ぎょっと する 意味。 ぎょっとの意味

「訴求」の読み方・「訴求する」の意味と類語・使い方例

ぎょっと する 意味

キスする場所の意味と一覧 キスする場所の意味は、オーストリアの劇詩人フランツ・グリルパルツァー(1791-1872)の作品「接吻」に登場する台詞に由来します。 A kiss on the hand is the meaning of respect. A kiss on the forehead is the meaning of friendship. A kiss on the cheek is the meaning of courtesy. A kiss on the lip is the meaning of love. A kiss on the eyelids are the meaning of admiration. A kiss on the palm is the meaning of plead. A kiss on the neck or the arm is the meaning of desire. And others are the meaning of insanity. (以下訳) 手の上ならば 尊敬のキス 額の上ならば 友情のキス 頬の上ならば 厚意のキス 唇の上ならば 愛情のキス 瞼の上ならば 憧憬のキス 掌の上ならば 懇願のキス 腕と首ならば 欲望のキス さてその他は 狂気の沙汰 1819年の作品ですが、今この詩を聞いても思わずドキドキしてしまいますよね! この台詞がイラスト制作などの創作活動を行う方々により「キスの格言」として22個まで派生されるように、そのキスの場所と意味の一覧は以下の通りとなっています。 髪・髪の毛にキスする意味 = 思慕• おでこにキスする意味 = 友情・祝福• まぶたにキスする意味 = 憧憬• 耳にキスする意味 = 誘惑• 鼻にキスする意味 = 愛玩• ほっぺ、頬にキスする意味 = 親愛・厚情• 唇にキスする意味 = 愛情• 喉(のど)にキスする意味 = 欲求• 首・首筋にキスする意味 = 執着• 胸にキスする意味 = 所有• 腕にキスする意味 = 恋慕• 手の甲にキスする意味 = 敬愛• 手のひらにキスする意味 = 懇願• 手首にキスする意味 = 欲望• 指先にキスする意味 = 賞賛• お腹にキスする意味 = 回帰• 背中にキスする意味 = 確認• 腰にキスする意味 = 束縛• 太ももにキスする意味 = 支配• 脛(すね)にキスする意味 = 服従• 足の甲にキスする意味 = 隷属• 爪先にキスする意味 = 崇拝 また、現代では22箇所からさらに、こめかみ、顎(あご)、肩、鎖骨、お尻、足の裏の6つが追加され、キスの場所の意味は28箇所まで派生されています。 こめかみにキスする意味 = 慰め• 顎(あご)にキスする意味 = 恥じらい• 肩にキスする意味 = 確認• 鎖骨にキスする意味 = 欲求• お尻にキスする意味 = 愛おしさ• 足の裏にキスする意味 = 忠誠 キスの日(5月23日)にTwitterなどのSNSを見ると、様々なキスの場所の意味に関するイラストがアップされていますので、チェックしてみると楽しいですよ! キスの日の由来についてはコチラの記事でご紹介していますので、後ほど参考にしてみて下さい。 思慕 (しぼ)とは「思いしたうこと、恋しく思うこと」を意味します。 海外の映画やドラマでお父さんが可愛い娘の髪にキスするシーンを見掛けますよね。 大事に育ててきた娘を可愛く思う思慕の意味が込められていると考えられるでしょう。 つまり、彼が髪や髪の毛にキスしてきた場合は、アナタを恋しく思う意味が込められていると言えます。 日本では髪の毛にキスをする男性は少ないかもしれませんが、女性の髪からフワッと流れるシャンプーの香りが好き、サラサラした柔らかい髪の毛が好きという男性は多いものです。 匂いや香りは過去の思い出の記憶として残り、彼女と過ごした楽しい時間やもっと一緒にいたいという感情を思い出させるスイッチにもなります。 とても大切にアナタともっと一緒にいたいと想う思慕の心理があるからこそ、男性は髪や髪の毛にキスしてしまうのでしょう。 「おでこ」にキスする意味 おでこや額にキスする意味は「友情」「祝福」の心理を表すとされています。 えっ?私って友達止まりなの!?と思われるかもしれませんが、そのような意味ではないでしょう。 友達のように仲の良いカップルがいるように、恋愛において男性が女性のおでこにキスをする意味は、彼女のことを可愛いと思う素直な気持ちの表れと考えられます。 風邪で寝ているアナタの看病をしている場合には、風邪が移らないよう仕方なくおでこにキスをすることもありますよね! また、おでこへのキスは祝福の意味もあるとされています。 2人にとってのお祝いごとや嬉しいことがあった時に、祝福の意味を込めて彼のおでこにキスしてあげるのも良いかもしれませんね! 「こめかみ」にキスする意味 こめかみにキスする意味は「慰め」の心理を表すとされています。 