。 プールやBBQ、フードやショップなど「ONE MUSIC CAMP」ならではの遊びを楽しむこともできます。 2020年8月29日(土)・30日(日) 会場:大阪 泉大津フェニックス 「RUSH BALL」は、関西の夏の風物詩となっている野外フェス。 開催22回目を迎える今回も2日間に渡って開催されます。 5月に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で9月に延期。 2020年9月12日(土)・13日(日) 会場:大阪 泉大津フェニックス 「HAZIKETEMAZARE FESTIVAL」は、HEY-SMITHが主催する野外フェス。 2010年にスタートし、今年で開催10周年を迎えます。 アニバーサリーイヤーとなる今回は2日間に渡って日本を代表するロック・バンドが集結する予定です。 2020年9月19日(土)・20日(日) 会場:滋賀 烏丸半島芝生広場 「イナズマロックフェス」は、滋賀ふるさと観光大使を務める西川貴教(T. Revolution)が主催する野外フェス。 琵琶湖の水質保全と地域振興をテーマに掲げて2009年にスタート。 昨年は計9万5千人の観客を動員しました。 今回はフェス開催期間中に西川貴教が50歳の誕生日を迎えるスペシャルイヤーとなりそうです。 2019年に20周年を迎えたサマソニ。 2020年は東京オリンピックの影響でサマソニの開催はありませんが、本家に負けない豪華で多彩なラインナッにて開催される予定です。 2014年にスタートし、毎年夏にタルイサザンビーチ(大阪府泉南市)で開催。 国際色豊かな出演者たちが創り上げるステージと、世代を超えて誰もが楽しめるコンテンツを融合させた独自のジャンルが魅力となっています。 2020年9月19日(土)・20日(日) 会場:群馬 水上高原リゾート200 ゴルフコース 「New Acoustic Camp」は、OAUがオーガナイズを務めるキャンプフェス。 全てのアーティストがアコースティック編成で登場し、毎年話題を呼んでいます。 昨年は5つのステージに50組を超すアーティストが出演し、のべ約25000人が来場。 開催11年目を迎える今年も一面に広がる芝の絨毯と白樺の木々が爽快な気分を演出する会場内に個性的な飲食ブースが軒を連ね、様々な趣向のワークショップも数多く出展される予定です。 2020年9月26日(土)・27日(日) 会場:岐阜 中津川公園内特設ステージ 「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」は、シアターブルックの佐藤タイジが主催する野外ロックフェス。 イベントに使用する電力を太陽光エネルギーでまかなう、地球に優しいフェスとして知られています。 中津川で7回目の開催となり、昨年も30,000人を超える観客を動員するなど、大きな盛り上がりを見せました。 今年はさらに充実した、様々なリニューアルプランも計画しています。 5月に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で10月に延期。 国内外からダンスミュージック界を牽引するDJが登場し、毎年の豪華なラインナップにクラブミュージック好きから注目されています。 2020年10月3日(土)・4日(日) 会場:大阪 泉南市タルイサザンビーチ 「MUSIC CIRCUS」は、「音+遊」を丸一日堪能できる西日本最大級のビーチフェス。 9月に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で10月に延期。 2014年にスタートし、毎年夏にタルイサザンビーチ(大阪府泉南市)で開催。 国際色豊かな出演者たちが創り上げるステージと、世代を超えて誰もが楽しめるコンテンツを融合させた独自のジャンルが魅力となっています。 2018年に初開催され豪華アーティストの出演で話題となりました。 今年は例年より遅めの開催となりますが、過去最多の60組以上のアーティストの出演が予定されています。 3月に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で2021年1月に延期。 日本では2014年、2016年と過去2回の開催で、10万人が来場しました。 今回4年ぶりに再上陸を果たすことになります。 4月に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で来年へ延期となり、4日間開催が決定しました。 