喪中ハガキ 親戚。 喪中はがきを出す親族・身内の範囲と時期、祖母、祖父、義父、義兄?

喪中はがき 範囲】兄弟・祖父母・義父・叔父・親戚・身内・会社

喪中ハガキ 親戚

喪中はがきを出すとされている故人の範囲は、1親等と2親等です。 1親等とは…自分から見て故人が 父、母、義父、義母、子 2親等とは…自分から見て故人が、きょうだい、義理のきょうだい、祖父母、義祖父母 まず、1親等の父母、義父母、子は、まず、迷うことなく喪中ハガキを出す方が多いと思います。 特に、同居していない祖父母や、ダンナさんや妻の祖父母の場合(義祖父母)は、特に、喪中ハガキを出すか出さないかは悩むところだと思います。 基本的には、2親等までは、喪中はがきをだすものだという前提ありきで考えた場合、深く考えず、喪中ハガキを出すのが良いと思います。 ただ、喪中ハガキを出すと、年賀状が来なくなって寂しいから普通どうり年賀状出したいな…、と思っている方は、まずは、配偶者(ダンナさんや奥さん)に相談してみましょう。 やはり、たくさん年賀状が来ないと寂しいという方が喪中ハガキを出した場合、次の年からは、しっかり自分から年賀状を出さないと、元旦に来る年賀状の数は少なくなりました。 それは、喪中ハガキも、年賀状も出さない、という方法です。 あえて、喪中ハガキはださずに、新年を迎え、松の内が明けた1月8日以後に 寒中見舞い を出します。 寒中見舞いを出した相手は「あら、喪中だったんだ、悪いことしちゃったかな…」と思うかたもいらっしゃるとは思いますが、年賀状で、相手の近況も知ることができ、また、こちらも喪中の意を表せる方法ではあります。 この方法だと、葬儀を知らない友達や、知り合いからは普通に年賀状が来て、近況も知ることができます。 相手の年賀状のリストにもそのまま載ってるので、来年度も普通に年賀状は届くと思います。 この場合、親戚や、葬儀に来てくださった方は、喪中だと知っていらっしゃるので、喪中ハガキを出さなくても、年賀状は来ない可能性の方がたかいですし、あまり、問題はないと思います。 が、気をつけたいのが、口うるさい親戚がいる場合。。。 12月中旬以降に亡くなられた場合は、もしかしたら逆に、こちらももう年賀状を投函している可能性もあるのですが この場合は、郵便局に「取戻し請求」をして、返還してもらうことも可能なのですが、手数料もかかりますし、そのまま、年賀状を送っておいていいと思います。 近親者や親しい間柄の方は、年末に身内が亡くなられたことをご存じでしょうから、年賀状が届いても「亡くなる前に出されたんだな」とわかっていただけると思います。 そして、身内のご不幸をお伝えすべき方にだけ、改めて年が明けてから「寒中見舞い」としてハガキを送れば良いと思います。 ただ、亡くなられたのが祖父母の場合は、あらためて寒中見舞いを送らないといけない方はあまりいないと思われます。 そのまま、年賀状を送った状態だけで良いと思います。 さて、ネットでも、喪中ハガキの注文ができます。 喪中ハガキの切手代は52円?62円?63円? 2017年6月からハガキの切手代が52円から62円に値上がりしました。 が、年賀状だけは、円のまま据え置き価格だと発表されました。 じゃあ、喪中ハガキの切手代はいったいいくらかといいますと。。。 喪中ハガキの場合は切手代は「62円」です。。。 2019年10月にふたたび料金改定があり、年賀状はハガキの料金と同じで63円に値上がりしました。 そうなんです、喪中ハガキは通常のハガキ代と一緒で値上げして63円なので、間違えて62円切手を貼らないようにしてくださいね。 そういえば、父の時に、郵便局に、「喪中ハガキに貼る切手ありますか?」と聞いてみたら、 弔事用の切手をだしていただけました。 調べてみると、今でも、 弔事用の63円切手が販売されていましたので、それを使われるといいと思います。 まとめ 喪中ハガキというのは、そんなに出す機会がないだけに、身内に不幸があると、「あれ?どうすればいいんだろう?」って思うことがたくさんありますよね。 昔ほど厳しい常識もなくなって、個々のやり方でいいんじゃない?という風潮も出てきています。 祖父母の御不幸でしたら、喪中ハガキをだすか、出さないかは、本当に、個々の判断でどちらでも大丈夫だと思います。 ぜひ、ご家族とも相談されて、決められることをお勧めします! 関連記事.