慰めるという行為は、恋人をはじめ大切に想う人にだからこそ思いやる気持ちがあり、優しい言葉や心をなだめてあげようするものです。 そんな大切な彼女を慰めようと思う気持ちが、こめかみへのキスに導くのでしょう。 落ち込んでいたり、悲しそうにしている背中は寂しそうに見えるものですよね。 正面からはしづらく素直に慰めることが出来ない場合でも、彼女の寂しそうな背中を包むように後ろからバックハグをし、そっとこめかみにキスをすることで「彼女を守ってあげたい」という気持ちを伝えているのでしょうね。 「まぶた」にキスする意味 まぶたにキスする意味は「憧憬」の心理を表すとされています。 憧憬 (しょうけい、どうけい)とは「あこがれること」を意味し、「憧憬の念」といった形で使われる言葉です。 「憧れ」は思い焦がれること、「念」は心の中に常にある思いを表しますので、まぶたへのキスは一途に想う憧れの心理が隠されており、単純な可愛い、恋しいという感情よりも更にワンランク深い恋愛感情を表現していると言えるでしょう。 お泊りデートで疲れた彼女を癒すように、「いつも頑張ってるね」「ゆっくり休んでね」とまぶたにおやすみのキスをするのは、いつも頑張っている彼女への労いだけではなく、尊敬や一途な想いが隠されているのですね! 「耳」にキスする意味 耳にキスする意味は「誘惑」の心理を表すとされています。 テレビを見ている時、彼が後ろから抱きしめて、耳元でささやかれて耳の裏にキスされる。 デート中エスカレーターに乗っている時、さりげなく耳にキスされる。 このようなシチュエーションに憧れる女性も多いでしょう。 耳へのキスは彼女を愛おしく想う気持ちを我慢できずに、思わず誘惑してしまう意味を持つキスなので、それだけ彼は彼女の魅力に虜になってしまっている証拠とも言えますよね。 彼からささやかれる甘い言葉や優しいキスを受け止めて、その気持ちにしっかり応えてあげて下さい! 「鼻」にキスする意味 鼻や鼻先にキスする意味は「愛玩」の心理を表すとされています。 愛玩と聞くと、飼っているペットの鼻にキスをするイメージがありますが、アナタをペットやおもちゃのように思っていることではないでしょう。 鼻や鼻先へのキスは、自分のそばに彼女を置いて、大切に可愛がりたいという感情を意味するキスです。 男性には、女性のか弱い姿や健気な一面を見て「守ってあげたい!」と思う保護本能があるとされますので、鼻や鼻先へのきすはそういった保護本能の男性心理が隠されたキスとも言えるでしょう。 お互いの鼻先をスリスリするキスをスメルキスやノーズキスと言いますが、男性から鼻先にキスするようであれば、愛しい彼女を守ってあげたいという心理の表れということですね! 「ほっぺ」にキスする意味 頬やほっぺにキスする意味は「親愛」「厚情」の心理を表すとされています。 頬やほっぺへのキスが親愛・厚情を意味するキスですので、恋しいという感情よりも強く、彼女を愛する気持ちと親しみを込めたキスを意味します。 女性からのほっぺキスが好きな男性も多く、アナタが大好きな彼を親しく愛する気持ちが伝わるからでしょうね。 彼がアナタのために何かしてくれた時のお返しのキスとして。 デートの別れ際に、一日の感謝の気持ちのキスとして。 男性は言葉よりも行動で愛を感じる生き物ですので、大好きな彼を想う気持ちをほっぺへのキスという行動で表現してあげると喜ばれますよ! ちょっと未練が残るほっぺへのチューに、またすぐアナタに会いたいと男心をくすぐるキスでもあるようですね! 「顎」にキスする意味 顎(あご)にキスする意味は「恥じらい」の心理を表すとされています。 本当は唇にキスをしたいけど、恥ずかしいという奥手で不器用な男性の心理から、少し場所がずれた顎にキスをしてしまうこともあります。 ムードが高まり、やっとの彼とのファーストキスを待っていたのに、期待はずれにも中途半端な場所にキスされてしまったなんて経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 場所がずれた顎へのキスは、愛情表現を伝えようとした彼のちょっとした可愛い軽いミスでしょう。 「今度はちゃんと唇にキスしてね!待ってるから!」と可愛い演出をしながら、キスの成功をおねだりして下さいね! 「唇」にキスする意味 唇にキスする意味は「愛情」の心理を表すとされています。 キスの定番である唇へのキスは、言うまでもなくストレートな愛情表現を意味します。 時と場所は選ぶかもしれませんが、男性からのキスを待つばかりではなく、アナタからのキスで大好きな彼に愛情を表現することも重要ですね。 「ねぇ、キスしていい?」と女性に誘われて断る男性なんていないでしょう! 「喉(のど)」にキスする意味 喉にキスする意味は「欲求」の心理を表すとされています。 喉へのキスは、大切な彼女を離したくないという独占欲の心理を意味するとキスと言っても良いでしょう。 喉のキスの意味である欲求は、愛おしすぎる女性の喉元に噛みつきたいほどの感情を意味するものでしょうから。 