昭恵夫人即位の礼服装。 ドン小西氏、驚く 昭恵夫人衣装は「新調じゃない」「ありもので…ちょっとビックリ」/芸能/デイリースポーツ online

即位礼正殿の儀で昭恵夫人服装がワンピース!ドレスコードは和装では?とファッションにネット上で疑問の声!

昭恵夫人即位の礼服装

こんにちは。 ことし5月の皇位継承に伴って、新たに即位した天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」が皇居・宮殿で行われました。 天気が崩れ、時折激しく雨が降りましたが「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」が行われる直前に雨は上がり、一時青空、そして虹までかかるという素晴らしい儀式となりましたね! そんな即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀は、海外からも多くの来賓を招き、海外のメディアも中継や速報で伝えるなど、関心の高さを示しているようです。 そんな中、即位礼正殿の儀に安倍首相とともに出席した昭恵夫人のワンピースのファッションに注目が集まっているようです。 いったいなぜなのでしょうか。 即位礼正殿の儀で昭恵夫人服装膝丈ワンピース、和装では?とファッションにネット上で疑問の声! スカートの丈は膝丈で短いし、袖の形も独特ですね。 即位礼正殿の儀で昭恵夫人服装ワンピースのファッション!ドレスコードは? そこで、即位礼正殿の儀でのドレスコードを確認してみると・・ 首相官邸がウェブサイトで発表している「即位礼正殿の儀の細目について」によれば、女性参列者のドレスコードは、「ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの」と指定されているようです。 このデイドレスというものがどこまで含まれるのかという点はありますが、昭恵婦人が着ている白色のドレスに対し、和装では?と指摘する人はいなかったのでしょうか。 これに対するネット上の反応をみてみたいと思います。 スポンサードリンク 即位礼正殿の儀で昭恵夫人服装膝丈ワンピース!ネットの反応 即位礼正殿の儀に安倍首相とともに出席した昭恵夫人のワンピースのファッションのネットの反応を見てみました。 やはりドレスコードの和装、着物になぜしなかったんだという声が多数あげられているようですね。 あの厳かな即位礼正殿の儀という場を考えれば、昭恵夫人にはドレスコードの和装をしていただきたかったなと日本人なら思うところですね。 — 🎌北野ゆうこ🇯🇵 kyukyukyumeii ドレスコードは、和装でした。 — T.

次の

ドン小西氏、驚く 昭恵夫人衣装は「新調じゃない」「ありもので…ちょっとビックリ」/芸能/デイリースポーツ online

昭恵夫人即位の礼服装

ファッションデザイナーのドン小西氏が23日、TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGoSmile~」に出演し、22日に行われた即位礼正殿の儀に出席した安倍昭恵首相夫人のファッションに言及。 即位礼正殿の儀では、膝丈の白いスカートだったことがネットで話題となっていたが、ドン小西氏は、その衣装が今年の夏に一度着用したワンピースだったことを明かし「ビックリする」と驚いた。 番組では、即位礼正殿の儀に出席された各国のプリンセスたちのファッションを特集。 その中で、話題となった昭恵夫人の衣装についても取り上げた。 昭恵夫人は袖が大きく膨らんだ膝丈の純白のワンピース姿だったが、ロングドレスではなかったことにネットは心配の声も上がっていた。 首相官邸のHPでは女性参列者の服装については「ロングドレス、デイドレス、白襟紋付きまたはこれらに相当するもの」という一文が上がっていることから、小西氏は昭恵夫人のワンピースは「お昼だからデイドレス。 1人1人の解釈の問題」とコメント。 膝丈姿だったことには「昭恵さんの解釈だった」とした。 そして「膝上だからどうよと思うが、実はこれは新調した洋服じゃない」と言いだし「夏にぼく外務省の仕事を手伝ったんだけど、アフリカ会議で着ていた」と暴露。 「会議で着ていた洋服を着てくるというのがちょっとクエスチョンだった」と語った。 石井亮次アナが「自分で選ばれるんですか?」と聞くと「そうです」と言い「だから、普通だったら絶対これを選ばないよね。 着回しじゃない、ありものでどうにかしちゃった。 これはビックリするよね」と首を傾げた。 そして小西氏は「1人1人ドレスコードがあっても解釈が面白いよね」といい、「敢えてあるものを着てきた、この丈でっていうのを分析すると、多分彼女は特別な人に見て欲しくない、公人でなく平民として見てもらいたいのがすごく強かった」と推察。 「お金も作る時間もあった。 ちょっとぼくに電話くれればいくらでもそろえられた。 饗宴の儀で着てきた和服については「あれもちょっと旅館の仲居さんみたい。 もうちょっと柄とか…」と苦言を呈したが「本人も仲居さんレベルで十分ですと…」と分析。 「あれ以来、平民でいたいという思いがすごく出てる」と、森友学園問題以来の昭恵夫人の心情を推察していた。

