ゆるミニマリスト。 ゆるミニマリスト4人家族の間取り(2LDK)とルームツアー

ゆるミニマリストブログ|整理収納アドバイザーで狭く古い賃貸マンション2人暮らし

ゆるミニマリスト

気持ち程度ですが少し片付き始めた様子。 右側にゴミ達がまとめられていますね。 After 整理整頓後 現在の部屋の様子です。 物置部屋を断活した感想:まとめ 8月から始めた断活で、作業の速度はスローペースではありましたが、 今迄溜まりに溜まっていた沢山の不要品を手放すことが出来ました 今回、物置部屋の整理整頓を改めてしてみた感想や、気付いたことをまとめてみました。 売れる物はフリマアプリやリサイクルショップを利用する きれいな物やまだ使える物は、今回メルカリやリサイクルショップを利用して手放しました。 自分達にとっては不要品でも、案外、他の人にとってお金を出してでも欲しい物だったりします。 物を手放すことで、ちょっとしたお小遣いが貰える喜びもあります。 中には時間が経っても売れない物もあるので、そういった物は潔くゴミの日に出すことで在庫を抱えずに済みます。 大型家具を処分する時は人手も体力もいる。 なので今後はなるべく買わない 今回、大きな白い棚とタンスを2人で粗大ゴミ置き場まで持っていきましたが、 大型家具の処分は正直、手間もお金もかかって大変です。 私の地域では、粗大ゴミを処分するために以下の手順を行います。 まず回収業者に依頼をし、回収の日にちを決める ・2. 粗大ゴミ券を買って、粗大ゴミに貼る 今回は、白い棚とタンスで合計2400円分購入 ・3. 指定日に、指定された粗大ゴミ置き場へ自分達で運ぶ。 今のうちは2人共まだ体の自由が効くので何とか運ぶことはできますが、将来的に母の体力が落ちて私一人で運ぶ事になったら正直無理だなと思いました。 その時は、家の中まで回収に来てくれる業者に頼むかもしれません。 今後な るべく大型家具は買わない ようにしたほうが、後々の処分の手間や費用も考えなくて済むと思います。 人から貰った物は結局使用しないため、タンスの肥やしになりがち 母が人から頂いた手芸用品や衣類などが結構ありましたが、結局この数年の間で使用した物はほとんどありませんでした。 今後は人から物を頂く機会があっても、本当に欲しいもの以外は断るようにします。 母に心境の変化があった 私はミニマリスト思考ですが、実は母はそうではありません。 今回の整理整頓を始める前までは、溜まりに溜まった不要品を捨てることを躊躇していました。 不要品であっても、長年家の中に置いてあった物。 それらを手放すことで「生活面で何かマイナスな事が起きないかどうか」心配だったようです。 あとはただ単に、思い出の物等をどのように処分すればよいか分からない、という理由もあります。 母の場合、 一気に物を手放すのが難しいタイプなので、8月から時間をかけて一つ一つ物と向き合ってもらうようにしてきました。 不要品を手放しても、生活に不便は起きない事を、徐々に理解してくれ、 少しづつ手放していく事に慣れていきました。 それからは何年も手放す事を躊躇していた物までも、どんどん手放していけるようになりました。 そうして物を手放す事で、部屋全体が広くなっていきます。 かつては「物置部屋」だった部屋が、「一つの部屋」として機能していく事で、母の気持ちも変わっていったようです。 今回、長年物置部屋の中を占領していた物達を大量に手放す事が出来たので、部屋も心もすっきりしました。 物が溢れていた以前は、置き場が無くて使えなかったマッサージ器も、部屋が以前より広くなった事でやっと部屋の真ん中に置けるように。 物本来の役割を果たせるようになりました。 これからも母の不要品が出てくればその都度、母の生前整理に協力していこうと思います。 12月にも入り、今年もあと僅か。 皆さんも年末の大掃除に向けて家の中を整理整頓してみてはいかがでしょうか。

