キリンビール 事業。 キリンに「ビールに専念を」英会社、健康事業見直し要求:朝日新聞デジタル

キリン (企業)

キリンビール 事業

今回は飲料企業大手キリンの酒類事業子会社であるキリンビールについて分析をします。 日本国内における少子高齢化が進行し、消費が縮小していくことが予想される中で、どのような戦略で戦っていくのでしょうか? キリンビール社の中でも主要事業である「ビール事業」にフォーカスして分析・考察を進めていきたいと思います。 ・ビジネスモデル・マーケティングの勉強がしたい。 ・就活対策のために企業の情報を網羅的に知っておきたい。 【ご注意事項】 ・2017年時点での情報をもとに分析、考察しています。 ・情報のソースは独自でかき集めており、分析内容には一部主観も含みますので、悪しからずでお願いします。 今回も同様に、以下の流れで分析をしていきます。 米トランプ大統領がTPP脱退を宣言。 TPP脱退実現の場合、TPP前提で計画されていた農業改革が遅れ、工業品の輸出が伸びない傾向。 同じく米トランプ政権の指針で、米軍駐留撤退の可能性あり。 自国防衛についての議論が活発になる。 ・Economy(経済情勢) 米大統領選後、円安傾向が続いており、輸出企業(主にメーカー)の業績回復が見込まれ、景気は緩やかに良くなる基調。 2020年オリンピックに向けて公共事業・不動産開発はじめ、消費の拡大が続く見込み。 海外からのインバウンド来訪者数・消費額も年々増加傾向あり。 ・Society(社会情勢) 2016年の労基関係事件もあり、働き方改革が緩やかに浸透し、企業活動において生産性が問われる。 (プレミアムフライデー・週休3日制導入企業も出てきた) 流行モノはマス(TV)とネット(SNS)のセットで生成されるようになる。 ・Technology(技術情勢) AI、IoT、VR、ドローンなど、2016年騒がれた技術を活用した新端末・サービスが続々商品化、一般に普及していく見込み。 IoT、ロボット技術を活用したスマート家電商品も続々リリース、一般に普及見込み。 ・グループ事業理念(ブランドの約束):「飲みもの」を進化させることで、「みんなの日常」をあたらしくしていく。 コストカット施策の成果で、グループ全体・ビール事業ともに営業利益は増収している。 【経営資源】 ・人:大きな特徴なし(グループ連結の社員数は約40,000人) ・モノ:海外40カ国で展開するグローバルな販売網(競合と比較しても、海外売上比率がNo.

次の

キリン (企業)

