爪が剥がれる。 足の爪がはがれる:医師が考える原因と対処法|症状辞典

爪水虫の薬を塗ったら爪が剥がれたけど大丈夫か?

爪が剥がれる

爪の病気には様々な種類があります。 そして爪の病気になる原因も様々です。 内臓疾患によるものや感染によるもの、先天的なものや後天的なものと幅広いのです。 基本として覚えてもらいたいことは、爪の色の変化の多くは、体調に大きく影響を受けます。 自分でも知らない間に疲れがたまっていたり、どこか体の内部に病気を抱えていたりしたときに、爪に何かしらの症状が出ることがあります。 ここでは、爪の病気の一覧を掲載しています。 自分の症状がどれに当てはまるのかを探してみてください。 1つ忠告としては、先ほども言いましたが、あなたの爪の症状が疲れによるものであったり、貧血等の鉄分不足等が原因であればよいのですが、内臓疾患であったり、感染症であったり内部的要素が原因である場合には、 すぐに専門医の受診を受けてください。 爪の病気の中には、症状がよく似ている病気がありますので、なるべく専門医の意見を仰ぎましょう。 病名 症状 対処法と予防法 爪の根元の表皮が向けてしまっている状態。 キューティクルオイルやハンドクリームを塗る。 または、水分油分を補給し、乾燥状態を避ける。 バランスの良い食事や体調の管理にも気をつける。 爪の縦方向または、横方向に線や溝が入る状態。 大人の爪は、縦方向の線が入るのは普通のこと。 血液の循環が悪い時やしもやけでも縦線ができる。 横線は高熱、妊娠、亜鉛が欠乏時に出る。 他の爪の病気の予備の可能性もあるので痛みが出たり、心配であれば専門医の受診を勧める。 栄養のバランスの良い食事を摂取や全般的な健康の維持。 爪の中央部分がへこみ、先が反ってしまう状態。 職業病、鉄分不足、低色素性貧血、甲状腺機能障害、その他の内科的病気等と合わせて症状が出るため、専門医の受診を勧める。 鉄分不足や貧血に注意する。 爪が薄く白くなり爪先が内側に湾曲してしまう状態。 非常にもろく割れやすくなるため、扱いには充分な注意が必要。 過度なダイエットや薬物、内蔵疾患などが原因と考えられるため、それらを避ける。 爪を噛み過ぎて変形してしまった状態。 爪が伸びるまで付け爪でカバーする。 爪を噛まないようにする。 爪の表面の中央部が肥大化し、盛り上がってしまう状態。 ネイルケアやアートはせずに専門医の受診が必要。 爪の表面が滑らかになる様にパミスパウダーでバッフィングする。 打撲や外傷などで爪の下に血の固まりが起こる状態。 爪が剥れる可能性があるため、扱いに注意が必要。 外傷に気をつける。 傷から化膿菌が入り込み、爪の周囲が赤く腫れ痛み、炎症をおこす状態。 感染症であるため、直ちに専門医の受診が必要。 外傷に気をつける。 または、外傷を負っても傷口を清潔に保ち、化膿を防ぐ。 爪が黄色や白色に変化して爪床(そうしょう)から離れてしまう状態。 洗剤などの化学物質や、菌が原因となる場合がありますので、専門医の受診が必要。 使う洗剤や科学物質に注意。 爪の先端が雲母をはがすように裂けて来る状態。 