寝る 前 ハーブ ティー。 妊活のために作られたハーブティーが凄い!!『子宝ハーブ』と呼ばれる秘密とは??

寝る前の紅茶は睡眠にどう影響する?リラックス効果と紅茶の選び方| LinkTea

寝る 前 ハーブ ティー

〇迷ったらカモミール!!!寝る前の鉄板ハーブティー カモミールは、ヨーロッパではなんと5000年以上もの歴史があります。 キク科の植物で、 リンゴのような甘い香りがあります。 カモミールの効能は、かなり幅広く、多くの悩みに効果を発揮してくれます。 リラックス効果があったり、 殺菌効果があるため、 風邪の緩和や、 粘膜の炎症を沈めてくれたり、 また、 不眠症に対しての効果も期待できますよ。 これからの季節は冷えてくるので、さらに体を温めてくれ、 神経をおだやかにするため、寝る前に一番大切なリラックスができます。 風邪などの予防や、胃腸を清潔に整えてくれる、などの効果があります。 ジャーマンカモミールと、 ローマンカモミールの2種類がありますが、どちらも同じような効果があります。 牛乳とはちみつを使った カモミールミルクティーにするのもオススメです! 〇ローズでリラックス ローズハーブティーには、 気分を明るくしたり、神経を穏やかにする効果があります。 また、ローズは、 香りのサシェを枕の下に置いて、 安眠効果を取り入れたりと、 その香りからも リラックス効果がありますので、ダブルで嬉しい効果があります。 食物繊維も含まれているため、女性が悩みがちの 便秘解消も期待できます。 〇ラベンダーでストレス社会と戦う ラベンダーは、有名なハーブの1つですね。 いい香りもさることながら、ハーブティーとして就寝前に摂りこむことも とってもオススメなんですよ~! 不安や緊張を穏やかにする効果があるため、仕事や生活の中で、 我慢が多かったり、知らぬ間に緊張しているような人にはかなりおすすめの ハーブティーです。 また、睡眠中に優位になると言われている、 副交感神経の活動を増加させる効果があり、睡眠にとっても効果があります。 こちらも、はちみつと、牛乳を使った ミルクティーはとってもオススメです! 〇ペパーミントで清涼感 「セイヨウハッカ」とも呼ばれている、シソ科の植物です。 有効成分は、なんとなんとなんと!1000以上とも言われています。 その中でも、寝る前に飲むハーブティーとしてオススメの効果は、 緊張感やストレス、不安を鎮めてくれる鎮静作用です。 こちらも、やはり、ストレスをかかえていたり、どうしても心配事が後をたたない、 などなど、どうしても 考え事をしてしまう人にはお勧めです。 スッキリとした喉の通りで、夏に冷やして飲むのもおすすめですね~! 〇オレンジフラワーは美容効果も期待? ミカン科の オレンジフラワーは、和名が 「橙」で、香りも シトラスの香りが ファンも多いハーブティーです。 オレンジフラワーのハーブティーには、 「緊張や、イライラの緩和」があり、 寝る前に飲むことで、 精神を穏やかにしてくれるんです。 また、 消化促進効果や、 新陳代謝を活発にしてくれたりと、 同時に 美容効果も期待できちゃう嬉しいハーブティーなんです! 〇強烈な香りでも、効果抜群のバレリアン こちらの バレリアンは、 強い香りが特徴で、けっこう好き嫌いが分かれるハーブと 言えます。 しかし、その香りの向こう側には、 ストレスが原因で、眠りにつきにくい人や、 眠りがどうしても浅くなってしまう方には、頼もしい睡眠をサポートしてくれる効果があります。 他にも 生理痛から来る頭痛や、 腰痛、腹痛や、精神安定、 肩こりの軽減にも効果が期待できます! 〇飲むタイミングは睡眠1時間前がGOOD! それぞれのハーブティーの効果をもっとも効果的に摂り入れるため一番効果的な タイミングとしては、 睡眠の1時間前がオススメですね。 そのあとにお風呂につかってから睡眠をとるのもいいですね! ~まとめ~ 今回紹介してきれませんでしたが、安眠にいい効果を持っているハーブティーは もっともっとあるんですよ~! そして、さらに嬉しいのが、 「ブレンドして楽しめる!」ということです。 好きな香り、自分の必要な効果を合わせて、ブレンドを楽しむことができます。 簡単な方法では、 ひとつのマグカップに、ティーバックをそれぞれ入れるだけでも 立派なブレンドと言えます! 最初からブレンドされているハーブティーも売られていますから、最初はそこから。 準に真似していくのもいいですね! 1点、 妊娠中、授乳中の方には、避けた方がいいハーブもあります。 準備する前にはその点はしっかりチェックしてから、楽しんでくださいね! ハーブの助けをかりて、睡眠をもっと楽しみましょう!.