ここでしか見ることのできないアーティストのセッション企画のほかにもキャンプやアウトドアアクティビティを楽しむこともできます。 1999年にスタートし、日本の4大夏フェスと呼ばれる内の1つとして知られています。 2020年8月に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で2021年に延期が決定。 開催21回目を迎えた2019年も台風の影響により初の1日開催中止に。 昨年と今年の分も合わせて、2021年はこれまで以上にパワーアップしたRSRとなること間違いなしです。 2020 2020年2月1日(土)・2日(日) 会場:愛知 PORT MESSE NAGOYA 「BLARE FEST. 」はcoldrainの主催ライブイベント<BLARE DOWN BARRIERS>の流れをくむ音楽フェス。 出演は氣志團、SiM、サンボマスター、MAN WITH A MISSION、など。 7年目を迎える2020年も「ずっとロック、これからもロック。 」を合言葉に、「BARK STAGE」と「ROAR STAGE」の2ステージで開催されます。 幕張メッセでの開催は3度目ですが、今回は1DAYのみ。 これまでの2DAYSに負けないようにフェスの楽しさや醍醐味をギュッと濃縮し、新しい音楽との出会いの場となる予定です。 日本では2014年、2016年と過去2回の開催で、10万人が来場しました。 今回4年ぶりに再上陸を果たすことになります。 近年ではフランスやスペイン、オーストラリアでも開催されており、2019年はついに日本へ上初陸。 豪華アーティストが集結し、2万人を動員して大成功を収めました。 出演アーティストはMy Chemical Romance、THE OFFSPRING、Evanescenceなど。 会場の愛知県最大級の大型公園モリコロパークは緑豊かなロケーションで、春の気持ちのよい気候の中ライブを楽しむことができます。 2020年東京オリンピックに合わせて、国籍・老若男女問わずに楽しめるフェスにパワーアップ。 豪華アーティストによるライブやショッピングエリア、多彩なアクティビティはもちろん、キャンプビギナーでも存分に楽しめるニューエリアが登場するなど、目が離せないホットなトピックスが盛りだくさんとなる予定です。 「世界TOP10フェスティバル」にも選ばれ、世界中から注目を集めています。 11年目を迎える2020年も東伊豆ならではの食材を使ったフードコートやカフェ、子供も遊べるキッズエリアが完備され、世代を問わず満足できる3日間となる予定です。 2020年4月18日(土)〜8月30日(日) 会場:神奈川 三浦海岸海水浴場 「OTODAMA SEA STUDIO」は、春夏限定でオープンする海の家のライブハウス。 昨年の台風15号による被害も乗り越え、三浦半島のビーチを盛り上げて地域活性化の一翼を担うべく、今年も開催されます。 16年目を迎える今回は、過去最速の4月18日からスタートし、日替わりで多数のアーティストが出演する予定です。 10周年のアニーバサリーイヤーとして待望の日本開催が実現。 ここでしか見ることのできないアーティストのセッション企画のほかにもキャンプやアウトドアアクティビティを楽しむこともできます。 6年目を迎えた昨年はさいたまスーパーアリーナ内を巨大スペースとして使用する「スタジアムモード」に挑戦し、フリーエリアを含めて16万人以上が来場しました。 東京オリンピック開催の年である2020年も4日間に渡って開催されます。 2019年は3日間で約11万人が来場しました。 日本全国から素敵なモノやおいしいごはんが市場へと集まり、素晴らしい音楽が複数のステージで演奏されます。 チケットがお手頃価格なことも嬉しいポイントです。 2020年も東京・大阪の2会場で開催し、各会場豪華アーティストが出演する予定です。 国内外からダンスミュージック界を牽引するDJが登場し、毎年の豪華なラインナップにクラブミュージック好きから注目されています。 2020年も東京・大阪の2会場で開催し、各会場豪華アーティストが出演する予定です。 GO OUT CAMP 猪苗代 vol. 会場は東北アウトドアの聖地「猪苗代湖」湖畔にある天神浜オートキャンプ場。 心地良い場所と規模で、リラックスしながらキャンプと共に音楽やアクティビティを存分に楽しむことができます。 2019年に初開催され、多くの音楽ファンの好評を博しました。 世界でもトップ・クオリティを誇るラインナップはもとより、野外フェスに新基準をもたらすフードコートやデコレーションも更なるヴァージョン・アップが企画されています。 