次の

喪中はがきを出す範囲はどこまで?|親等・会社・親戚・親族|終活ねっと

喪中ハガキ 親戚

記事内容(項目をクリックすると飛べます)• 喪中はがきに一言添えるのは大丈夫? 基本的に喪中はがきには、年賀状のようにコメントを自由に書き添えるようなことはしません。 もともと喪中はがきは、 「身内が亡くなって新年を祝えるような気持ちではありませんので、年賀状は控えさせていただきます」ということを伝えるお手紙なので、この意味からかけ離れたメッセージは好ましくないです。 とくにお祝い事の報告はちぐはぐになるので、避けたほうがいいかと思います。 ただ、葬儀の際のお礼を書いたり、相手を気遣う内容(体調など)であれば書いても大丈夫でしょう。 喪中はがきに書いても差し支えないメッセージ・コメント【文例】 お葬式などのお礼 葬儀に参列してくださった方に喪中はがきを出す場合は、 「葬儀の際はお世話になり、ありがとうございました。 」などと書き添えてみましょう。 この内容なら喪中はがきの意味とも自然に合いますので、問題ありません。 葬儀に来た方や親戚などにも喪中はがきを出したほうがいいのか?については、こちらで詳しくまとめています。 <喪中はがきでは避けた方がいい一言の内容>• 結婚や出産、引っ越しといった近況報告• 「また食事に行きましょう」「飲みに行きましょう」などの軽い内容 喪中はがきでは年賀状と同じ要領で書けないので、 もし近況を報告したい場合は寒中見舞いを利用しましょう。 お祝い事などは寒中見舞いで 寒中見舞いは、最も寒い季節に相手の体調を気遣って出す季節のお手紙で、喪中でも送ることができます。 一般的には松の内(1月7日まで)が明けてから立春の前日(2月3日ごろ)に送るものなので、年賀状のシーズンが終わってから出すのがベストです。 新居に引っ越したことや、出産、結婚についての内容を兼ねた寒中見舞い文例はこちらでまとめています。

次の

喪中はがき 範囲】兄弟・祖父母・義父・叔父・親戚・身内・会社

喪中ハガキ 親戚

喪中はがきは身内にも出す?出さない? 親戚内で身内が亡くなった場合、親戚同士でも喪中はがきは出したほうが良いのでしょうか。 毎年年賀状をやり取りしている間柄かどうかで判断 喪中ハガキは、親族が亡くなったことを相手に知らせるのが目的ではありません。 「新年のご挨拶ができなくて申し訳ありません」という意味で出すハガキなので、葬儀に参列した親戚同士でも喪中ハガキを送りあうことは おかしなことではありません。 年賀状を出す予定だった人に、年賀状の代わりに出すご挨拶のハガキだと考えると良いでしょう。 今まで年賀状のやり取りがなかった親戚に対しては、喪中ハガキを送る必要はありません。 むしろ、今年だけ喪中ハガキを出すのは違和感がありますね。 親戚内には喪中ハガキを出さないという人も… 地域の風習や人それぞれ考え方が違い、近親者には喪中ハガキを出さない方もいます。 これが正解!というものはありません。 自分よりも故人との関係が近しい方に対しては、敢えて送らないという考えの人も多いです。 私の場合ですが、夫の祖母(父方)が亡くなった年、義母に相談して、主人の父方の親戚には喪中はがきを送りませんでした。 喪主を務めた叔父からは喪中ハガキが届きましたが、他の親戚からは 喪中ハガキも年賀状も届きませんでした。 このように、喪主を務めた方や、自分の近親者(親や兄弟姉妹)には、喪中はがきを出さないということも多いです。 不安であれば、自分と一番立場の近い兄弟姉妹や、いとこなどに聞いてみると良いと思います。 喪中はがきを出さなかった親族から喪中はがきが届いたら? 喪中ハガキには、「今年はお世話になりました。 今度ともよろしくお願いします。 」という意味もこめられています。 もし、一部の親戚から喪中ハガキが届いたのなら、あなた側が一方的にご挨拶を省略するのは失礼にあたるとも考えられます。 「遅くなりました」などと余計なことを伝える必要はありませんので、届いた段階で喪中ハガキを用意して、こちらからも送るようにしましょう。 スポンサーリンク 喪中はがきは初めての相手に出しても失礼ではない? 就職した年や、新たに交流があった方、今年から付き合いが始まった方など、初めて年賀状を送る予定だった相手に対して、喪中ハガキを送っても失礼にはあたらないのでしょうか? 1章でもご説明したとおり、喪中はがきは「新年のご挨拶を控えさせて頂きます」という意味であり、年賀状を出さない事に対して、 相手にお許しを得ることになります。 先方があなたの住所を知っていて、喪中の事実を知らなければ、恐らく年賀状はくることでしょう。 そのため、年賀状で新年のご挨拶をする予定だった方に対しては、初めてであろうとなかろうと、喪中ハガキでご挨拶をしておくのが望ましいです。 喪中はがきを送らなかった相手から年賀状が届いたら? 喪中である旨を知らせていなかった相手から年賀状が届いた場合、正月の松が開けてから 一般的には1月7日以降に 「寒中見舞い」のハガキを送るのが一般的です。 相手が目上の方であれば、 喪中であり、年末年始のご挨拶を失礼いたしました。 と一言添えておくと、ご挨拶が遅れたことをわかっていただけるはずです。 喪中はがきを喪中の人に出すのは正しい? 年賀状をやり取りしている相手が今年喪中であることを知っている場合や、既に喪中ハガキが届いた場合、こちらからも喪中のはがきを送った方が良いのかと悩まれる方もいます。 喪中ハガキが伝えているのは「身内を失った悲しみから祝い事をする心理状態にありません。 しばらくは喪に服す事とし年賀状の送付も欠礼します」という状況と気持ちです。 また、「今後もよろしくお願いします」という挨拶も含まれています。 相手から喪中ハガキが届いた場合であっても、それは相手が「喪中で悲しいので年賀状送りません」ということを伝えているのであって、 こちらからの年賀欠礼の挨拶を省略する理由にはなりません。 あなたからも「喪中で悲しいので年賀状送りませんが、今後もよろしくお願いします。 」ということを伝える必要があるので、喪中の相手に喪中ハガキを送るのは失礼になりませんし、必要なものです。

次の