井口 達。 伊藤沙莉&King Gnu・井口理ら、山崎賢人『劇場』を彩る夢追い人たちに注目 /2020年3月28日 1ページ目

キングヌー井口理の極貧時代が強烈!家族の母・兄もキャラ濃いめだったw

井口 達

生年月日:1993年10月5日• 年齢:26歳• 出身:長野県伊那市• 身長:約180cm• 血液型:AB型• 担当:ボーカル、キーボード• 学歴:• 長野県伊那弥生ヶ丘高等学校 卒業• 東京藝術大学 音楽学部声楽科 卒業 King Gnuの中ではムードメーカー的存在の井口理さん。 King Gnuメンバー 常田大希さん(ギター、ボーカル)と幼馴染 中学時代は2人とも同じ合唱部に所属していて、• NHK全国学校音楽コンクールの全国大会に出場し、優良賞を受賞 したという経歴も。 ちなみに、2人とも、実技では超難関と言われる東京藝術大学出身。 なのですが・・・幼馴染とは言え、もともと特別仲が良かったというわけではなかったそうです。 にも関わらず、どうしてKing Gnuとして一緒に活動することになったのでしょうか?きっかけは、東京藝術大学の学園祭で、• モッフル屋の店長をしていた井口理さんが、客引きの為に歌を歌っていたところ、すでに中退していた常田大希さんも学園祭に来ていて、奇跡的に再会 その際に、常田大希さんからレコーディングに誘われたことがきっかけで、Srv. Vinci(King Gnuの前のバンド名)のメンバーとなりました。 大学時代、井口理さんは、• やりたいことがたくさんあって、声楽には向いていないと感じたこともあった そうですから、そのタイミングでの常田大希さんからのお誘いがあったことで、さらに井口理さんにとっての音楽の道は大きく拓けたと言えそうですね。 今、King Gnuで2人の歌声を聴けていることが、本当にすごいことなのだと感じます。 井口理さんは4人兄弟の末っ子だったそうですが、• ご両親は米農家で、お兄さんは声楽家の井口達さん とのことです。 ちなみにお母様はとっても厳しい方だったみたいですね。 お兄さんも音楽をされており、幼い頃から井口理さんが音楽の道を志すきっかけにもなったみたいですね。 ちなみに、井口理さんも大学で声楽を専攻しており、テノールを担当していました。 歌唱力にも納得ですよね。 井口理さんの• 最も好きなアーティストは、七尾旅人さん で、その他にも両親の影響から• チューリップ、オフコース、井上陽水、布施明、尾崎紀世彦、ポルノグラフィティ なども聴いていたそうです。 フォークソングが多いですね。 最近はテレビ出演も増えたKing Gnu。 Mステ初登場シーンで井口理さんは、• 全身を振り乱しながら階段を駆け下り、演奏中にも変顔をする などの奇行ともとれるパフォーマンスを披露。 SNS上でかなり話題になりました。 メンバーはいたって普通に演奏していることからも、調和のとれた仲の良さも伝わってきますよね。 大学時代から俳優としても活躍 しているのです!舞台などに多数出演し、2019年には• 短編映画『ヴィニルと烏』にも出演 されているそうです。 King GnuのMVにも出演していて、すでにファンの間では「演技がかなり上手!」と定評があるみたいです。 今後は俳優としても活躍の幅を広げていく可能性が高いですね!.

次の

【KingGnu:井口理】出身、身長、血液型、年齢などプロフィールは?高校ではイケメンだった!|Music Colors

井口 達

来月6月1日 午後6:30より 長野県伊那文化会館 小ホールにて、伊那市出身のが、バリトンリサイタルを開催します。 ドイツで学ばれながら各地でコンサートなど行っておりこの春大学卒業の様子。 私、オペラに触れる事のない生活をしておりますが、こんな身近な機会はないと思いチケットをとりました。 井口 達さんは、King Gnu(キングヌー)の常田大希さんのお兄さんなんですね。 King Gnu、、、私、最近知ったのですが、、、 Wikipediaによると、2017年に常田大希さんを中心に結成のミクスチャーロックバンド。 TV番組ミュージックステーションに出演したり、今年はじめからのドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌を担当しご存知の方も多いのでしょうか。 私は、あまりTVを見ないので全然知りませんでした。 バンドのリーダー兼プロデューサーの常田大希さんは伊那市出身、伊那北高等学校卒。 ボーカルの井口 理さんも伊那市出身、伊那弥生ヶ丘高等学校卒。 地元出身ということで、社内に密かに熱烈に応援しているファンもいます。 King Gnu のミュージックビデオを制作している(ペリメトロン)は、常田大希さんが立ち上げたクリエイティブ集団。 世界から見た東京の音をテーマに、3Dビジュアルを用いた映像演出、サラウンドを駆使した音響演出などを予定しているそうです。 私ではわからない世界ですが、伊那市出身の方が、世界で活躍することを誇りに思います。 ご興味有りましたら、常田大希による新プロジェクト「millennium parade(ミレニアムパレード)」の処女作となる「」のミュージックビデオもご覧になってくださいませ。

