マウスケージ。 アニメックの製品 床敷 FAQ

Natureニュース「マウスの飼育状態で、実験結果が台無しに?」

マウスケージ

<目次>• ハツカネズミ(餌用マウス)の基本情報 マウス(ハツカネズミ) 体 長 6~8cm 生息地 世界各地 用 途 ヘビ一般を始め多くの肉食性両生爬虫類 使用方法 生きたまま与える・殺した直後にケージ内に静置・冷凍したものを解凍して静置・ピンセットなどで誘いながら、など 解 説 世界的に人家周辺を中心に生息する齧歯類。 種子や穀類などを好むが昆虫なども食べる雑食性。 耕作地や人家などに簡単な巣を作って生活するが、定着性は低いらしい。 繁殖期は野外では春と秋であるが、屋内では周年繁殖する。 本来、背面は茶色、腹面は灰白色の毛に覆われるが、品種改良され、一般には白い毛色で赤い目のアルビノ個体が実験用・愛玩用・餌用に広く養殖されている。 マウスの栄養成分 可食部100gあたりに換算 成分 ピンクS ファジー アダルト エネルギー kcal 93. 0 121 172 水分 g 80. 9 81. 8 67. 3 タンパク質 g 12. 3 8. 0 18. 3 脂質 g 3. 3 5. 5 7. 7 炭水化物糖質 g 1. 9 1. 5 3. 9 ビタミン A IU 679 562 18909 B1 mg データなし B2 mg B3 mg C mg D mg E IU 1. 0 3. 2 3. 3 無機質 mg カリウム データなし ナトリウム 鉄 3. 5 2. 8 4. 5 リン データなし データなし 562 カルシウム 224 268 975 参考:S'hei's Homepage 両爬の餌としてのマウスの特長やマウス自家繁殖の必要性、マウス自家繁殖の心構えなどの前置きをいろいろ考えたのですが、今回はあくまで「マウス自家繁殖飼育ガイド」としての記事を目指しましたので、そういう蘊蓄は別の機会にして、早速マウス自家繁殖のノウハウをご紹介しましょう。 ハツカネズミ(餌用マウス)の飼育繁殖法 今回は、これまた長年マウスの飼育と繁殖を手がけている方から詳しい話を聞けましたし、多くの方からご意見もいただけましたので、それを参考に解説しましょう。 ただ、極めれば極めるほど奥が深いようですので、詳しくは記事の最後にあるサイトなどを参考にして下さい。 何にしても通気性の良いものを使います。 ハムスターケージや鳥かごは金網のすき間から、特にピンクサイズの個体が逃げ出すことがありますので、注意が必要です。 またジャンプ力が強く狭いところも平気ですからしっかりとフタができるものを選びます。 ちなみに私の所では目の細かい金網をフタにしています。 衣装ケースを改造した飼育ケージ ・床材 マウスはハムスターと異なり、基本的にトイレを覚えません。 ですからどうしても糞や尿が床材にまき散らかされます。 ですからよほどマメに取り替えるのでなければ、床材には工夫が必要になります。 みなさんに聞いたので多いのはウッドチップですが、私も使っていて非常に優れているのが自然素材(木製)のネコの砂のようです。 さらにこれにシリカゲルでできたネコの砂・シリカサンドを四分の一ほど混ぜたものが臭いも抑えられて交換頻度が少なくて済み、経済的にも安価ですむようです。 これに5cmほどの長さのシュレッダーくずの紙を入れると巣材に使うそうです。 床材の交換頻度は飼育頭数にもよるようですが、一日置きという方もいれば二週間に一度という方もいらっしゃいました。 つまり床材は「汚れたら」とか「臭くなってきたら」とかの主観的な目安で取り替えれば良さそうです。 ・餌と水 マウスはとにかく大食いなので、結局餌は「安い」ことが最優先になりますが、幸いなことに(実験用マウスが普及しているから)、もっとも安い配合飼料が一番栄養のバランスも良いようです。 これにおやつ程度に種子類を与えれば十分です。 気になる動物性の餌ですが、これには共食いの防止のために与えた方が良い、という意見と特別に必要ないという意見にわかれました。 与える場合は煮干しなどを与えればよいようです。 またマウスはとにかく水をよく飲みます。 十分な容量の給水ボトルを準備しましょう。 ちなみに私はいつも水切れで死なせたり、共食いの憂き目にあいます。 ・その他の準備 この他「フタのない巣箱」やストレス解消のための「遊具」などを入れると好結果を得ることができるようです。 こんなんでも十分「遊具」 ・日々の世話 共通するのは「毎日の餌やり」と「飲み水の交換」です。 また「床材の交換」も定期的に行います。 それ以外は基本的に繁殖のコントロールということになります。 ハツカネズミ(餌用マウス)のコンスタントな繁殖のために 繁殖法といっても、マウスの場合には軌道にさえ乗ってしまえば、こちらが困るほど数が殖えてしまうくらい順調にコトが進むようです。 ペアリングはケージ内に雌雄を入れるだけ。 オス同士以外は協調性もいいので、オス:メス=1:複数のハーレム状態で構いません。 雌雄の区別はメスの乳首を確認すればいいでしょう。 複数見れば性器の形状で容易に区別が付くようになります。 一週間ほど同居させれば普通は交尾が行われます。 妊娠後15日程度でメスの腹は大きくなり始め変化を見ることができるようになります。 出産は妊娠後20日程度ですが、特に別のケージに移す必要などはありません。 オス個体もそのままで構いません。 中には育児を手伝うオス親もいるというから感心します。 出産直後は24時間ほど暗くて静かな場所に置くなどして落ち着かせましょう。 出産された仔マウスはメス親が授乳して育てますが、この間は掃除などの回数を減らします。 またこの期間に餌や水を切らさないようにします。 生後25日程度で離乳します。 この頃にはホッパーの大きさになっています。 離乳の頃のマウスはしっかりとフードを食べられませんので、フードは細かく砕いて与える方が良いでしょう。 オスのマウスは生後16ヶ月、メスは生後14ヶ月くらいまでが繁殖できます。 ただしピークは生後2ヶ月から9ヶ月くらいまでですので、上手に餌として利用しながらコンスタントに殖やしていきましょう。 単純計算でいくと、一頭のメスのマウスから50頭程度は生涯に仔をとれるようです。 マウスの餌の量や飼育頭数、繁殖サイクル、固体管理、餌として与える量、ヘビ一頭あたりの給餌サイクルと給餌量などさまざまな要因を考えて計画的に行う必要があり、実は結構頭を使うことなのです。 【関連記事】•