噛み癖を持つ男性もいますが、実際に噛み付いてしまったら大変ですので、キスマークのように独占欲から起こるマーキングの心理が隠されているようです。 喉(のど)よりも女性らしいか弱さを感じ取れる鎖骨ですから、女性らしいセクシーさも相まって男性の独占欲を燃え上がらせるのでしょう。 また、胸元に目線が行きがちな男性にとって、鎖骨の見えるデコルテゾーンは少し胸元が空いている服装であればデート中などでもアピール出来てしまう魅惑のゾーンです。 男性の鎖骨に色気を感じる女性が少なくないように、女性の鎖骨に魅力を感じる男性も多くいますので、ここぞという時にはアピールしちゃって下さいね! 「首・首筋」にキスする意味 首や首筋にキスする意味は「執着」の心理を表すとされています。 首へのキスは執着を意味しますので、アナタに強く惹かれ、どうしても忘れないほどアナタを想う気持ちの表れということです。 キスマークを付けられることの多い場所である首ですから、執着してしまうほど手放したくない心理によるキスというのも納得ですよね。 二人の愛が高まった時に、首にキスされる回数が増えたなんて経験もあるのではないでしょうか。 首筋へのキスは、耳へのキスと同様に「誘惑」を意味することもあり、首へのキスが増えた場合はアナタのことが好きで好きでたまらないという男性心理の表れですので、その気持ちを受け止めてあげて下さいね! 「胸」にキスする意味 胸にキスする意味は「所有」の心理を表すとされています。 先程もご紹介したように、男性は大好きな女性を自分のモノにしておきたいという独占欲が強い生き物です。 胸元に彼のキスマークを残されたり、ちょっと強めに胸にキスされたりするのは、女性を独占したい、独り占めしたいという男性心理からくる行動と言えるでしょう。 また、胸へのキスは無性に寂しい時や不安な時に甘えたい心理から、彼女の温もりを感じて安心や信頼を得たいという場合もあるでしょう。 一生懸命に仕事や目標に向かって走るカッコいい彼も、時に疲れて弱ってしまうもの。 そんな時には女性らしい優しさで大切な彼を包み込んであげて下さいね! 「腕」にキスする意味 腕にキスする意味は「恋慕」の心理を表すとされています。 髪の毛へのキスが意味する思慕と恋慕はどちらも恋い慕うことを意味しますが、恋慕の方が更に強い恋愛感情を意味します。 男性が好きな女性のパーツとしても人気の高い二の腕ですが、彼から腕にキスされるようであれば、アナタを強く恋い慕う気持ちを表現しているということですね。 また、フランツ・グリルパルツァーの名言にあるように、腕へのキスは欲望をも意味するとされています。 誰にも奪われたくない、彼女を独り占めしたいという欲望の心理も隠されているキスですので、喉、首、腕など上半身へのキスは男性の独占欲を表した意味を持つキスのようですね! 「手の甲」にキスする意味 手の甲にキスする意味は「敬愛」の心理を表すとされています。 おとぎ話のシンデレラでも王子様がひざまずき、お姫様の手を取って、手の甲にキスをするシーンなんかありますよね。 お姫様を守るナイトが忠誠の心も込めて手の甲にキスするシーンもあり、女性がキュンとするキスの一つと言えるでしょう。 その女性を尊敬し、親しく想う気持ちを表現するキスですので、プロポーズシーンでも見かけるキスかと思います。 「敬愛」とは、尊敬と親しみの両方の気持ちを持つことです。 好意という単なる恋愛感情だけではなく、尊敬や親しみという愛があってこそ人生のパートナーとして結ばれる結婚ですから、敬愛の意味を込めた手の甲のキスから送られるプロポーズがロマンチックに見えてしまうのでしょうね。 「手のひら」にキスする意味 手のひら(掌)にキスする意味は「懇願」の心理を表すとされています。 手の甲へのキスが意味する敬愛に比べ、手のひらへのキスは自分の女性になって欲しいと心から願う心理によるものと考えられます。 手の甲にキスされたと思ったら、手をひっくり返されて手のひらにもキスをされたという場合は、アナタへの好意が確かななものであると思って良いでしょう! それほど彼女への本気度を表す手のひらへのキスですが、同時に彼女から愛されたいと思う懇願を意味するキスともされています。 恋愛でもギブアンドテイクが大切と言われますが、味方になって自分のために尽くしてくれる女性ほど、男性にとって魅力的な女性はいません! 「手首」にキスする意味 手首にキスする意味は「欲望」の心理を表すとされています。 欧米のようにスキンシップを取らない日本では、手の甲や手のひらへのキス自体も少ないでしょうが、手首にキスされる機会はほとんどないでしょう。 喉、首、手首など、血管が見えたり、防御が弱かったりする生を感じさせる場所は、欲求、執着、欲望と思い焦がれる心理の意味と関連するものが多いようです。 時代が代わり、その時代によって求められる男女の魅力は違えども、生物として根本的な身体の場所に人は魅了され、そんな大切な場所のパーツだからこそ、無意識にもキスをしてしまうのかもしれませんね。 