凪のおいとまネタバレ。 凪のお暇ネタバレ最新44話確定【昔から抜け出せない凪】

凪のお暇ネタバレ結末 慎二の闇が深い‥最終回は慎二,ゴンとも別れ新たな道へ?

凪のおいとまネタバレ

母親から夜に電話がかかってくることは珍しい。 店が暇だから出でも構わないと言われた凪は、、母親からの電話に応対します。 「東京に来る時に 私の彼に会いたい??」 予感的中以上の恐ろしい事を言われた凪は、電話を切った頃にはすっかり老け込んだような 笑 仕事を辞めて引越ししたことを告げるのがやっとで、彼氏と別れた事を誤魔化し続けていたつけが!!! しかも、せっかく練った母東京上陸時の対策がーっ!!! 凪は頭をわしゃわしゃとかきます。 母上陸時の対策が崩れる・・ 東京観光を沢山して、家にも立ち寄らないで親孝行の雰囲気のまま都内の三ツ星ホテルに泊まろうとしていた凪。 かなりの出費にはなってしまうけど、背に腹は代えられない! しかも、母親はアーバンでリッチな物が好きだから確実に飛びつくと思っていい案だと思っていたのに!!! でも彼氏はお金では解決できない! 凪はどうにもならない問題にぶち当たってしまったのです。 本当の事を言うのはダメなの? そうは言われるけど、 母をなめたら絶対に強制送還コース! 店のママはここで、凪と凪のお母さんとの関係性がおかしい事に気が付きます。 ずいぶん一方的な感じだし、さっきから母親の話をしている凪の目は怖い感じになっている・・。 根本的に見つめないといけないのはココなんではない?? この後は式に参加している昔から知ってるおばちゃん達に質問攻めにされちゃったらしいよ~ 凪はなんとか攻撃を回避しながら、主役の登場までバイト先のスナックで得た会話のキャッチボールで乗り切ります。 あの人とは2人きりになりたくない! 披露宴は作り感もある素敵な演出が沢山ありました。 アットホームでぬくもりを感じる披露宴に凪は新郎新婦の人柄や頑張りを感じて感動します。 凪はその感動をイトコで結婚式の主役である優に伝えます。 凪は優と話をしている中で、子供時に一緒に色んなこのを制作して遊んだ楽しかったことを思い出します。 でも、ある時から疎遠になってしまっていた・・どうしてだっけ?? そうだあの頃・・ 優ちゃんママとあの人が険悪になったからだった。 嫌な事を思い出してしまったと感じた凪は、この後に絶対2人きりになんてなりたくないと思ったのです。 ・・でも、思ったよりも早くお開きとなった結婚式で、思わぬ時間が出来てしまい桃園と待ち合わせまでの時間を2人で過ごすこととなってしまいます。 凪、相当お母さんに気を使っているけどこの調子で大丈夫なのかな? 母のご機嫌 桃園に早く来て欲しいと思いながら、凪はどんどん母親のペースに持っていかれてしまいます。 ずっとずっとこの人がちゃんと本当に笑っているのかを気にしていた。 気になって気になって仕方なくて、その事ばかり考えてしまう凪は、母親が笑うような希望する言葉を言って ご機嫌を取ってしまう所があるのです。 母親は昔から凪に言って欲しい言葉がある様な感じなのです・・。 「良いお式だったね、ぬくもりたっぷりで」そう言う母親。 でもこの場合、凪が本心と違って「正直貧乏くさいと思った」「旦那さんも銀行員だけど花形部署ではなかった」と言うと、花が咲いたように笑うのです。 凪はそんなことを言ってしまう自分に嫌気がさしてました。 本当は優に言った言葉が本心だし、申し訳ないと・・。 ついに現れた救世主!! それはずっとずっと子供の時からそうだったのです。 だから優ちゃんママと母親が険悪になった時は、大好きな優と遊ぶのを辞めた。 しかも「優ちゃんの事は本当はそんなに好きじゃない」と言ったのです。 自分のタイトルマッチの相手は本当はこの人じゃない・・自分自身なんだ。 本当は言いたくないことをご機嫌取りで言ってしまう自分と戦わないといけないんだ。 早く早く桃園に来て欲しい!!凪は母親との2人きりの時間に気持ちがぐるぐるとしてしまいます。 「初めまして 桃園です」ついに、待っていた人物が背後からやって来てくれました! でも、そこの現れたのは思っていた人物とは違う!! なんと、にこやかに母親に挨拶をするのは、 慎二だったのです!! ここまでが36話のストーリーになります。 36話を読んだ感想 !6月26日更新しました! 36話を読み次第更新させていただきます! 現れたのは桃園じゃなくて慎二!? まぁ確かに彼氏役に適任なのは慎二だとは思っていましたが、元カレにその依頼をするわけにもいかないと思っていたので、そう考えると桃園はいい相手だと思ったのですが・・。 どういう経緯で桃園と慎二はすり替わったのでしょうか? しかも色々シュミレートしたことはその通りに行かなくなってしまいます。 そして気が付いた本当に戦うべき相手! 母親じゃなくて、母親の機嫌を取るために思ってもいない事を言ってしまう自分自身と戦わないといけないですよね。 それにも気が付いた凪! でもその瞬間に予想外に慎二が現れた事でパニックにはならないかな? この後の展開、かなり楽しみです! 次話>>.

