転職 自己紹介。 面接官の心をつかむ自己紹介〜転職活動の面接必勝術〜|転職Hacks

面接官の心をつかむ自己紹介〜転職活動の面接必勝術〜|転職Hacks

転職 自己紹介

そもそも、 アピールできることがないんだけど… という人は、 自己分析を徹底しましょう。 自己PRは自己分析の中にあるからです。 あなたを徹底的に分析すれば、応募企業が喜ぶ要素が見つかりますよ。 具体的な自己分析の方法は、 にまとめています。 応募企業が求める人物像に合わせた自己PRをする 当然ですが、自己PRは応募企業が求める人物像に合わせましょう。 どんなにすごい自己PRでも、 求めてないものは評価されないので。 職種別だとこんな感じ。 前職でも、私が一番先に仕事を終わらせていました。 反対に短所は、少々せっかちなことです。 でも、せっかちだからこそ仕事を速く終わらせられると思っています。 こんな感じで、短所を伝えるけど 短所も長所に見せればOKです。 NGの自己PR NGの自己PRは下記のとおり。 くれぐれもやらないようにしてください。 NGの自己PR NGの理由 自慢話 印象が悪い いくつもエピソードを書く 強みがわかりにくい 学生時代のエピソード 社会人として成長してない どの企業でも同じ自己PR 応募企業に刺さらない 転職の自己PRの例文【書き方がわかる】 転職の自己PRの例文を紹介します。 書き方がわかるので、参考にしてみてください。 事務職の自己PRの例文 私はコミュニケーションに自信があります。 前職はアパレル販売で、初対面のお客様と短時間で仲良くなって、ご購入いただいておりました。 アパレル店員は嫌われがちなので、適度に距離感を保ちながらトークするのがコツでした。 コミュニケーションの本などで勉強した甲斐もあって、店舗でトップの売上になったことも何度かあります。 営業は未経験ですが、アパレル時代に培ったコミュニケーションスキルを活かして貴社に貢献したいです。 未経験職種への応募も、このように 共通するスキルをアピールすればOK。 アパレルも営業も「コミュニケーション」という点では共通してますからね。 勉強は努力を惜しまないのが伝わるので、好印象です。 ちなみに、営業の自己PRについては、 にまとめています。 転職の自己PRを楽に完成させる2つの方法 ぶっちゃけ、 自己PRを考えるのがメンドくさい… という人は、 楽に自己PRを完成させる2つの方法がおすすめ。 僕もやってみたのですが、151の質問に答えるだけで 強みを診断してくれますよ。 たぶん新卒向けのツールなのですが、転職者がやっても問題なし。 しかも、 は 無料です。 自己PRを簡単に作りたい人はどうぞ。 プロのキャリアカウンセラーに相談できるので。 具体的には、• 応募企業に合わせた自己PRの作成サポート• あなたに合う企業の紹介 などを 無料でやってくれます。 ただし、転職エージェントから紹介される企業に応募しないと申し訳ないのが デメリットですね。 自分に合う企業を紹介してほしいし、自己PRも作ってほしいな という人には 最適です。 20代向けの信頼できる転職エージェントは、 にまとめたので、興味あればどうぞ。 まとめ【転職の自己PRはコツさえ押さえれば楽】 この記事をまとめます。 自己PRの型を使うと楽に書ける• アピールすることがない人は、自己分析を徹底する• 応募企業が求める人物像に合わせた自己PRをする• 自己PRの例文を参考にしてね• 自己分析ツールを使うと自己PRがわかる• 転職エージェントに相談すると自己PRを作ってくれる 記事を参考に、 さっそく自己PRを書いてみましょう。 行動に移して、初めて意味があります。 どうしてもわからなければ、自己分析ツールや転職エージェントを活用すればOKです。 ちなみに、この記事で紹介した 無料の自己分析ツールは です。 また、20代向けの信頼できる転職エージェントは、 にまとめています。 フリーランスのWebライターです。 カンタンな自己紹介は下記のとおり。 元公務員• 保険営業7年• 法人向けWebコンサル営業3年• 現在、Webライター 法人向けWebコンサル営業時代は、下記の実績があります。 Webを使って239社を新規開拓• 上場企業を含む18社と契約 また、Webライターとしては、下記の実績があります。 年収750万円くらい• 100以上のキーワードでGoogle検索1位を獲得 このブログは、• 転職ノウハウ• 営業ノウハウ• Webライター• フリーランスや起業 などの情報を掲載しています。