「指先」にキスする意味 指先にキスする意味は「賞賛」の心理を表すとされています。 恋愛において相手の指先に直接キスするシーンは少ないかもしれませんが、我々が良く見るシーンがあります。 サッカー選手がゴールを決めた後、指先にキスをするシーンを良く見かけますよね。 指先へのキスは自分への賞賛と、信仰する神や大切な家族、愛する女性へ捧げる賞賛のキスと言えるでしょう。 ゴールという最大の結果を愛する女性に捧げる意味を込めた指先へのキスですから、サッカー好き女子からすれば何とも羨ましいロマンチックなキスですね! 「お腹」にキスする意味 お腹にキスする意味は「回帰」の心理を表すとされています。 「回帰」とは、一周して元の状態に戻ることを意味します。 人はみな母親のお腹から生まれてくるわけですが、もちろん胎児に戻りたいという意味ではなく、日々の疲れやストレスに悩んでいる男性が癒しを求め、優しく包み込んでくれる母性の強いアナタに魅かれていることを意味するのでしょう。 子供のように扱ってほしいということではないでしょうから、「よしよし」と温かく話を聞いてあげるなど、優しさで包み込んであげて下さいね。 特に結婚した夫婦となると、男性は大切な妻と子供を守ることをモチベーションに一生懸命汗水垂らして仕事をしています。 いつも頑張ってくれている男性を癒やしてあげられるのは愛する女性だけが出来ることですから、感謝の気持ちを込めてサポートしてあげて下さいね! 「背中」にキスする意味 背中にキスする意味は「確認」の心理を表すとされています。 ずっと側にいてくれる大切な女性ということを確認したい気持ちによるキスを意味するものでしょう。 また、アナタの表情が見えない背中へのキスですから、アナタを想う彼自身の気持ちも合わせて確認しているキスとも言えるかと思います。 背中にキスされることを好む女性も多いことから、愛されていることを実感することで満たされる女心が無意識にも表されているのかもしれませんね。 女性だけではなく、背中に敏感な男性も少なくありませんので、彼の新しい弱点を確認してみてはいかがでしょうか! 「肩」にキスする意味 肩にキスする意味は、背中へのキスと同様に「確認」の心理を表すとされています。 肩へのキスは背中のへのキスに流れる一つ前のステップとして行われるでしょうから、徐々にキスする場所を移しながら、彼女への愛と自分への愛を確かめながら段階的に行うキスと言えるでしょう。 先程ご紹介した通り、腕へのキスは恋慕を意味しますので、腕から肩、肩から背中へと移っていくキスの意味を理解すると、とてもロマンチックなキスのように思えますよね! 男性からだけではなく、女性から男性のたくましい腕、肩、背中とキスをしてあげるのもオススメですよ! 「腰」にキスする意味 腰にキスする意味は「束縛」の心理を表すとされています。 胸へのキスは所有を意味すると紹介しましたが、腰へのキスはアナタを束縛したいほどの更に強い感情と見て良いでしょう。 束縛や嫉妬は時に恋愛のスパイスになりますが、その気持ちが強すぎると悪い方向に進んでしまうリスクも隠れています。 アナタを好きで想う束縛心であれば良いですが、お互いにとって良いこととならない束縛心であれば注意が必要です。 彼の普段の行動を見ながら、束縛心の強い男性かどうか見極めることが重要と言えるでしょう。 「お尻」にキスする意味 お尻にキスする意味は「愛おしい」心理の表れとされています。 男性の中でもバスト派とヒップ派が分かれるように、生物学的にも二足歩行になった人類は、前向きでも後ろ向きでも女性は男性にアピール出来るようになり、男性はその両方に魅力を感じるように進化しています。 お尻へのキスは女性にとって恥ずかしいキスかもしれませんが、心理というよりも本能的に男性が女性のヒップに魅了された証拠といっても過言ではないでしょう。 彼から送られる純粋で素直な愛を受け止めてあげて下さいね! 「太もも」にキスする意味 太ももにキスする意味は「支配」の心理を表すとされています。 太ももへのキスは支配を意味するので、常に優勢の立場にいたい、女性に対しマウントを取りたいと思う男性は、太ももへのキスをすることがあるかもしれません。 上下関係のあるお付き合いでも上手くいく関係であれば問題ないでしょうが、独占欲が強まり支配欲に変化してくるようであれば要注意です。 真面目で自己評価の低い女性が支配欲の強い男性と付き合うと、身も心もボロボロになってしまうケースもあります。 彼の幸せだけでなく、自分の幸せも大切にして恋愛するのであれば、やはりフェアな関係の恋愛を心掛けたいですね。 「脛(すね)」にキスする意味 脛(すね)にキスする意味は「服従」の心理を表すとされています。 上でご紹介した太ももへのキスの意味と変わって、脛(すね)へのキスは男性が女性への服従心を表現していることとなります。 女王様タイプの女性を求める男性も少なくなく、自分を顧みず女性を何よりも第一に優先するという強い気持ちを表しているキスと言えるでしょう。 