ビクターの魅力あふれるアーティストのステージをお楽しみに。 Download Festival Japan 2019 2019年3月21日(木・祝) 会場:千葉 幕張メッセ 「Download Festival」はイギリスで始まったライブ・ネイション主催のラウドロックフェス。 近年ではフランスやスペイン、オーストラリアでも開催されており、2019年はついに日本へ上陸します。 出演アーティストはオジー・オズボーン、スレイヤーなど。 ツタロックフェス2019 3月30日(土)・31日(日) 会場:千葉 幕張メッセ国際展示場9~11ホール 「ツタロックフェス」はTSUTAYA RECORDSが展開するキャンペーン「ツタロック」の一環として始まった音楽フェス。 2019年は幕張メッセにて初の2DAYS開催です。 会場の愛知県最大級の大型公園モリコロパークは緑豊かなロケーションで、春の気持ちのよい気候の中ライブを楽しむことができます。 開催11回目を迎える今回はキャンプ専用ドッグランも併設され、音楽好きだけでなく家族連れでも楽しめる予定です。 ARABAKI ROCK FEST. 19 2019年4月27日(土)・28日(日) 会場:宮城 みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく 「ARABAKI ROCK FEST」は東北の「春フェス」の代名詞として知られている、人気の野外フェス。 ここでしか見ることのできないアーティストのセッション企画のほかにもキャンプやアウトドアアクティビティを楽しむこともできます。 RAINBOW DISCO CLUB 2019 2019年4月27日(土)〜29日(月・祝) 会場:静岡 東伊豆クロスカントリーコース特設ステージ 「RAINBOW DISCO CLUB」は音楽とアートで人々をつなぐ野外フェス。 自然に囲まれた東伊豆クロスカントリーコースを舞台に、今年で10周年を迎えます。 ダンスミュージックを中心としたラインナップのほかにもハンモックカフェや地元食材を使った充実のフードコート、キッズエリア等があり、子どもから大人まで音楽とアウトドアを楽しめます。 6回目を迎える2019年は初の4日間開催となります。 今勢いのある国内アーティストを中心に、約100組のアーティストが出演予定です。 JAPAN JAM 2019 2019年5月4日(土・祝)〜6日(月・振休) 会場:千葉 千葉市蘇我スポーツ公園 「JAPAN JAM」は、ロッキング・オン・ジャパン主催の野外フェス。 2018年は芝生エリアや移動ゲートが拡大し、さらに快適に過ごすことができました。 フェス初心者でも参加しやすい野外フェスとして、2019年も新たな形を見せてくれそうです。 EDC Japan 2019 2019年5月11日(土)・12日(日) 会場:千葉 ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場 「EDC Japan」は2017年4月にアジア初上陸として開催された、世界最大級のダンス・ミュージック・フェスティバル。 3度目の開催となる2019年はEDMに限らず幅広いジャンルのアーティストが集結し、本場の「EDC」さながらの世界観とド迫力の演出で、熱狂必至のフェスとなる予定です。 THE STAR FESTIVAL 2019 2019年5月18日(土)・19日(日) 会場:京都 スチールの森京都 「THE STAR FESTIVAL」は森の中で国内外から選りすぐりのジャンルレスなダンスミュージックを楽しめるキャンプフェス。 毎年の豪華なラインナップにクラブミュージック好きから注目されています。 音楽ファンはもちろんのこと、家族連れやキャンパーも存分にライブやワークショップを楽しむことができます。 2019年も東京・大阪の2会場で開催し、各会場30組以上のアーティストが出演します。 日本全国から素敵なモノやおいしいごはんが市場へと集まり、素晴らしい音楽が複数のステージで演奏されます。 チケットがお手頃価格なことも嬉しいポイント。 2019年は遊園地のプールも楽しめる予定です。 GO OUT CAMP 猪苗代 vol. 6 2019年5月31日(金)〜6月2日(日) 会場:福島 天神浜オートキャンプ場 「GO OUT CAMP 猪苗代」は、アウトドアファッション雑誌「GO OUT」が提案する、日本最大級のおしゃれでゆるいキャンプフェス。 