次の

夜に飲むとよく眠れるハーブティーおすすめランキング5選|お茶ラボ

寝る 前 ハーブ ティー

この記事の目次• 安眠効果のあるハーブティーとは? 皆さんは寝る前にハーブティーを飲むことはありますか? 実は日本ではまだあまりメジャーではありませんが、欧米ではハーブティーというのはとても身近な飲み物とされています。 特に欧米では、ハーブティーは安眠効果があるとされているため就寝前によく飲まれています。 そこで今回は安眠・快眠につながるハーブティーのご紹介をします。 バレリアン ・神経を落ち着かせ深い眠りに導く植物として古代ギリシャ時代から利用されていた。 ・日本には蘭方薬として江戸時代に伝わり「西洋かのこ草」として知られている。 ・乾燥根には独特の香りがあり、この香りの素が有効成分である吉草酸であり、高ぶる神経を落ち着ける作用をもたらす。 ・大脳皮質からガンマ・アミノ酸 GABA を出すことで、脳の覚醒システムを止める働きを助けることで睡眠を促す。 ・欧米では不眠症などに効果が見られた臨床データを基に、サプリメントも売られている。 ・副作用がほぼ無いことが最大のメリット!しかし間違いなく眠気は出てくるので、日中に飲むのは避けた方が良い。 カモミール ・ヨーロッパでは5000年も昔から飲まれている。 ・フルーティーな香りがするその花の部分を乾燥させることでカモミールのハーブティーができる。 ・アズレンという成分が含まれており、抗菌作用も強いので風邪をひいたときにも飲まれる。 ・薬用になるのは、ヨーロッパ原産のキク科の代表的なハーブの一つ、ジャーマンカモミールとローマン・カモミールの2種類。 2つの性質や用途にはほぼ相違はありません。 セントジョーンズウォート ・北アメリカやオーストラリアでは野生化しているが、ヨーロッパ、アジア、南アフリカが原産とさている。 ・高さ30~60㎝にまで大きくなる多年草で、黄色の小さな花をたくさんつける。 その香りはレモンによく似ている。 ・キリスト教の文化圏では「聖ヨハネ草」ともよばれていて、それはこの花が6月下旬頃に開化するので、使途ヨハネの誕生日にちなんでそう言われている。 ・セントジョーンズウォートの名前でアングロサクソン民族の間では民間薬として重宝されており癒しのハーブエキスとして中世のころから評価が高い花だった。 ・欧米においてはうつ病の薬と同等の効果がもたらされることがわかっており、サプリメントとしても売られている。 パッションフラワー ・トケイソウ科のつる性植物で、原産地は南米と東インドで、現在ではアメリカ東部に自生している。 ・日本では「チャボトケイソウ」として知られている。 ・アメリカの先住民は、根を強壮に葉を鎮静に使用していたが、現在において薬用にするのは葉の部分で、全体を乾燥させて使用する。 ・アルカロイド ハーマン・カロイド 、およびフラボノイドという成分が含まれており、その成分によって安眠効果が得られるとされている。 ローズバッズピンク ・花の女王とも呼ばれるローズバッズピンク。 上品な香りがするハーブで、赤い花びらを持つものをローズレッド、ピンクのものをローズピンクと呼ばれている。 ローズピンクのほうが若干香りが強いが、効能はどちらも同じ。 ・ハーブティーにしてもおいしいが、酒とも合うのでカクテルにも最適。 ・ストレスや、肝臓、胃腸の疲れ、便秘にも効果があるとされていて、ホルモンバランスを整える役割も持っている。 その他にも解毒作用や更年期障害、二日酔いにも良いとされている。 マルベリー 桑の葉 ・葉に含まれている成分が、糖質の分解を邪魔するためブドウ糖の吸収を抑えることができる。 さらに脂肪の排出を促すので体脂肪の減少にも効果あり。 これらは国立健康・栄養研究所でも認められている効果で、これらのことからダイエットハーブとしても注目されている。 ・血糖値の上昇を抑制する効果や、生活習慣病の改善にも期待がなされている。 マーシュロウ マーシュマロー ・日本へは明治19年頃に伝わったとされている。 ・英名のmarsh mallowは沼地のアオイという意味で、野生での生息地にちなんでその名がつけられた。 アメリカ東部にも帰化しているが、西・中央アジア、東ヨーロッパが分布地とされている。 マージョラム マジョラム、スイートマジョラム ・丸く小さな葉で、白または紫のような花をつけるマジョラム。 オレガノの仲間で甘く刺激的な匂いのする香りが特徴的なことから、中世以降のヨーロッパでは化粧水にしたり、花束やにおい袋にいれて使われてきた。 ・お茶にするのも良いが、料理にも使用可能。 ・消化を助けたり、頭痛、鎮静作用の他安眠効果ももたらすとされている。 ベルべーヌ ・ベルべーヌ、またの名をレモンバーベナとも呼ばれ、その名の通りレモンの香りがする。 ・ベルべーヌのハーブティーはフランスのカフェでは必ずと言っていいほど置いてある有名な飲み物である。 ・神経を落ち着かせる作用があり、リラックス効果、安眠効果がある。 リンデン ・リンデンフラワーとリンデンウッドの2種類があるが、安眠効果が得られるのはリンデンフラワー。 ・いらいらや不安で眠れないとき、また眠りの浅い人におすすめ。 ハーブティーを飲むときのポイント 特段、難しいことはなく、通常のお茶を飲むときと一緒の飲み方でOK! また、初めてハーブティーを飲む人は飲みにくいかもしれませんね。 ハーブティーを飲むための簡単なポイントをまとめてみました! 初めての人は薄めに入れよう まずはちょっと、これでは薄いかな?というぐらい薄めに入れましょう。 味が薄いようであればハーブを足していくことで濃くすることができますので、徐々に好みの濃さにしていくと良いです。 あまりたくさんのハーブを入れてしまうと、苦みがでて飲みにくく感じることがあるかもしれませんので注意が必要です! 味付けしてみよう 自分の好みによって、「はちみつ」「レモン」「黒糖」や「ミルク」などを加えてみてください。 季節によってホットやアイスで楽しもう! 暑い季節にはアイスで、寒い季節にはホットで、その時の好みで飲むとより一層おいしく頂けます。 基本的にはホットもアイスも同じ入れ方ですが、アイスの場合は若干ホットよりも濃い目にいれるのがコツです。 またアイスの場合は、ホットで入れて冷蔵庫で冷やしたり、氷を入れたグラスに注ぐことで簡単につくれます。 それでも苦手という人は・・・ 市販の紅茶のティーバッグと一緒に好みのハーブを入れると飲みやすくなるのでおすすめです。 毎日寝る前にハーブティーを飲む効果 安眠を得たいならば、夕食後の寝る前1時間前くらいには飲んでおくと、効果的です。 また、寝る前に飲むという行動そのもの、これが一つの入眠儀式になります。 毎日、寝る前にハーブティーを飲むことによって、今から眠るよ~!っと体に教え込ませるんですね。 入眠儀式は人それぞれあります。 人によっては、読書、ストレッチ、歯ブラシなどがありますね! ハーブティーを飲み終わったらお風呂で楽しむ! ハーブティーを飲み終わったら、その茶葉を捨てるのはもったいない! その茶葉をゆず湯のように、お風呂に入れて、今度はハーブバスとして最後の最後までハーブを使いましょう! ほのかな香りがバスルームに広がり、バスタイムのひと時がより素晴らしいものになります。 まとめ ということで、ハーブティーを簡単にまとめてみましょう。

