中国父さん。 【朗報】中国父さん、ド正論wwwww

【疑問】中国父さん「なぜ日本では、女性が『朝ごはん』を作るのか?」www: ベア速

中国父さん

中国語の家族の呼び方 中国語は家族の呼び方・名称共に、父方と母方で違ってきます。 そのため、まず父方の家族の呼び方、次に母方の家族の呼び方、そして父方の家族の名称、母方の家族の名称、という順番でまとめていきます。 呼びかけは普通2音節語になります。 姑は父親の姉妹である「おばさん」、 姨は母親の姉妹である「おばさん」ですが、単独では使わず二姑(2番目のおばさん)、 小姨(下のおばさん)などと2音節にして呼びかけます。 兄弟姉妹も数が多ければ、大哥(上の兄さん)、 二哥(2番目の兄さん)、 大姐(上の姉さん)、 三姐(3番目の姉さん)、 三弟(3番目の弟)などと数などを入れて呼びかけます。 ) 中国語の家族の名称 中国語で父方の親族の名称一覧 中国語では父方と母方で名称が変わってきます。 まずは父方の親族の名称の一覧です。 父系と母系で名称が異なり、年上か年下かで名称が異なり、血のつながった関係と義理の関係でも名称が異なります。 つまり同じ「おじさん」でも「父方・父の兄」のおじさん、「父方・父の弟」のおじさん、「父の姉妹の夫」のおじさん、「母の姉妹の夫」のおじさんと何種類もの「おじさん」がいて、それぞれ名称が異なるのです。 孫も息子の孫か娘の孫かで名称が異なり、孫息子か孫娘かでも名称が異なります。 このことからは男系の子孫をきわめて重視してきたことがよくわかります。 妻の家系は一族から除外し、妻の苗字は結婚してもそのままで夫の苗字はつけません。 子供の苗字は夫の苗字になるので、母親と子供は苗字が異なります。 中国の義理の関係は日本とは意味が異なる この「義理の関係」は日本の「義理の関係」とはまったく違います。 日本の場合は結婚して夫側の戸籍に入ることによって「義理の関係」が生まれますが、中国の「義理の関係」は戸籍とはまったく関係なく、気が合って「親子・兄弟・姉妹」などの契りを結ぶのです。 ですから戸籍に入る必要もなく、その場のノリで「これからお前はわしの義理の息子だ」などとなります。 ノリですから別に三国演義のような契りを結ぶ儀式をする必要もありません。 心と心の関係なのです。 心や情において深い関係が結ばれていけば一生続く関係です。 中国ではこうした関係はよく見られます。 いわば親友ですが、年齢とは無関係で一種の疑似親族関係と言えましょう。 中国で疑似親族関係がよく見られる理由とは? 日本人から見ると、三国志の時代が続いているなあとつい感じてしまうこうした関係が中国では広く見られる理由ですが、おそらくは社会において安定を欠く状態が長く続いているからではないかと思われます。 社会保障が不十分で、病気や老後に大きな不安を抱える中国(日本も同じだと言われるかもしれませんが、問題のレベルがまったく違うのです)ではこうした一種の互助関係が社会保障の代わりになっているのかもしれません。