会場は東北アウトドアの聖地「猪苗代湖」湖畔にある天神浜オートキャンプ場。 心地良い場所と規模で、リラックスしながらキャンプと共に音楽やアクティビティを存分に楽しむことができます。 開催7回目を迎える今回も、2日間で約70組以上のアーティストの出演が予定されています。 YATSUI FESTIVAL! 」はエレキコミックのやついいちろうが主催する大型エンタメフェス。 8回目を迎える今回も渋谷に300組近いアーティストが集まる予定です。 京都大作戦2019 ~倍返しです!喰らいな祭~ 2019年6月29日(土)・30日(日)・7月6日(土)・7日(日) 会場:京都 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ 「京都大作戦」は10-FEETが主催する野外フェス。 昨年のフェスが悪天候により中止になったことを受けて、今年は4日間に渡って開催されます。 例年以上の盛り上がりを見せそうです。 ライブステージのみならず、会場内の遊園地、キャンプ、地元食材を使用したフードなども楽しむことができます。 S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019 2019年7月13日(土)・14日(日) 会場:千葉 幕張海浜公園 S2O JAPAN特設会場 「S2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL」は、 2015年にタイのバンコクで初開催された音楽フェス。 2018年に日本初上陸し、2日間で延べ2万人を動員しました。 J-WAVE LIVE 20th ANNIVERSARY EDITION 2019年7月13日(土)〜15日(祝・月) 会場:神奈川 横浜アリーナ 「J-WAVE LIVE」はFMラジオ局J-WAVEが主催する大型ライブイベント。 開催20回目を迎える今回も、J-WAVEと縁のある豪華なアーティストたちがコラボステージを繰り広げます。 FM802 30PARTY MEET THE WORLD BEAT 2019 2019年7月21日(日) 会場:大阪 万博記念公園自然文化園もみじ川芝生広場 「FM802 MEET THE WORLD BEAT」は、FM802が主催する日本最大規模の野外フリーコンサート。 「ラジオで音楽を伝え、ライブでアーティストを伝える」というコンセプトのもとに開催され、今年で30周年を迎えます。 同局にゆかりのあるアーティストを迎え、アニバーサリーイヤーにふさわしい豪華な競演が楽しめる予定です。 a-nation 2019(青森) 2019年7月20日(土) 会場:青森 青森港新中央埠頭特設会場 2019年7月27日(土) 会場:三重 ナガシマスパーランド 芝生広場野外特設ステージ 2019年8月3日(土) 会場:福岡 シーサイドももち海浜公園地行浜地区特設会場 2019年8月17日(土)・ 18日(日) 会場:大阪 ヤンマースタジアム長居 「a-nation」は2002年ににスタートしたエイベックス主催の野外フェス。 豪華ヘッドライナーやジャンルの垣根を越えたアーティストラインナップで、これまで延べ598万人以上を魅了してきました。 今年は青森、三重、福岡、大阪の4会場にて開催されます。 世界の重要音楽フェス3位に選出され、野外フェスシーンのパイオニアとして現在では世界中から注目を集めています。 世界各地から集結した超豪華アーティストの他にも、食、アート、アトラクション、映画など様々なコンテンツを楽しむことができます。 OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol. 10 2019年7月26日(金)〜28日(日) 会場:秋田 男鹿市船川港内特設ステージ 「OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL」は音楽を通じて男鹿の美しい自然の魅力を伝える地元密着型音楽フェス。 地域活性化をテーマに2007年にスタートし、「男鹿フェス」の愛称で親しまれ今年野外開催10回目を迎えます。 a-nation 2019(三重) 2019年7月20日(土) 会場:青森 青森港新中央埠頭特設会場 2019年7月27日(土) 会場:三重 ナガシマスパーランド 芝生広場野外特設ステージ 2019年8月3日(土) 会場:福岡 シーサイドももち海浜公園地行浜地区特設会場 2019年8月17日(土)・ 18日(日) 会場:大阪 ヤンマースタジアム長居 「a-nation」は2002年ににスタートしたエイベックス主催の野外フェス。 