ブロッコリー。 ブロッコリー

(株)ブロッコリー【2706】:株式/株価

ブロッコリー

春植えは害虫被害に遭いやすくトウ立ちしやすいので、家庭菜園の初心者の方は夏以降に植えて秋に収穫するものが育てやすく収穫までたどり着きやすいのでお勧めです。 植える株数が少ない時はブロッコリーの幼苗をホームセンターなどで購入して育てると簡単に育てられます。 ブロッコリーには害虫(アオムシ類)が多く発生しますので防虫対策をしっかりと行えば上手く育てられます。 ブロッコリーの植え付け・収穫時期カレンダー ブロッコリーの植付時期は3月下旬と8月下旬 収穫までは約2か月です。 ブロッコリーを上手に育てるコツ!• 収穫が早い「早生緑(わせみどり)」「シャスター」「緑嶺(りょくれい)」がおススメ。• 連作障害がありますので1年間は同じ場所に作付けしないよう注意する。• 春植えの場合は虫害に注意。 アオムシ(モンシロチョウの幼虫)などは早期に駆除しましょう。 ネット掛けも有効です。• 元肥追肥をしっかりと行う事が大きな花蕾を実らせるコツ。 茎を太く丈夫に育てるようにしましょう。 ブロッコリーの良い苗の選び方 苗は本葉が4~6枚付いたもので茎が太くてしっかりしたもの、色は緑が濃く害虫に被害を受けていないものを選ぶようにしましょう。 種から植える時はポリポットに種を5~6粒ほど蒔き発芽したら3本に間引きます。 その後、本葉2枚で2本に、3~4枚で1本に間引きします。 ブロッコリー栽培に適したプランターと土作り ブロッコリーを栽培するときのプランターサイズは標準タイプ(60㎝程度)以上のものを利用して育てましょう。 1株だけ植えるなら、大型で深型の植木鉢でも栽培することが可能です。 プランターに入れる用土の量は、ウォータースペースを残して、鉢の縁から3~5㎝程度にしておきます。 ブロッコリーは定植又は種を植える約2週間前には土づくりを完了させておきましょう。 ブロッコリーの苗の植え付け方 ポリポットの大きさの植え穴を空けて根鉢を壊さないようにポットから取り出して、プランターで育てる場合は20㎝以上の株間を確保して植え付けます。 露地に植える場合は40以上の株間を取って植えてやりましょ う。 植え付けた後は用土を軽く根の周りに被せて手で軽く押さえます。 ブロッコリーの幼苗時期は害虫の被害を受けやすいので、寒冷紗や不織布を施しておくといいでしょう。 ブロッコリーを植え付けるときは無風の日を選ぶのがコツ。 風の強い日だと苗が倒れてしまうことがありますので、苗が小さい時は仮支柱を苗を挟むように2本立ててやり苗が倒れないようにしてやりましょう。 ブロッコリーの水やり頻度と与える量 ブロッコリーを植え付けた後はたっぷりと水やりをします。 その後は土の表面が乾いた時にたっぷりとやる程度で構いません。 湿度には弱い野菜ですのでやりすぎないように注意して下さい。 追肥の頻度と量(肥料を与えるタイミング) ブロッコリーは植え付けてから2週間~3週間後に1回目の追肥を行います。 プランター栽培の場合は化成肥料を10g周辺の用土に混ぜて株もとに寄せて与えます。 その後は2週間~3週間に1回、1回目と同じ量を花蕾が出来るまで与えるようにしましょう。 液肥を与える時は1週間に1回程度水やりを兼ねて与えるようにします。 それ以降は20日おきに同量与えてやりましょう。 花蕾が出来たら最後の追肥を行います。 化成肥料を10g株から離れたところに撒き新しい用土に混ぜ土寄せを行います。 ブロッコリーの収穫時期(収穫のタイミング) ブロッコリーは花蕾の大きさが10~15㎝になった時が収穫の目安です。 花蕾の下10㎝のあたりをハサミかナイフを使って切り取って収穫しましょう。 花蕾は短期間で一気に成長するので収穫適期を逃さないように。 大きく育てようとして収穫適期を逃すと、つぼみとつぼみの間に隙間が出来て形が崩れしまって食味がぐんと落ちてしまいます。 収穫する際は切り口が太陽の方を向くように斜めに切り落としてください。 水平に切ると雨水がたまり腐敗や病気の原因になってしまいます。 側花蕾を収穫できる品種は頂花蕾を収穫した後に忘れずに液肥を施しておくようにしましょう。 側花蕾は直径が3~5㎝(ゴルフボール大)になったら収穫出来ます。 ブロッコリー栽培のまとめと病気・害虫対策 ブロッコリーを上手に育てるコツは追肥の量とタイミングです。 元肥は植え付ける前にしっかりと行い、追肥を適期に適量必ず与えましょう。 花蕾が実る前にどれだけ茎を大きく太く育てられるかが大きな実を収穫できるかのポイントになります。 ブロッコリーの生育初期で幼葉が柔らかい時には虫害に良く遭います。 アブラムシ、ヨトウムシ、アオムシ、コナガなどアブラナ科の植物を好む害虫がすぐに集まります。 見つけ次第除去しないと一晩で苗が全滅するなんてことも。 害虫被害に遭ってしまい黄色く変色した葉は、早めに取り除いて病気の蔓延を防ぎましょう。 ブロッコリーに発生しやすい病気は、降雨が多い時期は軟腐病と黒腐病が発生しやすくなります。 特にプランターで栽培する時は、鉢底に鉢底石などを敷き詰めて排水をしっかりとおこなう様にしましょう。

