佐野 市 浸水。 【台風19号】佐野市内の状況について

栃木・佐野に台風19号爪痕、秋山川決壊し被害多数

佐野 市 浸水

【動画・画像】秋山川の台風による氾濫情報 【】 で市内を流れる秋山川が氾濫し、複数の地区の住宅が浸水しています。 秋山川氾濫で、 道路冠水です。。 — いちのえびす IchinoYebisu 栃木 佐野市 秋山川 決壊 まだ川の勢いも止まりそうにないそうです。 — 三度の飯よりアイスが好き xsJnrzQX1uvYHMi 秋山川 氾濫 大橋町アンダー — ちむ chimchim12345 佐野市植野町 ベニマル付近の交差点、秋山川越水の様子です。 県は自衛隊に災害派遣要請をしました。 この方は大きな外傷もなく意識レベルもしっかりしてそうです。 助かってよかったと同時に、消防の方に感謝ですね。 — 三度の飯よりアイスが好き xsJnrzQX1uvYHMi 栃木県佐野市赤坂町 秋山川の現在の状況になります。 2019. 13 7:07 — 瑞己 9610StreMZK 秋山川氾濫しました😱家の前の道路、川になってる! — maru 1007menou 秋山川 氾濫 車が流れてるのは田島のベニマル — ちむ chimchim12345 秋山川溢れた — 주나 BB21BTS 佐野市では秋山川が氾濫。 従兄弟宅は氾濫した側と逆方面なので全く影響無いらしい。 陸と空も無事…。 自宅に止めてあった車は、泥は混入は、したものの無事走るらしい。 家も無事。 こう言った場合どちらが良かったのかな?勿論車の保証は無いだろう。 でも、何があるからわからないから避難が優先かな — 悠斗&海咲 0801Griffon ニュースは秋山川に集中してるけど、西の旗川も氾濫してたんだわ。 いたるところその痕が。 — 齋 武憲 佐野市民 仮 TAKENORIDER.

次の

佐野市浸水被害!台風19号で秋山川氾濫ツイッターの声

佐野 市 浸水

被害状況は 佐野市船津川町では「家の周りの道路が冠水して動けない」と住民から消防に通報があり、住民およそ50人が孤立した状態だということで、13日午後2時の時点で、消防が救助活動を行っているということです。 さらに、山あいにある氷室地区と野上地区、それに飛駒地区でも地区に通じる道路が土砂崩れで寸断されたため、住民が孤立した状態になっているということで、市は体調を崩した住民がいないか確認するとともに、道路の復旧を急ぐことにしています。 このほか、秋山川に掛かる3つの橋が濁流などで被害を受けたため、通行できなくなっているということです。 決壊した詳しい場所は 決壊した堤防では、同日午前、土嚢(どのう)などを用いた修復作業が始まったが、完了するめどは立たず、被害拡大が懸念されている。 現場は東武佐野線の佐野市駅から南西に約500メートル離れた場所で、付近には住宅街や店舗などが広がる。 孤立した住宅では、自衛隊や消防が救助活動を進めている。 市内では55カ所の避難所が設置され、住民らが不安な夜を過ごしたそうです。 関東を21時ごろ台風が過ぎ、この辺りに台風がきたのは深夜。 想像もつかないほどの雨量で、とうとう川が決壊し住宅街に水が流れ始めました。 台風から一夜明けて、住民らは膝下まで水に浸かりながら、住宅や店舗などに押し寄せた泥水を掻き出す作業に追われています。 堤防から十数メートル離れた場所に住む赤坂町の住人は「玄関の中まで水が押し寄せてきて、本当に怖かった。 しばらく家から出られなさそうで、買い置きがいつまでもつか」と不安そうな表情を浮かべたそうです。

次の

【動画】秋山川氾濫で栃木県佐野市が水没!決壊した場所や地図は?浸水被害状況!

佐野 市 浸水

【佐野】岡部正英(おかべまさひで)市長ら市幹部は30日の定例記者会見で、台風19号による市内の被害状況を説明した。 農業や商工業、公共インフラなどの被害総額は100億円超に上り、さらに膨らむ見通しだ。 浸水を受けた家具などの災害ごみは7500トンに達し、処理には少なくとも1年を要する見込み。 大木聡(おおきさとし)総合政策部長は災害対応に向けた補正予算について「特に道路、商工業などの被害に重点を置いたものになると考えている」と説明した。 農作物や農機具、水利施設など農業に関する被害は推計で計約23億4700万円に上った。 特に田島町、並木町、柿平町の農地で甚大な被害が生じたという。 作物別ではイチゴやコメ、ナシの被害が多かった。 公園や河川、市道などの公共インフラの被害は35億円以上に上るほか、商店や事業所など商工業への被害は概算で48億円に達した。 農業、商工業、公共インフラの合計では現時点で被害額が100億円を超える計算だ。 公共インフラ、商工業の被害額は今後も大幅に増えるとみられるという。 床上・床下浸水は計約2700棟で、浸水した家具や畳などの災害ごみの量は今後1万トンに達する見込み。 市内2カ所のごみ焼却施設などで処理を進め、処理には1年以上の期間を要するという。 災害に対応する補正予算編成について、大木部長は「関係各課から上がってきた予算を精査している」と説明。 本年度事業で優先度を吟味して予算を減らす「事業仕分け」を行い、「浮かせたお金と財政調整基金をミックスさせ、補正予算に対応する」と話した。 市内の被害を受け、ふるさと納税サイト「さとふる」では、緊急支援募金のコーナーを開設している。 市によると、市への寄付総額は29日までに約1210万円に上った。 岡部市長は「今後も国や県と密接な連携を図り、復旧に向けて全庁一丸となって取り組む」と復興への意気込みを語った。

次の