次の

睡眠効果の高いハーブティーの種類まとめ・ノンカフェインで安心

寝る 前 ハーブ ティー

夏の暑さがようやく落ち着いて、過ごしやすい季節となる秋は日頃の眠りを見直すチャンス。 わずかな睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」や眠りたいのに眠れない「不眠症」など、質の悪い睡眠は心と身体にダメージを与えます。 では、どうすれば満足のいく快眠ができるのでしょうか?ここでは、眠りの質を上げる方法について解説していきます。 就寝前の寝酒がNGと言われるのはなぜ? 眠れないときは適度なアルコールを飲むとリラックスできて熟睡できる……と言われていますが、就寝前のアルコール摂取には注意が必要です。 酔いやすい・酔いにくい個人差はあるものの、アルコールの適量は1日40gが目安。 就寝前に毎日寝酒すると摂取量が増えやすく、アルコール依存症になりやすいとも言われています。 また利尿作用があるため、夜中に起きてトイレに行きたくなってしまうことも。 結果として、睡眠の質を下げてしまうのです。 安眠効果が高いハーブティーとは? 睡眠不足が続くと、さまざまな体調不良を起こします。 集中力や注意力に欠けたり作業能率の低下、生活習慣病、うつ病、肌荒れ、肥満、高血圧など、日常生活に支障をきたす恐れがあるほか、重大な病気へと繋がっていきます。 そんなときにオススメしたいのが鎮静と癒し効果が期待できる「ハーブティー」。 欧米では安眠効果がある飲み物として寝る前によく飲まれています。 抗菌作用が強くアズレンという成分が含まれています。 安眠・リラックス効果があるほか、発汗作用や代謝促進で身体を温めてくれます。 フラボノイド、クマリン、タンニン、リナロールなどの成分が含まれており、心を落ち着かせて安眠へと導いてくれます。 草木っぽい香りが特徴です。 鎮静作用や抗うつ作用があり、ゆっくり気分を落ち着けたいときにオススメしたいハーブティーです ハーブティーの種類は市場に出回っているものだけでも100種以上。 カフェインを含まないものも多く、妊娠中の女性にも安心して飲んでいただけます。 身体への負担をかけず、気軽に快眠効果を得られますので、ぜひ積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。 nikkei.

次の