脛へのキスは、絶対服従とまではいかなくとも、「やっぱりこの女性には敵わない」「俺にはこの人が必要だ」という心理が隠されているのかもしれませんね。 「足の甲」にキスする意味 足の甲にキスする意味は「隷属」の心理を表すとされています。 隷属という意味から主人と奴隷のような関係を想像してしまいますが、足の甲へのキスはそれだけ強く女性に心を奪われ、夢中になっている心理を意味するのでしょう。 心から女性を信頼している気持ちの表れとも言えるでしょうね。 脛や足の甲といった場所ではありませんが、過去の歴史において奴隷が主人の手にキスをするのは服従を意味するものでした。 その隷属関係を演出として分かりやすく描写したものなのでしょうね。 「足の裏」にキスする意味 足の裏にキスする意味は「忠誠」の心理を表すとされています。 足の裏は地面に接する場所ですから、それだけ「アナタのことを受け入れます!」という心理の表れなのかもしれませんね。 また、それだけ信頼されているという証拠とも言えるでしょう。 足の裏へのキスは正直受け入れ難いという方が多いかと思いますが、愛おしい彼女の普段見えない場所を確かめてみたいというのも男性心理なのかもしれませんね。 「爪先」にキスする意味 爪先にキスする意味は「崇拝」の心理を表すとされています。 崇拝と聞くと、「私は神様か何かだと思ってるの!?」なんて考えてしまうかもしれませんが、爪先へのキスは崇拝のごとくアナタを心から尊敬し敬う気持ちを意味するキスとして送られるものでしょう。 脛へのキスは服従、足の甲へのキスは隷属、爪先へのキスは崇拝と、キスする場所が下になるほど男性の立場は弱く、女性の立場の方が強い心理描写として描かれるようです。 あまり一般的な恋愛で行われるキスではないでしょうが、色んなカップルがいるように色んな愛の形がありますので、どのような場所にキスをするのかにも色んな愛情表現があるのでしょうね。 キスする場所の意味から読み解く本命度 キスはコミュニケーションの一つであり、キスする場所や部位によって、隠された意味が異なることを紹介しました。 男性がキスしたいと思う心理としては、好意を寄せる女性への愛情表現である場合もありますが、性的欲求を満たしたい=カラダの関係を持ちたいと思い、女性にキスする場合もあります。 男性がキスしたくなるタイミングについては、コチラの記事を参考にして下さいね。 キス以外の本命彼女かどうかを見極めるためポイントは、コチラの記事で紹介していますので、併せて参考にして頂ければと思います。 といった場合には、唇以外の場所にもキスを増やして、気持ちを確かめ合うと良いかもしれません。 また、ディープキスを楽しむ方法についてはコチラの記事でご紹介していますので、チェックしてみて頂ければと思います。

次の

33.「ぞっと」の意味が異なる「ぞっとしない」と「ぞっとする」

ぎょっと する 意味

ですから置いておくとして、注目するべきは「参」と「集」です。 「参」は何処かへ行く、来るという意味を持っています。 そして「集」は人が集まることを意味しています。 つまり。。。 そのことから考えると「ご参集」というのは、 人々が何かをするために寄り集まってくることを意味しているのです。 シンプルに言えば、出席や参加という言葉に置き換える事ができます。 参集=出席ですから、意味として「出席してくれてありがとう」となります。 ですが、出席者に対して、より敬意を払っているという気持ちを、 言葉で表現したいという場合であれば、「ご参集」を使っておくと良いでしょう。 参集=出席に「ご(御)」という敬語をつけます。 ご参集=ご出席となると、 「ご出席(ご参集)くださいまして、ありがとうございます」となります。 「ご参集いただきありがとうございます」とお礼をしたりします。 また、 招待状を出すときに「イベントにご参集ください」といった使い方をします。 なお、正確な言葉の使い方としては、 ご参集は自由な意志で参加をするときに使われるものです。 ですので、会議のように決められた日時に出席が強制され、 発言しなければいけないようなときには不適当という考えもあります。

次の

イタリア語動詞sussultare「ぎょっとする」の全活用と日本語の意味

ぎょっと する 意味

「気が置けない」という本来の表現に対し、「気が置ける」という、元の表現からすると誤用に当たる表現がかなり一般化しています。 「気が置ける」の場合は、元々は誤用だったのです。 他方、「ぞっとする」と「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定文が、「ぞっとしない」ではないのです。 「ぞっとする」と「ぞっとしない」で慣用表現で、それぞれ別の意味を持っています。 「ぞっとする」は、寒さや恐怖で、身体が、鳥肌立ったり、心のなかで強い情動が起こることです。 怖い小説を読んでぞっとしたり、寒い冬に、おふろに入って、お湯だと思って冷水のシャワーを浴びると、「ぞっとする」ということになります。 