インターンシップ お礼 メール。 インターンシップのお礼メールの書き方は?例文3つや注意点を紹介!

インターンシップ参加お礼メール例文【就活メール】

インターンシップ お礼 メール

ありません。 ないが、したいと考えている• 経験がある人は問題ありませんが、ない場合は、しっかりとマナーやルールを知っておく必要があります。 もし、企業の方とのやり取りで失礼なメールを送ってしまえば、悪い印象を抱かれてしまうでしょう。 そこで以下では、就活中に企業へお礼メールを送る際の際的な時間帯・注意点・例文をご紹介しますので、参考にしてください。 就活中は、企業の担当者やOBの方などと顔を合わせる機会が多いです。 就活の各場面で時間を割いて会ってくれた企業の方々には、お礼のメールを送りましょう。 その際、メールを送る前に知っておくべき注意点があります。 メールを送る時間帯は何時でも問題ない 就活中の企業にお礼メールを送る時間帯は、基本的に何時でも問題ありません。 電話と異なり、メールは時間関係なくいつでも見ることができます。 メールを送る時間帯を気にし過ぎて、送信を忘れるという事態がないように気を付けましょう。 夜に送っても相手が見るのは翌日の就業時間内 メールを夜に送っても、企業の担当者が目を通すのは出社後です。 そのため、何時に送られても迷惑になるということはありません。 この点は、電話と大きく異なるところです。 メールを夜中に送ると「マナー違反になるかも」と考える人も多いと思われますが、その心配はいりません。 朝メールを送るとフォルダの上部に表示される 夜中にメールを送ることに気が引けるという人は、朝がおすすめです。 朝メールを送ると、フォルダの上部に新着メールとして表示されます。 出社してメールチェックをする企業の担当者なら、すぐに目を通してくれるでしょう。 就活中の企業へのお礼メールは、24時間以内に送りましょう。 メールを送る時間帯ではなく、送信までの時間が大切になります。 この24時間というのは、相手がメールを送信した時間から24時間以内ということです。 素早いメールの返信が好印象を与える メールを受信したら、相手の都合も考えて出来るだけ早く返信しましょう。 スケジュールを管理している採用担当者にとって、返信は早い方が嬉しいものです。 また、応募者は自分だけではなく他にもいます。 メールなどのやり取りにおいても誠実な対応を心掛けて、好印象を与えましょう。 日程調整の問い合わせや連絡は特に注意 特に、日程調整の問い合わせや連絡のメールには注意が必要です。 面接のスケジュールを組み立てる採用担当者からすると、日程調整などは大変な業務になります。 日程調整のメールの返信に数日を要してしまうと迷惑が掛かり、なにより他の就活生のスケジュールが優先されてしまうでしょう。 日程調整のメールは、とくに早めの返信を心掛けることが大切です。 万が一返信が遅くなったら一言付け加える 企業からのメールは、確認すれば素早く返信する必要がありますが、就活中は忙しいことも多いですし、なかなか返信ができないこともあります。 忙しさのあまり返信をする余裕のない人もいれば、メールに気づけなけない場合もあり、返信が遅くなってしまうことも考えられます。 メールは素早く返信することがマナーですので、返信が遅くなれば企業に迷惑をかけてしまいますが、この場合は文章を工夫することでマナー違反を回避することができます。 返信が遅くなってしまった時には、「返信が遅れまして、誠に申し訳ありません。 」などの一言を付け加えることで印象が良くなり、マイナスの印象を与えずに済みます。 一言添えるだけで印象は大きく違いますので、必ず謝罪の一文を入れるようにしましょう。 社会人は、1日に何通も社内外からメールを受け取っています。 非常識なメールだと判断されないよう、お礼メールの作成にもしっかりと気を遣うようにしましょう。 ここからは、企業に送るメールの書き方の注意点についてご紹介していきます。 本文に集中するあまり、宛先や自分の名前を忘れてしまう人が多いようです。 どこの誰からきたかわからないメールに対して、返信なんてくれるはずもありません。 改行がなく文字の羅列が続くと、文章が読みづらくなり相手の負担になってしまいます。 また、長文になるときは適度に読点を打つと相手がテンポよくメールを読むことができます。 シンプルで内容がすぐに読み取れるものだと、相手に負担をかけずに読んでもらえます。 反対に、まとまりがなく長文すぎるものだと、返信のプレッシャーを与えてしまうでしょう。 お礼メールでは感謝の気持ちを伝えたい気持ちが強く出るかもしれませんが、読みやすさを重視することが大切です。 メールの設定で、あらかじめ署名が入力されるようにしておきましょう。 署名は名刺代わりになり、相手が電話で連絡を取りたいと思ったときにすぐに対応できるメリットがあります。 署名のテンプレートは、以下のとおりです。 メールの件名はどうすればいい? 企業とメールのやりとりをする場合には、本文に意識がいきがちですが、工夫が必要なのはメールの本文だけではありません。 メールは件名も重要であり、これをどのように設定するかによって与えられる印象は違ってきます。 ビジネスメールでは件名の付け方にもマナーがありますし、マイナスの印象を与えないためにも正しいマナーを知っておくことが大切です。 企業に送るメールは件名まで注意して細部までこだわりを見せ、正しいマナーで送るようにしましょう。 返信の場合はそのままで良い 企業にメールを送信する場合には、本文の内容を簡潔にまとめた件名をつける必要がありますが、返信の場合は件名をそのまま使用して構いません。 件名を変えずに送信すると、前のメールを確認しやすいですし、やりとりをスムーズに進めることができます。 企業では1日に何十通とメールがきますので、どのメールが誰とのやりとりで、どのような内容なのかなど、すべてを把握することは難しいです。 件名を変えずにそのまま返信すれば、以前に送信したメールとリンクしますし、何のメールかがわかりやすくなります。 返信する場合はRe:がつきますが、これも消さずにそのまま使用します。 Re:を消してしまうと返信であることが分かりづらくなってしまいますので、つけたまま返信するようにしましょう。 件名なしだけは絶対にNG ビジネスメールでは件名は非常に重要であり、さまざまなマナーがありますが、件名なしだけは絶対にNGです。 件名なしで送信してしまうと、内容が分からずに企業でも扱いに困ってしまいます。 内容が分からないことで、読むのを後回しにしてしまうこともありますし、企業によっては件名のないメールは開けないこともあるので注意しなければなりません。 せっかくメールを送っても読んでもらうことができなければ意味はありませんので、まずは確実に読んでもらうためにも件名は必須です。 自分から企業に送信する場合は件名を必ず設定し、返信の場合もそのまま使用して件名は付けて送信します。 件名がないだけでメールの信用度が一気に下がってしまいますので注意が必要です。 質問に答えるだけで志望動機を完成させよう 志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。 「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「」を活用しましょう。 志望動機ジェネレーターを使えば、 用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。 面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。 無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

