軽自動車 ぺちゃんこ。 「軽自動車は事故ったらペチャンコになるから危険」は本当?

事故でぺちゃんこになりやすい車の特徴とリスクを減らす方法

軽自動車 ぺちゃんこ

家族・旦那 赤ちゃんの為には軽自動車より普通車の方が安全でしょうか? もうすぐ赤ち… 赤ちゃんの為には軽自動車より普通車の方が安全でしょうか?? もうすぐ赤ちゃんが産まれるので 主人の実家がファミリーカーを購入するそうです。 同居はしていませんが徒歩圏内のアパートで主人と二人暮らしをしています。 私の乗っている軽自動車は古くてもうすぐ車検があります。 義父が今乗っている普通車を私に譲ってくれると言ってくれていて、本来ならラッキーなのですが 今の車が好きだし、祖母から買ってもらった車なのでもう少し乗りたいなという気持ちもあります。 主人は好きなようにしていいけど、普通車に乗ってもらった方が安心だと言っています。 なので、なるべく普通車の方が良いって言ってますが、旦那が通勤で車を使ってしまうので、私が結婚前から持ってる軽でスーパーなど行ったりして過ごしています。 私の軽はもうすぐ10年ものです。 旦那の車は3年前に買ったものです。 やっぱり、新しい車は燃費もいいし、乗り易いのは確かです 笑 でも、やっぱり自分の車は愛着があってなかなか手放せないです。 あと普通車だと税金が上がったり、車検の金額等も上がります。 そら豆さんの車がどれぐらい乗られてるかにも寄りますが、車も年数行くとガタがきたりするので、その兼ね合いで考えてみてはいかがでしょうか?• 3月4日.

次の

【閲覧注意】軽自動車の事故、マジでヤバイだろ・・・・(※画像あり)

