モト冬樹 スズメ ブログ。 モト冬樹、スズメの違法飼育8か月! 通報トラブルへの「怒り」を激白

モト冬樹のスズメ保護が賛否両論 肯定派と否定派の言い分 (女性自身)

モト冬樹 スズメ ブログ

タレント・モト冬樹さん(本名=武東裕男 むとう・ひろお 66歳)が、野生のスズメを保護し、違法飼育していることを13日発売の週刊誌『週刊女性』が報じており、これに対してネット上では様々な声が上がっています。 2010年5月に10歳年下でバツイチ子持ちの由美さんと結婚したモト冬樹さんは昨年6月24日にブログ上で、由美さんがカラスに囲まれていた子スズメを保護したことを明かし、その写真を投稿していました。 その2日後には「チュンちゃん」と名付けたことを明かすとともに、東京都環境局自然環境部に野鳥の保護について話を聞いたところ、野鳥を飼育することは法律で禁じられていることを教えられたようです。 モト冬樹さんと由美さんはそれぞれのブログで頻繁にチュンちゃんについて綴っており、夫婦に完全に懐いている様子で肩に乗っている写真や動画などを多数投稿しています。 保護してから間もなく9ヶ月となるのですが、ブログの記事を見ると保護しているというわけではなく、ペットとして飼育しているようにも見えます。 路上などで傷ついていた野鳥を保護すること自体も禁止されているので、そういった場合は、各都道府県の環境局などに連絡していただかなければなりません。 『鳥獣保護管理法』の中の規定で、野鳥を許可なく捕まえた場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます。 飼育した場合は、6か月以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる可能性があります」と、法律で罰則規定もあると説明しています。 また、野鳥の保護・飼育が法律で禁じられている理由について『日本野鳥の会』に所属する葉山政治さんは、 「スズメやハトのような野鳥は、日本の生態系を構成する重要な要素であり、国民全体のものなので、大切にしなければなりません。 さらに、野生の生き物は野外で暮らすことが自然な姿であって、それを人間が捕まえて閉じ込めることは好ましくないと考えられています」と説明し、もしケガなどをしている野鳥を見つけた場合、各都道府県の担当局へ連絡をした上で、鳥に関する研修を受けたボランティア団体などに預けるといった方法があるとのことです。 葉山政治さんはさらに野鳥の保護・飼育を禁じている理由について、 「野生の生き物を個人が勝手に捕獲し、飼育してもいいとなると、いっさいの歯止めがなくなって売買する人が出てきます。 それが産業に発展して、絶滅のおそれのある状態にまでなってしまう危険性があるのです」と語っています。 専門家もこのように語っているのですが、『週刊女性』の直撃取材を受けたモト冬樹さんは、チュンちゃんを保護・飼育を続けている理由について、 「元気になっても自分でエサも取れない、飛ぶこともままならない。 犬や猫にも寄っていくから、放した瞬間に死ぬのはわかっているじゃない」と説明しています。 違法に野鳥を保護・飼育していることをブログで明かしていたため、過去に通報されてしまい、行政から連絡が来たこともあったそうです。 ですが、職員はスズメの命を第1に考えるのではなく、違法捕獲だという一点張りで「職員が見ている前で放せ」とも言われたことから、現在もモト冬樹さんは自宅でチュンちゃんを保護・飼育しているようです。 今後、行政の指導をもとに対応を行っていこうと考えているそうで、行政の対応や法律に対して不満を言いつつも 「法律だから、何とか対応しなきゃいけないなと思っています」とコメントしています。 モト冬樹さんは情報番組『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)にも出演し、東京都から先週、野鳥を保護・飼育するのは違法だとする書面が届いたことを明かしています。 これで改めて野鳥の保護・飼育が違法だと認識したというモト冬樹さんは、 「死にそうだったスズメをなんとか生き返らせて、色んな方に相談して今まで…。 そのまま元に戻せって無理でしょう、気持ちとして。 でも法律は守らなきゃいけないですから…。 今、妻と悩んでいる最中です。 どうしようか。 どうにかしなかいけないのはもちろんわかってる」と言いながら、「簡単に言うと諦めるしかないのかな…」と悲しそうな表情をしていました。 そして、この件に対してネット上の反応を見てみると、• 何だか、心が痛くなる。 これはモトさんの行動は正しいと思う。 違法違法って、他にもっと罰するべき事があるだろう。 2ヶ月も経っていたら元気になっているんじゃない?元気になったら放せばいい。 それだけの話でしょ。 野生の鳥を保護して自然に帰している施設があるので相談してみるといいと思う。 私も過去に弱った鳩を連れて行ったことがあります。 どうしてブログで公にしたのかな。 コッソリやればよかったのに!諦める、、、なんて言わないで。 悲しい。 相談に行けばそりゃ駄目というしかないわね。 モトは真面目だね。 でもこういうケースで保護し、内緒で自宅で飼ってる人は今までに何人も知ってる。 まぁ放っておけない気持ちはわかるな。 公的機関にはいちいち相談はせず、指摘されて初めてすいませんでしたと謝れば良い。 法と命どっちをとるかだね。 などのコメントが寄せられています。 もしケガをしている鳥を見つけたら保護したいという気持ちにかられると思いますし、元の場所に戻したら襲われてしまう可能性もあることから、安全な場所に預けたいと思うのは当然のことだと思います。 また、飼い始めてから約9ヶ月ということからチュンちゃんは家族の一員になっている様子で、昨年8月の時点で2匹の犬たちとも寄っていくことをブログで報告し「もう家族の一員だね」と綴っており、そう簡単に手放せなくなっているのかもしれません。 今更ながら、モト冬樹さんがブログでスズメを保護したということを報告していなければ問題視されることなく…と思ってしまうのですが、今回メディアにも取り上げられ大きな注目を集めたことによって、今後良い預け先が見つかるといいなと思います。