次の

ブロッコリーのゆで方/ゆで時間のまとめ:白ごはん.com

ブロッコリー

ブロッコリーは花のつぼみを食べる野菜 アブラナ科のブロッコリーは、花のつぼみと茎の部分を食べる植物です。 カロテンや鉄、カルシウムなどが豊富に含まれ、栄養価が高い野菜として知られています。 実は、栄養価が高いだけでなく生命力も高く、買ってきたブロッコリーをしばらく置きっぱなしにしておいたら黄色い花が咲いてしまったという経験をされた方もいるのではないでしょうか? 秋から冬にかけて育てるブロッコリーは、中心の花茎を切り取ってもわき芽が次々と大きくなり、長く収穫を楽しむことができます。 また、早春まで株を残しておくと、菜の花によく似たつぼみができます。 その部分を、おひたしなどにして食べることもでき、季節の変化とともに、異なる味わいを楽しませてくれる野菜です。 ブロッコリーの育て方・栽培スケジュール 春まきは、害虫の被害に注意が必要です。 早春に種をまいて夏に収穫する方法(春まき)と、夏の終わりに種を撒き、冬に収穫する方法(秋まき)があります。 春まき栽培は、害虫が活発に活動している時期と重なり、防虫対策が大変なので、家庭菜園で行う場合は、秋まきがおすすめです。 ブロッコリーの植え付け方法・栽培に準備するもの 9月を過ぎると、ホームセンターなどで苗が売られているのを見かけるようになりますが、ブロッコリーは、比較的発芽率が高いので、畑をお持ちの方なら、初心者の方でも、種からはじめてみてはいかがでしょうか? 種を苗床にまいて、あらかじめ苗を育てておき、それを畑に移植するという方法もありますが、苗床の管理や、移植の煩わしさを考えると、畑に直に撒いてしまう方法がおすすめです。 畝を2本作る場合は、畝と畝の間隔を30cm空けるようにします。 種は、葉物野菜のように、筋状にまくのではなく、30cm程度の間隔を空けながら、3~4粒ずつまき、軽く土をかぶせておきます。 プランターで栽培する場合は、苗からはじめる方が無難です。 幅70cm程度のプランターでしたら、株間を40cm程度空けて、2ポット植えつけます。 ブロッコリー栽培時の手入れのポイント プランターを寒冷紗で覆う 畑で芽が出はじめたら、早目に間引きし、30cmおきに株となるよう調整します。 よく、「かわいそう」とか、「もったいない」などといって、間引きをしない方がいますが、ここで間引きをしておかないと、後々、しっかりとした株に育ってくれません。 最近、ブロッコリーのスプラウトといって、ブロッコリーの種をカイワレ大根のように発芽させたものが売られていますね? このスプラウトと同様、間引いた苗は、サラダなどにして食べることができます。 間引きは、本葉が5枚出揃うまでに終えておきましょう。 9月から10月頃は、まだまだ害虫の被害に遭いやすい季節です。 アブラナ科の害虫と言えば、「アオムシ」を思い浮かべるかと思いますが、具体的にはコナガやヨトウガの幼虫です。 これらは、成虫であるガが葉に卵を産みつけることによって発生します。 ですので、ガに卵を産みつけられないことが最大の防除法となります。 プランターで育てている場合は、プランターを寒冷紗で覆ってしまうことで、ガの侵入を防ぐことができます。 あとは、早期発見・早期防除がいちばんの害虫防除法です。 卵の段階で見つけて取り除いてしまえば、被害に遭うこともありません。 日々の水やりのときなどに、しっかりと目を凝らして観察し続けることで、害虫の被害はかなり減らすことができます。 これは、ブロッコリーと中国野菜のカイラン(芥藍)とを掛けあわせた品種で、日本で開発されたものです。 開発当初は日本では人気がなく、アメリカに輸出されましたが、現地で人気が高まり逆輸入されたというおもしろい歴史をもっている野菜です。 栽培方法は、ブロッコリーと同じですが、わき芽が次々と出てくるスティックセニョールは、ブロッコリー以上に長く収穫が楽しめる野菜です。 また、ブロッコリーよりもクセがなく、甘みが強いスティックセニョールは、子供にも人気で、お弁当の彩り野菜などにも重宝しそうです。 ブロッコリーの親戚には、この他にも、山口県で開発された、中国野菜のサイシンと掛け合わせた品種、 「はなっこりー」や、イタリアのローマ近郊で開発された、カリフラワーと掛け合わせた品種、 「ロマネスコ」などがあります。 【関連記事】•