次の

Natureニュース「マウスの飼育状態で、実験結果が台無しに?」

マウスケージ

抄録 動物の過密飼育 crowding は,心理社会的なストレッサーとされているが,従来の方法は飼育面積を一定にし,個体数のみを変化させているため,個体数の増加と1匹あたりの占有スペースの狭少化という2つの要因が複合されたものであるといえる。 そこで本研究ではケージ内の個体数とケージのサイズの両方を変化させるという方法をとり,免疫能に及ぼす影響を追求した。 またケージ内の動物の構成メンバーの変化が及ぼす影響についても検討を加えた。 実験1ではマウスをまずケージあたり4匹ずつに分けて14日間馴化飼育し,その後ケージあたり4匹 Control群 ,小スペースあたり4匹 Crowding-I群 ,ケージあたり16匹 Crowding-II群 の計3群に無作為に分け7日間飼育を行った。 結果は以下の通りであった。 1 体重に群間で有意差は認められなかった。 2 総白血球数に有意差は認められなかったが,Crowding-II群にリンパ球百分率の有意な低値,そして好中球百分率および絶対数の有意な高値が認められ,ストレッサーの継続負荷による白血球構成比の変動が示唆された。 3 好中球NBT還元能ではCrowding-II群に低値を示す傾向が観察され,細菌貪食能ではCrowding-II群に有意な低値が認められた。 一方Crowding-I群では,NBT還元能,貪食能ともにCrowding-II群ほどの低下は認められなかったが,いずれもControl群とCrowding-II群の中間の値を示す傾向がみられた。 これらの結果から,個体数の増加によるマウス相互間の心理社会的要因の複雑化がストレッサーとして重要な意味をもつことが示唆された。 実験2ではマウスをまずケージあたり5匹ずつに分けて14日間馴化飼育し,その後ケージあたり5匹 Control群 ,小スペースあたり5匹 Crowding- 1 群 ,ケージあたり20匹 Crowding- 2 群 の3群に分けたが,Control群とCrowding- 1 群はケージ内のマウスの数と構成メンバーは馴化飼育と同一にし,ケージへの移動のみを行った。 群分け後2日目に抗原としてSRBCを腹腔投与し,7日間飼育を行った。 結果は以下の通りであった。 1 体重にはいずれの時期も有意差は認められなかった。 2 特異免疫反応として測定したPFCおよび抗SRBC抗体価は,群間に有意差は認められなかった。 なおマウスの産生した抗体はIgMであると考えられた。 3 血漿中のIgM濃度に有意差は認められなかったが,Crowding- 1 群が高値を示した。 またIgG濃度では,Crowding- 1 群に有意な高値が認められた。 4 好中球NBT還元能は,エンドトキシン刺激時では有意差は認められなかったがCrowding- 2 群が低値を示し,細菌刺激時ではCrowding- 2 群に有意な低値が認められた。 また好中球の細菌貪食能においてもCrowding- 2 群に有意な低値が認められた。 一方Crowding- 1 群はControl群に比べて,有意差は認められなかったがいずれも高値を示した。 このように,マウスの構成メンバーを変えず飼育面積の狭少化のみを施して過密にした場合は,同様にマウスの構成メンバーを変えなかった対照群に比べ,免疫能が亢進する傾向が観察された。 一方ケージ内の個体数を増やして過密にした場合は,条件設定は実験1とは異なるが,好中球機能の顕著な低下が認められた。 本研究は7日間という短期間のストレス負荷の結果であり,今後より綿密な実験デザインを設定し長期間の検討を行いたいと考えている。