次の

モト冬樹、スズメ飼育で都から違法通知届く→なんか冷たい法律。

モト冬樹 スズメ ブログ

タレントのモト冬樹さん(66)が、保護したスズメ1羽を自宅で飼育していることをブログで報告し、物議を醸している。 モトさんは昨年6月のブログでスズメを保護したことを明らかにした。 まだ飛べない状態だった。 巣から落ちてしまって、カラスに襲われそうになった可能性があるという。 その後もブログでたびたび飼育の状況を報告しており、愛情をもって育てている様子がうかがえる。 ただ、スズメを無許可で飼育することは違法。 週刊女性によると、モトさんが東京都の担当者に相談したところ、違法捕獲だと注意を受けたという。 モトさんは週刊女性の取材に対して、「元気になっても自分でエサも取れない、飛ぶこともままならない。 犬や猫にも寄っていくから、放した瞬間に死ぬのはわかっているじゃない」と反発している。 3月13日放送のテレビ朝日系「グッド!モーニング」でモトさんは、東京都から違法捕獲であることを知らせる通知が来たことも明らかにしている。 なぜ、野生のスズメを保護して自分で育ててはいけないのか。 に聞いた。 「一般的に、野鳥を保護して自宅などで飼育することは、『鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)』に違反する可能性があります。 鳥獣保護法は、無許可で野鳥などの鳥獣を捕獲することなどを一般的に禁止しています(同法8条)。 そのため、野鳥を自宅で飼育しようとして、無許可で野鳥を捕獲することは、この規定に反する違法な行為ということになります。 「鳥獣保護法は、単に動物を愛護するという観点ではなく、鳥獣の保護を行うこと等によって生物の多様性を確保したり、自然や生態系を維持したりするという観点から定められた法律です。 野生の動物は自然の一部を構成し、生態系の一翼を担っています。 ですから、その野生動物を捕獲したり飼育したりすると、人間が自然や生態系の在り方に影響を与えてしまい、自然や生態系の在り方を歪めてしまうという可能性がありますので、それを防ぐために、鳥獣保護法は原則的に野生動物の保護等を禁止しているということになります」 そうであれば、適法になるケースはない、ということか。 「一応、都道府県知事等の許可を得れば適法に捕獲することができるとされています。 ただし、『愛玩のための飼養』の目的で捕獲することは、密猟を助長する恐れがあるため、原則として許可しない運用が採られています。 特段の事情でもない限り、許可は出ないと考えて良いと思います。 「鳥獣保護法は、ケガをしている鳥、親からはぐれたヒナなどを保護する目的であれば、捕獲することができるとしています。 ただし、その場合であっても都道府県知事等の許可を得ることが必要とされていますので、その許可を得ずに捕獲した場合は、やはり鳥獣保護法8条に違反することになります。 そのため、ケガをしている鳥や親からはぐれたヒナなどを保護したいと考える場合であっても、許可が必要になります。 「今回のケースについても、報道されている内容を前提とすると、モトさんは、傷ついたスズメを保護したということのようですので、保護すること自体が不可能ということではないかもしれません。 しかしながら、その場合であっても、都道府県知事等の許可を得ることが必要とされています。 そのため、モトさんがその許可等を得ることなく捕獲したということであれば、鳥獣保護法に違反するという判断がされる可能性が高いように思われます。 心情としては、傷ついたスズメなどを保護したいという思いを持つこと自体は理解できるところでありますし、保護したスズメを飼育し続けた結果、そのスズメに対して愛着がわくということもあり得ることだとは思います。 しかしながら、鳥獣保護法は、生態系の維持等といった重要な目的を達成するために制定されている法律ですので、やはり、定められたルールに則って対応することが必要だと思われます」.

