びん ずる さん の 胃袋。 長野びんづる『浴衣の女王コンテスト2014』女王が決定しました!|【MAZDA】甲信マツダ公式ブログ

関川松雄さん 長野びんずる実行委員会事務局

びん ずる さん の 胃袋

「ずると意地悪はしない」 40代になって、 これだけは守らなければいけないなと思うようになった。 子どものころ、 兄弟に対してのずると意地悪。 中学・高校生になってから、 先生や友達に対してのずると意地悪。 まだ若いころ、 デパートでちょっとすれちがった人に対してのずると意地悪。 ずるは面倒でラクしたいからで、 意地悪は嫉妬がおもな理由。 それをしていたときの自分は、 気持ちがくさくさしていた。 爽快とはほど遠い、 満たされずすかすかで不満だらけの心……。 自分に自信がなかったことが原因なのかも。 いつもすがすがしい心でいるために、 ずると意地悪は封印しなきゃ。 年を重ねると生きかたが顔に出る。 にがむしをつぶしたような顔のばあさんにはなりたくない。 面倒でも丁寧に手をかけて行動し、 素直な気持ちを大切にしよう。 ずるしそうになったら、 ずるしそうになった自分を認めて、 1からきっちりやり直し、 心をこめて相手に謝ろう。 意地悪されても、するのはよそう。 意地悪されたとき、 されたことに気付かなくなったらこっちのもの。 それでいい、そんな自分がいいのだ。 ビバ!天然。 でも、セックスのときのずると意地悪は許す。 根底に愛があれば、 ずるも意地悪もベッドの上では上質のスパイスだから。 ……そんなことを、 買ったばかりのカップとお皿を見て考える。 この素朴な絵柄とぽってりとした質感のように、 優しくて包容力があって素直な女でいたい。

