かつて 神 だっ た。 かつて神だった獣たちへの原作漫画をネタバレ!最終回のラスト・完結はどうなる?

かつて神だった獣たちへアニメ2期はいつから?原作漫画だと何巻から始まるか調査

かつて 神 だっ た

かつて神だった獣たちへ あらすじ パトリア大陸に生まれた民主主義国家【パトリア】。 経済的不一致から【北部パトリアユニオン】と【南部パトリア連合】に分裂したこの国では、長きに渡る内戦が続いていた。 劣勢に追い込まれた北部は、南部打倒のため、遂に禁忌の技術を用いてしまう。 人間を異形の兵士へと造りかえるその術は、人の姿と引き換えに、神にも喩えられる力を得るというもの。 その力により長き戦乱は、和平へと導かれる事となった。 【擬神兵】、それは【神】と称えられた救国の英雄。 時は経ち、戦争が過去へと移り変わる今。 人の姿と引き換えに【擬神兵】となった者たちは、その過ぎたる力故、人々からただ【獣】と称ばれ、恐れ蔑まれる存在へと変わっていた。 元擬神兵部隊の隊長・【ハンク】は、【獣】に身を堕としたかつての戦友でもある【擬神兵】を殺す者【獣狩り】として旅を続けていた。 擬神兵だった父の仇を探す少女【シャール】はハンクと出会い、父の死の意味を知る為、共に旅することを決意する。 やがて知る、戦い続けなければならない本当の理由。 そしてハンクが探す【獣を解き放った男】の存在。 仲間殺しの罪を一身に背負い続けていく【ハンク】の旅路の行き着く先とは? アニメ広場 以下当サイト は各動画共有サイトにあるアニメ情報をまとめたリンク集サイトです。 運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問に関しまては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト運営者に責任は及ばないものとします。 リンク切れや紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですがコメント、またはからお知らせいただけますと幸いです。 All Rights reserved.

次の

かつて神だった獣たちへのエレインの正体を考察!ハンクとの関係や声優も紹介 | マジマジ情報局

かつて 神 だっ た

戦争の終わらない町ローグヒルに向かうハンクとシャール。 街に着くと巨大な砦が見える。 街に着くとライザが待っていて彼女は築城のスペシャリストである擬神兵ミノタウロスがあれを作ったのだと話す。 彼は戦争が終わり、故郷に帰ってきて砦を作り始める。 近隣の建物は私財替わりに壊されていく。 それを聞いたシャールは、 「また殺すんですか、他にいい方法があるはずです」と言う。 ミノタウロスは、叫ぶ。 「敵はまだいる、さあ戦え」と。 住民は怯えて恐怖している。 これが町のいつもだとライザは言う。 「私には、わからない」というシャール。 ライザはミノタウロスに家を壊されて苦しんでいる状況を見させる。 シャールは少し衝撃を受ける。 ライザは確かに擬神兵のおかげで戦争は終わった、しかし、この人達の暮らしを守ることが私達の仕事だと言う。 戦争を終わらせて平和にした擬神兵が逆に平和を脅かすとはとても厳しい現実です。 シャールは優しすぎる性格とハンクに父を殺されたことも合わさり、冷静な判断が出来ていないようです。 しかし、それが彼女の良いところ!だと思うんです。 現実を知るハンクは殺すことで問題解決しようとする、逆にシャールは違う解決法を探すという対照的な二人だからこのストーリーが面白いんです! あきらめないシャールと殺す道を選ぶハンク。 んーどっちが正しいんだろう。 なんかどちらも正しくて正解はないような気もするなあ。 臆病なセオ シャールは、あの人は何と戦っているんですかと聞くと、ライザは擬神兵のことを理解できるのは、擬神兵だけだと言う。 宿に戻りハンクの部屋を訪ねる。 ハンクは、 「エレイン」と叫んでいたが、彼女は彼に何も言ってなかったと伝える。 砦へ向かうハンク。 シャールに本当についてくるのかと聞くが、迷惑はかけないと彼女は話す。 シャールはこの砦を作った人はどんな人だったんですかとハンクに聞く。 彼は、 「とても臆病な男だった」と言い、過去の会話を思い出す。 セオは皆みたいに死ぬのはいやだ、隊長は怖くないんですかと言う。 ハンクは、 「俺は出来るだけのことはやった、そうやって戦いに備えていくんだ」と返す。 俺が教えたんだとハンクはつぶやく。 そのとき、ハンクは罠を発動させてシャールを置いていく。 そこに現れたのはライザ。 ハンクから頼まれて最初からあなたの後ろをついてきたと言う。 やっぱハンクはエレインのことをまだ引きずってるね!寝言に出てくるほどだからね。 それを教えなかったシャールはどんな考えだったんだろう。 ただ気を使っただけかなあ。 まああそこで教えてたら物語の進みが早すぎる気もするね! ハンクが教えた恐怖と戦う方法、準備することが悪い方向に使われてしまうなんてとても悲しい! そういう意味じゃないのに!まあ暴走してることも関係ありそうだけど。 ここでは、言葉は同じ言葉でも人の受け取り方で変わってしまうんだなあと感じました。 ウェアウルフVSミノタウロス しかし、シャールは 「ハンクが何をしようとしているのかを確かめないといけない」と言う。 ライザは心を動かされたのか、扉を開いてハンクのもとへ向かうのだった。 一方ハンクとセオ。 セオは大要塞を作りました、これで敵が来ても大丈夫ですと言うが、ハンクは敵なんていないという。 セオは裏切ったのか隊長と言い、ハンクはそうだと答え、バトルが始まる。 セオの攻撃と罠に防戦一方のハンク。 止めを刺そうとしたセオだが、ハンクは ウェアウルフとなり戦う。 スピードが圧倒的に上がり、セオに爪で傷をつける。 セオは自分の傷を見て、死に恐怖し、罠で攻撃する。 しかし、ハンクは全てを避け、宙に飛んで最後の一撃を食らわせる。 その一撃でセオは倒れる。 彼は、もう怯える必要はないんですね、いい気分だと言う。 そのセオにハンクは、「もう休め」と言い、銃でとどめを刺す。 場面が変わりケイン副長と謎の少女。 彼は、ハンクとシャールの写真を見ている。 君はよくよく運命に愛されているなと彼は言うのだった。 夜になると強くなるウェアウルフかっこいい!だから夜に戦うんですね! 再生力とスピードが上がって相当強かったです、瞬殺でした。 このアニメは、戦闘シーンが以外にも短いんだなあと思った。 たぶん戦闘よりもシャールの心の変化とか、ハンクの悲しみと憎しみと戦う姿や生き様がメインなんだなあと勝手に感じる! そしてやっとケインが出てきました。 あー憎たらしい。 てかあの女の子だれなんでしょう。 擬神兵と必ず関係がありそうだなあ。 エレインが生きていることを願う! てかこうなるとわざとハンクを生かした可能性もあるんじゃないかなーと思う。 擬神兵討伐軍って本当に討伐出来んのかなあ。 あのイケメンは強いんだろうか。 調子に乗りそうなキャラだった笑.