次の

『凪のお暇』(なぎのおいとま)最新話のネタバレ【7、8、9話】

凪のおいとまネタバレ

就職先が決まる凪 凪はコインランドリーを運営する会社の面接を受け、採用が決まります。 就職が決まったことを坂本に報告し、コインランドリー会社で修行をして、坂本と進めていた夢を叶えたいと話します。 すると坂本も凪とのお店を持つときに役立つと思って、と内装会社の営業の仕事に就くことが決まったと言います。 凪と坂本はお互いに将来の夢に向かってスタートを切りました。 ゴンさんと凪の関係は?! アパートが取り壊されることとなり、仲良くなった住人たちはそれぞれバラバラになります。 凪は自分を見つめなおし、ゴンと向き合うことに。 ゴンは凪を新居へ連れていき、一緒に暮らそうと合鍵を渡します。 「おばあちゃんになったら凪ちゃんの横で昼寝がしたい」と 真剣に告白するゴン。 しかし、 凪はゴンの隣にいたら幸せすぎて流される、ゴンのように美味しい空気を与えられる人になりたいと言い、きっぱりと断ります。 2人はハグをして別れ、凪は全く後ろを振り返らず去って行きます。 凪にとってオアシスで吸引力のあったゴンさんとの別れを選んだことに、よく言った、よく決断したと拍手を送りました 笑 また、坂本さんと夢に向かって再スタートできることが羨ましく感じました。 やはり夢や目標が明確にあると、そこに向かって頑張ろうと行動できますよね。 夢や目標をしっかり持って生活していきたいと思わせてくれます。 スポンサーリンク 凪のお暇最終回結末の原作とドラマの違いは? ウワァァァァァァン!!ご報告です!!凪のお暇が小学館漫画賞少女部門を受賞です!!みなさんのおかげです!!本当にありがとうございます!!😭🙏 — コナリミサト konarikinoko 凪のお暇の最終回の結末は、原作とドラマで違うのか紹介していきます。 原作漫画の最終回結末は? 凪のお暇の 原作漫画はまだ最終回をむかえていませんが、現段階で原作の結末は凪の母親・夕の目線で描かれています。 夕が足を痛めたと連絡があり、しばらく北海道に戻った凪は、夕が若いころ夢のために東京へ行ったが20歳のときに悪い男に引っ掛かり地元に戻ったことを知ります。 自分が産まれたせいで、夕の夢を白紙にしてしまったと感じた凪は、ますます夕のもとから離れられなくなります。 夕は東京にいた頃、凪が住んでいるようなボロボロのアパートに住み、そこには東京で出会った仲間たちでいっぱいで、その一人に凪のお父さんもいました。 (漫画の描写に出てくるお父さんは、とてもゴンさんに似ています。 ) しかし、幸せにすると言ってくれていた凪のお父さんは消えてしまったのです。 夕は凪のお父さんである人が訪ねてきてくれないかと、未だに希望を抱いています。 そこに玄関のチャイムが鳴ります。 訪ねてきたのは凪を心配して北海道にきたゴンさんでした。 ドラマの最終回結末は? ドラマ最終回の結末をネタバレしていきます。 凪がお暇最後の日、慎二は水族館デートに誘います。 凪が慎二にウィッシュリストを見せると、そこには自分の運転で出かける、人に興味を持つ、などお暇中に思いついた目標がたくさん書かれていました。 その未来に俺はいない、と凪の心を悟り身を引くことにした慎二。 凪がお暇を卒業するなら、 俺もお前を卒業してやると言います。 少し寂しそうな慎二でしたが、 お互いに本当にお別れすることを決め、すっきりとした2人。 別れた後、凪は最後に後ろを振り返り、慎二のことを見つめます。 アパートが取り壊されるのを見届け、お暇おしまい、と坂本の家へ向かう凪。 凪は坂本の家に着くと、次の家の入居までお世話になりますと挨拶をします。 すると、坂本は彼氏ができてしまったと言い、出てきたのはなんと慎二の兄である我聞慎一でした。 まさかの展開に驚きながらも、とりあえず仕事に向かおうと自転車をこぎだす凪でした。 原作とドラマは展開が違っているようですね。 原作では凪が北海道に行った際にゴンが1人で迎えに行ったようですが、ドラマでは慎二とゴンの2人で凪を迎えに行っていました。 また、 漫画では夕が最初からシングルマザーとなっていますが、ドラマではお父さんはギャンブルで借金をしてしまい蒸発したという設定になっていました。 ドラマ版の最終回では凪が成長したと分かるような納得のお暇卒業でしたね。 凪のお暇で名場面となっている慎二の号泣シーンが最終回に無かったのはちょっと寂しかったですが、慎二の成長ということですよね。 私的には凪と慎二はこれからも良き心の友として会えば良いのに!と思ってしまうのですが…。 そしてドラマ始まる前はイメージ違うと嘆いていたキャストも全然違和感ない。 ドラマの最終回で凪は慎二やゴンと付き合うことはなく、自分の夢に向かって新たにスタートしましたね。 原作漫画はまだ連載が終わっていないですが、少しずつ展開が違いますので、もしかしたら結末もドラマと変わるかもしれません。 登場人物それぞれの成長していく姿が描かれ、見る人を元気づけてくれる凪のお暇、今後の原作の展開も気になりますね!.

