このアカウントではicloudミュージックが有効。 iCloudミュージックライブラリの曲を消去する方法|iTunes

iPhoneのiCloudミュージックライブラリをオフにする方法

このアカウントではicloudミュージックが有効

スポンサーリンク 僕のiTunesライブラリはこんな状態になってます。 カオスです。 (問題点1)既存の曲とApple Musicとの重複 (問題点2)既存のプレイリストとApple Musicプレイリストの重複 (問題点2)アップロード待機中のままグレー表示になっている項目(ライブラリのアップデートでも変化なし) (問題点3)そしてこれが一番困るのですが 別のApple IDで購入した曲はたとえ認証が済んでいてもiCloudにはアップされません。 僕はもうiTunesを10年以上使ってきていますが、その間に生活環境の変化等でいくつかApple IDを持っていてそれぞれで曲を購入しています。 クラウドという仕様上仕方がないこととはいえ、これではiCloudミュージックライブラリを利用するメリットは全くありません。 さらに問題なのは・・・ お約束のアルバムカバー不具合・・・たとえば上は矢野顕子さんの名盤「ごはんができたよ」なんですが、いったいこの方はどなたなんでしょう?ご存知の方教えてください。 100歩譲って同じアーティストのカバー違いならまだ我慢できますが、さすがにはこれは、、、しかもこんな感じのが結構あって凹みます。 iCloudミュージックライブラリを整理する この状況をなんとか打開したくてネットで調べまくりました。 Apple MusicとiTunes Matchの関係、iCloudミュージックライブラリの仕様など大体理解できましたが決定的な解決策はないようで・・・とりあえず母艦MacのiTunesをリセットしようと思いiCloudミュージックライブラリをオフにすることにしました。 iCloudミュージックライブラリをオフにするだけでは解決しない これは当たり前なんですがクラウド上の曲は手動で消していかなければなりません。 これも色々なやり方があるようですが、僕は次の方法でライブラリ内の曲を整理しました。 iCloudミュージックライブラリはオンのまま次の方法で進めていきます。 2.母艦PCでのApple Musicのプレイリスト作成、曲のダウンロードはできなくなります。 視聴は可能。 2.iCloudミュージックライブラリをオンにしている端末と曲の同期ができなくなります。 (回避方法は後述) コメント失礼します。 私もまったく同じ(Apple Musicは利用するがiTunes内の曲はiCloudと同期しない、iTunesではApple Musicの曲を管理しない)状況で悩んでおり、(アップルサポートに問い合わせても具体的な解決には至らず、、、)こちらのブログを偶然見つけ、拝読させて頂きました。 2017年11月2日現在のWindows版iTunes(12. 1)でそちらの方法を試させて頂いたところ、どうもライブラリから曲を削除しますと「iCloudミュージックライブラリから曲を削除」というダイアログが表示されるにも関わらず、ローカル保存の元ファイルから削除されてしまいます。 元の曲ファイルは全てバックアップ(移行ではなくコピー)を取っておく必要があるのでしょうか? この件で何か新たな方法などお分かりでしたらお返事いただきたいです。 よろしくお願い致します。 こんにちは、コメントありがとうございます。 Apple Musicに登録するとiCloudミュージックライブラリがオンになります。 母艦のiTunesもiCloudミュージックライブラリをオンにしないとiPhoneとの同期はできません。 CDから取り込んだ曲の扱いですが、以下の2通りとなります。 1.Apple Musicに同じ曲がある場合Apple Music上の曲に置き換わります。 2.Apple Musicに同じ曲がない場合はiCloudミュージック~にアップロードされクラウド上で聴くことができます(アップロードには時間がかかる場合があります)。 これでCDの曲もApple Musicの曲もシームレスに共有することができるようになります。 母艦に取り込んだオリジナルの音楽データ自体には影響を及ぼすことはありませんが、一応バックアップを取っておくことをおススメします。 ただ、本記事のように曲が違うバージョンに置き換わったりジャケットが入れ替わったりなどのトラブルも多いので個人的にはお勧めできないです。 母艦iTunesのiCloudミュージックライブラリをオンにする時はご注意ください。 僕自身は、少し手間がかかりますが以下のような方法で曲を管理しています。 参考になれば幸いです。

次の

iCloudミュージックライブラリとは?