キリンビール 事業

2019年は、従業員一人一人のお客様理解深耕と、「主力ブランドへの集中投資」が奏功してビール類の販売実績が2年連続の前年増を達成し、2019年の販売数量は大びん換算で1億3,550万箱となりました。 ビールカテゴリーでは、主力商品「キリン一番搾り生ビール(以下、一番搾り)」に注力しました。 発泡酒カテゴリーでは「淡麗グリーンラベル」が堅調に推移したほか、「淡麗プラチナダブル」が5年連続で前年を上回りました。 新ジャンルカテゴリーでは、「本麒麟」が販売数量を前年比で約6割増やし、大変好評いただきました。 「キリン のどごし〈生〉」も年初目標を達成し、新ジャンルカテゴリーは市場が前年比+4%程度とみられる中、約1割増と大きく数字を伸ばし、当社史上、過去最高の販売数量を達成しました。 栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料。 「SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー、以下SVB)」では「SOCIAL BREWERY」をテーマに掲げ、国内各地と連携したビールづくりである「FARM to SVB」を開催しました。 「ブルックリン・ブルワリー」ブランドは、取り扱いブランドを4ブランドに拡大するとともに、アートや音楽など、さまざまなカルチャーとのコラボレーションでビールの新しい飲用シーンを創出し、20~30代の若年層を中心としたビール非飲用者層を獲得しました。 2019年販売実績 10年後も愛されるブランドをつくるために、当社は主力ブランドにさらに磨きをかけていきます。 今年は、2026年のビール類酒税一本化に向けた1回目の酒税改正が10月に行われます。 ビールカテゴリーは、この酒税改正による市場の活性化が期待されます。 新ジャンルカテゴリーは、2019年の消費税増税によって節約トレンドが進み、お客様から高い期待が寄せられています。 10月の酒税改正で市場拡大が見込まれるRTDは、約7割を既存商品が占める市場です。 飲用シーンが広がる洋酒カテゴリーは、今年も引き続き洋酒の大部分を占めるウイスキーに注力していきます。 バランスの良い食事と適度な運動を。 その中でキリングループは「健康」「地域社会への貢献」「環境」の3つの社会課題に取り組み、社会とともに成長していくことを宣言しました。 当社は、これまでもクラフトビール事業や地域の課題を解決できる商品・サービスなどを通して社会課題を解決し、自社も成長するCSV経営を推進してきました。 今後も全従業員一人一人がCSVマインドを発揮させることで、お酒を通じてお客様の豊かな食生活に貢献し、世の中に笑顔と幸せをもたらしていきます。 「地域社会・コミュニティ」への取り組みでは、日本産ホップの品質向上と安定調達によって、2027年目標である日本産ホップ調達量100t実現を目指し、現地行政、農家とともに持続可能な生産体制構築に取り組みます。 またアメリカブルックリンの街を活性化させた「ブルックリン・ブルワリー」は、フラッグシップ店「B(ビー)」を日本橋兜町に開業し、魅力的なビールとコンテンツを提供することで、日本橋兜町で多様な人々のコミュニティを形成し、街の再活性化に貢献していきます。 また安定的なSCMの実現に向けた物流負荷軽減の取り組み推進や、「いいね!ニッポンの果実。 「酒類メーカーとしての責任」の取り組みでは、スロードリンク啓発活動を地域の課題に応じて展開し、お客様の適正飲酒を推進するとともに、健康ニーズの高まりやライフスタイルの変化によるノンアルコール飲料市場へのニーズの高まりにお応えするために、ノンアルコール飲料の提案を強化し、前年比約2割増の販売数量を目指します。

次の

【業界研究:飲料メーカー】サントリー・アサヒ・キリン・サッポロ。業界再編の動きが激しい飲料業界を率いる4社の違いを徹底比較!|就活サイト【ONE CAREER】

キリンビール 事業

キリンビールは17日開いた事業方針説明会で、国産ウイスキーの新ブランドを立ち上げ、今春市場投入すると発表した。 国内では国産ウイスキーの人気高騰による原酒不足で既存ブランドの製造終了などが続く。 新ブランド投入で基盤強化と市場活性化につなげ、令和2年の国産ウイスキー販売額を前年比22%増の39億円を目指す。 新ブランドでプレミアムクラスに位置付ける「キリン シングルグレーンウイスキー 富士」(4月21日発売)は、「キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所」(静岡県御殿場市)の蒸留技術やノウハウを表現する商品だ。 同蒸留所ではトウモロコシやライ麦などの穀類を原料にした「グレーン原酒」を3種類の蒸留方法で製造する。 「富士」はこれら3種類のグレーン原酒をブレンドし、ほんのり甘い豊かな樽熟(たるじゅく)香やかんきつ系の香味を感じる仕上がりになった。 当初はホテルのバーといった飲食店向けのみで展開し、ブランド確立を目指す。 アルコール度数は46度、700ミリリットル瓶の想定価格は6000円前後。 中価格帯で展開する「キリンウイスキー 陸」(5月19日発売)はグレーン原酒を主体に麦芽を原料とする「モルト原酒」をブレンドした。 ハイボールやお湯割りなど飲み方を変えても樽(たる)本来の味わいが感じられるように中身を設計した。 「富士」とは異なり、家庭向けにも展開する。 アルコール度数50度、500ミリリットル瓶の店頭想定価格1500円。 年間販売目標は「富士」 1万ケース(9リットル換算)、「陸」が4万2000ケース。

次の