次の

思い切って手放したらスッキリしちゃった。【ゆるミニマリストが捨てたもの】|www.toppu.jp

ゆるミニマリスト

ブログ仲間のていないさん( 宅にお邪魔してきました! アタシが初めてていないさんを知ったのはブログランキングのリノベーションカテゴリー。 夫婦でセルフリノベをしてる様子を楽しく読んでたんだけど。 ある日からパタっと更新が止まっちゃって。 あれ?もうブログやめちゃったのかな?って思ってたら。 ヒョンなことからツイッターで彼女を発見!(見覚えのあるお家の写真が載ってたの)新しいブログを立ち上げてましたw。 以前のブログを読んでいた方は「あー!この部屋知ってるー!」って思うかも? 目次• 29平米に夫婦ふたりと猫との暮らし 玄関からの眺め。 キッチンとダイニングの先に畳のお部屋が続いてます。 現在のていないさん家は東京のど真ん中。 オフィス街に立つ築50年/29平米の賃貸マンション。 ご主人の仕事の関係により期間限定で東京に引越すことになり、短期間の賃貸なら古さや狭さよりも利便性重視で選んだんだそう。 29平米のふたり暮らしって狭く無いの? アタシは賃貸のとき50平米で満足できなくて、70平米のマンションを買ったクチなんで。 正直、狭く無いのかな?って思ってたんだけど。 ダリのリトグラフにイームズチェア。 さりげなく飾られた太陽の塔にもセンスを感じます 想像してたより全然スッキリしててびっくりしたー。 ダイニングだって2人なら余裕の大きさ。 押入れには100均のリメイクシートを貼って見た目もスッキリ 押入れを改造したディスプレイ棚だってこの通り。 なんも入ってない!私だったら絶対ここにアレやコレや詰め込んじゃうわ。 さすがミニマリスト かつ整理収納アドバイザーの資格もお持ちなんです。 納得! マットレスとお布団はソファーとクッションに早変わり。 ウチより大きい鏡も。 6畳のリビングも物がなくて広々見えました。 大抵のお宅にあるテレビボードが無いのかー。 テレビは壁掛けで、測ったかの様に柱と柱の間にピッタリと収められてました。 リビングのソファーに座って眺めたダイニングと玄関。 ふすまは全部取っ払ってひと続きになってるからか閉鎖感もございません。 キッチンも29平米にしては広いよね。 シンクも大きめだし作業台だって問題ない広さ。 必要なものは全部揃ってる。 普段使わない椅子は上下に重ねてあって作業台と収納も兼ねてるっつー。 どんだけ天才? 好きなものしかないお部屋 ハロさんが3人も! ていないさんの整理収納力にも脱帽しちゃうけど、アタシ的に特記すべきは ていないさんカラーが詰まったお部屋の雰囲気。 R2-D2やBB-8も!どれもそこそこの大きさですよ。 アタシだったら絶対こんなにスッキリ飾れない。 今年の夏リバイバルしたかき氷のきょろちゃんや、どこかレトロでかわいいパッケージの缶。 木村製パンの木箱にデコラティブな柄の赤い箱。 コンロめちゃ可愛い! 昭和感漂うヤカンやコンロ。 ていないさん家にあると時代をひと回りして新しさすら感じちゃう。 アタシの記憶が正しければ、確かこれはスカーフを繋げて作ったカーテン。 柄の組み合わせがいい感じ。 兎にも角にも 好きなものしか目に入らない を徹底してる個性あふれる唯一無二のお部屋でした。 好きな空間に住まうってこういうことだよね。 ミニマリストの更なる挑戦 新婚時は82平米。 結婚して52平米のマンションをセルフリノベ。 そして今は29平米の賃貸マンションにお住いのていないさんですが。 なんと次回は20平米の分譲マンション を購入したんだとか。 ご主人のお仕事が今後どうなるかまだ分からないみたいだけど、大阪へ戻ることになったら20平米のマンションをセルフリノベーションするの!と超ワクワクした表情で話してくれました。 狭い部屋へ引っ越すたび、 狭いお部屋の方が快適に暮らせる ことに気が付いたんだそう。 すごいなぁ。 すっごい人懐こくておっとりしててキャワワでしたよ。 29平米なんだそうですよ。 トイレとお風呂は一緒だったけど古いタイプは今時のユニットより大きかったし。 狭さは感じなかったなー。 今のわが家の荷物を全部入れたら多分住めない(笑)やっぱり持ち物を厳選してるミニマリストさんなんでしょうね。 洋服とかは本当に少ないよって言ってました。 そうそう!ダイニングね!アタシもあの間取りならダイニングとリビングは兼用にしちゃうとおもう。 そしてダイニングの部分は寝室にしたかも。 そうするときっとあんなにスッキリは暮らせない気がしますー。 狭くても古くても快適に住みこなせる能力。 すごいですよね。 おっしゃる通りその力があったら便利な場所に住めそう!!.

次の

ゆるミニマリストの食器の断捨離と入替。お気に入りの食器だけを使い始めて実感した効果

ゆるミニマリスト

6メートルもあります。 いきなり全然ミニマルな感じじゃないですが、自分なりにこだわりがあってこの大きさを選んでいます。 実はこのテーブルは一度断捨離しました。 ミニマリズムに目覚めたときに「大きな机は必要ないな」と思って断捨離したんですが、机の必要性に気づいてまったく同じモノを書い直しました。 断捨離した時はローテーブルを使ったりしていたんですが、腰が痛くなって全然集中できないんですよね。 作業スペースが狭いとストレスも溜まるし、やっぱり机は広いほうが快適です。 結構古いモデルですが、ブログを書くには十分すぎるスペックですね。 大きなテーブルを使う理由 自分でも「ミニマリストのくせに大きいテーブル使ってんなぁ」と思いますが、 大きな机にする最大の理由は作業がしやすいからです。 パソコン作業をする時でも、紙のノートやメモ帳を使っているので作業領域は広いほうが使いやすいんですよね。 狭い机だとモノを落としたり、飲み物を置けなかったりしてストレスが溜まるのが嫌なんです。 家具としてはかなり大きいですが、これだけは譲れないですね。 クローゼットはこんな感じ 机と逆側に小さめのクローゼットがありますが、ボクの持ち物はこの中にほぼ全部入ってます。 下段にはマットレスと布団が入ってます。 服を数えてみたら8着しかありませんでした(自分でもびっくりした) 服は季節ごとに買うので、多少増減しますがいつもコレくらいです。 中央にはWi-Fiルーターと充電スポット。 充電スポットはケーブルでゴチャつきますが、クローゼットの中に設置すれば部屋の見た目をスッキリに保てるのでオススメです。 災害時に活躍しそうな大容量のモバイルバッテリーもここで充電しています。 あとは右奥に貴重品の入ったカバンと領収書ケースがあるだけ。 個人的にはめちゃくちゃ処分したいんですけどね・・・ まとめ というわけで、ゆるミニマリストのお部屋紹介でした。 これだけモノが少ないと「散らからない」っていうのが理解できますよね。 片付けるのが苦手な人こそ、モノを減らしてシンプルに暮らすほうが快適だと思いますよ! てことで、また!.

次の