次の

【中国父さんしゅごい】中国政府主導の宗教弾圧で収容所には100万人以上 米国務省が発表

中国父さん

村上春樹さんのエッセー「猫を棄てる 父親について語るとき」 作家の村上春樹さん(71)は本紙の単独インタビューで、4月に出版したエッセー「猫を棄(す)てる」、7月18日刊行の最新短編小説集「一人称単数」(いずれも文芸春秋)についても語りました。 後編として掲載します。 「猫を棄てる」は2019年に雑誌発表され、父親の従軍歴など、これまで書いてこなかったプライベートな内容が話題を呼びました。 前編ではDJを務めるラジオ番組や、新型コロナウイルス流行下での文学や音楽の役割について語っています。 正直言って、身内のことで、あまり書きたくなかったんですけど、書きのこしておかないといけないものなので、一生懸命書いたんです。 物を書く人間の一つの責務として。 そういうことがなかったことにしたいという人たちがいっぱいいるから、あったということはきちんと書いておかないといけない。 歴史の作りかえみたいなことが行われているから、それはまずいですよね。 父親が生きているうちは、あまり書くのは適当ではないと思っていたから、(2008年に)亡くなってからしばらく時間を置いて書いたということです。 結局、南京戦には参加していないと分かったわけですが。 調べてみると、父親の部隊は武漢のほうまで行って戦争していたんだと、(コロナ報道で)武漢(の映像)を見るたびに思いました。 確かに一つのテーマというか、モチーフになっています。 自分自身についての事実を書くというのはとてもきついです。 どういうふうに書くか、そのスタンスを決めるのに時間がかかります。 ようやく技術的にそれができるようになってきたということなのかもしれないけど。 昔は書けることと書けないことというのがありまして、書けないことは避けて通っていたんです。 でも、だんだん作品ごとに書けるようになってきて、それで随分楽になりました。 いろんな、前は書けなかったことがだんだん書けるようになってきて。 最初の「風の歌を聴け」なんて書けないことの方が圧倒的に多かったから、書けることだけつないでいったら、ああいう本になった(笑い)。 でも、あのままじゃ作家としてやっていけませんからね。 だから、文章がより自由に書けるように練習していって、やっといろんなことが思うように書けるようになってきたなという感じが最近はしています。 「1Q84」ではかなり自在に……。 短編「トニー滝谷」でも中国に関わる父子関係を描いています。 でも、一人の人間が書きたいこと、書かなくちゃいけないと思うことは限られています。 そんなにたくさんあるわけじゃなくて、それをいろんな角度から、いろんな方法で書き続けるということでしかないんです。 収録作8編のうち7編は18年から3年かけて発表され、1編は書き下ろしですが、それだけ時間をかけて書いたのでしょうか。 特に締め切りも何もなくて。 最初の3本をわっと最初にまとめて書いたのかな。 8編それぞれに違う一人称なんです。 みんな違う人がいろんな一人称で語っている、でも、ある種の共通点があるという割とややこしい構造になっています。

次の

責務として「父親と戦争」を書いた 村上春樹さん単独インタビュー・後編

中国父さん

中国語の家族の呼び方 中国語は家族の呼び方・名称共に、父方と母方で違ってきます。 そのため、まず父方の家族の呼び方、次に母方の家族の呼び方、そして父方の家族の名称、母方の家族の名称、という順番でまとめていきます。 呼びかけは普通2音節語になります。 姑は父親の姉妹である「おばさん」、 姨は母親の姉妹である「おばさん」ですが、単独では使わず二姑(2番目のおばさん)、 小姨(下のおばさん)などと2音節にして呼びかけます。 兄弟姉妹も数が多ければ、大哥(上の兄さん)、 二哥(2番目の兄さん)、 大姐(上の姉さん)、 三姐(3番目の姉さん)、 三弟(3番目の弟)などと数などを入れて呼びかけます。 ) 中国語の家族の名称 中国語で父方の親族の名称一覧 中国語では父方と母方で名称が変わってきます。 まずは父方の親族の名称の一覧です。 父系と母系で名称が異なり、年上か年下かで名称が異なり、血のつながった関係と義理の関係でも名称が異なります。 つまり同じ「おじさん」でも「父方・父の兄」のおじさん、「父方・父の弟」のおじさん、「父の姉妹の夫」のおじさん、「母の姉妹の夫」のおじさんと何種類もの「おじさん」がいて、それぞれ名称が異なるのです。 孫も息子の孫か娘の孫かで名称が異なり、孫息子か孫娘かでも名称が異なります。 このことからは男系の子孫をきわめて重視してきたことがよくわかります。 妻の家系は一族から除外し、妻の苗字は結婚してもそのままで夫の苗字はつけません。 子供の苗字は夫の苗字になるので、母親と子供は苗字が異なります。 中国の義理の関係は日本とは意味が異なる この「義理の関係」は日本の「義理の関係」とはまったく違います。 日本の場合は結婚して夫側の戸籍に入ることによって「義理の関係」が生まれますが、中国の「義理の関係」は戸籍とはまったく関係なく、気が合って「親子・兄弟・姉妹」などの契りを結ぶのです。 ですから戸籍に入る必要もなく、その場のノリで「これからお前はわしの義理の息子だ」などとなります。 ノリですから別に三国演義のような契りを結ぶ儀式をする必要もありません。 心と心の関係なのです。 心や情において深い関係が結ばれていけば一生続く関係です。 中国ではこうした関係はよく見られます。 いわば親友ですが、年齢とは無関係で一種の疑似親族関係と言えましょう。 中国で疑似親族関係がよく見られる理由とは? 日本人から見ると、三国志の時代が続いているなあとつい感じてしまうこうした関係が中国では広く見られる理由ですが、おそらくは社会において安定を欠く状態が長く続いているからではないかと思われます。 社会保障が不十分で、病気や老後に大きな不安を抱える中国(日本も同じだと言われるかもしれませんが、問題のレベルがまったく違うのです)ではこうした一種の互助関係が社会保障の代わりになっているのかもしれません。

次の