爪への刺激を避け、爪を短く切り、専用オイル。 クリームなどでの保湿が必要。 乾燥に注意。 またはマニキュア等の刺激を避ける。 Sponsored Link 病名 症状 対処法と予防法 爪が白く見える状態。 点状爪甲白斑・線状爪甲白斑・汎発型爪甲白斑と3タイプに分かれており、それぞれ対処法が異なる。 心配であれば専門医の受診を勧める。 先天的を除き、体調の管理が必要。 爪に縦状の割れ目が入り、裂けてしまったりする状態。 トリートメント剤でケア。 キューティクルリムーバーやネイルカラーリムーバーの使い過ぎに注意。 爪甲が爪床から離れて浮き上がった状態。 爪甲が白色もしくは黄色に変化することがある。 先天性、遺伝性、後天性と様々であり、外因、感染症、薬、皮膚疾患や全身疾患などに伴って生じるため、特定の対処法はナシ。 爪が弱って衰えてしまい、爪の色がにごり、萎縮して剥がれ落ちる状態。 爪切りは使わずエメリーボードで爪を削るようにする。 刺激の強い石鹸、粉石鹸の使用は控える。 刺激の強い石鹸、粉石鹸の使用は控える。 爪の表面に白い斑点などが現れる状態。 新しい爪が作られる際に入った気泡や、打撲などが原因とされる。 爪が伸びるのを待つ。 多くが、爪の表面が白く濁っている状態。 感染症のため特に注意が必要。 専門医の受診が必要。 内服薬、塗り薬を使う。 特に水虫になっている場合には感染する可能性があるので、水虫を治す。 爪の表面が分厚くなり、爪先がフックのように内側に湾曲する状態。 ネイルケアやネイルアートなどの刺激を避け、専門医の受診が必要。 キューティクル(甘皮)が成長しすぎて、爪の表面を覆ってしまう状態。 ホットオイルマニキュアを使用し、プッシャーにてキューティクルを押し上げる。 ネイルエッセンスで柔らかくし、爪を傷つけないよう軽く押し上げる。 また、キューティクルニッパーで少しずつ取り除く。 遺伝の可能性もある。 爪先の両端が皮膚に食い込んで化膿や出血を繰り返す状態。 痛みがひどかったり、化膿している場合には他の感染症にかかる場合もあるので、専門医の受診が必要。 深爪に注意。 爪が長いときに爪甲が靴の両側から押されて先端が湾曲し、爪床の皮膚を挟んだり、食い込んだりする状態。 爪甲の一部を切り取って人工爪(つけ爪)を作り、爪の湾曲を徐々に小さくしていくと効果的。 曲がっている爪を切り、靴は先端の丸いゆったりしたものに替える。 噛み過ぎによる変形• 皮膚に食い込み炎症を起こす• 表面の中央部が肥大化し盛り上がる• 周辺の皮膚や甘皮が乾燥し裂ける• スプーン状に中央部がへこみ先が反る• 表面に縦か横の線が入る• 爪の下に血腫ができる• 発育不全でツヤがなく小さい• 表面が縦に割れたり裂ける• 先端部が裂ける• 浮き上がってくる• 点状、線状、全体的に白く変色• 変色し、先から中心にかけ離れる• 表面が分厚くなり、先がフック状に湾曲• 周囲が感染し腫れあがる• 表面に白い点々が出る• 表面が変色したり変形する水虫• 皮膚に食い込み炎症を起こす• 甘皮が成長しすぎて、表面を覆う• 薄くもろくなり、先がフック状に湾曲.

