奥村組 cm。 奥村組のCMの新入女子社員は森川葵ちゃん!「建設LOVE 奥村くみ」CMソングは竹原ピストル「いくぜ!いくか!いこうよ!」上司は山中崇

CM GALLERY|奥村組

奥村組 cm

」篇 森川葵さん、新米の現場監督を熱演 中堅ゼネコン(総合建設業)の奥村組の企業テレビCM「建設LOVE 奥村くみ」シリーズの第2弾、「建設が、好きだ。 」編が1月27日から放映されている。 実力派若手女優の森川葵さんが、新米の建設女子「ケンジョ」を熱演している。 同シリーズは昨年、第1弾全4話でスタート。 森川さん演じる主人公の「奥村くみ」は、新入社員だったが、第2弾は、社会人2年目の設定で、物流倉庫建設の監督として登場する。 第2弾の始まりとなる第5話で、監督としてがんばり始めた奥村くみ。 夢と希望にあふれてはいるものの、建設現場で作業員からの質問攻めや、聞き慣れない建設用語に戸惑うほか、現場慣れしていないため、失敗をしてしまう。 1人になり、壁に頭をくっつけて落ち込む奥村くみ。 そんなとき、先輩の言葉に救われる。 第6話では、徐々に監督の仕事にも慣れ、現場の作業員からの信頼も獲得していく。 そして初めての現場が、完成を迎える。 感極まった奥村くみだが、本人よりも先に、先輩が泣きながら「できたーーー!」と叫んでしまう。 タイミングを失った感のある奥村くみだが、やっぱり大きな声で「できたーーー!」と歓声を上げ、笑顔で万歳する。 建設関係者にとっては「あるある」のシーンだそうだ。 そして一転、第7話では久しぶりに居酒屋に集う奥村くみと同期たち。 土木工事担当の土木(つちき)くんが、トンネル工事状況を熱く語る。 土木工事は、地下の状況は掘ってみて初めて分かるというもので、その苦労を説明するが、それでも重要インフラをつくっているという自負と責任を強調する。 奥村くみは、おでんのちくわを、トンネルに例え、共感を示しているが、ハプニングも…。 5話、6話で登場する建設現場は昨年の第1弾でも登場。 昨年は鉄骨がむき出しで、重機が動き回っていた場所が、最新の物流倉庫となって誕生するなど、同社のCMの一貫性を感じさせる。 今回の撮影では、大型台風の襲来で、スケジュール変更を余儀なくされたり、居酒屋シーンでは煙を発生させる機械が故障し、急遽(きゅうきょ)メザシを焼き続け、本物の煙を使ったりと、ハプニングも発生していたという。 そういったCMを竹原ピストルさんが歌う「いくぜ! いくか! いこうよ!」が盛り上げている。 そんな彼女が建設作業着を着て、ヘルメット姿で、みせる天真爛漫(らんまん)な表情が印象的だ。

次の

竹原ピストル、奥村組CMソングを書き下ろし! CMでは、女優・森川葵が“建設 LOVE”な理系女子を熱演

奥村組 cm

スポンサードリンク 奥村くみの年齢は?[ okumurakumi ] 奥村くみの年齢、すなわち森川葵氏の年齢は 1995年6月17日生まれの22歳である。 年齢の他に奥村くみを演じる、もりりんこと 森川葵氏のプロフィールを記すと、以下の一覧になる。 愛知県出身• 2010年のデビュー• 元ファッションモデル• 趣味は睡眠とカメラ収集• 東海市立横須賀中学校卒業• 名古屋市立工芸高校卒業• 5人兄弟で兄1人妹1人弟が2人• 身長は157センチ モチロン、奥村くみのプロフィールも 奥村組の公式サイト内で紹介されている。 奥村くみのCMの企業の株式会社奥村組とは? では最後に奥村くみが所属する( 設定の ) 株式会社奥村組の企業情報をば。 道路や鉄道などのトンネル関係に強い。 1907年( 明治40年 )- 奥村太平が 個人企業として土木建築請負業を創業。 森川葵( 2018年1月 )- 高校生時代に インテリアデザインを学んだ縁で、同年から 大阪国際女子マラソンのスポンサー契約を 結んだことを機に作られた「 建設LOVE 」 という企業CMシリーズに「 奥村組の新人社員 奥村くみ 」という役柄で出演。 ここで、よく「 奥村くみ 奥村組土木興業 」と間違われて検索される方も、 いらっしゃる様だが実は会社じたいが別法人であるので、あしからず。 167• 101• 1 最新投稿5記事 アーカイブ• 2 Google等の第三者配信事業者が、 クッキー[ Cookie( ブラウザの閲覧ごとに各々の端末に保存される小さなファイル )]を使用してユーザーで有るあなたに、当「 茨城瓦版 」や他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信します。 Googleが広告のクッキーを使用することに拠りユーザーであるあなたが、そのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいGoogleや、そのパートナーが適切な広告をユーザーである、あなたに表示できます。 あなたは、にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者のCookieを無効に出来ます。 第三者配信事業者や、広告ネットワークの配信する広告が、当サイト「 茨城瓦版 」に掲載されます。 対象となる第三者配信事業者や、広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。 に、 アクセスすれば第三者配信事業者が、パーソナライズド広告の掲載で使用するCookieを無効に出来る事を、ここに明示します。