次の

インターンシップのお礼メールが遅れたら!どう対処する?|就活市場

インターンシップ お礼 メール

目次 []• インターンシップのお礼状は誰に出す? インターンシップのお礼状を誰に書けばいいのかわからないときは、期間中にお世話になった人のことを思い出しましょう。 まず、最初に面倒を見てもらったのはインターンシップの担当者です。 募集から採用面接にいたるまで、インターンシップに自分を選んでくれたからこそ貴重な体験ができたのです。 担当者は宛先から外せない存在です。 次にお世話になったのは、インターンシップ中に配属された部署の社員です。 何もわからないインターンシップ生に仕事を教えてくれた人々には、ぜひともお礼を伝えたいところです。 その他にもお世話になった人は複数いるでしょうが、インターンシップに関する相手に限定すると、「担当者」と「配属先」がお礼状を書くべき相手でしょう。 インターンシップのお礼状:どうしても複数の宛先にする必要があるか考えよう お礼状の宛先を複数にして、多くの人に感謝を伝えたいのはわかります。 しかし、宛先が複数になると、書類としての見栄えが悪いという考え方もあります。 お礼状を出す前に、どうしても宛先を複数にする必要があるのか考え直してみましょう。 たとえば、「インターンシップ関係者各位様」という書き方があります。 「関係者」という言葉は、担当者から配属先、インターンシップ中に関わった全ての人を意味する便利な表現です。 「関係者」を使えば複数の宛先をひとつにまとめることも可能です。 また、宛先はひとりに絞っておいて、お礼状の文中で「お世話になった皆様にもよろしくお伝えください」とお礼を述べれば、複数の人へ感謝を伝えられます。 それでも複数の宛先を書きたいのなら、無理してひとつにまとめる必要はないでしょう。 インターンシップのお礼状:失礼にならない複数の宛先の書き方 宛先を複数にする場合は、受け取った側が気分を損なわないような配慮を行いましょう。 たとえば、「田中様」と「山田様」という担当者がいたとして、「田中・山田様」というくくり方はおすすめできません。 しっかりと「田中様・山田様」と二人とも「様」をつけるのが肝心です。 複数の部署を宛先に設定するならば、インターンシップ担当の部署を先に書くようにしましょう。 インターンシップ期間中、長く関わったのは配属先の部署なので、そちらを先に書きたくなりがちです。 しかし、会社の事情を考えればもっともインターンシップに時間を割いてくれていたのは担当部署の人々なのです。 人事部、あるいは総務部などの担当部署を宛先の頭に登場させましょう。 インターンシップのお礼状:こんな宛先の書き方はNG! 宛先があるにもかかわらず、会社名の後に「御中」とつけてしまうのは、よくある間違いです。 社会人さえも誤って使い続けている人がいますが、「御中」は「この会社の人なら誰が見てもいい」書類に記載する言葉です。 そのため、宛先がはっきりしているお礼状のような書類には使用しません。 就活生で多いのは、役職を省略してしまう間違いです。 社会において、役職がついている人は基本、役職名をつけて呼びかけるのがマナーです。 複数の宛先で役職を省略してしまうと、役職のある社員を部下と同列に扱っているととらえられかねません。 こうしたミスを犯してもインターンシップなら許してもらえる可能性はありますが、最後まで印象を下げないためには迂闊な間違いは避けましょう。 お礼状には細かいマナーがあると理解する お礼状をはじめ、会社に関係する文書には細かいルールがあります。 完成度の高いお礼状は、会社から高く評価されることにもつながります。