次の

安倍昭恵 即位礼正殿の儀でミニスカートはおかしい 着物 和服 ロングドレスを着ない理由は何故?

昭恵夫人即位の礼服装

OGの1人は次のように語る。 「『即位礼正殿の儀』をテレビ中継で見ていて、昭恵さんの姿が映るたび、顔から火が出る思いでした。 ほかの方たちが着物やロングドレスをお召しなのに、昭恵さんは座るとひざも丸出しになって……。 ご本人がどうお考えであれ、明らかに場違いに見えました」 「即位礼正殿の儀」で昭恵さんが着た白のひざ丈ドレスは「土偶」「ハンドベル」など、さまざまな表現で揶揄された。 「即位礼正殿の儀」に注目していたという国会議員の妻は言う。 「即位礼正殿の儀は、日本においてはこれ以上のものはない、最高位の儀式です。 皇族方が十二単や束帯など、古式ゆかしいご装束で儀式に臨まれているのに、首相夫人である昭恵さんの服装からは、招いてくださった天皇皇后両陛下への敬意が感じられませんでした」 ちなみに「即位礼正殿の儀」の女性のドレスコードは《ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの》と、なっていた。 ファッション評論家の石原裕子さんは言う。 「ドレスコードを拝見する限り、昭恵さんの装いは問題ないと思います。 素材もよく、個性的ないいドレスでした。 ドレスのおかげで昭恵さんの存在も際立っていたと思います。 ただ、ガラス張りのいちばん前の席で、お座りになるとひざが見えてしまったことは残念でした。 せめてひざ下の長さのものでしたらよかったのですが。 昭恵さんは少し体も絞られたのか脚もおきれいでした。 その脚が映えるドレスをお召しになりたかったのでしょうね」 インターネット上でも炎上し、昭恵さん自身も「朝から着物を着ればよかった」と反省していたという。 「昭恵さんは控えめな色合いの訪問着でいらっしゃいましたが、安倍首相は燕尾服にホワイトタイの正装。 やはり昭恵さんもご主人にあわせて、色留め袖、それも五つ紋のものがふさわしかったと思います」(前出・石原さん) それにしても首相夫人の周囲には、ファッションについてアドバイスをする人間はいないのだろうか? 昭恵さんの昔からの知人は言う。 『私はこう思うの』『私がいいと思ったから』という言い方をよくしています。 他人からのアドバイスを素直に聞くタイプではありませんし、ファッションについてもそれは同じだと思います。 昭恵さんは肩やデコルテにはあまり自信がないようで、そのあたりがあらわになる服装はあまり着ません。 ただ『デコルテは見せられないけれど脚は見せられるの』と、言っていたこともありましたから、美脚にはかなり自信を持っているようです」 この知人が語ったように、確かに昭恵さんのファッションを振り返ると、ワンピースやスカートも、ひざ上やひざ丈のものが多い。 「『即位礼正殿の儀』で万歳をしていたときにも、太ももがあらわになっていました」(前出・国会議員の妻) さすがの昭恵さんも今回の炎上を機に、ファッションの見直しをはかるのか。

次の