次の

自己紹介で好印象を!面接対策と回答例【例文付き】| type転職エージェント

転職 自己紹介

2017. 05 転職面接では自己紹介をすることが求められるのが一般的なのですが、急に自己紹介をするようにと言われると何を話していいのか分からなくなって焦ってしまう可能性がありますし、また自己紹介を通してプレゼン能力なども見られています。 そのため、事前にしっかり準備をしてから臨みたいものです。 すでに新卒の採用の際に面接を経験したと言われる方も多いはずなのですが、転職の面接では採用担当者が聞きたい内容が新卒の面接の場合と違うので、伝えるべきことをきちんと把握しておく必要があります。 では、転職面接の自己紹介で伝えるべきこととは何なのでしょうか。 そこで、今回の記事では転職面接の自己紹介で話すべき内容や面接を受ける際の注意点を詳しくご紹介し、イメージがしやすいように例文も交えてご紹介していきます! 転職面接で自己紹介を求められる理由から見る話すべき内容と注意点 転職面接では、自己紹介を求められるのが一般的です。 では、なぜ自己紹介が必要なのでしょうか。 その理由を知ることで、何を話せばよいのか、どのようなことに気をつければよいのかが見えてきます。 では、自己紹介を求められる理由を元に、話すべき内容や注意点について詳しく見ていきましょう。 転職面接で自己紹介を求められる理由 企業側から考える転職者を採用するメリットは、転職者の場合すでに実務経験があるということです。 つまり、すでに仕事を経験しているわけですから、それを生かして即戦力となってくれることを期待しているわけですね。 そのため、採用担当者は以下のようなことを知ることを目的として面接を行っています。 これまでにどのような仕事をしてきたのか• どのような実績・スキル・ノウハウ・経験があるのか• 今後どのような仕事をしたいのか これを見ると、新卒の際の面接とは話すべき内容が違うことがわかりますね。 また、自己紹介をしてもらうことで、以下のようなことを実際に見ることもできます。 プレゼン能力• コミュニケーション能力• 仕事に対する意欲• 声の大きさや話し方、明るさなどその人の印象や人柄 それでは、面接担当者が自己紹介を求める理由をもとに、面接の際に話すべき内容と注意点を確認しましょう。 知りたいことを聞ければOK!長すぎる話は要点をぼかすことに 面接担当者が知りたいのは職務経験についてなので、それに関する話を欠かすことはできません。 また、転職を希望するということは何らかの理由があったということですから、志望動機もきちんと伝える必要があります。 ですが、熱意が入るあまり話が長すぎると、せっかく伝えたい職務経験や志望動機を印象付けることができず、話の要点をぼかすことになってしまいます。 そのため、話が長くならないように注意しなければいけません。 自己紹介の時間が例えば3分以内など決められている場合はそれを超えることがないように、もし指定がなければ1分程度でまとめるようにしたいものです。 短くわかりやすくまとめることでプレゼン能力があることも示せますので、話が長くならないよう要点をまとめておいてから面接に臨むことが大切です。 ちなみに、1分程度の自己紹介を文字数で考えると、300字~350字です。 意外に短いと思われたかもしれませんが、これくらいの文章の中に全ての要素を盛り込むことが大切です。 印象が良くなるような話し方を心がけて! 面接ではコミュニケーション能力や転職者の人柄なども見られていますから、できる限り印象が良くなるような受け答えをしたいものです。 そこで、以下のポイントをもとに、印象のよい受け答えができているかをチェックしてみましょう。 落ち着いてゆっくり話す• はっきりと大きな声で話す• 採用担当者の目を見て話す• 明るい表情になるよう意識する その不安はもっともですけど、大切なのは長く話すことではなく、要点をきちんと採用担当者に伝えることです。 長く話すと、結局何が言いたいのか採用担当者も絞れず、かえって印象が悪いんですよ。 だから、時間指定がなければ1分程度で十分です。 一覧で紹介!転職面接の自己紹介で話すべきこと話すべきではないこと 先ほど、転職の際の自己紹介ではこれまでの実務経験に関する内容を主に話せばいいことを確認しましたが、それはどのようなことなのか、逆に自己紹介では話さない方がいいことは何か、具体的に一覧形式でご紹介します。 転職面接の自己紹介で話すべきこと まずは、転職面接の自己紹介で話すべきことについて確認しましょう。 初めの挨拶• 職務経歴• 自己PR• 志望動機• 終わりの挨拶 意外と忘れがちなのが、最初と最後に挨拶をすることです。 いきなり内容から話し始めてしまうと唐突ですし、また挨拶の部分で面接をしてもらうお礼の気持ちを伝えることで、印象を良くすることにもつながります。 最初のあいさつでは、自分の名前を名乗ることも忘れないようにしましょう。 終わりの挨拶は、自己紹介が終わることをはっきり示すことで、歯切れ良い印象を与えることができますし、今からの面接をお願いしますという気持ちも伝えることが可能です。 職務経歴に関しては、以下のようなことについて伝えましょう。 