転生悪女の黒歴史 15。 転生悪女の黒歴史【電子限定描き下ろし付き】 3巻

転生悪女の黒歴史1巻を完全無料で読める?zip・rar・漫画村の代役発見!?

転生悪女の黒歴史 15

転生悪女の黒歴史は佐藤コノハ先生の漫画でララにて連載中です。 今回は15話のネタバレを書いていきます。 『転生悪女の黒歴史』の前回(14話)のあらすじは・・・ 保養地で、美少年・カグラに助けを求められ、エルフ族の青年・シュクナの傷を手当てしたイアナとコノハ。 シュクナが村に帰る日、カグラはこっそりついて行こうとするが、人間は決して入ることは許されない地である事を教え、カグラは納得する。 その時イアナは、過去自分が書いた物語の中に吸血鬼事件があったことを思い出す。 コノハの聖女としての力の覚醒具合からして、まだ発生には早すぎる事件だが、どこか似ており、胸騒ぎを覚えたイアナ。 夜にこっそりエルフの村へ行き、未来に起きる事件をそもそも起きないようにしようと考える。 1人抜け出したイアナに気付いたソルが自分も連れて行って欲しいと言う。 さらにヨミも来ると言い出し、3人で向かうことになるが…!? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 ソルから疑惑の目を向けられないよう、極力誤魔化し、疑われる行動は避けようとするイアナだが、エルフの里への入り方を何故知っていたのかなど、ソルからの疑問が降りかかる。 ヨミはそんな状況を見ながら、ソルが邪魔なら消すと提案し始める。 焦ったイアナはとっさに悪女演技。 ソルとヨミの組み合わせは物語ではあり得ないから、どう転ぶか自分でも分からず、目を光らせるイアナ。 ソルはイアナとヨミの2人きりの空気に複雑な想いを巡らせるが、イアナはその想いに気付かない。 大量の血痕で汚れている吸血鬼の石室 墓地を通り、地下の石室へと入っていく。 強靭な肉体と長い寿命を持ち、色香と牙で他の種族を蹂躙する、吸血鬼の石室…。 その中は、大量の血痕で汚れていた。 争った形跡はなく、まるで血を撒き散らしたかのような。 イアナは一歩一歩、吸血鬼の棺に近づいた。 …大丈夫。 事件自体、まだ先の話だし。 この事件は吸血鬼を封印する杭が長い年月で緩まり、外れたことから始まるから。 今、緩み始めてる杭を確認して…それから、もう一度きっちり打ち込んで緩みを直せば、事件そのものを食い止める事も出来る。 ただ、それだけ…の、はず…。 イアナは目を見張った。 棺は開いており中は空っぽで、杭は抜け落ちている。 とっさに杭を手に走り出した。 ソルが追いかけ、手を取る。 今はソルに話してるヒマはない。 とにかく行かないと! その時、ヨミがソルを引き離し押さえつけた。 剥き出しの敵意を隠そうともせず『イアナを知ろうとするな』と睨みつける。 イアナは居住区に着いた。 だが誰もいない。 まさか吸血鬼に…!? ふと声をかけられ、まだ無事と思い、ホッとしたのも束の間、振り向くとそこには大勢の吸血鬼が血を欲してイアナに向かってきた。 1人じゃないとイアナにヨミが手を差し伸べる 下っ端の吸血鬼は本能に従ってるだけで強くはない。 私1人でもやれる…! その時。 『イアナお姉ちゃん!!助けて!!』 悲痛に叫ぶ声に振り返ると、そこには涙目のカグラ。 里に入って来ちゃったの!?どうやって…でも今はそれどころじゃない。 守らなきゃ! 私が、何とかしなきゃ…!!カグラを背中に隠し、迫り来る吸血鬼に押されながらも持ち堪えようと必死に対抗するイアナ。 瞬間、光が走り目の前の吸血鬼を攻撃して、彼は後ろへと飛んだ。 いつのまにか隣にヨミがいる。 周りの吸血鬼たちはソルが倒していた。 カグラの無事を確かめ、抱きしめるイアナ。 ホッとした途端に、イアナの膝が震える。 体が思ったより動かなかった。 今まで上手くいってたから、さっきもどうにかなると思ってた。 でも…… 膝の震えがおさまらず、立てないイアナにヨミが手を差し伸べて言う。 「…ほら、1人じゃないんだから」 …そうだ。 私にできる事は物語の先を読む事だけで、1人で何でも出来るほど万能じゃない。 ヨミの手を取り、立ち上がるイアナだが、またカクっとバランスを崩す。 それを支えたのは、ソルだった。 イアナは予測した事として、エルフ族が吸血鬼に襲われたであろう事や棺から蘇った吸血鬼そのものを倒さないとエルフ族を救えない事、放っておけば人里やコノハ達にも危害が及ぶ可能性を説明し、自分1人では救えないと悟って、ヨミとソルに手伝って欲しいと頼んだ。 2人は快く引き受けてくれた。 吸血鬼の力は強大。 物語とは違うキャラクターでどれだけ対抗できるか…。 けど、大丈夫! 私は今、1人じゃないから! 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