次の

関川松雄さん 長野びんずる実行委員会事務局

びん ずる さん の 胃袋

[] [] [] 補足、おびんずるさん。 (2011年01月04日) 昨日の記事、あまりに情報保障関係なさすぎたので、少々無理やり要約筆記的な補足を。 要約筆記中に「おびんずるさん」という言葉が出てきたけど全く分からない……といった場合、どう処理するか。 かなり望ましくないシチュエーションですが、実際結構あります。 知らなかったものは仕方ないので、とにかくその場において最良の処理をしなくてはいけない。 で、どうするか。 つまりは「おびんずるさん」。 何も判断要素が無ければ、そう書くしかない。 そのままOKな感じになっていますが、それは今回たまたまベタ書きがビンゴだったというだけの話。 分からない中での対応として最低限かつ後に可能性を残す処理というところです。 鍵括弧で単語単位であるという補足をしつつ、余計な付加情報を与えないという考え方。 知らない言葉をカタマリとして表示する場合、カタカナ表記も定石の1つですが、「オビンズルサン」と最初に書いてしまうのは、ためらわれます。 単語の長さもあいまって、最初に根拠なく選択する表記としては印象が強すぎる。 やはりベタ書きのほうがマシだろうという判断になります。 仮に単語としての認識もできなければ鍵括弧にも入れないで処理しますが、そこまでの聞き取りだと、はたして「おびんずるさん」自体を拾えるかどうか微妙な状況かもしれませんね。 逆に、最初に聞いた段階で「さん」が「様」に類した語であるというところまで文脈で判断できたとすれば、「おびんずる」が固有名詞に該当することは推察できますので、「おびんずる さん」と、微妙に分かち書きする選択も良です。 最初にそこまで読めれば、かなり上出来。 ちなみに、鍵括弧でなくダブルクウォートで囲む方法もありますが、判読性を下げる場合が多いので、鍵括弧との使いわけが必要な場合でなければ、避けるのが無難です。 最初には分からなくても同じ語が何回か出てくれば、少し何かが見えてきます。 見えてくれば表記選択の幅も少し広がりますし、そうなれば少しずつ表記もずらして書いていくことができます。 (仮に途中で正解が判明しても、一気に表記を変えるのは基本的にNG。 最初に出しちゃったもののフォローは欠かせない) 「おびんずるさん」の表記に関して、迷う要素は主に2つ。 1つは、「ず」と「づ」の選択。 もう1つは、平仮名か片仮名かの選択。 もしも「おびんずるさん」が「お釈迦さん」と同類の語だというところまで判断できれば、迷いなく平仮名表記を選択することになるでしょう。 そこまで判断できない場合には、少し意図を含んだ処理として「オビンズルさん」というのも妥当な選択肢となってきます。 ここで案外厄介なのは、「ず」と「づ」の表記選択です。 こういったものは、文脈では判断できないことが多い。 「おびんずるさん」に関しては結論としては「ず」でも「づ」でもどちらでも良いのですが、それを知らない状態であれば迷いながらどちらかを書かざるを得ないわけで、苦しい時間になることと思います。 個人的な見解ですが、分からなければ取り合えずは「ず」を選択、外来の名前と見通せば「ず」、和名と見通せば「づ」という感じになる気がします。 和名ならば「づ」を選択するだろうというのは、「びんずる」に漢字を当てはめようとすれば、「びん+ずる」と分けるのが自然であり、「ず づ る」は「する」または「つる」の連濁という予想が成り立つ。 その見通しの中では当然「つる」に軍配があがる。 上記のような理由から、予備知識がない状態の中で「びんづる」と表記するのは、あながち悪い感性ではないと思います。 とりあえず、そんなところ。 結論が見えない感じで何ですね。 ちょっと題材としてはイマイチだったようです。 ともあれ、知らない単語の処理というのは、必ず出てくる問題です。 知らないものは仕方ないけど、だからといって諦めちゃっては駄目。 妥当な処理を早く判断できるのも技術だと思いますし、先を読んで、先が苦しくならないような手を打っておくというのも技術だと思います。 このケースで救われるのは、「おびんずるさん」と紛らわしい単語が無いという点。 下手に類似語あると、要約筆記者自身が勘違いする確率が高くなります。 正解の語が全く頭にない場合、よっぽど文脈が噛み合わない状況でない限り、知っている類似語が頭に浮かぶのは当然。 正解が他にある可能性を全く思わないというのは、正解が全く分からないより厄介なもんです。 おびんずるさん、引っ張りすぎですね。 ま、このへんで。

次の

第24回 おびんずるさん

びん ずる さん の 胃袋

お賓頭盧さま 《おびんずるさま》 お賓頭盧さま 《おびんずるさま》 本堂の外陣(がいじん)、前縁などに赤いお顔をして静かにお座りになっているのがおびんずるさまです。 おびんずるさまは、お釈迦さまのお弟子の一人で、神通力にすぐれていたそうです。 しかし、みだりに世間の人に神通力を用いたため、お釈迦さまの呵責(かしゃく)を受けて涅槃(ねはん)を許されず、お釈迦さまの滅後も衆生を救い続けるとされています。 宝円寺のお賓頭盧さま 十六羅漢のお一人で、第一番の賓度羅跋羅堕闍尊者(びんどらはらだしゃそんじゃ)はおびんずるさまのことです。 中国では唐代まで、聖僧として食堂に安置されていたそうです。 俗に「なでぼとけ」とも言われ、昔から自分の身体のわるいところと、おびんずるさまの同じところを交互に撫でると、よくなるといわれてます。 宝円寺では本堂外陣に、観音寺では本堂前縁にお座りになってます。 どうぞ撫でてお参り下さい。 観音寺のお賓頭盧さま ところで、おびんずるさまが舌が出してるのをご存じですか。 舌の事で師匠から聞いた話があります。 おびんずるさまは 毎日 熱心に修行に励んでましたが、困ったことにお酒が大好きでした。 修行のあいまにお釈迦さまに隠れては、こっそりお酒を飲んでおりました。 しかし、ある日、お釈迦さまにお酒を飲んでることがばれてしまい怒られたそうです。 それで、「しまった」と思ったのかどうかは分かりませんが、舌を出したそうです。 赤いお顔をしてるのは、お酒をのん飲んで赤いのか、お釈迦さまに怒られて赤面してるのか分からないそうです。 H18.

次の