次の

凪のお暇最終回結末ネタバレ!ドラマと原作でラストに違いはある?

凪のおいとまネタバレ

幼い頃から重圧ばかりかけて凪の 強いトラウマとなってしまった母から 再び重圧をかけてきたりと。 凪の心は中々前に進めずにいました。 そんな凪の生活に 唯一別の温かい世界を与えてくれる そんな存在がお隣の ゴンだったのです。 母親の事を話すと。 ゴンは凪にこう言います。 キライなことを口に出して 自覚するとラクになることは あると思う (凪のお暇3巻より引用) ゴンのその言葉を聞いた凪。 頭で色々羅列した母親の苦手な所。 それをひとくくりにして凪は一言 キライ! と口にすると、光を失っていた瞳に 輝きが戻ります。 ものすごい単純ななことだけど ゴンのアドバイス一つでこんなにも 今まで胸につっかえていた重いものが スっと無くなって軽くなるなんて! その後も凪はゴンに今度やってくる母親 に対する素直な思いをぶちまけ。 それにたいするゴンの何気ないアドバイス にどんどん心が前向きになっていく凪! ゴンさんて不思議だ ものごとを前向きに昇華してくれる 力がある (凪のお暇3巻より引用) 目をキラキラさせて話をする凪を 見てゴンは素直にかわいいと言い。 凪にキスをしようとします。 こんなに惹かれていたくせに 自然とゴンとキスする流れに 凪は思わずストップをかけてしまいます。 エレガンスイブ10月号発売中!SNSで話題の「凪のお暇」(コナリミサト)。 なんて言っちゃうゴン…。 その後ゴンは友達のイベントへ 行くとお別れ。 それ以降凪はボーッと色々考えだします。 実は以前にもゴンとキスをしそうな 展開があったけどそれも自分が止めて しまった。 どうしてこんなに恐れているのだろう。 その理由を考えると、まず第一に 「ちゃんとした人生を送る」 という母親の教えに反することだったから かも。 なんて思うけど、 実際はそうじゃない。 自分が一歩踏み込むのが 怖かったから。 そして凪は決心します。 寄るベランダに出た凪は、隣のベランダで タバコを吸ってるゴンに遂に言います。 今夜 お部屋に遊びに行っても良いですか…!? (凪のお暇3巻より引用) 凪は誰の指示でもなく、自分の気持ちに 素直に進むことに決めたのです。 温かくて冷たい背中 せっかくのお暇 勇気を振り絞ってゴンの部屋へと 一歩踏み込んだ凪。 ゴンの部屋にはハンモックや沢山のCDに ゲーム機等があって、いかにも自由人ゴン をそのまま表したかのような空間。 凪の話を聞きながらゴンは 凪の言って欲しかった言葉をくれます。 凪ちゃんってちょっと自分に 厳しすぎるんじゃないかな (凪のお暇3巻より引用) せっかくのお暇なんだし、と。 ゴンの言葉によって 凪の心も身体も何もかも 解放されていきます…。 さっきまであんなに熱かった背中が… ついにゴンと一線を越えた凪。 この現状に凪は多幸感でいっぱいで くっつく背中から感じるゴンにも ドキドキ…。 この幸せをゴンに伝えねば! とゴンに振り返った凪。 が そこで凪が見た光景は。 ソシャゲに夢中になってるゴン。 唖然とする凪の顔を見て、呆けた顔も かわいいと額にキスしてニコニコするゴン。 その行為にドキドキしつつも頭に浮かぶ ハテナマークが消えてくれない凪。 こんな感じだっけ? シャワーを浴びてくると立ちあがるゴン の背中に付いた髪の毛を取ろうと ゴンの背中に触れると…。 あれ? さっきまであんなに熱かったゴンさんの背中が めちゃくちゃ冷たい あれ? あれ? (凪のお暇3巻より引用) 凪とゴンの関係の行方は 一体どこへ向かっていくのだろうか!? まとめ 今までの自分の人生にはいなかった 新しい世界を持った魅力的な隣人ゴン。 新しい人生を歩もうと決めた凪には あまり新鮮でかつ自分を解放してくれる 素敵すぎる男性でしかなかった。 今回そんなゴンとついに一線を越えて しまった凪の前に叩きつけられたのは 捕え所の無いゴンと言う人間性。 果たして凪の気持ちはどこへ 向かっていくのだろうか!! 話題のアニメ、ドラマ、漫画を読むなら超お得な「U-NEXT」! 今なら 「31日間無料体験」で 0円で利用出来ちゃう!.

次の