次の

アニメ化『かつて神だった獣たちへ』神と呼ばれた兵士たちを描いた漫画のネタバレ感想

かつて 神 だっ た

Contents• かつて神だった獣たちへのエレインの正体 エレインの正体。 それは、 擬神兵を作った研究者でした。 なぜエレインは、禁呪と呼ばれるほど危険な擬神兵を作ったのでしょうか? それは、 孤児のエレインを引き取った教会の手引きでした。 彼女の正体を語る上で欠かせないのは、 【神の声】です。 擬神兵の研究所・エコールの地下にある神の化石・ソムニウムに触れると、神の声が聞こえる人がいるそうです。 頭の良い子供の中には、神の声を聞こえる人が現れるようで、優秀なエレインは神の声を聞くことができました。 教会も、エレインの頭の良さに目をつけて、引き取ったようです。 いくら神の声を聞こえる人を探すとはいえ、貧民街に住んでいたエレインを見つけてくるとはすごい執念ですね。 そして、神の声を聞いたエレインは、言われるがままに擬神兵を作っていきます、 いくら神の声を聞こえたからと言って、擬神兵を完成させてしまったエレインの頭脳にも驚きです。 そもそも、 なぜエレインは神の声が聴けたのでしょうか? 擬神兵の研究施設エコールで、シャールも神の声が聞こえました。 頭の良い子供の中に聞こえる人がいるようなので、シャールも頭が良いということですね。 なぜエレインが神の声を聞こえたのかは、 エレニウムの謎が解明されると分かるのではないかと考察しています。 でしょうか。 エレインは、ただ頭がずば抜けて良いだけの元令嬢ですので、彼女の正体が実は人間ではなかったということは無いでしょう。 人間である• 頭脳明晰 これら条件と、なにかエレインだけが満たしていた条件があった、ということですが・・・ 今のところ分かっているのは、 エレインが擬神兵の技術を確立したということだけです。 疑神兵の技術構築の最中に、あるいは彼女は条件を満たしていたのかも知れませんね。 エレインとハンクの関係は? エレインとハンクは、はっきりと言葉にはしませんでしたが、 お互いに思い合っていたようです。 そして、火事でお互いに家族を亡くし、ともに貧民街で育ってきました。 直接的な描写はありませんが、擬神兵の研究に明け暮れるエレインの心にはいつもハンクがいました。 エレインは、ブルーレークタウンという町を開拓した男の娘で令嬢でした。 家族と幸せに暮らしていたある日、 町が焼失しエレインは家族を亡くしてしまいます。 そしてエレインは、自分と同じように町の生き残りで家族を亡くした男の子と出会うのです。 エレインは、記憶を残した男の子に「ハンク」という名前を付けました。 そして、ハンクや他の孤児たちと共に、貧民街で暮らしていきます。 この時から、 エレインとハンクはいつの間にかお互いを意識していったのでしょう。 エレインは頭が良く、貧民街でもその頭脳を惜しみなく発揮しました。 その後、エレインの類稀なる頭脳に目を付けた教会が、ハンクも一緒に引き取ります。 教会学校に通いだしたエレインは、そこでも頭脳を発揮し首席で卒業しました。 いつから、エレインとハンクが思いを通わせていたのかは定かではありませんが、 貧民街で暮らしていく内にお互いに愛情が芽生えていったようですね。 ハンクはエレインが開発した擬人兵の第一成功者 教会を卒業した、 ハンクは戦争を終わらせるために軍に入り、エレインはエコールで擬神兵の研究に没頭します。 ハンクに早く帰ってきてほしいエレインは、戦争を終結させるために擬神兵の技術を開発し、人体実験まで漕ぎつけました。 しかし、実験はなかなかうまくいきません。 擬神兵の適正には、ソムニウム石に耐えられる体力と強い精神力が必要となり、 どの被検体も失敗に終わります。 