軽自動車 ぺちゃんこ

試験結果 人気自動車の総合点数を比べてみた これらの試験を行い総合評価をした結果がNASVAに掲載されていたので、人気の車種別一覧表を作成しました。 普通車も含めていますので、比較しながら参考にして下さい。 7点でした。 2位はレガシィアウトバックで188. 8点、3位はデミオの185. この結果が全てだとは言えませんが、こうしてみてみると 軽自動車のほうが評価が低くなっています。 しかし、 合格基準には達しているのでそこまで悪いわけでもないでしょう。 なぜ軽自動車が危険と言われるのか? それは、軽自動が 軽いからです。 重いものと軽いものが同じスピードでぶつかったら・・・結果は見えていますよね。 例えば、ピンポン球とテニスボールがぶつかったら? バレーボールとボーリングの玉がぶつかったら? のび太とジャイアンがぶつかったら? アルトとヒノノニトンがぶつかったら? ちなみに アルトの重量は610kg~700kgです。 一方日野デュトロカーゴは 2,270kg~2,540kgです。 最大積載量が4,500kgくらいあるので、荷物を積むと更に重くなりますね。 小型トラックでさえ アルトの3倍以上あります。 トラックじゃなくても、SUVなどの重量のある車と正面からぶつかったらひとたまりもないでしょう。 衝撃吸収で中は大丈夫なんです! 最初の動画でぺちゃんこのグシャグシャになった軽自動車を見ると、「ウワァァ!」ってなりますよね・。 でも、実はこれ ぺちゃんこになって衝撃を吸収しているんです。 車の安全性を高くするには次の2つの方法があります。 1つは車を固くすること。 合板を強化して衝撃を受けても凹まないようにすれば中は安全です。 要するに戦車とか装甲車みたいなイメージですね。 ただ、車は平気だけど 車内まで衝撃が伝わってくるので、中の人が受けるダメージは大きいでしょう。 また、重くなるので燃費も悪くなります。 2つ目は衝撃の力を逃し、乗っている人を守ることです。 ぶつかった時に、シャーシなどが曲がって力を分散するようにすることによって、中の人のダメージを減らすことができます。 どちらが安全かというと、ケースバイケースとしかいえないですね。 事故には正面衝突や横転、後から衝突などの様々なパターンがありますから。 ただ、一番多いのが背面からの衝突、いわゆる「オカマ掘っちゃった事故」なので、後部にスペースがあるなら衝撃吸収が有利かもしれません。 軽自動車は後部が狭いのでトラックなど車高の高い車に追突されたら、後部席に乗っている人はかなり危険ですけどね。 また、最近は燃費重視になってきているので、車を軽くしないといけません。 なので、ほとんどの車が衝撃吸収するものとなっているでしょう。 つまり、 軽自動車がぺちゃんこに潰れているのは衝撃を吸収した結果で、中の人はもしかしたら助かっているケースもあるわけです。 とは言え、軽自動車は普通車よりも全長と全幅が短いので不利にはなるでしょう。 背面からの衝突の場合、軽自動車で後部席に座っている場合や、ミニバンの3列目は非常に危険と言えるでしょう。 軽自動車よりもコンパクトカーが安全はウソ? どこかのまとめサイトでこんな事を言っていました。 警察官の親父に軽が欲しいって言ったらお前そんなに死にたいのか そんなに死にたいならロープが押入れにあるぞって言われて マーチ買ったよ じゃ、マーチなら安心なのか? 先ほどのことを考えたら、軽自動車とマーチを比べたらほとんど変わらないということがわかると思います。 マーチの重量は約1,000kg(1トン)です。 アルトと比べると300kgほど重いですが、トラックと比べると軽いです。 また、コンパクトカーなので、車も小さい。 そんなことを考えると、軽自動車もコンパクトカーも 目くそ鼻くそじゃないでしょうか? コンパクトカーを買うなら、新安全性能評価が高いデミオがおすすめですね! 軽自動車の死亡事故の統計は?普通車と比較 自動車事故の統計をみて、軽自動車と普通車の死亡率の違いを見てみました。 なかなかいいデータがなかったのですが 財 交通事故総合分析センターが出している交通事故統計年報のデータを自分で車両相互事故と車両単独事故に分けて計算してるサイトを発見。 そのデータによると、 車両相互事故では普通車よりも軽自動車のほうが1. 29倍死亡率が高いとされています。 やはり、重さや大きさが原因だと考えられます。 車両単体事故においては、普通車のほうが1. 23倍死亡者が多いようです。 この原因は何故なんでしょう。 軽自動車のほうが軽いから衝撃が少ない? それとも、小さいから衝突する面積が少ないのか? またはスピードが違うのか? 統計からはここまでわかりませんが、単独事故での死亡者は普通車のほうが多いみたいです。 単独事故で多いのはどんなケース? で、「(PDF)」という特集を見つけました。 交通事故は、車両相互事故のほうが圧倒的に多いようです。 死傷事故の統計では、車両相互事故が86%、車両単独事故がわずか5%となっています。 しかし、死亡事故では車両単独事故が20%と結構高い数字がでています。 事故の原因は、 不注意によるハンドルミスが多いようです。 減速しないで道路脇の電柱や工作物にぶつかって大破で死亡というケースが目立っています。 結論!軽自動車はやっぱり危険だけど・・・・ いろいろなデータを見てきましたが、いかがでしたか? 結論としては、 やはり軽自動車は普通車に比べて危険ということがわかったと思います。 しかし、軽自動車に乗るのは自殺行為!というほどではなく、 少しだけ危険性が増すという程度でしょう。 自動車事故で年間4,000~5,000人が死んでいるのは紛れもない事実です。 ちなみに自殺者は年間3万人(本当は10万人以上とも言われている)ということです。 最近の軽自動車は、 衝突回避支援システムや車両逸脱警報などが用意されている車が増えています。 衝突回避支援システムで、自分からオカマ掘っちゃうこと防いだり、壁や電柱への衝突を回避、もしくはダメージを軽減してくれるでしょう。 車両逸脱警報では、うっかりハンドルミスをしても警報で知らせてくれるので大きな事故を防げるかもしれません。 安全性を重視したい方は、こうした 安全性能をしっかりチェックして見てはどうでしょうか? 人気の軽自動車はどれ?2016年で一番売れている車はこちら。

次の

軽自動車のの安全性は?衝突事故で一番危険はウソ?