次の

株式会社シナノ製作所 〜理化学器械・基礎医学器械・実験動物器材〜

マウスケージ

マウスの繁殖方法 動物施設で最も飼育数の多いマウスの繁殖方法(自然交配法)について解説します。 マウスの系統・個体によって産子数や離乳時期が異なることがあります 原則 自然交配法によるマウス繁殖の概略は、以下の通りです。 雄マウスと雌マウスをケージ内に同居させて交配させ、交配後 約20日の妊娠期間を経て子マウスが誕生する。 母マウス1匹あたり5〜10匹の子マウスが得られます(系統により差あり)。 子マウスは誕生から4週間後に離乳し、独立して飼育する事が可能。 誕生から8週間後には性的に成熟し、雄と雌を交配させて子マウスを得る事が可能。 ポイントは、交配がいつ成立したか、本当に成立したかどうか、どの親マウスから産まれたのか、を把握する事です。 そうしないと、以下のような弊害が起こります。 すでに交配済みの雌マウスを交配させても交配率が上がらない• 連続して交配に使用した雄マウスが疲れていて交配率が上がらない• 複数の雄マウス同士が雌をめぐって喧嘩し怪我をする 以下で、押さえておくべきポイントについて解説します。 交配の方法 ケージ分け• 雄マウスと雌マウスは、別々のケージで入荷され、飼育されています。 交配による次世代作製• 以下の点に留意し、雄マウスと雌マウスを同居させ交配させる。 性成熟 :マウスは、雄雌ともに8週齢をすぎると性成熟し、交配して子を産めるようになります。 性周期 :雌マウスの外陰部を観察し、外陰部が赤く腫脹している(性周期が発情前期にある)ものを選んで交配に用いると、交配率が上がります。 (外陰部の腫脹の様子については、のページの[発情前期]の写真をご参照ください)• 先住効果:雄マウスのケージに雌マウスを入れると、交配率が上がります。 個体数 :雄マウス1匹に対して、雌マウス1〜2匹。 時間 :夕方に、雄雌マウスの同居を開始させます。 翌朝、雌マウスの外陰部を観察しが確認されたら、交配が成立しています。 膣栓は正午頃には外れてしまうので、午前中に確認する。 親となる雄マウスと雌マウスの情報と、膣栓確認日を記録しておく。 膣栓が確認できた雌マウスは1ケージにまとめておく。 分娩後も1週間ほどケージ交換せず、母マウスに哺育させる。 分娩後4週間経ったら、離乳させる。 雄雌の子マウスを別ケージに分ける。 分娩後8週間経ったら、子マウスを得るために交配させる事が出来る。 読み込んでいます... 効率的な繁殖技術 動物施設では、自然交配ではなく体外受精を用いた効率的なを確立しております。 その技術を利用すると、させ体外受精をおこない、迅速に多数の子マウスを得る事が出来ます。 ご興味ある方は、へご相談ください。 注意点 遺伝子組換え生物の取り扱いは、されています。 そのため、遺伝子改変動物が施設から逃亡した場合などは、施設および研究者が処罰されます。 飼育室内であっても、マウスがケージから逃げてしまったときは施設スタッフにお知らせください。 専用の器具等を用いて捕獲し、ケージに戻せるようにご協力いたします。 cardadmi kumamoto-u.

次の