次の

猫の爪が剥がれる3つの理由、出血していた時の対処法

爪が剥がれる

足の爪が臭い原因は何? 足の親指に詰まったカスを取った事はありませんか? そして、取ったカスにそっと鼻を近づけてみましょう。 クンクンクン・・・・・! どうですか? 臭いでしょ。 という事で、今日はちょっと汚い話で恐縮ですが、 足の爪の臭いの話です。 あの独特な、チーズみたいな臭いの事です。 この足の爪の中のカスって何で臭いんだろう? しかも親指だけ。 他の指は無臭なのに、足の親指だけが臭いんです。 色々調べていくと、足の臭いの原因にもなるそうです。 このカス。 まあ、普段自分の足に鼻を近づける事が無いので、 実際に近くに鼻を近づけたら、 どんな臭いがするのかは知りませんが、 あの親指の爪の間に溜まったカスの正体って何なのだろうか? そして、何故親指だけなんだろうという、 疑問について今日は解説したいと思います。 足の親指の爪のカスが臭いのは何故だ! 爪のカスの正体は何だ! という事でまず、あの足の親指の爪の間に挟まっているカスの正体ですが、 結論を先に言うと、垢(アカ)だそうです。 垢とは、新陳代謝によって剥がれ落ちた古い角質や、 分泌された汗や皮脂の事です。 それが、足の爪の間に挟まって、 くさい臭いを放っていたという事なんですね。 しかし、不思議なのは、何故足の爪だけ臭いのかという事です。 いや、足の爪ではなく、足の親指の爪のみ臭いと言っても過言では無い。 もっと言うならば、 足の爪の親指の端っこの方の垢だけが臭いのです。 私は、足の親指の爪の垢を取ってみて、臭ってみた。 垢の色は白っぽい色。 「うわっ!クサッ!」 よく見ると、親指の真ん中には、垢が付いてない。 他の指で爪が伸びている、指の垢が取れるかやってみた。 かなり、少ないが、垢みたいなのが、取れた。 臭ってみたが、臭く無い。 親指を他の指も、同じ様に靴を履いて、 足が蒸れる時間は平等のはずです。 それが、親指だけ何故! 謎が深まる。 足の親指は何かくさい臭いを分泌する機能でもあるのでしょうか? 臭いの秘密は親指の形状にあった 更に調べてみると、臭いの原因は親指の形にありました。 足の親指の爪は他の指の爪と比べて、湾曲しています。 他の指の爪は、平べったいですね。 親指の両サイドの爪はカーブしています。 ここに、あの垢が閉じ込められるのです。 そして、ずっと密閉状態になり、 あの香ばしい臭いが出来上がるのです。 (スポンサーリンク) 足の爪の垢は色々な臭いが混じっている 私は、最近家で仕事をしているので、余り外に出ない。 家にいる時は、ほとんど裸足で過ごしている。 サラリーマン時代の様に、革靴を履いて、外を歩き回る事もない。 しかし、さっき足の爪の垢を取って臭ってみたら、臭かった。 その臭いは、ちょっと、酸っぱい感じの臭いがしました。 以前臭った時とは違う臭いだった。 普段靴を履かない人でも、足の親指の爪のにおいは臭いという事です。 おそらく今日の臭いがベースになっていて、そこにプラスして、 靴の中で汗や革靴の臭いや、靴下の繊維なども、 爪の間に入り込んで、様々な臭いがブレンドされて、 足の爪の臭いが出来上がっていると思います。 足の爪の垢は、靴を履かなくても臭い。 しかし、靴を履いて、足を蒸らす事によって、 更に臭さがレベルアップするという事です。 足の爪のチーズ臭を発生させない方法 足の爪の垢の臭いを発生させない方法は、とても簡単です。 それは、足の爪を伸ばさない事です。 あの爪の形状が原因なのだから、あの爪の形にならない様に爪を切るしか、 完全に防ぐ方法はありません。 どうしても、人間は生きている以上、 新陳代謝を繰り返しているので、垢はどうしても出てしまいます。 足の爪の垢を取る事が好きな人も 足の爪の臭いについて、調べてみると、 その爪の垢を取るのを楽しみにしている人もいるそうです。 自分の爪の垢を取って、その臭いを嗅ぐ。 そして、「うわっ!クサッ」 と言って、くさい臭いを嗅ぐのを楽しみにしているそうです。 これは、足の爪の臭いを嗅いで、自分の存在感を確認するという、 動物の心理だそうです。 自分の臭いを嗅いで、安心感を満たす効果があるそうです。 この行為は、足の爪の臭いだけではなく、 自分が脱いだ靴下の臭いを嗅いだり、歯の歯垢を取って臭ったり、 自分の脇の下の臭いを嗅いだりする人もいるそうです。 足の爪の垢をごっそり取るには 爪を切る以外の方法としては、 常に綺麗に掃除をして、清潔に爪の間を保っておくというのも、一つの対策です。 足の爪の垢を取るには、このアイテムがおすすめです。 これが、いいのです。 しかも、細いから、隙間に入っていきます。 これを親指の端の爪の間に入れて、 中から外に向かってガリガリ掻くと、 爪の間の垢がごっそりとかき出す事ができます。 お風呂で綺麗に足を洗って、足の皮が柔らかかくなってから、 これを使います。 (スポンサーリンク) おすすめ記事 おすすめ記事: おすすめ記事: おすすめ記事: カテゴリー•