以前の勤務先の業種や職種• 関わってきた仕事の内容 ここでは、どのような仕事に就き、どのような分野の仕事を担当していたかがわかるように伝えることがポイントです。 自己PRに関しては、以下のようなことについて伝えましょう。 身に付けたスキルやノウハウ• 業績 ここでは、前職の仕事を通してどのようなことを身に付けたのか、どのようなことがアピールできるのかなどを伝えることがポイントです。 社内で表彰された、目標の150%の売上を達成したなど、インパクトのあることを持ち出したり具体的な数字を踏まえて述べたりすると、説得力が高まります。 志望動機の部分では、転職して何がしたいのか、今度どのような仕事に携わっていきたいのかということを具体的に伝えましょう。 この時、転職先として志望する企業に入りたいということが伝わるように、その企業の経営方針や商品内容などに沿って話をすることがポイントです。 転職面接の自己紹介で話すべきではないこと 次に、転職面接の自己紹介で話すべきではないことについて確認しましょう。 前の職場の批判となるようなこと• 前の職場の企業秘密にかかわるようなこと これを見てもらうと、仕事に直接関係ないことと前の職場に関することに大きく分かれていることがおわかりいただけると思います。 仕事に直接関係ないことについては、採用担当者が知りたいこととは違うので要点がぼけてしまい、プレゼン能力などが疑われるため言わない方がいいということです。 前の職場に関しては、ネガティブなことを言ったり、社外に漏らしてはいけないようなことを言ったりすることが問題視されます。 なぜかというと、もし採用したとしたら、自社に対しても不満を持つのではないか、再び転職することがあれば自社のことを他社に話してしまうのではないかなどと不安に思われるからです。 これらのことは自己PRや志望動機に絡めてうっかり言ってしまいそうなことなのですが、印象を悪くすることに繋がるので前向きなことを口にする、企業が知られて困るようなことは言わないということを徹底しましょう。 これまでに経験してきた仕事の内容も、それによって身に付けたことも人によって違いますから、自己分析をきちんとすれば十分特色を出すことができますよ。 数字や取っている資格など、印象付けられる内容を含めるとさらに良くなります。 実際に文章にするとどんな感じ?自己紹介の例文を見てみよう ここまで、転職面接の自己紹介で言うべきことや言ってはいけないことを見てきましたので、それを元にどのような自己紹介にすればよいのか、例文を見ていきましょう。 最初にお話ししたように、自己紹介は1分程度にまとめることがお勧めなので、ここでは1分程度に当たる300字~350字でおさまる例文をご紹介しています。 一般的な自己紹介の例文 まずは、一般的な自己紹介の例文を見てみましょう。 ここでは、営業の仕事をしていた人を例に挙げています。 本日は貴重なお時間を頂き、誠にありがとうございます。 仕事を通して顧客のニーズを引き出すことに注力した経験と、培ってきた企画力を生かして、年間売上目標に対して140%の成果を達成するなどの形で会社に貢献してまいりました。 今後は、もっと幅広い種類の商品を扱う仕事がしたく、御社に応募いたしました。 顧客のニーズを引き出し、それに合う提案を企画するスタイルの営業には自信がありますので、御社の営業職においても前職での経験を生かして貢献できると考えております。 本日は、どうぞよろしくお願いいたします。 最初に面接の時間を割いてもらったことに対するお礼を伝え、どのような会社でどのような仕事に関わって来たのかという職務経験に就いてまとめています。 自己PRの部分では、仕事を通して身に付けた力について述べ、その成果がわかりやすいように数字を踏まえて伝えることで説得力を持たせています。 志望動機については、どこの職場でもいいのではなくその企業を選んだ理由があることをわかってもらうために、転職先の企業にまつわる内容を踏まえることが大切です。 その際には、前職の経験で身に付けた力をどう生かせるのかについても触れるようにしましょう。 最後に、自己紹介が終わることを知らせるために、挨拶で締めくくります。 転職が多く話が長引きそうな際に短くまとめた場合の例文 転職の回数が多い人の場合、長くなりがちな職務経歴を短くまとめる工夫が必要です。 例えば不動産業界で2年間・物流業界で6年間など業界別にまとめる、アピールしたい仕事を中心に述べるといった方法があります。 その中で、主にどのような仕事をしていたのかわかれば大丈夫です。 では、例文を見てみましょう。 本日は貴重なお時間を頂き、誠にありがとうございます。 その際の仕事を通して顧客のニーズを引き出すことに注力した経験と培ってきた企画力を生かして、年間売上目標に対して140%の成果を達成するなどの形で会社に貢献してまいりました。 また、事務職の経験もあることから、MOSの資格も取っています。 今後は幅広い種類の商品を扱う仕事がしたく、御社に応募いたしました。 顧客のニーズを引き出し、それに合う提案を企画するスタイルの営業には特に自信がありますので、御社の営業職においても前職での経験を生かして貢献できると考えております。 本日は、どうぞよろしくお願いいたします。

