バビロンの大富豪 感想。 [書評]「漫画 バビロン大富豪の教え」で資産形成を基礎を学ぼう

【お金に関する本】バビロン大富豪の教えを読んで、あらすじと感想。

バビロンの大富豪 感想

・プロローグ~金に動かされる現代人 ・第一章 バビロン一の大金持ち~なぜ、同じように働いているのに貧乏人と大金持ちがいるのか? ・第二章 学びの殿堂~大富豪だけが知っている「黄金に愛される七つ道具」 ・第三章 試練~価値があるのは、金貨が入った袋か、知恵が詰まった袋か? ・第四章 帰還~賢者の助言によって、貯金が懸命に働きだす ・第五章 ザ・ウォール~「守るべきもの」があるから人は何度でも立ち上がれる ・第六章 奴隷だった男~己の心は「奴隷」のものか、「自由民」のものか ・第七章 伝承~はるか昔の借金返済記録が、現代人を救う ・第八章 王子の商隊~なぜ人は働くのか。 それは金のためではなかった。 ・エピローグ 最後の黄金法則 1. 収入の十分の一を貯金せよ 2. 欲望に優先順位をつけよ 3. 貯えた金に働かせよ 4. 危険や天敵から金を堅守せよ 5. より良きところに住め 6. 今日から未来の生活に備えよ 7. 自分こそを最大の資本にせよ アルカドは言います。 壁の両側についている燭台と燭台の境界線には壁がある。 その壁は何だかわかる者はいるか? 騒ぎ出す人々を遮るようにバンシルがこう答えます 「その境界を分かつ壁は 動いた者とそうでないもの!」 アルカドは正解だといいました。 要は やるやらないの話です。 だけどこれって凄く大事で、せっかくタメになる話でも聞くだけで 実践しないんじゃ意味ないんですよね。 ここを重要視しているのが、 この本で一番大事なところだと私は思います。

次の

【オーディオブック】『バビロンの大富豪』を聴いた感想です。 | オーディオブックマニア

バビロンの大富豪 感想

お好きな章からどうぞ• 1.『漫画バビロン大富豪の教え』感想:読み始めたきっかけ 本屋でふらふらしていると、なにやら分厚い本が目に留まりました。 「バビロンの大富豪の教え」 ジョージ・S・クレイソン=原作 坂野旭=漫画 大橋弘祐=企画・脚本 緑色の表紙に、国語辞典のような分厚さと重量級を誇る、なかなかの良書感。 そして金色の文字もかっこいい。 さっそく、手に取って立ち読みしてみると、なんと中身はマンガでした。 びっくりしましたが、楽しそうだった 即購入決定です。 2.『漫画バビロン大富豪の教え』の感想:「すばらしい本です。 」 結論からいうと、 かなり素晴しい本でした。 以下にまとめます。 本書の軸 ・黄金に愛される七つ道具 ・「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則 かなり分厚い本ですが、これらの軸から ブレることなく物語が進んでいきます。 本書を読む読むメリット ・ 「これからどう生きればいいのか?」 ・「どのようにして、経済的に豊かになれるのか?」 これらの問いに対して、明確に定義されています。 読書好きな僕からして、ここまで 具体的に書いてある本もなかなか珍しいです。 そのため、本書を読み終わったらすぐに行動へ移すことをオススメします。 大切なポイント 行動に移す。 これに、つきます。 結局は自分の人生は、自分が勇気をもって行動しない限りなにも変わらないということです。 ストーリー ストーリーは、なかなか面白いです。 舞台は、バビロニア王国のバビロンという都市。 主人公のバンシルが、大富豪のアルカドと出会い、「大富豪の教え」を学んでいきます。 バンシルの子どもから大人になるまでの成長過程をドラマのようにテンポよくつづられているため、 読書が苦手な人でも気軽に楽しめると思います。 3.『漫画バビロン大富豪の教え』:個人的に評価します 個人的に評価していきます。 有益な知識を中学生にも分かりやすいように記しています。 お金の知識を若いうちにつけておきたい学生などに向いています。 満足度 全461ページほどあり、すべて読み終わった後の 達成感は格別です。 また、ストーリー的にもラストは感動シーンが盛り込まれているので必見。 実用性 だれにでも出来る 「お金持ちになる方法」。 そしてそれは、意外と シンプルな考え方だということ。 意外かもしれませんが、すべて読んでみて納得できた部分が多かったです。 よくある質問 Q:マンガの勉強本って多いけど、内容が薄くて勉強にならないんじゃないの? A:本書は、かなりの内容の濃さと充実度を誇っています。 マンガでは書ききれない解説を、 章末の解説ページでじっくり取り上げています。 昔の「お金持ちになる方法」は、現代では、どんな方法なのかも詳しく記されています。 こんな人にオススメ ・お金の知識を楽しむながら学びたい人 ・読書が苦手な人 「お金の知識を楽しむながら学びたい」けど「読書が苦手な人」にピッタリだと思います。 これは、学生でも大人でも同じことが言えるかなと。 若いうちから「お金」についての勉強が大切になっている現在の日本で、こういった「お金」に関する教育的なマンガ本は 貴重だと感じます。 まとめ ・『バビロン大富豪の教え』は、【永久保存】レベルの良書 読書は、立派な自己投資です。 本を読むことで、きっと幸せな未来が訪れでしょう。 行動を起こした人のみ、未来を変えていけます。