他方、「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定ではなく、「感心できる・関心がない」という意味です。 「怖くない・寒くない」という意味ではないのです。 >「聞いているだけでも、あまりゾッとしない事件ですね」 これは、聞いて、なるほどと思ったり、いかにもこれでよい、という風に感心できる事件ではない、という意味で述べています。 「あまり感心できない事件ですね」と言っているのです。 A「最近の女子中学生は、電車の床などで、あぐらをかいて座っているらしい」 B「それは、何というか、ぞっとしない話だな」 C「それは本当か。 だとすると、ぞっとするなあ」 Bは、「感心できない話だ」と答えていて、 Cは、「そこまでしているのか。 怖い話だ」と答えているのです。 Cは、「感心できない」を通り越して、怖い風俗状況だ、と述べています。 以前に、似たような質問がありました(そこで、引用されているURLを、以下に引用します): >No. goo. php3? 「気の(気が)置けない」の「ない」は否定でしょう。 「気の置ける友達」という言い方は本来ないのですが,この場合の「気」は「気を使う」の気,「置く」は距離を置く,と考えればよいのではないでしょうか。 つまり,お互い気を使って距離をとる必要がない友達,互いに心を許せる友達,遠慮の要らない友達,ということでしょう。 逆の意味で使っている人もいるようですが。 「かしらん」はエッセイや小説など,書き言葉ではよく使われていた語法です。 「~なのであろうか」のようなときに,「~なのか知らぬ。 」などと書いたものです。 会話文の中でならともかく,地の文章で使っていたのであればおかま言葉ではないでしょう。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー 「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。 普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。 パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。 残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。 当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。 従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。 ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。 それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。 例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。 これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。 風に抵抗できない。 いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。 しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。 しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。 少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。 人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。 自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。 そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。 ……このような意味の比喩ではなかったかと思います。 この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。 パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。 彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。 パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。 暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。 弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。 パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。 