ヴェスレイ スナイデル。 スナイデル氏、現役復帰へ本格始動。オランダのアマチュアクラブで練習参加へ(フットボールチャンネル) 元オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル…|dメニューニュース(NTTドコモ)

スナイデル氏、現役復帰へ本格始動。オランダのアマチュアクラブで練習参加へ(フットボールチャンネル) 元オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル…|dメニューニュース(NTTドコモ)

ヴェスレイ スナイデル

スナイデルがレアルで最も衝撃を受けたのは…あの金髪ファンタジスタ「最初の数カ月は話しかけてくれなかった」 元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル氏が、古巣Rマドリードで最も衝撃を受けた選手として、あの金髪のファンタジスタの名を挙げている。 スナイデル氏がスペイン『カデナ・セール』とのインタビューで口にしたその選手とは、Rマドリードの生え抜きで、現アルメリア監督のグティ氏だった。 銀河系選手たちの存在に押されてレギュラー扱いされないながらも、やって来る選手や監督に驚きを与え続けてきたグティ氏は、元オランダ代表にも同様の印象を植え付けていたようだ。 「彼はファンタスティックだった。 本物のクラックだよ。 自分たちがチームメートとなってから数カ月間、彼に話しかけられることはなかった。 マドリーで、僕は彼の居場所を奪ってしまったわけだからね。 でも、その後に一緒にプレーすることになると、彼が怪物であることを理解した。 あのチームの中でも、彼こそが最高の選手だったんだよ」(Goal. com).

次の

【銀】スライダー (ヴェスレイ・スナイデル) 活躍度/使用

ヴェスレイ スナイデル

元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル 36 に現役復帰する可能性があるようだ。 実兄であるジェフリー氏のコメントを引用してイギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 昨年8月に現役を退いたスナイデル。 現役時代にはオランダ代表として最多の134試合に出場し、アヤックス、レアル・マドリー、インテル、ガラタサライなどでプレーし、スター選手として活躍した。 そのスナイデルは故郷のユトレヒトで現役復帰する可能性があるようだ。 ユトレヒト・アマチュアチームのテクニカルスタッフの一員であるジェフリー氏はスナイデルの近況について「ヴェスレイは減量しようとしている。 もう一度プレーができるかもしれないと言っていたんだ。 しばらくプレーから離れていたけど、今はフィールドに戻ってきてサッカーの感覚を取り戻しているところだ」とコメント。 オランダでは先日、代表のチームメートだったFWアリエン・ロッベンが故郷のフローニンヘンで現役復帰していたが、スナイデルも続くことになるのだろうか。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

ロッベンに続きスナイデルも…現役復帰目指しトレーニングを再開!?

ヴェスレイ スナイデル

元オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル氏は、現役復帰に向けて本格的に動き出すようだ。 オランダのアマチュアチームで練習を開始すると報じられている。 アヤックス、レアル・マドリード、インテルなどの強豪クラブやオランダ代表で中心選手として活躍したスナイデル氏は、カタールでプレーしたあと昨年夏に現役を引退。 だが母国での現役復帰に意欲を見せていることが先日報じられていた。 故郷のクラブであるオランダ1部のユトレヒトはスナイデル氏の加入に向けて打診を行ったことを認めた。 本人もオランダメディアに「今はコンディションが整っていないが3ヶ月あればフィットできる」と語り、復帰に向けて「慎重に考える」とコメントしていた。 オランダ『RTVユトレヒト』が13日付で伝えたところによれば、実際にコンディション調整へ動き出すことが決まったようだ。 今月27日から、ユトレヒトを本拠地とするアマチュアクラブのDHSCで練習に参加するとのことだ。 DHSCでは、兄であるジェフレイ・スナイデル氏がテクニカルスタッフを務めている。 「ヴェスレイは体重を落とし、忙しくすることを望んでいる。 そうすることで再びプレーへの思いを取り戻すかもしれないと言っていた」とジェフレイ氏は話している。 オランダ代表として長年チームメートだったアリエン・ロッベン氏も、現役復帰を目指して古巣フローニンゲンの練習に参加することを決めている。 両者の復帰が実現すればエールディビジの舞台で再会することになるかもしれない。

次の