このアカウントではicloudミュージックが有効

問題を解決する方法がわかりませんか? 問題を解決し、今の記事からiCloudバックアップを有効にするための解決策についての詳細をチェックしてください。 第1部:「iCloudバックアップの有効化に問題があった」の修正方法 iOS 10を最新のiOS 11にアップグレードすると、iCloudシステムステータスページから「iCloudバックアップの有効化に問題がありました」というメッセージが表示されることがあります。 この問題を解決するために、なぜiCloudバックアップを有効にするのに問題があるのでしょうか。 実際に問題を引き起こすさまざまな理由があります。 これがあなたが問題を解決するために取ることができるいくつかの基本的な解決策です。 ソリューション1:iPhoneを再起動してiCloudバックアップを有効にする iPhoneの再起動は、iCloudのバックアップを有効にする問題を解決するための基本的かつ最も簡単な方法です。 以下のようにiPhoneを再起動してiCloudバックアップを再度有効にしてください。 ステップ1。 「シャットダウン」スライドが表示されるまで、上部の「電源」ボタンを押し続けます。 ステップ2。 スライダーをドラッグしてiPhoneの電源を切ります。 ステップ3。 次に、アップルのアイコンが表示されるまでトップボタンをもう一度押し続けます。 あなたが見つけたときにもこの方法は動作します. ソリューション2:iCloudアカウントにもう一度ログインしてサービスを有効にする 解決策1が機能しない場合は、iCloudアカウントを再ログインしてください。 これにより、iCloudのバックアップ対応の問題を解決することができます。 ステップ1。 iPhoneまたはiPadで[設定]に移動してから、iCloudにアクセスします。 ステップ2。 iCloudアカウントのApple IDバナーをタップします。 ステップ3。 iCloudアカウントをログアウトするには、「サインアウト」をタップしてください。 ステップ4。 Apple IDとパスワードを使ってiCloudアカウントに再度ログインします。 この解決策はまた iPhoneで。 ソリューション3:iCloudバックアップのネットワーク設定をリセットする iCloudバックアップは、Wi-Fi環境と密接な関係があります。 そのため、ネットワーク設定を確認し、問題がある場合はリセットすることを試みることができます。 ステップ1。 Wi-Fiネットワークを確認する ルータの電源を入れ、Wi-Fiがオンになっていることを確認してから、iPhoneが範囲内にあることを確認します。 ネットワークに接続するには、Wi-Fiの名前をタップします。 ステップ2。 ソリューション4:不要なiCloudバックアップを削除する iCloudバックアップを有効にする問題は、限られたiCloudストレージに関連している可能性があり、不要なバックアップを削除してiCloudを再度有効にすることができます。 ステップ1。 ステップ2。 iCloudバックアップファイルを削除する 完全にそれらを削除するには、[バックアップ]セクションでデバイスの名前をタップします。 削除するバックアップからデータを抽出したい場合は、 最初に。 ソリューション5:オペレーションシステムをアップグレードしてiCloudを有効にする 多分問題の原因はあなたのデバイス上のシステムが古くなっていることです。 だからあなたがすべきことはあなたのデバイスをアップグレードすることです、そしてあなたのデバイスは再びiCloudバックアップを有効にすることができます。 ステップ1。 ステップ2。 アップグレード運用システム 入手可能な最新のiOSバージョンがある場合は、お使いのデバイスをアップグレードすることを躊躇しないでください。 必要に応じてパスコードを入力する必要があります。 ソリューション6:別のiCloudアカウントにログインする iCloudバックアップを有効にする問題を引き起こすもう一つの理由は、あなたのiCloudアカウントに問題があるということです。 別のiCloudアカウントを変更してデータをバックアップすることができます。 iPhone 7をハードリセットするための手順に従ってください。 ステップ1。 デバイスの「電源と音量を下げる」ボタンを探します。 ステップ2。 リセット後、iCloudサービスは有効になります。 私達はあなたに使うように勧めます。 iPadやiPhoneからデータ全体をバックアップしたり、データを選択的にエクスポートしたりするのに役立ちます。 主な特徴• ワンクリックでiPhone、iPad、その他のiデバイスをバックアップ• あらゆる種類のiOSデバイスのバックアップと復元をサポート• バックアップファイルからデータを復元する• iOSデータのバックアップと復元機能はデータを読み取るだけで、データ損失の危険性はありません。 複数のiOSバックアップからデータを復元する iOS Data Backup&Restoreを使ってiCloudファイルをバックアップする方法 手順 1。 デフォルトでは、iOSデータバックアップと復元ツールはすぐにあなたのiOSデバイスを自動的に検出します。 手順 2。 バックアップするファイルの種類を選択する デバイスが正常に接続されると、iOS Data Backup&Restoreツールはデバイス上のファイルタイプを検出し、バックアップするファイルタイプを選択できます。 選択後、「バックアップ」をクリックしてください。 手順 3。 バックアップファイルを選択的にエクスポートまたは復元する バックアップが完了すると、プログラムのカテゴリでバックアップファイルのすべての内容を確認することができます。 あなたはiCloudのバックアップを有効にする問題を修正するときにデータの損失を避けるためには、復元するiCloudのバックアップファイルをチェックする必要があります。 結論 上記のiCloudバックアップを有効にする7ソリューションは、私たちが提案する最良の方法です。 「iCloudバックアップの有効化に問題がありました」というメッセージが表示されたら、この記事が問題の解決に役立つことを願います。 iCloudを有効にする問題を修正した後、あなたは簡単にiCloud上のデータをバックアップし復元することができます。 例としてiMessagesを取り、学ぶ.

次の

iCloudミュージックライブラリはオンとオフ、どちらにするのがいい?

このアカウントではicloudミュージックが有効

OSはwindows10です。 標準アプリのメールで、gmailのアカウント設定は完了し、送受信問題なく行われておりますが、icloudのアカウント設定がどうしても完了しません。 「icloudアカウントの設定が最新ではありません。 そもそもの質問で申し訳ございません。 いろいろ試みておりますが、設定できずに毎日困っております。 すでにあがっているコミュニティの質問では解決できませんでしたので、新たに質問させていただきました。 どうぞよろしくお願いいたします。 マイクロソフト コミュニティへの投稿、ありがとうございます。 メールアプリで iCloud のアカウントの設定がうまくいかないのですね。 すでにご覧になっているかもしれないのですが、ユーザー名とパスワードの欄に入力する内容は、下記スレッドが参考になると思います。 うまくいかない場合は、二段階認証を利用されている可能性があるので、App 用パスワードを作成し、Apple ID と App 用パスワードでメールアカウントの作成を行ってみてはいかがでしょうか。 返信が問題解決に役立った場合は、回答済みとしてマークしてください。 回答済みとしてマークするには、[この回答で問題は解決しましたか? ] の [はい] 、または [回答としてマークする] をクリックします。 問題が未解決の場合や引き続きアドバイスを求める場合は、[返信] をクリックして文章を送信してください。 津森 美緒 — Microsoft Support.

次の