『転生悪女の黒歴史』4巻

転生悪女の黒歴史 15

転生悪女の黒歴史は佐藤コノハ先生の漫画でララにて連載中です。 今回は15話のネタバレを書いていきます。 『転生悪女の黒歴史』の前回(14話)のあらすじは・・・ 保養地で、美少年・カグラに助けを求められ、エルフ族の青年・シュクナの傷を手当てしたイアナとコノハ。 シュクナが村に帰る日、カグラはこっそりついて行こうとするが、人間は決して入ることは許されない地である事を教え、カグラは納得する。 その時イアナは、過去自分が書いた物語の中に吸血鬼事件があったことを思い出す。 コノハの聖女としての力の覚醒具合からして、まだ発生には早すぎる事件だが、どこか似ており、胸騒ぎを覚えたイアナ。 夜にこっそりエルフの村へ行き、未来に起きる事件をそもそも起きないようにしようと考える。 1人抜け出したイアナに気付いたソルが自分も連れて行って欲しいと言う。 さらにヨミも来ると言い出し、3人で向かうことになるが…!? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 ソルから疑惑の目を向けられないよう、極力誤魔化し、疑われる行動は避けようとするイアナだが、エルフの里への入り方を何故知っていたのかなど、ソルからの疑問が降りかかる。 ヨミはそんな状況を見ながら、ソルが邪魔なら消すと提案し始める。 焦ったイアナはとっさに悪女演技。 ソルとヨミの組み合わせは物語ではあり得ないから、どう転ぶか自分でも分からず、目を光らせるイアナ。 ソルはイアナとヨミの2人きりの空気に複雑な想いを巡らせるが、イアナはその想いに気付かない。 大量の血痕で汚れている吸血鬼の石室 墓地を通り、地下の石室へと入っていく。 強靭な肉体と長い寿命を持ち、色香と牙で他の種族を蹂躙する、吸血鬼の石室…。 その中は、大量の血痕で汚れていた。 争った形跡はなく、まるで血を撒き散らしたかのような。 イアナは一歩一歩、吸血鬼の棺に近づいた。 …大丈夫。 事件自体、まだ先の話だし。 この事件は吸血鬼を封印する杭が長い年月で緩まり、外れたことから始まるから。 今、緩み始めてる杭を確認して…それから、もう一度きっちり打ち込んで緩みを直せば、事件そのものを食い止める事も出来る。 ただ、それだけ…の、はず…。 イアナは目を見張った。 棺は開いており中は空っぽで、杭は抜け落ちている。 とっさに杭を手に走り出した。 ソルが追いかけ、手を取る。 今はソルに話してるヒマはない。 とにかく行かないと! その時、ヨミがソルを引き離し押さえつけた。 剥き出しの敵意を隠そうともせず『イアナを知ろうとするな』と睨みつける。 イアナは居住区に着いた。 だが誰もいない。 まさか吸血鬼に…!? ふと声をかけられ、まだ無事と思い、ホッとしたのも束の間、振り向くとそこには大勢の吸血鬼が血を欲してイアナに向かってきた。 1人じゃないとイアナにヨミが手を差し伸べる 下っ端の吸血鬼は本能に従ってるだけで強くはない。 私1人でもやれる…! その時。 『イアナお姉ちゃん!!助けて!!』 悲痛に叫ぶ声に振り返ると、そこには涙目のカグラ。 里に入って来ちゃったの!?どうやって…でも今はそれどころじゃない。 守らなきゃ! 私が、何とかしなきゃ…!!カグラを背中に隠し、迫り来る吸血鬼に押されながらも持ち堪えようと必死に対抗するイアナ。 瞬間、光が走り目の前の吸血鬼を攻撃して、彼は後ろへと飛んだ。 いつのまにか隣にヨミがいる。 周りの吸血鬼たちはソルが倒していた。 カグラの無事を確かめ、抱きしめるイアナ。 ホッとした途端に、イアナの膝が震える。 体が思ったより動かなかった。 今まで上手くいってたから、さっきもどうにかなると思ってた。 でも…… 膝の震えがおさまらず、立てないイアナにヨミが手を差し伸べて言う。 「…ほら、1人じゃないんだから」 …そうだ。 私にできる事は物語の先を読む事だけで、1人で何でも出来るほど万能じゃない。 ヨミの手を取り、立ち上がるイアナだが、またカクっとバランスを崩す。 それを支えたのは、ソルだった。 イアナは予測した事として、エルフ族が吸血鬼に襲われたであろう事や棺から蘇った吸血鬼そのものを倒さないとエルフ族を救えない事、放っておけば人里やコノハ達にも危害が及ぶ可能性を説明し、自分1人では救えないと悟って、ヨミとソルに手伝って欲しいと頼んだ。 2人は快く引き受けてくれた。 吸血鬼の力は強大。 物語とは違うキャラクターでどれだけ対抗できるか…。 けど、大丈夫! 私は今、1人じゃないから! 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