次の

自己紹介

転職 自己紹介

転職の面接における 自己紹介の意義と 効果的な答え方のポイント 面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ 面接では様々な質問がなされますが、最初に聞かれることが多いのが「自己紹介」です。 転職面接で自己紹介を求められたとき、人事担当者が何を知りたがっているのか、また、どのように答えればいいのかをご説明します。 転職面接における自己紹介とは? 自己紹介は、初対面の方やあまり親しくない方に対して、自分のことを知ってもらうために行うものです。 転職面接においても同じで、自己紹介は「自分がどういう人間なのか」採用担当者に掴んでもらうためにあります。 自己紹介をした段階で、「この人はおもしろい経歴を持っている」「この部分をもっと詳しく聞いてみたい」と思わせることができれば、その後の質疑応答で、さらに話は盛り上がるでしょう。 反対に、自己紹介で「コミュニケーション能力があまり高くない」「こちらが求めているものを理解できていない」と判断されると、印象が悪くなってしまいます。 つまり、自己紹介は、面接官の第一印象を左右するものだといえます。 自己紹介をするときに気を付けなければいけないのが、「自分自身の魅力をアピールしなければいけない」と思いすぎて、自己PRのようになってしまうことです。 自己PRが自分の能力をアピールするためのものであるのに対し、自己紹介は、自分の経歴を簡単に説明するものです。 混同しないようにしましょう。 採用担当者がチェックする3つのポイント 自己紹介で採用担当者がチェックするポイントは大きく3つあります。 それぞれについて見ていきましょう。 人柄 話し方やしぐさ、経歴のまとめ方などには人柄が表れます。 声のトーンや表情、話す速度にも気を付けて自己紹介をしましょう。 経歴 自己紹介をしてもらうことで、応募者がどのような経歴を持っているのか、その概略を知ることができます。 履歴書や職務経歴書に書いてある内容を、簡単にまとめて伝えましょう。 限られた時間内での説明力 自己紹介は、それほど長く話すものではありません。 そのため、短い時間内で自分の経歴の要点を、かいつまんで説明する能力があるかについても見られています。 自己紹介は4つのブロックで構成する 自己紹介は、4つのブロックで組み立てられます。 これらのブロックを意識しながら、自己紹介の文言を考えていきましょう。 ここでは、各ブロックの説明と、それらを踏まえた自己紹介例をご紹介します。 名前 自己紹介をするときは、まずは、名乗らなければいけません。 内容にばかり気をとられて、肝心の名前を言い忘れることがないように注意しましょう。 経歴 名乗った後は、応募先企業につながる経歴について説明します。 学歴については必ずしもふれる必要はありません。 しかし、仕事内容に関連する場合は、大学での研究内容やそれをどう仕事につなげたのかについて、軽くふれてもいいでしょう。 なお、何年にどこの企業に入社したのかといった、履歴書をなぞるような説明は不要です。 現在の職務内容 続いて、現職、もしくは前職について、業種と職務内容を簡単に説明します。 結びの言葉 全ての内容を話し終えた後には、「本日はどうぞよろしくお願いいたします」という言葉で締めましょう。 <自己紹介例> 田中太郎と申します。 本日は面接の機会を頂きありがとうございます。 