豪華ヘッドライナーやジャンルの垣根を越えたアーティストラインナップで、これまで延べ598万人以上を魅了してきました。 今年は青森、三重、福岡、大阪の4会場にて開催されます。 10周年を迎えるTIF2019では、 10周年にちなんだ企画も展開される予定です。 りんくうビーチフェス 2019 2019年8月3日(土)・4日(日) 会場:愛知 常滑りんくうビーチ特設会場 「りんくうビーチフェス」は2016年にスタートした水着で気軽に参加できるリゾート型音楽フェス。 出演アーティストには東海エリアで活躍するDJ陣やライブアクト、ダンサーを迎え、眼前に広がる海と音楽を楽しむことができます。 SUPやカイトサーフィンなど夏ならではのコンテンツも盛りだくさんの予定です。 a-nation 2019(福岡) 2019年7月20日(土) 会場:青森 青森港新中央埠頭特設会場 2019年7月27日(土) 会場:三重 ナガシマスパーランド 芝生広場野外特設ステージ 2019年8月3日(土) 会場:福岡 シーサイドももち海浜公園地行浜地区特設会場 2019年8月17日(土)・ 18日(日) 会場:大阪 ヤンマースタジアム長居 「a-nation」は2002年ににスタートしたエイベックス主催の野外フェス。 豪華ヘッドライナーやジャンルの垣根を越えたアーティストラインナップで、これまで延べ598万人以上を魅了してきました。 今年は青森、三重、福岡、大阪の4会場にて開催されます。 ジャイガ -OSAKA GIGANTIC ROCK FES 2019- 2019年8月3日(土)・4日(日) 会場:大阪 舞洲スポーツアイランド 「ジャイガ」は2017年に「WEST GIGANTIC CITYLAND」の名前でスタートした野外フェス。 ネーミングをリニューアルし開催された昨年も豪華ラインナップや過ごしやすい会場、夏を満喫できるロケーションで大成功を収めました。 ポップスとロックを中心にしながらも、ジャンルの偏らない多種多様なアーティストが集結します。 ホットフィールド2019 2019年8月3日(土)・4日(日) 会場:富山 黒部市宮野運動公園 「ホットフィールド」は富山の美しい夕日と共に素晴らしい音楽を自由なスタイルで楽しめる野外フェス。 夏の太陽の下に響く音楽に身体を揺らし、フカフカの芝生の上で寝転び、時には涼しい木陰で一休憩という非日常を楽しむことができます。 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019 2019年8月3日(土)・4日(日)、10日(土)〜12日(月・振休) 会場:茨城 国営ひたち海浜公園 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」は日本最大級の野外フェス。 2018年は4日間で約27万6,000人を動員し、チケットは全日ソールドアウト。 2019年は開催20回目を記念して5日間で開催されます。 「大人の文化祭」を目指したお祭りをコンセプトに、磐梯山と猪苗代湖に包まれた壮大なロケーションの中で音楽や芸術、食など様々な「文化」を楽しむことができます。 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO 2019年8月16日(金)・17日(土) 会場:北海道 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ 「RISING SUN ROCK FESTIVAL」は日本初の本格的オールナイト野外ロックフェス。 1999年にスタートし、日本の4大夏フェスの1つとして知られています。 開催20回目を迎えた2018年は、2日間で約7万4000人を動員。 今年も北海道の大自然の中で音楽と共に朝陽を迎えましょう。 SUMMER SONIC 2019 2019年8月16日(金)〜18日(日) 会場:千葉 ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ/大阪 舞洲サマーソニック大阪特設会場 日本最大の都市型音楽フェス「SUMMER SONIC 2019」。 サマーソニックは海外のビッグアーティストから注目の新人まで豪華ラインナップが揃う夏フェスの代表的なイベントとなっています。 2019年は開催20周年を記念して3日間開催されます。 