次の

爪の病気の一覧を画像で見る

爪が剥がれる

2007年 山梨大学医学部卒業 国際医療センター国府台病院で初期研修の後、日本医科大学麻酔科学講座に入局 2011年 皮膚科、美容皮膚科に転科し現在はGINZA Zen 禅クリニック院長に至る 患者さんの小さなお悩みにも全力で取り組み、信頼ある情報の提供を心がけている。 爪を挟んだり突き指をしたりといった衝撃で、爪が内出血を起こすことがあります。 この記事では爪が内出血しているときの応急処置と、剥がれそうなときの対処法や病院での治療法を紹介します。 爪の内出血ってどういう状態? 爪の内出血は「爪下血腫(そうかけっしゅ)」とも呼ばれ、爪の内側が黒くなるため視覚的にも気になるものです。 骨折がなければ自然に治るのを待つだけですが、完治を待っている間に爪が剥がれていくケースもあるため、適切な処置が必要です。 爪の内出血は治る? 爪が剥がれたり傷んだりしても、爪甲は再生します。 しかし、爪を作る組織である『爪母』がダメージを受けた場合は、再生が難しくなるケースもあるため注意が必要です。 特に通常ピンク色である根元部分が 黒色に変色していたり、内出血を起こしたりしている場合は、爪母を負傷している可能性が高いです。 必ず病院で適切な処置を受けましょう。 爪が内出血を起こしたときはどうすればいい? 1. 内出血の応急処置 まずは消毒を 爪が内出血を起こしているときは、細菌感染や悪化を防ぐために 爪と周りの皮膚を消毒しましょう。 絆創膏で保護 外部からの刺激を減らすために、絆創膏などを貼って患部を保護しましょう。 冷やす 内出血を起こした直後であれば、 冷やすことで出血を抑えられます。 熱を持っていたり腫れていたりする場合も、冷やすと炎症を抑えられるでしょう。 患部は心臓より高い位置へ 患部を心臓より高い位置に上げることで、指先に血液が流れ込むのを抑えられます。 これによって痛みだけでなく、内出血や腫れの軽減にもつながります。 なるべく動かさない 内出血のある部分は炎症を起こしている状態なので、安静にしてなるべく動かさないようにしましょう。 痛みがあるなら鎮痛剤を 痛みがある場合は、市販の鎮痛剤を使用しても良いでしょう。 ただし服用しても痛みが治まらなければ、早めに病院を受診してください。 爪が剥がれそうなときの対処法 無理に剥がさない 爪が剥がれると足の場合は力が入らなくなったり、手の場合は物をつまむ動きに困難が生じたりします。 そのため無理に剥がさないようにしましょう。 消毒をする 剥がれてきた場合は消毒を行い、ガーゼなどで固定してすぐに病院へ行きます。 すぐに受診するのが難しい場合は、病院に行くまでの間、 絆創膏などで固定し傷口を清潔に保ちましょう。 爪が伸びてくるのを待つ 爪母を負傷していないのであれば、傷口を清潔に保ったまま新しい爪が生えてくるのを待ちましょう。 悪化させないことが大切です。 爪の治療について 1. こんな症状があれば病院へ 軽い内出血であれば病院へ行く必要はありませんが、次のような場合は病院を受診した方が安心です。 ・内出血が広範囲に広がっている• ・指の骨に異常がある• ・爪の根元を負傷している• ・ひどい痛みがなかなか改善しない 原因がなく爪が剥がれた場合も病院へ 爪が剥がれた時は、その原因が内出血などとはっきりわかっていれば問題ありません。 しかし原因もなくいきなり爪が剥がれた場合は、下記のようなことが原因として考えられるので病院を受診しましょう。 ・感染症• ・内臓にかかわる病気• ・アトピー性皮膚炎• ・腸の炎症• ・栄養不足• ・肺の病気、先天的な疾患(爪が青や紫色の場合)• ・悪性の貧血、心臓の病気(爪が黒っぽい紫色の場合) 2. 治療方法 痛みがひどかったり、大きな血腫が爪を圧迫していたりする場合は血腫を抜くことがあります。 特に 爪の根元にできる血腫は再生に影響するため、爪がきれいに生え変わらなくなる可能性があります。 自己判断で血腫を取り除こうとせず、きちんと病院で治療を受けましょう。 治療期間はどれくらい? 治療期間は 爪が完全に生え変わるまでとなります。 症状によっても異なりますが、数ヵ月で治癒すると思って良いでしょう。 また、血種を取り除くか自然治癒にまかせるかによっても治療期間は異なります。 まとめ 爪が内出血を起こしたときはその範囲がどのくらいか、爪の根元に炎症が起きていないかを注意して観察しましょう。 痛みがひどい場合や爪母を負傷している場合は、早めに病院を受診してください。 内出血が爪の再生に影響しないよう、きちんと対処することが大切です。

次の