軽自動車 ぺちゃんこ

車検切れや車の老朽化などだけでなく、妊娠や出産を機に車を乗り換える人って多いですよね。 生まれてくる子どものために、妊婦さん向けの車に乗り換えませんか? 今回は、妊婦さんに最適な車選びのポイントをご紹介しますので、乗り換えのときの参考にしてください。 便利な電動スライドドア 車のドアは通常、手前に引いて斜めに開くタイプのドア(ヒンジドア)ですよね。 これは、風でドアが大きく開いたり、 子どもが不用意に開けて、思わぬ事故になることもあります。 その点、 電動スライドドアは、横にスライドしながら開くだけなので安心です。 電動スライドドアが装備された車は、妊婦さんにはおススメです。 なぜなら、一般的なヒンジドアと違い、開口部が広く、妊婦さんでも簡単に荷物の出し入れができるからです。 出産後に赤ちゃんをチャイルドシートに乗せるのにもラクラク! ドアが十分に開けられない狭い駐車場でもスライドドアなら問題なく片手で開閉可能です。 さらに、ヒンジドアではドアに子どもの手を挟んでしまう危険性もあります。 半ドアを防ぐために勢いをつけているので、思わぬ大けがになることも。 でも、スライドドアなら電動ですから、 そっと閉めるだけで半ドアの心配もありません。 運転席から簡単に自動開閉もできます。 最近では、ファミリーカーと呼ばれる車種には、電動スライドドアを標準装備しているものが増えてきました。 ただ、電動スライドドアにもデメリットはあります。 まず、一般的なドアに比べて重くなりますので、消費する電気量も増え、 燃費にも少なからず影響が出てしまいます。 また、電気を必要とするので、バッテリーが上がってしまった場合や、電気系統の故障のときは開かないこともあります。 その他、故障の修理代が高くなるなどがありますが、メリットを考えれば電動スライドドアは、やはりおススメのポイントです。 余裕のある車内スペース 妊娠初期の「つわり」は大変辛いものです。 車酔いなどに最も効果的なのは「寝る」ことだそうです。 車に乗ってゆったりと寝られるような空間のある車は、妊婦さんには大変ありがたいものです。 また、安定期にはいり、出産も間近の9カ月頃になると、妊婦さんのお腹は小さめのバスケットボールくらいまで大きくなりますし、体重も5~10kgくらいは増えます。 そうなると、車の乗り降りも大変で、荷物一つ積むのも妊婦さんにとっては簡単ではありません。 また、荷室が広ければ大きな荷物は荷室に積むことができ、座席部分はとくに広々と感じることができますので、つらい妊娠時期でも安心して出掛けられますね。 妊婦さんには、 車内スペースに余裕のある車は絶対条件とも言えるでしょう。 若い頃はかっこいいからと「スポーツカー」に乗っていたお父さん!スポーツカーの狭さは妊婦さんには苛酷な試練でしかありません。 「かっこよさ」よりも、大切な奥さんやお腹の子どもがくつろげる車内スペース重視の車を選んであげてください。 トヨタ 「ハイエースワゴン」9,350. トヨタ 「アルファードハイブリッド」7,145. 日産 「セレナ」7,008. 1L となっています。 反対に、マツダ 「サバンナRX-7」は1,139. 3L、ホンダの 「インサイト」は1,333. 3L程度ですから、妊婦さんにはあまり適さない車だと言えるでしょう。 各社計測基準の相違有) 衝突などの安全性を重視 「事故を起こしたら・・」、「お腹に車の振動が悪いかも・・」と、お腹の子どもが気になって車に乗るのが不安になる人も少なくないでしょう。 安全性を考えて車を選ぶもの妊婦さんには重要なポイントです。 経費的にも安くて人気の高い軽自動車。 今は普通車と同様の安全基準テストをクリアしているので、「軽自動車は危険」ということはありません。 何が違うかと言うと、 重量や大きさの規格が違うのです。 軽量重視の現在では、各自動車会社は軽自動車に限らず車を軽くすることが求められています。 それでも、車内の空間はなるべく確保したい。 そうなると、車の長さも幅も短い軽自動車は、どうしても普通車に比べてボディが薄くなってしまいます。 当然、衝突や衝撃には弱いということは言えるでしょう。 軽自動車がぺちゃんこにつぶれるのは、乗っている人に与える衝撃を吸収した結果なのですが、妊婦さんの体を気遣うなら、重量や大きさに制限のある軽自動車よりも、 重さもある頑丈な部品、素材を使うことができる普通自動車の方が安全と言えるでしょう。 ただ、軽自動車でもスズキの 「ジムニー」、ダイハツ 「ムーブ」などは、比較的頑丈だと言われています。 普通車では、サスペンションやブレーキなど、足回りの充実している ベンツなどの「ドイツ車」をはじめ、最近ではスバル 「レガシー」の衝突安全性は世界でも優秀と認められ、オプションで衝突前に自動車が自動停止してくれる機能まで付けるようになりました。 