a-nation 2019(大阪) 2019年7月20日(土) 会場:青森 青森港新中央埠頭特設会場 2019年7月27日(土) 会場:三重 ナガシマスパーランド 芝生広場野外特設ステージ 2019年8月3日(土) 会場:福岡 シーサイドももち海浜公園地行浜地区特設会場 2019年8月17日(土)・ 18日(日) 会場:大阪 ヤンマースタジアム長居 「a-nation」は2002年ににスタートしたエイベックス主催の野外フェス。 豪華ヘッドライナーやジャンルの垣根を越えたアーティストラインナップで、これまで延べ598万人以上を魅了してきました。 今年は青森、三重、福岡、大阪の4会場にて開催されます。 WILD BUNCH FEST. 2019 2019年8月23日(金)〜25日(日) 会場:山口 山口きらら博記念公園 「WILD BUNCH FEST. 」は1999年から2012年まで広島で開催されていた「SETSTOCK」の後継イベントとして、2013年に始まった野外フェス。 今年は3日間に拡大して開催。 海に浮かぶステージでのライブや花火など音楽とともに夏を満喫することができます。 2014年にスタートし、国際色豊かな出演者たちが創り上げるステージと、世代を超えて誰もが楽しめるコンテンツに注目です。 MONSTER baSH 2019 2019年8月24日(土)・25日(日) 会場:香川 国営讃岐まんのう公園 「MONSTER baSH」はモンバスの愛称で親しまれている中四国最大級の野外ロックフェス。 豪華アーティストが香川に集結し、暑い四国の夏を盛り上げ続け今年開催20周年を迎えます。 「空海」「龍神」と呼ばれる2つのメインステージの他に、アコースティックを楽しめる茶堂ステージなど、個性豊かな会場でそれぞれが音楽を楽しめる空間も魅力的。 記念すべき今回はさらなるパワーアップが期待されます。 キャンプインフェスとしては極めて珍しい広々としたプールを備えたロケーションも魅力的。 今年は開催10周年を記念して、初の2日間開催となります。 実力派シンガーの弾き語り、ロックバンドのアコースティックセットなど、スリリングなライブが魅力。 古き良き伝統を持ち、音楽と食をゆっくり楽しむ事ができます。 今年は金沢、軽井沢でも開催予定です。 SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019」 2019年8月30日(金)〜9月1日(日) 会場:山梨 山中湖交流プラザ きらら 「SWEET LOVE SHOWER」はSPACE SHOWERが主催する夏の野外フェス。 世界遺産にも登録されている山中湖の湖畔で、国内を中心とした豪華アーティストのライブを楽しめます。 全てのライブを観る事ができるタイムテーブル構成も魅力的です。 RUSH BALL 2019 2019年8月31日(土)・9月1日(日) 会場:大阪 泉大津フェニックス 「RUSH BALL」は関西の夏の風物詩となっている野外フェス。 開催21回目を迎える今回は「未来」をテーマに2日間に渡って開催されます。 2006年に青森県でスタートし、2017年より関東圏でも開催。 14回目を迎える今年は大阪と埼玉の2箇所で行われます。 世界的ビッグイベントに匹敵するアーティストラインナップで毎年話題に。 開催5回目を迎える今回はこれまでの三重・ナガシマスパーランドから会場を移し、日本初の国際空港直結の展示場である愛知・AICHI SKY EXPOにて2日間に渡り開催されます。 ULTRA JAPAN 2019 2019年9月14日(土)・15日(日) 会場:東京 TOKYO ODAIBA ULTRA PARK II 「ULTRA JAPAN」は世界各地で開催される大型フェス「ULTRA WORLDWIDE」の日本版音楽フェス。 過去5年間で延べ47万人以上を動員し、都市型ダンスミュージックフェスティバルとしてシーンを牽引してきました。 世界のトップDJが一同に集まり繰り広げられるハイレベルな音楽、圧倒的な迫力のステージや演出はもちろん、都市型だからこそ楽しめるファッション性の高さでも毎年話題に。 6回目を迎える今回は会場名やレイアウトを新たにし、2日間に渡って開催されます。 氣志團万博2019 2019年9月14日(土)・15日(日) 会場:千葉 袖ケ浦海浜公園 「氣志團万博」は氣志團が主催する野外フェス。 フェス形式になってから今年で8回目の開催を迎えます。 ジャンルを問わずロックバンドからアイドルまで、このフェスならではのラインナップに毎年多くの音楽ファンが集まります。 