「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。 普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。 パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) Q 1000本のワインがあって、1つは毒入りです。 1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。 今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。 これには最低何人のドレイを要するか? 以下がこれに対する僕の回答です。 結論から言うと1000人必要です。 まず0時から検査を開始します。 24時までに終わらせなければなりません。 まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。 死ぬのは10~20時ですね 二本目を検査するためには 10時より後に飲まなければなりません 理由はAに書きます しかし4時より後に飲んだ場合は24時より後に死ぬ可能性があるため、毒を見逃す可能性があります。 ゆえに10時より後には飲めません。 A、もし10時以内に飲んだ場合 死んだとしても最初に飲んだワインによるものなのか後に飲んだワインによるものかわからないからです。 一本目の死ぬ可能性のある時間帯は10~20時 二本目を例えば9時に飲んだとしたら死ぬ時間帯は19~29時になります。 つまり19~20時に死んだ場合、その死が一本目によるものなのか二本目によるものなのかわからないからです。 ゆえに1人1本しか検査できません。 従って1000本には1000人必要です。 こういう答えがでたんですが、答えは10人なんだそうです… 先生にだされた問題だとか。 どうして10本になるのでしょうか? 困ってます。 1000本のワインがあって、1つは毒入りです。 1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。 今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。 これには最低何人のドレイを要するか? 以下がこれに対する僕の回答です。 結論から言うと1000人必要です。 まず0時から検査を開始します。 24時までに終わらせなければなりません。 まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。 死ぬのは10~20時ですね 二本目を検査するためには 10時より後に飲まなければ... A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... Q 「造詣が深い」を「ぞうしがふかい」と読む馬鹿はいますか? 「雰囲気」は「ふいんき」ではありません。 「喘息」は「たんそく」ではありません。 「独壇場」は「どたんば」ではありません。 さて、そんな読み間違いをする馬鹿はめったにいませんが、 「造詣が深い」が「ぞうしがふかい」と読む馬鹿はいるのでしょうか? ちなみに私はつい最近まで、そう読んでた馬鹿です。 youtube. その後彼女は「ぞうけいがふかい…」と喋っていて、 私は「またこの人間違ってるよ。 アナウンサーのくせに馬鹿だな」と 思いました。 私は試しにパソコンで打ってみました。 「ぞうし」と打って変換ボタンを押す。 出ない。 顔が青くなる。 「ぞうけい」と打って変換ボタンを押す。 顔が赤くなる。 馬鹿は私でした。 さて、「造詣が深い」を「ぞうしがふかい」だと思ってたのは 私以外にはまさかいないと思いますが、その他で「こんな読み 間違いをしていた」という例はありますか? なんでもご意見願います。 「造詣が深い」を「ぞうしがふかい」と読む馬鹿はいますか? 「雰囲気」は「ふいんき」ではありません。 「喘息」は「たんそく」ではありません。 「独壇場」は「どたんば」ではありません。 さて、そんな読み間違いをする馬鹿はめったにいませんが、 「造詣が深い」が「ぞうしがふかい」と読む馬鹿はいるのでしょうか? ちなみに私はつい最近まで、そう読んでた馬鹿です。 youtube. A ベストアンサー No.4の回答者です。 これは読み間違いというよりは、聞き間違いと言うべきでしょうが、 「一生懸命」は、本来は「一所懸命」です。 この辞書で、語源がわかります。 yahoo. それから、 「女王」を「じょうおう」と読んだり、 「自転車」を「じでんしゃ」と読んだりする人も少なくないです。 goo. html 蛇足。 タモリさん(?)がテレビのトークで言っていたのですが、 「美人局アナ」(びじん・きょくアナ)を「つつもたせアナ」と読んだ人がいたとか。 (ネタかもしれませんが).

次の