次の

インターンの参加後に送るお礼メールの書き方【例文付き】

インターンシップ お礼 メール

1.インターンシップ後にメールは送るべき? そもそも、インターンシップの終了後にお礼メールを送る必要があるのでしょうか? インターンシップは直接選考に関係しないというものも多く、短期間のものであればお礼メールは不要とも思えます。 しかし、企業からするとインターンシップは「時間」と「お金」を投資して学生のために開催しているイベントです。 そのため、たとえ1Dayなどの短期間のインターンシップであっても、ちゃんとお礼メールを送るようにしましょう。 また、しっかりとした文面のお礼メールを送ることで他の参加者との差別化を図ることができるチャンスでもあります。 以下の記事では、インターンシップ欠席連絡について詳しく解説しているので合わせて読んでみてはいかがでしょうか。 〇月〇日からのインターンシップに参加いたしました、〇〇大学の〇〇です。 この度のインターンシップを通じ、貴社の理念・事業内容など様々なことを学ことができました。 また、プログラムを通じ、論理的な思考が一貫できないという自分の短所にも気づくことができ、大変充実した時間を過ごすことができました。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 この度は大変お世話になり、ありがとうございました。 以前から興味があった〇〇業界でご活躍される貴社でのインターンシップに参加し、実際の業務に近いプログたむを体験することで、より明確に〇〇業界で働くイメージを抱くことができました。 交流させていただいた社員の皆様も暖かく、ますます貴社に入社したいという気持ちが高まりました。 特に、〇〇様が仰った今後の成長戦略については、聞いていてこちらも胸が熱くなる思いでした。 ぜひ貴社の選考も受けさせていただきたく存じますので、引き続き何卒よろしくお願いいたします。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 そのため、 インターンシップを通じてその会社への就職の気持ちがさらに強まったことを伝えられる内容にしましょう。 この度は大変お世話になり、ありがとうございました。 今後も貴社のインターンシップで学んだことを生かし、大学での研究と就活活動に励んでいきたいと思います。 ご多忙の中このような機会をいただき、本当にありがとうございました。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 そこで、 インターンシップを通じて得られた知識や技術を自分自身の活動に活かせるような前向きなコメントをすると、開催した甲斐があったと思っていただけるでしょう。 3.お礼メールを書く際のポイント3つ ここまではお礼メールの必要性や具体的な例文を紹介してきました。 以下からは、お礼メールを書く上で気をつけたいポイントを3つ紹介します。 これらのポイントを抑え、より印象に残るメールを書けるようにしましょう!• 送るタイミングに注意する• 相手企業の雰囲気に合わせる• わかりやすい内容にする 順に解説します。 ポイント1.送るタイミングに注意する お礼メールを送る際には、送るタイミング・時間帯に注意するようにしましょう。 タイミングとしては、お互いにまだ記憶の新しい、インターンシップの終わった当日中に送るのがお薦めです。 また、送る時間帯としては、基本的にはその会社の営業時間内、または、遅くとも夜8時ごろまでには送るようにしましょう。 インターンの終了時間が遅かった場合などは、むしろ翌日の朝に送るほうがベターです。 お礼メールを書く前に、企業側からのお礼メールが届く場合があります。 この場合は、時間帯が遅かったとしても返信してしまってもかまいません。 ポイント2.相手企業の雰囲気に合わせる お礼メールの内容は、相手企業や、わかるようであれば担当者の雰囲気に合わせた内容にしましょう。 例えば、ITベンチャー企業で担当者も歳若いということであれば、「ありがとうございました!」と語尾に記号を使ったりした方が接しやすいイメージになります。 もちろん、 形式よりも感謝の気持ちを伝える内容こそが重要ではありますが、TPO(時と所と場所)に合わせたメールを書けるということはプラスの評価に繋がります。 なお、社員の年齢層が高い場合など、ペーパーレス化の進んでいない企業であれば、メールではなく手紙で感謝の気持ちを伝えることも好印象です。 ポイント3.わかりやすい内容にする お礼メールの内容は、わかりやすく簡潔な内容にするように気をつけましょう。 企業の規模等にもよりますが、一般に、担当者は膨大な数の学生とメールをやりとりしています。 そのため、要点を絞り、なるべく短時間で読めるような内容でまとめると好印象です。 もちろん、何度も読み返して誤字・脱字等がないかもチェックしてください。 4.まとめ 今回は、インターン後に送るお礼メールの例文や注意点などについて紹介しました。 ビジネスメールにはいくつかマナーがありますが、何よりも心を込めて書くことが一番大切です。 この記事を参考に、しっかりと感謝の気持ちを伝えられるメールを送るようにしましょう! 以下の記事では、お祈りメールについて詳しく解説しているので是非参考にしてみてください。

次の