事故には十分注意しなければなりませんが、安全性は妊婦さんだけでなく、家族の運命を握る重要なカギかもしれません。 乗り心地のよい車 特に妊娠中はストレスも感じやすく、気持ちも不安定になりがちな時期ですので、できれば長時間車に乗るのは避けたいものです。 でも、妊婦さんでも帰省や家族で外出など、長時間、車に乗ることも少なくありません。 お腹の子どものためだけでなく、 デリケートな妊婦さんにとって「乗り心地」も忘れてはいけない大切なポイントです。 道路は良い道ばかりではありません。 悪路もあれば、カーブや勾配もあります。 急ブレーキでお腹をぶつけることもあるかもしれません。 長時間、座っていてもなるべく身体に負担がかからないような車が望ましいです。 ウイッシュや ヴォクシーなどの 「ミニバン」や、 レガシィーなどの 「ステーションワゴン」は、シートのクッション性や居住性も良く、山道もラクラク走行できるように性能が強化され、乗り心地が良いので、妊婦さん向きと言えるでしょう。 また、赤ちゃんはお母さんのお腹にいるときから、お母さんの声や感情を感じています。 アルファードやヴェルファイアなど大型クラスのミニバンなら、高級感もあり、お母さんの気持ちもゆったりとして胎教にも効果的でしょう。 妊婦さんの視野を確保 お腹が大きくなってくると、どうしても前かがみや後方を確認するなどの簡単な体勢をとることが難しくなります。 無理のない姿勢で 「視野を十分に確保できる車」かどうかも大事なポイントです。 前方の視界は、フロントウインドウが大きくても、フロントピラーと呼ばれるフロントウインドウの横にあるボディの柱が意外に邪魔をするのです。 この柱のせいで歩行者が見えにくくなり事故を起こした例もあります。 柱のない車はありませんが、できる限り細くしている車は出ています。 角ばったボディラインから視界が大きく確保されたスバルの 「フォレスター」は、死角がほとんど無いとされていますし、 「アウトバック」は、車線はみ出しお知らせ機能や死角検知システムがなど安心サポートが搭載されています。 また、ホンダの 「フィット」など、大きいドアミラーを搭載したり、使わない後部座席を折りたたんで後方の視界を確保するタイプの車も増えてきました。 また、 車高の高い車を選ぶことも妊婦さんには効果的です。 車高が高いことで運転者の視点が高くなり、周囲360度を見渡しやすくなります。 忙しい妊婦さんは、買い物や送迎なども多く、混雑する道路を走行する場合も少なくありません。 そんなときに、車高が高いと車内から周囲の状況を容易に見渡せて、混雑状況や危険度をいち早く察知することができます。 トヨタの 「BB」は163. 5cm、日産 「キューブ」は164cmと全高が高く、妊婦さんだけでなく、年配の方でも安心して乗ることが出来るコンパクトカーです。 視野が確保しにくい場合は、シートやハンドルの位置で調節可能です。 まずは、試乗するか運転席に座ってみて、視界の広さをしっかりと確認しておきましょう。 車高の高さで乗り降りも快適 車高の高い車も、乗り降りが大変な妊婦さんにはおススメです。 運転席や助手席だけでなく、後部座席でもあまり気になりません。 背が低い子どもも周りがよく見渡せて大喜び! 特に 乗り降りに影響する乗り込み口の地上高が低いタイプを選ぶと良いでしょう。 地上高330mm程度のスズキの 「アルトラパン」、300mm程度のトヨタ 「ポルテ」などは、お腹や腰、膝などに負担をかけずに乗降することができます。 妊婦さんでも、毎日の買い物や子どもの送迎、急な病気など、どうしても運転しなければならない機会は少なくありません。 そこで、お父さんだけでなく、妊婦のママさんが運転しやすい車を選ぶことも一つの方法です。 妊婦さんは、身体も気持ちもいつもとは全く違いますので、目で見ただけでなく、できるなら一度、乗り換え前に試乗してみると良いでしょう。 せめて乗降を試するだけでも違いが分かると思います。 一口に妊婦さんといっても、寝込むほど体調が悪い人もいれば、臨月まで元気良く働く人もいます。 乗り換えたい車の特徴とライフスタイルをよく考えてみましょう。 ただ、かっこ良いが狭い車、乗り降りしずらい車などは、妊婦さんには不向きです。 もし、乗りにくい車に乗っているなら、大切な子どもや奥さんのために、利用しやすい車に乗り換えをおススメします。 また、妊娠は大変嬉しいことですが、 家計への負担は確実に増えます。 今の車をいくらで売れるか、というのは大変重要なところでしょう。 一括査定で複数の業者に査定してもらえば、最高の買取価格が分かります。 まずは、 インターネットの無料一括査定で買取価格をチェックして、少しでも高く売ってみませんか。

次の