『転生悪女の黒歴史』最新話のネタバレ【10話】メノアが!?

転生悪女の黒歴史 15

転生悪女の黒歴史最新話までまとめてご紹介します! 「転生悪女の黒歴史」のあらすじをザックリご紹介。 一部ネタバレが含まれますので、ご注意を! 主人公は事故にあってしまいます・・そしてある人物に転生してしまうのですが。 主人公のコノハは、自分の名前を付けた美しい主人公が登場する恋と魔法の冒険ファンタジーを作っていました。 しかも物語を作っていた時の中学生のコノハは、いつか自分は異世界に召喚されるという思い込みをしていたのです。 物語を作るのは将来の為の予行練習で、必要なのは勉強ではない! 異世界に行った時に両親がビックリしてしまわないように、手紙まで用意していたのです。 転生悪女の黒歴史の登場人物紹介 転生悪女の黒歴史に登場する主な人物をご紹介します。 佐藤コノハ 物語の作者で、これはコノハが中学生の時にいつか自分は異世界に行くだろうと思い込んだ末に練習として作っていた物でした。 いつしか異世界に召喚されるという気持ちを忘れて社会人となって実家も出て働いていました。 コノハ・マグノリア 魔法王国に住む主人公で、中学時代に自分の転生後を思い描いて作った人物。 美人で優しく、多くの人に愛されるキャラクターなのです。 コノハはイアナの婚約者候補の男と恋に落ちる事に・・ イアナ・マグノリア 物語の主人公コノハの妹で、根っからの悪女。 激しい性格で姉や周囲に嫉妬して騒ぐようなタイプ。 そして何時しか姉の命をも狙う様になったのですが・・予定外に作者であるコノハは、この悪女・イアナに転生してしまったのです! まさかの悪役への転生に戸惑う主人公は、昔に自分が書いた物語を思い出しながら悪女イアナとして物語の中を生きる事になったのです。

次の