次の

【感想まとめ】バビロン 大富豪の教え【まず収入の10分の1を貯金する】|ツルブログ

バビロンの大富豪 感想

お好きな章からどうぞ• 1.『漫画バビロン大富豪の教え』感想:読み始めたきっかけ 本屋でふらふらしていると、なにやら分厚い本が目に留まりました。 「バビロンの大富豪の教え」 ジョージ・S・クレイソン=原作 坂野旭=漫画 大橋弘祐=企画・脚本 緑色の表紙に、国語辞典のような分厚さと重量級を誇る、なかなかの良書感。 そして金色の文字もかっこいい。 さっそく、手に取って立ち読みしてみると、なんと中身はマンガでした。 びっくりしましたが、楽しそうだった 即購入決定です。 2.『漫画バビロン大富豪の教え』の感想:「すばらしい本です。 」 結論からいうと、 かなり素晴しい本でした。 以下にまとめます。 本書の軸 ・黄金に愛される七つ道具 ・「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則 かなり分厚い本ですが、これらの軸から ブレることなく物語が進んでいきます。 本書を読む読むメリット ・ 「これからどう生きればいいのか?」 ・「どのようにして、経済的に豊かになれるのか?」 これらの問いに対して、明確に定義されています。 読書好きな僕からして、ここまで 具体的に書いてある本もなかなか珍しいです。 そのため、本書を読み終わったらすぐに行動へ移すことをオススメします。 大切なポイント 行動に移す。 これに、つきます。 結局は自分の人生は、自分が勇気をもって行動しない限りなにも変わらないということです。 ストーリー ストーリーは、なかなか面白いです。 舞台は、バビロニア王国のバビロンという都市。 主人公のバンシルが、大富豪のアルカドと出会い、「大富豪の教え」を学んでいきます。 バンシルの子どもから大人になるまでの成長過程をドラマのようにテンポよくつづられているため、 読書が苦手な人でも気軽に楽しめると思います。 3.『漫画バビロン大富豪の教え』:個人的に評価します 個人的に評価していきます。 有益な知識を中学生にも分かりやすいように記しています。 お金の知識を若いうちにつけておきたい学生などに向いています。 満足度 全461ページほどあり、すべて読み終わった後の 達成感は格別です。 また、ストーリー的にもラストは感動シーンが盛り込まれているので必見。 実用性 だれにでも出来る 「お金持ちになる方法」。 そしてそれは、意外と シンプルな考え方だということ。 意外かもしれませんが、すべて読んでみて納得できた部分が多かったです。 よくある質問 Q:マンガの勉強本って多いけど、内容が薄くて勉強にならないんじゃないの? A:本書は、かなりの内容の濃さと充実度を誇っています。 マンガでは書ききれない解説を、 章末の解説ページでじっくり取り上げています。 昔の「お金持ちになる方法」は、現代では、どんな方法なのかも詳しく記されています。 こんな人にオススメ ・お金の知識を楽しむながら学びたい人 ・読書が苦手な人 「お金の知識を楽しむながら学びたい」けど「読書が苦手な人」にピッタリだと思います。 これは、学生でも大人でも同じことが言えるかなと。 若いうちから「お金」についての勉強が大切になっている現在の日本で、こういった「お金」に関する教育的なマンガ本は 貴重だと感じます。 まとめ ・『バビロン大富豪の教え』は、【永久保存】レベルの良書 読書は、立派な自己投資です。 本を読むことで、きっと幸せな未来が訪れでしょう。 行動を起こした人のみ、未来を変えていけます。

次の