次の

奥村組 新TVCM 2019年1月27日(日)オンエア開始

奥村組 cm

株式会社奥村組(本社:大阪市阿倍野区、社長:奥村太加典)は、企業CMとしてコンセプトCM「建設が、好きだ。 」篇(全3話、各30秒)、シリーズCM「建設LOVE 奥村くみ」篇(全3話、各30秒)を制作し、当社が協賛する「第38回 大阪国際女子マラソン」(2019年1月27日(日)開催)の番組内でオンエアを開始します。 CMは、1907年の創業以来、「堅実経営」と「誠実施工」を信条に、建設の仕事に真摯に向き合ってきた当社の情熱を「建設が、好きだ。 」という企業メッセージで表現しています。 建設大好きな奥村組の新米女子社員の成長を描いたシリーズCM「建設LOVE 奥村くみ篇」では、前作に引き続き、映画やドラマで様々な役を演じる実力派女優・森川葵さんが「新米ケンジョ」を好演します。 第2弾となる今作では、前作で新入社員だった奥村くみが、大好きな建設の現場で働く中で挫折や苦労を重ねながらも、一歩一歩成長を遂げていく姿を描いています。 楽曲には、シンガーソングライター・竹原ピストルさんの作詞・作曲による書き下ろしオリジナル曲『いくぜ!いくか!いこうよ!』を前作に引き続き採用しています。 「建設が、好きだ。 」の熱い思いで地元大阪の発展や女性の活躍を推進する奥村組は、2018年から2021年までの4年間の大阪国際女子マラソンへの協賛活動を通して、大阪の街を盛り上げ、大阪から世界に羽ばたく女性アスリートを応援していきます。 【CMコンセプト】 建設が、好きだ。 当社は、1907年(明治40年)の創業以来、「堅実経営」と「誠実施工」を信条に、土木・建築を両輪として社会の発展に寄与すべく、歩んでまいりました。 自分たちがつくったものに対する責任を、その寿命がまっとうするまで担い続けたい。 そのためにこそ、何よりも社員や現場の「人」を大切にする。 「堅実経営」と「誠実施工」には、そうした思いが込められています。 「建設が、好きだ。 」このシンプルな言葉を企業メッセージとし、長年にわたって建設の仕事に真摯に向き合ってきた私たちの誇りと情熱を表現しています。 【撮影メイキングエピソード】 大型で非常に強い台風の襲来で、急きょスケジュール変更を余儀なくされた撮影でしたが、本番当日は非常に良い天気の下、美しい映像を撮ることができました。 森川さんは、前作同様共演いただいた先輩役、山中崇さんとの息もぴったりで、撮影は大変順調に進行。 アドリブで会話を膨らませてくれる場面も。 居酒屋シーンでは、フォグマシン(煙を発生させる機械)が故障してしまい、急きょメザシを焼き続けたため、非常に香ばしい匂いが立ち込めるなかでの撮影となりました。 【森川葵さんメッセージ】 みなさん、こんにちは。 奥村くみ役の森川葵です。 今年は「シーズン2」ということで新たに3本のCMが完成しました。 前作では新入社員だった「奥村組の奥村くみ」ちゃんも、社会人2年目。 未熟ながらも、先輩や協力会社の皆さんにサポート頂きつつ、現場監督として日々成長しております。 前回撮影した建設現場を一年ぶりに訪れたのですが、鉄骨むき出しで重機が行き交っていた場所が、立派な物流倉庫に様変わりしているのを目の当たりにして、建設のお仕事って改めてすごいなって実感しました。 現在、映画やテレビドラマなどを中心に女優として活躍。 2018年11月~12月・宮藤官九郎演出の舞台「ロミオとジュリエット」では初舞台でジュリエット役で出演。 1999年、野狐禅 ヤコゼン を結成し音楽活動を本格化。 2003年にメジャーデビュー。 その後、野狐禅を解散し、毎年約250本のペースでライブを行うなど一人きりでの表現活動を開始。 2017年にリリースしたアルバム「PEACE OUT」が話題となる。 その後、多くの夏フェス・大型音楽番組の出演も経て、大晦日には紅白歌合戦に初出場。 音楽活動に加えて役者としての評価も高く、「永い言い訳」の公演で第90回 キネマ旬報 助演男優賞、第40回 日本アカデミー賞 優秀助演男優賞を受賞。 サントリーコーヒー「BOSS」のTVCMにも出演した。 2018年はニューアルバム「GOOD LUCK TRACK」をリリース、62本に及ぶ全国弾き語りツアーを実施し、12月には日本武道館公演を行った。

次の