次の

伊那市出身の井口 達さん バリトンリサイタル開催♪ 長野伊那でリフォームをするNCCプラスデコのブログ

井口 達

井口達也の昔の写真(狛江愚連隊時代)が怖い! 狛江愚連隊って単語がさっき出てきてたけど、その時の時代の写真を発見した。 ちょっと分かりにくいけど、井口達也は真ん中の下に映ってる。 この位置で写真を撮られてるって事は、まさにグループの中心人物だという事が分かる。 そんな井口がどんな人物だったのか調べてみるとかなりイカレタ人間だった事が分かる。 まず、三度の飯よりも喧嘩が好きって事。 いや、この使い方は始めてです。 そんな事をいうぐらいだからどんな喧嘩をしてきたのか調べてみるとマジで残虐です。 普通にバットで相手をやっちゃうこともあったんだとか。 昭和の喧嘩って今と比べると荒いわよね。 井口は小学校3年生の時に喧嘩をするようになって、そしてバイクを乗り回すようになった。 という事は、恐らくだけどバイクをパクっていたという事だと思う。 そして仲間を集め、暴走族を作った。 で、歳を重ねるうちにバイクじゃ物足りなくなり、親の車を乗るようになった。 親からしたら迷惑極まりない行為よね。 しかも、しかもよ?この車で相手の暴走族に突っ込んでるらしい。 で、勿論廃車。 ヤバすぎる。 それも中学生の時よ。 今時の中学生でこんな事をする子は聞いた事がない。 まだ話の序盤だけど井口が伝説扱いされる意味が分かるわね? 井口と言えば父親とのやり取りが有名なんだけど、父親もかなりぶっ飛んでるらしい。 普通に井口をバットでやっちゃったりしてるらしいからね。 それで井口はろっ骨と腕の骨を折った事もあるらしいんだから。 井口の自宅は団地で、小さかったみたいなんだけど、よくそこがたまり場になってた。 で、そこで仲間たちと井口が一緒にタバコを吸っていたみたいなんだけど、それに関しては父親は何も言わなかったみたい。 バットでシバクのに言わないんだって感じよね。 でも、灰を飛ばしたらめっちゃ怒るんだって。 意味が分からないよね。 それなら初めから吸うなって言わなくちゃって思う訳だけど。 そんなぶっ飛んだ父親は井口の仲間を殴る事もあり、そして井口自身とも殴り合いの喧嘩をする事があったんだって。 井口が喧嘩好きだったのは、父親の影響かも知れないわね。 井口達也の本名は井上達也らしい! そうそう、井口が関東連合と繋がってるという情報で、『井上』っていう苗字が出てきてたよね?実はそれが井口の本名みたい。 これは本当よ。 漫画では名前を少し変えてるって情報があったからね。 という事は、井上達也という事になろうかと思うわ。 噂によると、彼が若い頃は歯が無く、それはシン〇ーのやり過ぎだったらしい。 これが本当かは分からないけど、まあ、やってても何ら驚かない。 井口達也と芸人の品川佑は同級生で仲良し! 芸人の品川祐って知ってる?知らない人は居ないよね。 実は品川は若い頃超絶ヤンキーだったらしいんだけど、井口達也と同級生だったらしい。 品川は当時井口にビビっていたのかというと、そうでもなかったらしい。 何故なら井口が品川の事を 「カチンとすることを普通に言ってくる」と発言してるからね。 品川は昔から口が達者だったみたい。 ヤンキー時代にはミスチルの桜井以外のメンバーと揉めたとの話もあって、いちいちめんどくさかったことが分かる。 そんな二人は今でも仲が良く、たまに飲みに行ったりするらしいわ。 そんな関係だから品川は『ドロップ』って作品を作り、監督として関わったのよ。 井口達也の漫画が実話なのか調査! 井口達也が登場する作品があまりにもヤンチャすぎるから、実話なのか疑っている人が沢山いる。 だからそれが本当なのか調べてみた。 で簡単に結論をまとめた。 チキンは実話じゃない。 ドロップは途中までは実話。 アウトは実話。 キャラクターはオリジナルらしい。 品川曰く、あまりにも出来過ぎてると思われるから抑えて書いたらしい。 って事は、井口達也はもっとヤバい人間って事?!彼が伝説の不良だと言われる意味が分かった。 まとめ。 井口達也 、いや井上達也の若い頃を話した。 彼は東京の狛江市出身で『狛江の狂犬』と恐れられた筋金入りのヤンキーだった事が分かった。 その地域で育ったからか、関東連合の関係者と噂される事もあるけど、実際はそうではない。 でも、そのグループの人間とは繋がってたらしい。 あの有名な見立真一とか知ってるのかしら?そこまでの情報は無いけど、彼は伝説の不良だと言われてたから多分名前は知れ渡ってたと思う。 品川祐曰く、井口達也の作品は抑えて書いてたって言ってるから実際はもっとヤバい人間だったのかもしれない。

次の