次の

モト冬樹に聞く “違法飼育” していたスズメの「チュンちゃん」は今

モト冬樹 スズメ ブログ

モト冬樹さんがスズメを保護してもう8か月、 いよいよ東京都からお手紙が来て、 話題となっていますね。 私も、2007年に、ツバメを保護したこと、 思い出しました。 モト冬樹さんは、スズメが巣から離れて、 カラスが攻撃していたので、 助けてしまった、とありますね、 すごくすごく気持ちがわかります。 うちもそうでした。 違うのは、モト冬樹さんは スズメ、 うちは ツバメという点です。 スズメは保護しようと思うと、1年中保護できますが、 ツバメは夏はいいですが、冬は温めないといけない点です。 そもそも、野鳥は人間がひろったり、飼育してはいけません。 > 「 つい、手を差しのべたくなりますが、親鳥が近くにいることがあります。 手を出さず、その場を離れてそっと見守ってください。 それが野鳥たちへの「子そだて応援」につながります。 」 「 しかし、誤って保護され、親鳥と引き離されてしまうヒナが後を絶ちません。 」 そして、残酷なことかもしれないですが、 他にも、カラスに食べられたり、ネコや野生動物に食べられたり、 巣から落ちた段階で死んだりもします。 そして、食べた動物のほうはまた生きていけます。 そうやって数の帳尻が合って今に至る。 野生の残酷なところでもあります。 1羽だからいいんじゃね? という意見もありますが、 もし1億人の人が1羽ずつスズメを保護してしまったら、、、 1億羽の人間の手がかかったスズメが育ち、 野生には帰れないことになります。 極端ですけど。 そういうことです。 モト冬樹さんは、もう8か月も保護をされています。 ブログでは、昨年6月に保護し、その2日後、 役所に注意を受けた、とあります。 ここでもっときちんと、役所や都とお話しができていれば、 こんなにスズメに情がうつることもなかったでしょうに。 そう考えるととても残念な現状だと思います。 うちの家族の場合は、 ツバメを保護したけれど、 1週間くらいで市に相談し、高知県に相談しました。 「 野鳥は絶対に保護してはダメです!!」 ときつく言われ、 「 お近くの動物病院をお調べします。 すみた動物病院です。 ただちにお持ください。 」 そういわれました。 ネットでいっぱい調べました。 さきほど書いたとおり、 野鳥を人間が保護することはダメなことなんだと知りました。 まだ子供はその時小学生。 つーちゃん、と名付けて、毎日学校から帰ったら、 宿題する前にバッタをたくさん取ってわたしたちの帰りを待ちました。 私がお昼休みにバッタを取って、それを数時間ごとにつーちゃんにあげて、 帰ったら子供が取ったバッタをつーちゃんにあげました。 気持ち悪いミルワームも買って、あげました。 でも、これではつーちゃんは野生に帰ることはできないと思いました。 野生に帰ってほしかった。 すみた動物病院に、子供と連れて行って、 たくさん取ったバッタとともにあずけました。 「 バッタをこんなに、ありがとうございます。 ここで飛ぶのも練習して野生に返しますね。 」 あずけたあと、いっぱい泣きました。 たった4日で、しっかり私の家の子のように感じました。 2週間超えたたある日、一通のはがきが届きました。 毎日元気にトンボやバッタを食べて、 7月8日、日曜日の朝に無事放鳥しました。 大きくなったつーちゃんの写真に、 またまたいっぱい泣きました。 モト冬樹さんは、もう8か月も保護されています。 だから、お気持ちは相当のものでしょう。 そうならない前に、どうしてもっと、 ちゃんと市や県は説得されなかったのでしょうか。 そこが残念なことだと思います。 きちんと野生に返させてくれる病院を、私のように伝えてくれてたら、 安心して預けることができたでしょうに。 早くモト冬樹さんのスズメが野生に帰れることができますように。 これ以上時間を延ばされませんように。 2007年6月18日の日記です > の管理人をしています 過去記事はのブログへ 今日も読んでくれてありがとう。 😊 あなたが探してるものが、このブログで見つかればなによりです。 - 書いてる人:春 twitter:kei・VICTORY こんにちは、ようこそ新しいビクトリーのブログへ。 仕事は田舎のくるまやさんです。 >> フジテレビ、斗真くんの 「遅咲きのヒマワリ」を撮影していた四万十市にあります。 いつもツイートにつきあってくれてありがとう。 アイコンは、思うことあってこれに変えましたw 負けず嫌い、だから、ビクトリー なんでもがんばってできるようになりたいのです それから、このブログは、私が「これいいな」と思ったものを紹介することがありますが あくまでも私個人の感想を書いたものです。 その詳しい内容につきましてはリンク先でご確認くださいませ。 尚、ポストから時間が経つと、情報が古くなっている場合もございますので、ご了承くださいませ。 >> 旧ブログ(2005年8月-2013年12月) >> このブログはWordPressで作成しました >> このブログはさくらのレンタルサーバーをお借りしています。

次の