ユニクロ ドライ ストレッチ スウェット パンツ。 ユニクロのドライEXウルトラストレッチパンツはレディースこそおすすめ!

ユニクロで買えるスウェット(トレーナー)シャツ比較!

ユニクロ ドライ ストレッチ スウェット パンツ

同じ商品名でもシルエットがぜんぜん違う! 筆者が商品名の次に真っ先に目がいったのが裾の部分、MENにはないリブがあります。 どちらも商品名通りアンクル丈であるのは共通ですが、MEN版はスラックスライクな仕上がりだったのに対し、WOMENはジョガーパンツライクになっています。 他にも、WOMENとMENでは、ベルトループと前開きがなく、ヒップポケットもありません。 そのかわりにリブを付けてスポーティにすることで削ぎ落とした分のデザイン性を補い、無味無臭とならないよう配慮してあります。 そのおかげでどちらもどれだけ動いてもどれだけ変な座り方をしてもシワにならず、いつでも綺麗な見た目を維持してくれます。 しかし、WOMENは生地が薄く、おそらく半分くらいの肉厚になっていると思います。 実際にはいてみても、脚を捻るとWOMENはよりフィットして脚の形が丸見えになってしまいます。 しかしここは女性がはく前提で作られているため仕方のないことです。 不自然にムチムチにならないためにも、普段メンズアイテムでMやLを着用している方であれば、それぞれワンサイズアップしてLやXLなどを選択するといいでしょう。 生地の薄さ自体も、おそらく春先を見据えたスポーティなパンツがコンセプトであるからだと思います。 筆者はジョガーパンツだからそういうものか、とあまり気にせずにはいています。 ただ気温が低いときはさすがに少し寒いので注意が必要です。 MEN版と比べて1000円も安く買えるのです。 正直言ってこれだけ安ければ、生地の薄さなんて気になりません。 やはり女性物の洋服は需要が大きい分価格が安い。 時にはカジュアルになり過ぎるジョガーパンツですが、こちらはシワにならず、非常にシンプルなデザインでドレスライクにはけるのでオススメです。

次の

【ユニクロで見つけた良品】 ドライスウェットプルパーカ(WOMEN)がメンズにもおすすめできる理由

ユニクロ ドライ ストレッチ スウェット パンツ

シルエット シルエット自体は、のものもナイキのものも割と似ていると感じた。 首の上のほうまで上げることのできるジップも同じ。 ナイスコピ……おっと。 しかし。 シルエット自体が似ていても、生地のボリュームがぜんぜん違うので着用したときの雰囲気もまたぜんぜん違った。 ぼくはライトウェイトのパーカが嫌いなのである。 パーカの最大の魅力であるフードの部分がしなしなと頼りないから。 ドライストレッチスウェットのパーカはまさにそれで、全体的にはテックフリースに似ているんだけれど、何か物足りなく感じる商品だった。 逆に言うとテックフリースのパーカはボリュームあるフード部分が格好いい。 ぼくの主なお気に入りポイントはそこなのだ。

次の

【ユニクロで見つけた良品】 ドライスウェットプルパーカ(WOMEN)がメンズにもおすすめできる理由

ユニクロ ドライ ストレッチ スウェット パンツ

私は自宅では部屋着を着る。 外出から帰ってきたときも、すぐに部屋着に着替える。 外で汚れた服で部屋を汚したくないからね。 服に頭を通して着るトップスだとヘアスタイルが乱れるので、家を出入りする時に困る。 トップスはジッパーで着たり脱いだりできるものにしている。 ズボンは現在はユニクロの「MEN ドライストレッチスウェットパンツ」を愛用している。 私は M サイズがちょうどいい。 ユニクロ|ドライストレッチスウェットパンツ|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト) パッと着てパッと脱げるからちょうどいい。 似たようなユニクロの商品として「MEN スウェットパンツ」があるが、腰の紐がゴム紐ではなくただの紐だ。 ユニクロ|スウェットパンツ|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト) こちらは毎回ちゃんと縛らないとずれてしまう。 パッと着てパッと脱ぐことができない。 前にチャックがないので、トイレのたびに毎回紐をひどき、結ぶ必要がある。 非常に面倒なのだ。 ということで、ドライストレッチスウェットパンツを2着買い、洗濯していても交互にはけるようにしている。

次の