次の

株式会社ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリースプラウトは食べるサプリ スプラウトとは植物の新芽で、種と野菜の栄養を併せ持つ食品です()。 ブロッコリースプラウトは、ビタミンA、K、Cなどを豊富に含むほか、スプラウトの中でもスルフォラファングルコシノレートの含有量が多い野菜です。 ブロッコリースプラウトの栄養を効果的に摂るには? ブロッコリースプラウトは、スプラウトの中でもマイルドな辛味でクセがなく、食べやすいのが特徴。 スルフォラファングルコシノレートやビタミンなどを効率よく摂るには、よく噛んで生で食べるのが良いでしょう。 サラダや手巻き寿司、サンドイッチの具材に。 また、彩りや味のアクセントとしてパスタやうどん、冷や奴などにトッピングしても。 油と相性が良いので、サラダのドレッシングやパスタのオイルと一緒に摂るのもおすすめです。 注目の成分スルフォラファングルコシノレートとは? ところで、スルフォラファングルコシノレートとは一体どのような成分なのか、ご存知でしょうか。 スルフォラファングルコシノレートはアメリカのポール・タラレー博士らによって、発芽して間もない、ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜から発見された成分。 その働きは、肝臓が持つ解毒、抗酸化、抗炎症の作用を高め、肝機能を改善すると考えられています。 食品中ではスルフォラファングルコシノレートと呼ばれる状態で存在し、体内で分解されるとスルフォラファンに変化します。 肝臓の防御機能を高め、肝機能を改善 肝臓は体内に入ってくる化学物質を無害化(解毒)し、健康な状態を保っています。 ところが、暴飲暴食や喫煙、飲酒、過度のストレス、環境汚染などが原因となり、多くの化学物質にさらされると、解毒機能が追いつかなくなります。 そうしてたまった化学物質が炎症などを引き起こすと、肝臓が損傷し、肝機能異常へとつながってしまうのです。 スルフォラファングルコシノレートを継続的に摂取することが、肝臓がもともと持っている解毒・抗酸化・抗炎症といった防御機構を高めるのです。 東海大学医学部付属東京病院 西崎泰弘副院長・教授を中心とする研究グループとカゴメによる研究(2014年) 一年中手に入り、値段も手頃なブロッコリースプラウト。 毎日の食事に、取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の