本日はどうぞよろしくお願いいたします。 自己紹介の長さ 自己紹介は、特に指定がない場合は1分以内に収めるようにします。 あまり長く話さず、要点だけをまとめるようにするのがポイントです。 ただし、「1分」「3分」など、長さを指定される可能性もあります。 1分の自己紹介しか考えていなかった場合、「3分でお願いします」と時間指定をされると、話すことがなくなってしまうおそれがあります。 あらかじめタイマーをセットして、長さに応じた自己紹介の内容を考えておきましょう。 このとき、指定された時間を超えることがないように気を付けてください。 自己紹介の印象を良くする5つのコツ 転職の自己紹介は、簡潔に自分自身の経歴を説明するものなので、内容自体を考えるのはそれほど難しくはありません。 しかし、面接官は自己紹介の内容だけを見ているわけではありません。 その人の話し方やテンポ、コミュニケーション能力などを総合的に判断することになります。 第一印象を左右することになる自己紹介では、次の5点に気を付けて回答するようにします。 姿勢を正す 猫背だと、暗くだらしない印象になってしまいます。 姿勢を正して、まっすぐ椅子に座るようにしてください。 自分ではまっすぐに座っているつもりでも、左右どちらかに傾いていたり、顎が前に出過ぎてしまっていたりする場合があります。 鏡を見ながら正しい姿勢をキープする練習をするとともに、他人に姿勢をチェックしてもらうとより効果的です。 明るい表情を心掛ける 緊張していると、どうしても表情が硬くなってしまいがちです。 無理に笑う必要はありませんが、適度ににこやかな表情で話をすると、明るくはつらつとした印象になります。 電車の中やエレベーターで、ふと鏡や窓に映った自分の顔を見て「疲れている」と感じたことがある方も多いのでは。 気を抜いていると、表情は暗く疲れた印象になってしまいます。 意識して目と口元に力を入れるようにしてください。 丸暗記しようとしない 暗記しているセリフを、感情を込めて話すことができるのは、よほど演技力の高い人や、スピーチ慣れしている方だけでしょう。 丸暗記した言葉を話すと、抑揚をつけずにただ読み上げているような印象になってしまい、不自然です。 面接官にも「暗記してきたんだな」と思われてしまいます。 話す内容と順番だけを意識しておいて、後は自分の言葉で自然に話すようにしてください。 早口にならない 焦ったり、緊張したりすると、ついつい早口になってしまうことがあります。 最初の質問では、特に意識して、ゆっくりと、わかりやすく話すようにしてください。 ただし、不自然なほど遅く話す必要はありません。 友人や家族にスピードをチェックしてもらったり、自分の声を録音して聞き直してみたりすると、他人からどう聞こえるのかを客観的に理解できます。 大きめの声でハキハキと話す 声が小さいと、何を言っているのか聞き取るのが大変ですし、どことなく暗い印象になります。 面接官が聞きやすいよう、普段の話し言葉よりもやや大きめの声を意識して、ハキハキと話しましょう。 面接の自己紹介は自分を相手に知ってもらう手段 自己紹介は、何を話すのかさえわかっていれば、それほど難しい質問ではありません。 しかし、最初の質問で失敗してしまうと、その後も焦りや緊張が続いてしまいかねません。 相手に自分のことを知ってもらうためにも、きちんと準備をしてから面接に挑みましょう。

次の