手詰まりとなったところに、重傷を負ったハンクが研究所に運ばれてきました。 エレインは、ハンクに擬神兵の施術を施し、見事に成功。 ハンクは、擬神兵の第一号となり、これを元に新しい擬神兵たちが作られていきました。 エレインは、ハンクを擬神兵にさせるときにとても苦悩したのは言うまでもありません。 ハンクのために擬神兵の研究をしたにもかかわらず、 結局ハンクが擬神兵になってしまえば、戦場へ送ることになります・・・ しかし、擬神兵の施術をしなければ、帰らぬ人になってしまう。 どちらにしても、エレインにとっては苦渋の選択だったでしょう。 愛ゆえの重く苦しい決断だったというわけです。 彼女の正体、それは 悪夢とも言える人間兵器を作り出した、一人の男性を愛する、普通の女性・・・だったとも言えますね。 ハンクとケインとの三角関係 ケインとは教会学校で出会います。 教会学校でエレインに一目惚れしたケインは、ハンクとも仲良くなりました。 エレインはすでにハンクに気持ちが向いていますし、 ハンクもエレインのことが好きだったようなので、自然と三角関係が出来上がっていますね。 擬神兵の投入で、戦争は終結しました。 今は神として英雄視されている擬神兵ですが、終戦後は獣として恐れられます そして、擬神兵は本来行ってはいけない禁呪です。 一人ひとり、町を簡単に破壊できる力を持っています。 だからこそ、 エレインは擬神兵たちを自らの手で葬り、自身も自殺するために、ケインに相談しました。 そして、最初にハンクを手にかけようとします。 ハンクの胸に銃弾を打ち込み、その後ケインの裏切りでエレインの胸にも銃弾が撃ち込まれました。 ハンクにはではなく、エレインに相談したというのが、ハンクを大切に思っている証拠でしょう。 「一番好きな人には、最後まで内緒にしておきたい」 そして、 最初に擬神兵に変えてしまった負い目があったのかもしれませんね。 気になるのは、なぜ好きであった女性をケインは撃ったのでしょう。 ケインは父親に対して鬱屈した思いがあるので、その辺が影響して 3人の関係を複雑にしていそうです。 かつ神アニメでの声優は誰がする? 2019年 7月から、かつ神のアニメが放送されます。 かつ神のキーとなる人物・エレインの声は、 能登麻美子さんが演じることになりました。 能登さんは、柔らかで滑らかな声が特徴です。 声に混濁したところがなく、どこか浮世離れした声にも聞こえ、そこがまた魅力となっています。 また、能登さんのもう一つの特徴が、 童謡を歌うと呪われそうな歌に聞こえてしまうことです(笑) 能登さんの優しい声は子供たちの朗読に向いていますが、同時に怪談話では恐怖を与えられるでしょう。 今回、かつ神で演じるエレインは、作品での登場シーンは少ないかもしれませんが、物語にインパクトを与えます。 能登さんの癒しボイスによって、ハンクに銃を向けるシーンなどが、より物語に深みを出すでしょう。 まとめ 今回は、 かつて神だった獣たちへに登場するエレインの正体について見ていきました。 擬人兵を生み出したエレインの過去が、本作でも明らかになりました。 現在は、 ケインがエレインの体を新パトリアに保管しているようですが、生死は不明です。 今回考察・紹介して分かったのは、• エレインは疑心兵を作った人• エレインとハンクは両思い• ハンクとケインと三角関係だった• エレインは、擬神兵と自分を消そうとした• 声優は能登麻美子で、癒しボイスに注目 この 5つです。 シャールと強い信頼関係を築いているハンクは、今もエレインに好意を寄せているのかも気になるところです。 もし、エレインが生きていればどのような展開になっていくのか。 アニメも楽しみに続編を待ちましょう。

次の