2008年に初開催し、2017年に3年の充電期間を経て復活。 小籔による完全プロデュースのアーティストラインナップやコヤソニならではのコラボ企画など、世代を問わず楽しむことができます。 rural 2019 2019年9月20日(金)〜23日(月・祝) 会場:長野 野沢温泉村 スタカ湖キャンプ場 「rural」は大自然の中で世界のアンダーグラウンドな音楽を堪能するオープンエアパーティ。 今や国内外から電子音楽フリークが集う祭典として音楽ファンの間で支持を集めています。 10周年を迎える今年は舞台を移し、長野県の野沢温泉村・スタカ湖キャンプ場にて4日間に渡って開催される予定です。 イナズマロックフェス 2019 2019年9月21日(土)・22日(日) 会場:滋賀 烏丸半島芝生広場 「イナズマロックフェス」は滋賀ふるさと観光大使を務める西川貴教(T. Revolution)が主催する野外フェス。 琵琶湖の水質保全と地域振興をテーマに掲げて2009年にスタートし、寄付総額は10年間で2650万円にのぼっています。 来場者は2万5千人を超え、その半数が家族連れ、1割が60歳以上と村祭り特有の3世代型野外音楽フェスとなっています。 GO OUT CAMPvol. 遊びとともに、子どもから大人まで、自由な時間を過ごすことができる、様々なアイテムやアクティビティの体験をパッケージしたフェスティバルとなっています。 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019 2019年9月28日(土)・29日(日) 会場:岐阜 中津川公園内特設ステージ 「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」はシアターブルックの佐藤タイジが主催する野外ロックフェス。 イベントに使用する電力を太陽光エネルギーでまかなう、地球に優しいフェスとして知られています。 夏の魔物2019 in SAITAMA 2DAYS 2019年9月1日(日) 会場:大阪 味園ユニバース 2019年9月28日(土)・29日(日) 会場:埼玉 東武動物公園 「夏の魔物」はSILLYTHINGのヴォーカル、成田大致が主催する野外ロックフェス。 2006年に青森県でスタートし、2017年より関東圏でも開催。 14回目を迎える今年は大阪と埼玉の2箇所で行われます。 埼玉公演ではフェス会場のほか園内施設にも入場することが可能となっており、気軽にロックフェスに触れられる試みが盛り込まれています。 りんご音楽祭2019 2019年9月28日(土)・29日(日) 会場:長野 松本市 「りんご音楽祭」は、豊富な自然と綺麗な水源に恵まれた長野県松本市で開催される野外音楽フェス。 PIA MUSIC COMPLEX 2019 2019年9月28日(土)・29日(日) 会場:東京 新木場 若洲公園 「PIA MUSIC COMPLEX」はぴあ主催の野外フェス。 2007年にぴあ創業35周年を記念して開催され、2017年に10年ぶりの復活を果たしました。 昨年は台風の影響で1日中止となりましたが、今年は昨年中止となった日の出演者や話題のニュー カマーなどバラエティ豊かなラインナップが予定されています。 昨年初開催され豪華アーティストの出演で話題となりました。 富士山の初冠雪と美しい赤富士が観られる時期にジャンルレスな豪華アーティストが集結し、自然とともに音楽を楽しむことができます。 ロットンとゆかりのあるアーティストはもちろん、ジャンルの壁を越え、レジェンドクラスのアーティストから芸人まで毎年豪華なラインナップでチケットは即日完売。 観客を「乗客」、ステージは「車両」、大小あるステージは「金閣」「銀閣」と名付けられるなど、京都出身の彼ららしい遊び心溢れるこだわりも要チェックです。 FM802 30PARTY FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2019 2019年12月25日(水)~27日(金) 会場:大阪 インテックス大阪 「FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY」はFM802が主催し、毎年年末に行われるロックの大忘年会。 FM802の開局30周年を記念して、今年は3日間に拡大して開催されます。 ステージにはその年の邦楽シーンを賑わせた多くのアーティストが出演。 今年も4日間に渡って年越しを盛り上げます。 text:AndMore! 編集部.

次の